月別アーカイブ: 2014年12月

修理とか、忘年ゴルフとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

壊れて修理に出したカメラレンズ。
修理センターから見積もりの連絡が来た。

1万円オーバーだそうだ。
新品に買い替えられる値段でも無いし、
このまま修理することにした。

しかし物入りなこの年の瀬に痛い出費だぜ。
壊れなければ必要のないお金ってのが納得いかないぞ。

ちなみに修理から上がってくるのは年明けだそうだ。
イベント、どうしよう・・・(ちょっと涙)

 

さて先日のこと。

5時過ぎの電車の飛び乗り着いた先は
一面に霜が降りた芝生の世界。
IMG_0224
そうゴルフ場である。
(所沢、遠い・・・)

レックの年忘れコンペなのだ。
IMG_0225

ちょっと寒いものの、風も無く日なたは快適。
楽しいメンバーで楽しくラウンド。
IMG_0228

スコアは・・・いつも通りかなぁ。

少しずつ色んなことを掴んで来た気もするのだけど、
グリップとかスタンスとか、足のどこに力を入れるとか
テイクバックの位置をこっち気味にとか、
ゴルフってどうしてこんなに意識することが多いんだろう。

上手い人って、こういうあれこれが自然に出来るのかな?
よくわからない。

普通より少しだけイマイチだった前半から、
ちょっと踏ん張っている後半。

素晴らしいティーショットがグリーンそばに飛んでいった。
が、行ってみると木の陰。
IMG_0227
うーん、一度フェアウェイに出すしかないかなと思案。

と、後ろからフカダコーチ。
「木の間にキレイにピンが見えますよ。勝負でしょう」

確かに木の感覚は2m、グリーン前には池、そしてまっすぐにピン。
上は枝があるから低く出すしかないが、冬だし抜ければ転がって乗りそう。
ここは一発見せ場かなと6番アイアンを持つ。

低くボールを出して、グリーン転がって乗るイメージで打つ!

ダフったぁぁ!

木の間は抜けたが、無情にも池に転がり落ちるボール。
振り向けば、フカダコーチが動画撮ろうと携帯を構えていた。

完全に策略にはまってしまった。
なんてヤツだ。
悪魔のささやき聞かなきゃよかった。(涙)

そんな楽しい(?)ラウンドも上がってみればいつもくらい。
来年こそは開眼したいぞ。

 

終了後は反省会。
IMG_0232
誰も何も反省してないけど。

お開きな感じで記念撮影。
IMG_0231
しかしこの後、ラーメン屋で二次会。

さらに三次会。
IMG_0235

ドライバーは炸裂しないが、カラオケは炸裂するソトヤマコーチ。
IMG_0242

素晴らしいパワーである。
IMG_0247

燃え尽きて解散・・・と思いきや、
フカダコーチ、オガワコーチ、ソトヤマコートと乗り換え駅で四次会。
フラフラになりつつも一駅前で降りて
4kmのウォーキングをしながら帰宅。

さすがに燃え尽きたぜ、ふう。

カテゴリー: カメラ, ゴルフ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

即張りとか、HEAD CONVENTIONとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

早朝練習後、コメダ珈琲へ。
IMG_0213

12歳児のお気に入りはシロノワールである。
IMG_0215
おいしいよね、これ。

帰宅後・・

「今日は過去問はやめてテニスに行けば?」

「そうする。じゃ、ガット張り替えてください」

「え?今?即張りかぁ」

IMG_0219
たしかにもうダメだな、こりゃ。

「硬いとか、柔かいとかある?どんな感じにする?」

「夕方の練習でスピンがかかるようにしてください」

そういうことは自分の技術でなんとかしてくれよ。
IMG_0220
いつもより2ポンドほど上げて張ってみた。

練習中、感覚が合わなかったのか、
途中でもう1本のラケットに交換していた。
せっかく張ったのに・・・。

 

