日別アーカイブ:

経営とか、講習会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

実家からリンゴとともに届いた。
IMG_0153
実家に帰った時に読んだり、もらってきたりもしたが、
こんなにまとめて・・・

そもそもワタクシ、経営者じゃないんだけどなぁ。
経営者的な覚悟を持って仕事を全うしなさいってことかな。
勉強させていただきます。

できれば、まとめてじゃなくて
毎号読み終わったら送ってもらえないだろうか。
(怒られそうだ)

 

さて先日のこと、日本テニス事業協会・安全委員会によるセミナーが開催された。

今回のお題はテーピング。
東急線つきみ野駅のそばにある小菅先生の治療院が会場である。
IMG_0082

このセミナー、ご自身もテニスプレーヤーであり、
現在もベテラン全日本ランキング6位という
小菅先生が講師ということで、あっという間に満員御礼。

テニス選手目線からスポーツ障害や予防策、
テーピングなどを教われる機会はそう多くない。

小菅先生
IMG_0083
とても優しい語り口調で教えてくれる。

今回使用するテープ。
IMG_0093
アンダーラップ、伸縮性テープ、ハードテープの3種類。

まずは肘の障害について。
IMG_0097
いわゆるテニスエルボーのお話である。

バックハンド側、フォアハンド側、それぞれのテーピングを実践。
IMG_0095

同じ方法なながら、仕上がりはそれぞれ。
IMG_0094
テーピングって性格が出るね。

ラケットを取り出して、打ち方・グリップによる予防法など。
IMG_0100
小菅先生ならではの講義である。

小菅先生の腕って、筋肉見本みたい。
先生のラケットを持ってみたら、メッチャ重かった。
IMG_0112
どんだけフェイス周囲にびっしりとウエイトが。

 

そして脚へ。
IMG_0106
目にも留まらぬ速さでキレイに巻いていくのは職人技。

「メディカルタイムアウトの4分半以内で巻けないと」だそうだ。
なるほど、そりゃそうだ。

相模原校のアキモトコーチ
IMG_0107
トレーナーの卵なのでさすがに上手い。

早いし、仕上がりもきれい。
IMG_0109

私物の専用ハサミを自慢げに見せるあたりが生意気。
IMG_0092

こちらはコントのようなふたり。
IMG_0110
藤沢校のジンノコーチと大井町校のオガワコーチ。
やはりテーピングって性格が出る。

たっぷり3時間ではあったけど、まだまだ教わり足りない。
忘れてしまわないように練習も必要だ。

ということで、この講習はぜひシリーズ化しようと思った次第。
(あ、ワタクシ主催側の副委員長なので)
小菅先生、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。