月別アーカイブ: 2014年12月

釣り堀とか、松原コーチとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

市ヶ谷駅のホームから。
IMG_0902
昔からあるこの釣り堀、一度は行きたいと思っている。

先日のへらブナ釣りデビューから、
ウキ釣り系も気になっている。

師匠!今度ここはどうすか?
こういう都心の釣り堀って釣れるんですかね。

冬といえば、管理釣り場でのトラウトもありだなぁ。
数年前、何度か行ったけど、楽しかった。
久しぶりに行ってみたいな。

 

さて先日のこと。
朝も早くから家を出て、神奈川県は橋本へ。
恒例の松原コーチのセミナーに参加のためである。

途中、溝の口校のネジメコーチから「到着いたしました」とメール。
「会場まで歩ける?」と聞くと「私は45分掛かりましたが歩けます」とのこと。

45分くらいの距離ならワタクシも平気で歩くが、時間的に無理だ。
「そんなに遠かったっけ?」と聞くと「迷いましたので。普通なら15分かと」
最初からそう言ってくれよ。(苦笑)

 

ということで、駅からウォーキングがてら歩く。
しばらくすると、横付けに迫ってくる車。

「乗りませんか?」

ナンパされたかと思いきや、スポーツクリエイトのチバコーチじゃないか。
トボトボ歩くワタクシを見つけて、手を差し伸べてくれたようだ。

ワタクシ的にはトボトボ歩いてるつもりは無く、
張り切ってウォーキングしていたのだが、
せっかくなので乗ってあげることにした。
(なんで上から?)
IMG_0879
親切なチバチャン(馴れ馴れしくなっている)のおかげで
あっという間に会場に着いた。

 

なわけで、セミナー開始。

まずは座学。
IMG_0881
松原理論の基礎を確認する。

これまで何度も聞いている話である。
基本的な部分のブレが無いことを確認させていただく。

そして実技へ。
IMG_0884
松原さんのすごいところは、
言ったことを確実に実技で再現されること。

理路整然とした話から、見事に実技につなげていく。
これはコーチとしてとても重要な要素なのだが
努力しないとなかなか出来ないことでもあると思う。
IMG_0889

「コーチ、言ってることとやってること違う」
なんてコーチ、実はけっこういたりするし。

 

「1本目の重要性」「振り子のスイング」「シンプルに振る」等々、
ワタクシたちも実践。
頭で理解したことを体で表現・・・なかなか難しい。
IMG_0899

あっという間の7時間だった。
いやぁ、楽しいなぁこういうの。

松原さんの理論はコーチを生業とする人も一般プレーヤーの方々にも共通。
松原さんの(かなりためになる)ブログの読者も多いと思うが、
ぜひ一度、実際に受講されることをオススメしたい。

ブログで理解しきれなかったり、疑問に思うことがクリアになると思う。
ついでに滅多に見られないワタクシのプレーも見られるという
特典もついてくるかもしれない。(いらない?)

それにしても、自分のラケット持ち出したの久しぶりだなぁ。
IMG_0894
やっぱりプステージ、いいね。

研修終了後は悪いメンバーにつかまって1時間だけ飲んだ。
写真を撮り忘れるくらいに悪いメンツだった。
ホント、よく飲む連中だ。
先に帰ってよかったぜ。

カテゴリー: テニス, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

確保とか、ひと段落とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

12歳児のおやつ。
IMG_0841

袋に名前と残数が書いてある。
そうしないと長男が食べてしまうようだ。
ちなみに、カウントダウンをどう書いていったのかは不明である。

 

さて、長きに渡る戦いが終わった。
12歳児の中学受験である。

正直、ワタクシは中学受験はどうでも良いと思っていた。
公立育ちの妻とワタクシには私立一貫校はあまりピンとこなかったし、
長男の中学受験の時の大変さもあり、地元の公立で良いと思っていた。

ある時、12歳児が「受験?するよ」と事も無げに言った。
ああ、塾の友達に影響されているのだろうなと
その時は流していたのだが、考えは変わらなかったようだ。

「どうして私立に行きたいの?」

「今、苦労しておいて、6年間ノビノビとテニスしたいんだよ」

「ふーん、でも今ノビノビするってのは?」

「だってさ、私立行けば塾も行かなくていいしさ。お金もかからないじゃん」

私立は授業料が高いんだよとは言わなかったが、
ワタクシの12歳の頃とはえらい違いである。
小学校の頃なんて、せいぜい明日のことしか考えてなかったぞ。

結局、本人の好きにさせようということに。

徐々に塾の授業の日にちが増えていき、
毎週のように開催される模試、
そしてテニスに行けない日が増えていく。

試合は春の大会を最後に出られなくなった。

夏休み、「テニスは受験が終わるまで休む」と言う。
「気分転換になるし、行ける時は行けば」と言ったのだが、
「終わるまではやめとく」と自分で決めた。

勉強は塾の授業と自習室。
そして何故か自宅では、ワークスペースのカウンター、
ダイニングテーブル、そして卓袱台を回遊。
自分の部屋の勉強机はあまり使わなかった。(どうして?)

