日別アーカイブ:

限定とか、壊れたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

アディダス・スーパースター、言わずと知れた名品である。
ワタクシも中学校バスケット部時代から履いていた。

高校のテニス部もナイキのフォレストヒルズと
ソールパターンが変わらなかったので
テニスシューズとして履いたこともあったが
重すぎてあまり良い選択ではなかった思い出が。

現在のワタクシの靴箱にはスーパースターと
スーパースター2が数足。
これだけ定番として息の長いものはめずらしい。

そんなスーパースターも発売されて45周年。
それを記念して特別バージョンが世界同時発売になるらしい。
adsssr

初期モデルをつくったフランスの工房で
当時の製法を再現しつつの限定品だとか。

発売日は今日。
欲しいな。
あっという間になくなるだろうな。

履かずに眺めるだけの靴が増えたら
また家族に怒られるだろうな。

そもそもいくらするのだろう。
きっと高いんだよね。

実はそれ以上にお金のかかりそうな事態に見舞われてるからなぁ・・・
今回は見送りかな。

 

さて、そんな困った事態とはこれ。
IMG_0022

カメラのレンズが壊れたのだ。

有明でのイベントの途中、ズームリングの動きに違和感。
おかしいなと思いながらそのまま撮影を続けたのだが、

リングの回転時の妙な抵抗は消えず、
結局変なショックとともにリングはロックされ
レンズの胴体部はスコスコにフリーに。

何か部品が完全に壊れたらしい。
中で変な音もしてるし。
おかしいなと思った時に使うのをやめれば良かった。
でも、仕事中だし、代わりのレンズも無かったし。

ということで、SIGMAレンズに修理に出すことにした。

新宿ヨドバシカメラの修理コーナーは売り場とは別棟にある。
物を買うというワクワク感は無く、壊れたものを持ち込むという
困った感にあふれた場所である。

隣では、ワイヤレスヘッドフォンが聴けないと
おじさんがブチ切れて店員に詰め寄っている。

メーカーに出すという店員さんに、
「すぐに新品に交換しろ!」と怒鳴っている。
まずは調べてというと、「俺がおかしいってのか?この場でお前が聞いてみろ!」
とiPhoneらしきものをカウンターに投げつけている。

そんな横のやり取りを見ているからか、
こちらの店員さんの対応は恐ろしく丁寧。
ワタクシも同じようにキレたらまずいと思ったのだろうか。

当然、この場で修理も出来ず、新品になることもなく
メーカーさんに出すことになった。
確認後、修理見積もりが出るのだが、
いったいいくらかかるのだろうか不安で仕方がない。

困ったのは、年内もうひとつイベントがあること。
1414823067
どう考えてもこれには間に合わない。

標準レンズとして使っているから、無いとちょっとね。
いっそ新しいものを買うか?
(そんなお金はありません)

ふう、どうしたものか。
安い!速い!で直ってくれないかな。
壊れ方からして無理っぽい。
泣きたいぞ。

カテゴリー: カメラ, シューズ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。