さて某日、レックインドアテニススクール上石神井で
HEAD CONVENTIONが開催された。

このイベントはHEADの契約コーチが一堂に会してのミーティング。
ブランドの方向性や施策、新製品情報、試打などが行われる。
IMG_0039

今回も多くの契約コーチの皆さんが集まった。
IMG_0041
ミスターHEADのK林さんの進行でプログラムが進む。

最初はSONYのスマートセンサーの紹介。
IMG_0035

発売当初はヨネックスラケットのみ対応だったが、
年明けから、HEAD・Wilson・Princeにも対応する。
IMG_0036
自分のショットのデータをリアルタイムで見られるのは興味深い。
では、そのデータをどう活用するかはさらにこなれていく必要があるだろう。

今回は3名のゲストプロが参加。
IMG_0063
増田プロと若手の岸プロ・守谷プロである。

試打会ではプロがヒッティングに入ってくれた。
IMG_0066
増田プロのバックハンド。
相変わらず美しくも力強いフォームである。

最後にプロのダブルスに挑戦コーナーも。
IMG_0072
相手がコーチたちだから、プロも大変だったと思う。

今回、紹介されたのはすでに先行発売がスタートしたSPEEDともうひとシリーズ。
シャラポワのあれは非常に扱い易かった。
IMG_0073
売れそうな予感。
発売は来年早々の予定。
全豪オープンの前哨戦のシャラポワには要注目だ。

楽しみなラインナップが揃ったHEADさんである。

ちなみに、帰り道はこの人たちにつかまった。
IMG_0074
うむー、悪いメンバーだ。
というか、元気だね、みんな。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

勉強とか、卒研とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

せっかく受験が終わったのにどうして塾に行っているのだろう。

「塾の先生が勉強の習慣を忘れないようにしたほうがいいって」

たしかにそれはそうだ。
しかし、受験校の過去問題を解く必要はないと思う。

休みの日に、
「今日はテニス行けない。過去問に8時間掛かるから」
って、まったく意味がないと思うのだけど。

「なんで過去問やってるの?」

「塾の先生がやったほうがいいって」

「だってもう受験終わったじゃん」

「でも、やりなって言われたから」

「いや、もう過去問はいいと思うよ。
それよりテニスに行ったほうがいいんじゃない?」

「そうかなぁ」

「そうだよ。塾も行かなくていいと思うんだけど」

「いや、塾は行く。勉強やめちゃいけないんだって」

受験も終わったので塾をやめようと思っていたのだが、
あの手この手で継続を勧めてくる。
塾も商売なのね。

それにしても、勉強しなくて良いと言うことになるとは思わなかった。
真面目なんだか、洗脳されてるんだか。
テニスしろよ、テニス。

 

さて、そんな12歳児の卒業研究のテーマはテニス。
スランドストローク、特にコントロールについての研究だそうだ。

ここまで何度かコート上でデータ収集。
それをもとに自分で調べて工夫したことを実験。

最終段階は専門家のアドバイスを受けて
改良したやり方で検証である。

 

で、この日は最終段階。
専門家のワタクシに相談である。

12歳児にボールの威力とコントロールの関係性について説明。
威力の要素をスピードやコース、回転などに分解して考える。

そしてそれをコントロールの要素にはめて考え、
どの要素をどのレベルで実践すると良い線になるかを
自分で考えて、実際に打ってみることにした。

ポイントはすべてのショットを100%で打とうとしないこと。
スピードと回転量の配分を変えつつ、一番良いところを探すことにした。

 

早朝のテニスコートはめっちゃ寒い。
IMG_0155
隣のキャベツ畑にも霜が降りている。

ウォーミングアップ。
DSC_3242
久しぶりだが、勘は鈍っていない様子。

実験開始。
DSC_3334

DSC_3539
スピン量の調整を意識しながら打つ。

打球の軌道を確認。
DSC_3588

スピン感覚の確認。
DSC_3740

過去の映像と見比べて、スイング軌道、打球軌道が変わり、
目標のエリアへ入る確率が上がっていれば成果あるという結論になる。(といいね)

ひと通りデータ取りを終え、1時間ほど余った。
「練習しよう、なにする?」と聞くと「サービス打つ」との答え。
IMG_0203
黙々とサービスを打ち続ける12歳児。
せっかくワタクシがいるのに、何故にサービスなのだ。

 

ひとカゴ打ち終え、「試合をしたい」と言う。
よしよし、もんでやろう。
IMG_0202

12歳児も頑張ったが、まだまだゲームはあげられないぜ。
IMG_0185
6-0で終了である。

いい汗をかいた休日の早朝だった。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 未分類 | 投稿者Tameblo 09:18 | コメントは受け付けていません。