「勉強しなさい」と言ったことはない。
あまりに悲壮感がないので、「大丈夫?」とは聞いた。
そして、いつも「やってるよ」との返事。

そして、第一志望の専願受験を迎えるのだが、
例年通りの高倍率の14倍。
35名の合格枠に500人受験て普通じゃないぞ。

試験前夜、「あ〜あ、明日で人生決まるのかぁ」と12歳児。
そんなことでは人生決まらないと思うのだが、
人並みに緊張しているらしい。

 

試験を終えた。
合格発表を見に行くかと聞いたら、
「行かない。学校に行く」とのこと。

ひとりで見に行った妻からメール。
IMG_0895
「あったよ、合格」

マジか。
あの倍率を抜けるとは。
色んな意味でサプライズな12歳児である。

 

ということで、一般試験を待たずに受験はおしまい。
冬期講習料やら受験料やらが掛からないで済んだのはありがたい。
加えて学校は徒歩圏内で交通費も掛からない。
そういう意味では親孝行な12歳児。

さっそく封印していた漫画を取り出して読み漁る。
IMG_0901

そして、その後も変わらず塾に通い続ける。
どうして?
ワタクシなら絶対に行かないけど。
やっぱり不思議な12歳児である。

テニスもそろそろ再始動のようだ。
思う存分頑張って欲しい。

 

そんなわけで(どんなわけ?)、ワタクシは今日明日と、有明テニスの森で開催される
「東京都知事杯・有明チームテニスコンペティション」のカメラマンとしてお手伝い。

今年はゲストプロに穂積絵莉プロも来る予定。
見学は自由なので興味のある方と
ワタクシに差し入れをしたい方は有明へお越しください。

カテゴリー: ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

復活とか、機種変とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日の朝、ゴールドジムへ。
IMG_0904
足を痛めてから来ていなかったので
2週間ぶりくらいだろうか。

まだ少し脛に違和感があるので、
様子を見ながらトレーニングすることに。

間が空いたので辛いかもと思ったウエイトも違和感なし。
ランニングも以前と変わらぬペースで走れた。

なんだろう?
単にやり過ぎてただけなのかな。
とにかく復帰出来て良かった。

 

さて、そんなトレーニングの帰り、ソフトバンクショップへ。

12歳児もそろそろキッズ携帯からスマホだろってことで
ワタクシのiPhone5を譲って、
自分はiPhone6にしようという魂胆である。

ソフトバンクショップのお姉さんに相談すると
持ち込みでの機種変更は高いらしい。
キッズ携帯から新しいiPhoneにしたほうが現実的だそうだ。

しかも12歳児の携帯は妻名義らしく、
名義人本人が来ないと契約状況すら見れないとか。

ならば自分のiPhoneを6にしてしまえと
在庫状況を聞くと、128GBの在庫はあると言う。

金額的にはどれくらい高くなるのだろうと
シュミレートしてもらったところ、
今のiPhoneの若干の本体残額を払ってしまえば
月々の支払いは、なぜか今よりも少し安いらしい。

ということで、目的の12歳児の携帯はさておいて
自分のだけiPhone6に機種変更。

PLUSにしようか迷ったが、結局小さい方にした。
RIMG0001
画面が大きく、バッテリーの持ちが良いのは助かるが、
ランニングの時にポケットに入れたりすることを考えると
やはりPLUSは大き過ぎるのだ。

苦手な保護フィルム貼りはショップのお姉さんにお願いした。
RIMG0006
微妙に画面よりちいさいんだけどいいのかな?
あ、ラウンドエッヂだからなのね。

これが噂のカメラレンズの突起。
RIMG0002
大雑把な性格なのか、特に気にならない。

さっそく母艦のiMacに接続して同期。
実はiPhoneを最大容量モデルにしたのには理由がある。

今年導入したiTunesMatchを一度切ってみようと思ったのだ。
iTunes Matchはクラウドのため、
デバイスの容量を食わないのは良いのだが、
その分、データ通信量が掛かる。

iTunesでどれほどの通信料が掛かるのかは分からないが、
毎月、データ通信量が制限の掛かるスレスレなワタクシとしては
本体に音楽データを入れ込んで通信量を節約したい。
そのための128GBなのだ。

がしかし、ここで問題発生。
RIMG0009
音楽データが多すぎて、128GBでも入りきらない。

どこで計算が狂ったのだろうと、iPod Classicを取り出す。
RIMG0011

あ・・iPod Classic、160GBだった。
RIMG0012
7000曲超も入っていればそれだけ食うわな。

仕方がないので、同期する曲を選別。
そうそう聴かないよねってアーティストは除外することに。

が、なかなか同期が上手くいかない。
なんだろう?