通勤とか、有明イベントその2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

足の痛みが引いてきたので、通勤ウォーキングを再開。

時間のあるときは渋谷から代々木公園を抜け、
参宮橋方面から代々木へ。
IMG_0075
散歩中の犬がたくさんいて楽しい。

通常は明治神宮の参道を抜ける。
IMG_0081
毎朝、参道の落ち葉を掃除するのは大変だろうなぁ。

3〜5km程度のウォーキングだが、
スケジュールやタスクの確認など、
考え事がたくさん出来て有意義な時間である。

朝のランニングのほうは痛みの再発が怖いのと
暗いし寒いしで様子見である。
ジムでは走ってるんだけどね。
徐々に再開しようと思う。

 

さて、そんなわけで有明のイベントも二日目。
寒くならないようにと祈りながら会場へ向かう。

二日目は前日のリーグ戦の順位別にトーナメントが行われる。
負ければそこでお終いなのだが、そこはこのイベントの流石なところ。
様々なアトラクションが用意されているのだ。

スピードガンコンテスト。
DSC_5442
これもチーム戦がある。
全員でサービスを打ち、速度を足して、
宣言したスピードになれば豪華賞品がゲットできる。

的あて。
DSC_5450
こちらは当たればその場で賞品ゲットである。

ステージ上ではパフォーマンスじゃんけん大会。
IMG_0018

ボディアクションでのじゃんけんトーナメント。
DSC_2998
もちろんチーム戦である。

全員のアクションが揃わないと失格になる。
DSC_5319

司会は安井まみこさん。
アシスタントは某スポーツクラブチェーンのエラい人、Sさん。
DSC_2997
このコンビで2年目に入り絶妙の間合いである。

 

そして、プロイベント。
DSC_5376
今年のゲストは、岩渕プロ・穂積プロ・波形プロ・佐藤プロ。
レックがサポートする穂積プロは本イベント初参加である。

まずはエキシビションマッチ。

佐藤プロ・波形プロのペアと、
DSC_5394

穂積プロ・岩渕プロのペアで対戦。
DSC_5404

つかの間のツアーオフに入った穂積プロ。
DSC_3062

普段とは違ってリラックスモード。
DSC_3130

相変わらずキレキレプレーの佐藤プロ。
DSC_3164

発売直前のアディバリケード2015を履いていた。
DSC_3035

盛り上げ隊長の岩渕プロ。
DSC_3173
「全豪で穂積プロ、波形プロの解説をしたいですね」と嬉しいお言葉。

天然キャラ炸裂の波形プロ。
DSC_3183
ここまで天然な方とは・・・(苦笑)

プロに挑戦。
DSC_5477
プロとコーチのペアと1ゲームマッチ。

プロとラリー。
DSC_5559
マンツーマンでプロと打ち合える。

メーカーさんのブース。
DSC_5208

DSC_5306

ナイターまでもつれ込んだ決勝はめっちゃハイレベル。
聞けばインカレ出場者が何人もいるらしい。
毎年、レベルアップしているのが分かる。

無事に全試合終了、表彰式を終え、最後のご挨拶はレック代表。
DSC_5614
「家に帰るまでは都知事杯です。お気をつけて!」といつもの締め。

今年も無事に終わった。
スタッフの皆さん、お疲れさまでした!

カテゴリー: テニス, 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

不具合?とか、有明な週末とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

しばらく前から、ブログの管理画面に入りづらかった。
やたらと時間が掛かったり、タイムアウトになったり。

画像のアップロードも途中で止まってしまうし、
そもそもブログのトップページの表示も時間がかかったりと
ちょっと様子がおかしかった。

おかしいなと思っていたら、システム障害の案内。
ああ、やっぱりという感じだ。

数年前にやたらとトラブルが出たことがあったが、
最近は随分安定していたのにね。

ちなみに復旧後の今も画像のアップロードが途中で止まったりと、
全体に動作がもっさりなのは変わらない。
再度のトラブルの予感もありつつ、ビビりながら使っている。

「まあ、無料だし」という問題ではないか・・・
早期に改善いただけるとありがたいな。
よろしくお願いします。

 

さて前週末の山梨でのイベントに続いて
次の週末は有明でのイベントだった。

日本テニス事業協会が主催する
「東京都知事杯・有明チームテニスコンペティション」
有明テニスの森全面を使用し、数千名の参加者のビッグイベントである。

開会式は1・2番コートを使用し行われる。
IMG_0013

開会式前のステージで・・ウチのボスです。
DSC_2692
ARB?矢沢?それともヒデキ?
やりたくなる気持ちは分かります。
マイクがオンになっていてビビってたのには笑えたけど。

この優勝杯を目指して戦うのだ。(けっこう大きいのだ)
DSC_2695

昨年優勝したBS社のSさんも2連覇を狙う。
DSC_2693
実は最近、Sさんのテニスに対する姿勢を尊敬している。
自分を磨き続けるのって大変だよね。

試合はミックスダブルス3本。
DSC_2728

チーム戦ならではの光景が繰り広げられる。
DSC_3028

DSC_5198

ユニフォームを揃えているチームも。
DSC_5205

こんなチームもあった。
DSC_2824

良い天気に犬も気持ちよさそう。
DSC_2739

素晴らしい天気の中、初日のリーグ戦はナイターまで続いたのだった。
DSC_5264
疲れたぜ、ふう。
二日目も朝から始動である。

カテゴリー: PC, テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

OFFとか、iPhone6インプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

久しぶりの連休。
しかも、ひとりの時間を有効に使えそうな予感のする平日。

ジムでウエイト&ラン1時間。
IMG_0008

少し動き足りない気がしたので5kmほどウォーキングして帰る。
IMG_0009

夕方のライブまではデスクワークをしようと思っていたのだが、
その前にちょいとここへ。
IMG_0010

休日、時間があったら練習場に行こうと決めていたのを忘れていた。

ユーティリティーと7Wが絶好調。
IMG_0012
どうして練習場だと上手く打てるのだろう。

次回のラウンドでは、落ち着いてしっかり肩を入れることを意識してみよう。
多分これで5打は変わるな。(皮算用)

2カゴ打って終了。
星乃珈琲で軽くランチ。

なんと優雅な休日だろう。
しかも夜はライブである。
人生はこうでなくちゃと思った。

その間の午後はカツカツで仕事してたけどね。(涙)

 

さて、iPhone6にして1週間ほどが経過した。
RIMG0013
感想である。

デカイ。
予想はしていたが、やはり微妙に大きい。

PLUSだとその大きさに両手での操作で割り切りれるのだろうが、
携帯性を優先しての選択だったので、片手操作に拘りたい。
しかしiPhone5とちょっとの差なのに、画面の端に親指が届かない。

ラウンドフォルムも、手から滑って落としそうで怖い。
やっぱりエッジは立っていた方がいいような。

iPhone6って、誰の手の平を基準につくったんだろう。
こうしてみると、いかにiPhone5のサイズが絶妙だったかが分かる。

 

指紋認証はとても便利。
5Sで採用された時、こんな無駄な機能をと思ったが
実際使ってみるととても便利。
認識性能も高く、使いそうな指を複数登録できるのも便利である。

 

バイブレーションが滑らか過ぎる。
基本的にはいつもサイレントモードなのだが、
バイブレーションが上品すぎて着信に気づかないことが多い。

モーターが変わったのかな、バイブレーションで
勝手に電話が移動するほどじゃ困るけど、
もう少しノイジーなほうが実用的な気がする。

 

良いところは、画面が見やすいところ。
鮮明だし、文字認識もしやすい。

あと、動きは速いと思う。
使い込んでいくうちにどれくらい遅くなるか分からないが、
今のところ、サクサクという表現がぴったりなくらいの動きである。
まあでも、いつも新しいiPhoneを持ったときはサクサクだなぁと思うんだけどね。

バッテリーの持ちは良い。
これはかなりポイントが高い。

ただ移動が多い日にiPhoneメインで
メールチェックが増えると半日くらい。
こんなところが限界なのかな。

 

Suicaを入れられるケースを買った。
RIMG0014
スラド式でSuicaが1枚入る。
スライドのロック具合が緩めでちょっと怖い。
加えて表面が滑らかすぎて落としそうで怖い。

大昔の雑誌の付録のシールを貼ってみた。
いまひとつ面白くないので、違うものを貼ってみようと思う。

6にして良かったかどうか、いまひとつ判断しかねている今日この頃である。

カテゴリー: ゴルフ, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

限定とか、壊れたとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

アディダス・スーパースター、言わずと知れた名品である。
ワタクシも中学校バスケット部時代から履いていた。

高校のテニス部もナイキのフォレストヒルズと
ソールパターンが変わらなかったので
テニスシューズとして履いたこともあったが
重すぎてあまり良い選択ではなかった思い出が。

現在のワタクシの靴箱にはスーパースターと
スーパースター2が数足。
これだけ定番として息の長いものはめずらしい。

そんなスーパースターも発売されて45周年。
それを記念して特別バージョンが世界同時発売になるらしい。
adsssr

初期モデルをつくったフランスの工房で
当時の製法を再現しつつの限定品だとか。

発売日は今日。
欲しいな。
あっという間になくなるだろうな。

履かずに眺めるだけの靴が増えたら
また家族に怒られるだろうな。

そもそもいくらするのだろう。
きっと高いんだよね。

実はそれ以上にお金のかかりそうな事態に見舞われてるからなぁ・・・
今回は見送りかな。

 

さて、そんな困った事態とはこれ。
IMG_0022

カメラのレンズが壊れたのだ。

有明でのイベントの途中、ズームリングの動きに違和感。
おかしいなと思いながらそのまま撮影を続けたのだが、

リングの回転時の妙な抵抗は消えず、
結局変なショックとともにリングはロックされ
レンズの胴体部はスコスコにフリーに。

何か部品が完全に壊れたらしい。
中で変な音もしてるし。
おかしいなと思った時に使うのをやめれば良かった。
でも、仕事中だし、代わりのレンズも無かったし。

ということで、SIGMAレンズに修理に出すことにした。

新宿ヨドバシカメラの修理コーナーは売り場とは別棟にある。
物を買うというワクワク感は無く、壊れたものを持ち込むという
困った感にあふれた場所である。

隣では、ワイヤレスヘッドフォンが聴けないと
おじさんがブチ切れて店員に詰め寄っている。

メーカーに出すという店員さんに、
「すぐに新品に交換しろ!」と怒鳴っている。
まずは調べてというと、「俺がおかしいってのか?この場でお前が聞いてみろ!」
とiPhoneらしきものをカウンターに投げつけている。

そんな横のやり取りを見ているからか、
こちらの店員さんの対応は恐ろしく丁寧。
ワタクシも同じようにキレたらまずいと思ったのだろうか。

当然、この場で修理も出来ず、新品になることもなく
メーカーさんに出すことになった。
確認後、修理見積もりが出るのだが、
いったいいくらかかるのだろうか不安で仕方がない。

困ったのは、年内もうひとつイベントがあること。
1414823067
どう考えてもこれには間に合わない。

標準レンズとして使っているから、無いとちょっとね。
いっそ新しいものを買うか?
(そんなお金はありません)

ふう、どうしたものか。
安い!速い!で直ってくれないかな。
壊れ方からして無理っぽい。
泣きたいぞ。

カテゴリー: カメラ, シューズ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ひとりとか、ライブとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

皆で一緒というのも好きだが、ひとりも嫌いではない。

ひとりで食事も行くし、ひとりで飲みにも行く、
スポーツクラブも何年も通っているが、
知り合いもつくらずひとりで黙々とトレーニング。
IMG_0904

休日もひとりでじゅうぶん楽しめる。

釣りが好きなのも、そういうひとりの時間が欲しいからなのかも。

ヘラブナ釣りの師匠、ホンザワコーチも言っていた。
「色んなことを頭から外して集中するのがいいんだよなぁ」

ワタクシのバスフィッシングもそうだった。
日の出前の早朝から水辺に立ち、水の音と風の音だけの中、
ただただキャストを繰り返す。
頭の中は、水中のルアーのイメージのみ。
何人かでの釣りも楽しいが、ひとりの釣りも楽しいものだ。

そして、ひとりが好きなのは、普段、色んな人に囲まれているからなのだろう。
友人、会社の仲間達、そして家族がいるから、ひとりも楽しいってこと。

皆に感謝しつつ、またひとりで飲みに行こう。

 

さて、最近よくやるのが、ひとりライブである。

先日のゴンチチの還暦ライブもひとりだったが、
今回もまたひとり。

誰かと一緒も楽しいのだが、音楽ばかりは趣味の世界。

誰もが行きたがるメジャーどころなら、
複数枚のチケットを押さえてしまえば良いが、
少しマニアックになると一緒に行く人を探すのに苦労する。
なのにこれまで何故か、機械的に2枚ずつチケットを買ってきた。

ある時ふと気付いた。
ひとりでいいじゃん。
1枚の方がチケットを取りやすいような、
そして席も良い気がする。
(気のせいなのかな)

ということで、向かった先は渋谷公会堂。
IMG_0001
CCレモンホールのネーミングライツ、切れたのね。
いまいちピンと来ないネーミングだったから良かったよ。

今回のライブは高中正義師匠。
IMG_0002

これまで師匠のライブは何回行っただろう。
10回以上は行ってるんじゃないだろうか。
間違いなく、一番多くライブを観ているアーティストである。

今回の席は1階中央付近とまあまあ。
やっぱりひとりってのが良かったのかな。
IMG_0003
ただ、渋公もさすがにつくりが古い。
東京国際フォーラムの見易さとは比べようもない。

 

ライブが始まった。

一曲目からいきなりのBLUE LAGOON。
総立ちになる1階席。

そしてEXPLOSION。
あのスーパー高中ライブ(1979年)と同じである。

そしてMC。

「クリスマスってさ、その日になるまでは楽しいけど、
いざクリスマスになると何していいか分からないよね。
だって、日本人だしさ。
ということで、今日は忘年会ってことで」

クリスマスライブなのにね。(苦笑)
DSC_4197

珊瑚礁の妖精からRAINY DAY BLUE〜ALONEへ。
感涙ものの選曲である。

READY TO FLY〜 黒船〜MEDLEY、
さらにはTUNDER STORMを経て、
最後はRAINBOW GOBLINSのエンディング、
YOU CAN NEVER COME THIS PLACEで終了。

いやぁ、良かった。
ここ数年でもかなり良かったライブじゃなかろうか。

高中正義師匠よりも上手なギタリストはいるだろう。
ライブでもワタクシにでもわかるようなミスもする。

チャーも好きだし、野呂一世も好きだ。
森園勝敏も好きだし、和田アキラも増尾好秋も好きだ。
でも、高中正義に変わるギタリストはいない。

高校生の時、FMラジオから流れてきたブルーラグーンに
ノックアウトされて以来のお付き合いだ。

年に数回のライブしか演らない師匠だが、
ライブがある限り聴き続けようと思った夜だった。
久しぶりにYAMAHA SGを触ってみるかな。

カテゴリー: 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

未経験とか、ALL REC2日目とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

その存在は以前から知っていた。
どんな感じのものかも何となく想像はついていた。
ただ、注文したことは無かった。

油そば
IMG_0896
ようするに汁なしのラーメンてことか。

これはワタクシが頼んだものではない。
先日、皆で食事に行った時、隣のフカダコーチが頼んだもの。

家族でも彼女でもないので、
「ひと口ちょうだい」ってわけにもいかず、
結局、どんな食べ物かは謎のままだ。

ビジュアル的に汁なしのラーメンてねえぇ。
やっぱりオーダーする気にはなれないな。
未だ経験無しの油そばである。

 

さて、雨にたたられながらも
なんとか初日を消化したALL REC CHAMPIONSHIPS。

二日目、まだ暗いうちから起き出し、
皆が寝ている間にPC作業を済ませる。

日が昇ったとことで、カーテンをオープン。
DSC_4803
ピンと張り詰めた山の空気。

素晴らしい天気である。
DSC_2229

 

二日目は順位別トーナメント。
前日のリーグ戦の結果と抽選でドローが決まる。

朝のうちは一部コートが回復せずインドアも使用。
DSC_2523 2

レックインドアテニススクール上石神井からはメンバーへの応援旗。
DSC_231149

DSC_2651
新たな伝統になりそうな予感が。

優勝トロフィー
DSC_4806

 

メインコートでは小野田プロによるクリニック。
DSC_2603

ひとりひとりに丁寧にアドバイス。
DSC_2611
これだけでもじゅうぶん参加の価値ありかも。

そして、小野田プロに挑戦コーナー。
DSC_2678
ダブルスで1ゲームずつ戦えるという豪華企画。

昼を過ぎ、試合も佳境に入る。
DSC_4898

年々レベルが上がり続けている印象。
DSC_4909

女子決勝はタイブレークの接戦の末、西新井から参加ペアが優勝。
DSC_4960

男子は上石神井からの参加ペアが連覇。
DSC_4959
2連覇は大会史上初である。

最後は全員に豪華な商品が手渡される。
IMG_0875
たくさんのメーカーさんのご協力のおかげである。

今年も何とか無事に終えることが出来た。
DSC_4814
みなさん、また来年お会いしましょう。
もちろん新たな挑戦者もお待ちしてます。

帰り道、富士山マラソン帰りの渋滞にハマり、
自宅まで4時間超のひとりドライブだけは辛かった。
来年は無理やり千葉でやるかな。(ウソです)

カテゴリー: テニス, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

機材とか、ALL RECとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

カメラ機材である。
IMG_0854
絞っても、キャリープラス・大型レンズ・一脚と大荷物になってしまう。
素人のワタクシでこんなになるのだから、
やはりカメラマンて体力勝負なんだなぁ。

ところでNIKONはもうDXシリーズは進化させないのだろうか。
D300sの後継は出ないのかな。

昨年、D7100を会社の備品として購入させてもらったが、
機能的にはやはり3桁型番の新機種が欲しいところである。

D300sの中古を買えばよかったのかな。
それとも思い切ってFXシリーズに切り替え?
いやいや、そんなお金はどこにも無い。

カメラって罪なヤツである。

 

さて、そんなカメラ機材に加え、
宿泊用具やら備品やらを車に詰め込んで山梨県へ向かった。

恒例のALL REC Championshipsの運営のためである。
REC各校の予選を勝ち上がった会員様が一堂に会し、
男女ダブルスのRECチャンピオンを決める大会なのだ。

前泊で乗り込んだワタクシたちは、賞品確認やらあれこれ仕込み。
食事はコンビニ買い込んだつまみとすき家の牛丼弁当。
今後の課題として、前日の食事はもう少し豪勢(普通)にしたいところである。

仕込みを終え、乾杯を終えて就寝。
目を覚ましたワタクシたちが見たものは、無常の雨。
DSC_4713
しかもかなり降っている。

ここクラブ・ヴェルデさんのコートはクレーだからアウト。
インドアコートは使えるとはいえ、3面では足りない。
大会は昼から。
さて困った。

当日入りのエグチコーチたちと連絡を取り、
天気予報とにらめっこしながら対策を練る。
近所の公営オムニコートを押さえることができた。
小降りならなんとかなるだろう。

まずは参加者づくり。
IMG_0861
たくさんの景品に埋もれながらセット組み。
かなりお得な大会なのだ。

ひと足先にコートに向かったワタクシ。
3面分は水たまりがあるものの整備すればなんとかなりそう。
IMG_0868
汗だくで3面の水たまりを竹ぼうきでかき出す。
どうしてまともなコートブラシがないのだ。

努力の甲斐あって、無事に試合開始。
DSC_4738
なんとか試合が消化出来て良かった。

夜はパーティー。
DSC_2216
司会は江口コーチ。

そしてALL REC初のスペシャルゲスト。
DSC_4756
小野田倫久プロである。

乾杯。
DSC_2199

美味しい料理を楽しみつつ、
明日のトーナメントの組み合わせ抽選。
DSC_2145

そしてゲームは、レックらしくボレーボレー大会。
DSC_2188
縦横2本ずつしかストリングの張っていないラケットでの
ボレーボレー対決である。

決勝は小野田プロとボス。
DSC_2186
そして優勝はボス。
さすがである。

小野田プロと写真を撮ったりしながら夜は更けていく。
DSC_2167
みなさん、明日のために飲み過ぎないようにね。

ちなみに今回、ワタクシたちの部屋は会議室に簡易ベッド。
IMG_0869
これはこれで合宿みたいで楽しかった。
おやすみなさい。

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。