そして未だ同期完了せず・・・うむー、どうしたものか。
誰か教えて。

カテゴリー: トレーニング, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ぶらりとか、YONEX VCORE Siインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

あまり縁の無い町。
IMG_0345
都電の駅を探して歩く。
こんなところに駅があるのだろうか。

あった。
IMG_0348
人生初の都電荒川線である。

ボディーには寄席のラッピング。
IMG_0358
駅間がメッチャ近い。
そしてゆっくり。
大塚駅までかなりの時間が掛かってしまった。

それぞれの駅前の雰囲気と乗客の雰囲気から
生活に根ざした交通手段であることが感じとれた。
たまにはいいものである。
次回は一日使って、ぶらり途中下車の旅をしてみよう。

 

さて、現在RECではラケットキャンペーンの真っ最中。
各メーカーさん自信の商品がズラリと並んでいる。

その中で気になった1本をご紹介。

YONEX VCORE Si98
IMG_0403

IMG_0404
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:22-22-21.5mm
■ウエイト:305g
■バランス:315mm
■ストリング:16×20
■グリップサイズ:G2/G3/LG1/LG2/LG3
■価格:31,000円

 

YONEX VCORE Si100
IMG_0406

IMG_0407
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:24-2-22.5mm
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■ストリング:16×19
■グリップサイズ:G1/G2/G3/LG0/LG1/LG2
■価格:31,000円

ヨネックスさんの新製品、うたい文句は「Bite!」である。
Biteっていうのは「食いつく」という意味で、
バスフィッシングでも魚がルアーを加えることをバイトという。

ということで、バイト!はバスフィッシングにおいては
たまらないことなのだ。

ならばこのラケットは食いつくようにボールを捉えるわけで
さぞや特徴的な打球感があるのだろうと期待は高まる。

フェイスサイズは98と100。
100のほうはいわゆるゴールデンスペックに近い。

特徴的なのは、ゆるやかにテーパーの掛かったビーム。
IMG_0405
(ひどいピンボケ。申し訳ない)
これはヨネックスさんの得意とするところで、
実に絶妙なしなり感を生み出すのだ。

 

早速、打ってみる。

確かにくわえる感じは強い。
フェイスにボールがくっつくのも感じ取れる。

しかし、しっとりとボールをくわえて打ち出すと思いきや、
最近のラケットの傾向でもある、少し乾いた感じもある。

乾いたフィーリングと粘りというか、
くわえ込みは相反する気もするが、
少し乾いた感じで絶妙な粘り感があるのに驚いた。

これを持って、「BITE!」というのだろうか。
なるほど、今までのモデルではあまり感じなかった打感かも。

この乾いたフィーリングは飛びの良さとして作用する。
これ以上乾いた感じだと、くわえ込み感は激減するだろう。
このあたりの味付けが絶妙である。

 

スピン系はくわえるというか、しっかり引っ掛かって
強烈にスピンがかかる印象。
ストリングがボールをくわえるような感触だが
おそらくフェイスの絶妙なセッティングのおかげなのだろう。

ヘビートップスピン、フラット系と、
自分が意図したスピン量でボールを打ち出せる。
特に引っ掛け気味にショートクロスへ落とすパスなどは
感動的にキレイに決まる。

これぞBITE!ってことなのだろう。

 

サービスのキレも良い。
フェイスというか感覚的にはストリングに
ボールが一瞬乗って強烈に放たれていく印象。

スライス、スピンともにかなりの回転がかかり
大きな変化で相手コートに突き刺さる。
これはかなりの快感である。

 

ボレーも適度に弾くので扱いにくさは無い。
無理に振らなくともしっかり飛んで行ってくれるし、
ドロップボレーやアングルボレーのキレも良い。

で、このフィーリングを生み出しているのが、
以下のテクノロジーらしい。
bistm
なるほどねぇ。
確かに恩恵は大きいような気がする。

単にくわえすぎてはフィーリングはダルになる。
スピードテニスという最近のトレンドからも少し外れる。
その絶妙なところを実現するのがヨネックスさんの技術力なのだろう。

 

実はこのラケット、キャンペーンでのセールスも好調。
機種別では一位を爆走中である。
やはり打ってみてその良さを感じやすいのだと思う。

価格も絶妙な31,000円。
最近、ラケット価格がジリジリと上がる中、
微妙に低めに設定するところもさすがである。

 

あまりに良いところばかりではあるが、
個人的にはひとつ気になったところがある。

それはグリップサイズ。
試打はG2だったのだが、微妙に太い気がした。
使っていくうちにリプレースメントグリップが痩せてきて
細くなっていくのだろうが、やはり微妙に太く感じた。

実はこういうことはどのメーカーさんにも時々ある。
どうしてそうなるのかは分からないが、
一度実物を握ってからグリップサイズを決めるのが良いだろう。
グリップテープを巻く方はその分の計算も忘れずに。

上記のスペックには書かなかったが、
各機種ともGサイズとLGサイズと、
ヨネックスさん得意の細かな設定がある。
そういう意味でも、実際に持ってみて、
振ってみて決めるのが良いと思う。

あまりレベル限定ではない、かなり万能なVCORE Siだと思う。
オススメです。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

サインとか、釣り開始とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ATPツアーファイナルのプログラム。
IMG_0858
お客様が観戦に行かれたらしい。
っていうか、日の丸振ってるところ映ってた。

で、ウイルソンさんに圭のサインをお願いしたところ、
先日、会社に圭が来た時に書いてもらってくれた。
IMG_0857
さらに貴重なプログラムになった。
会社の神棚に飾ってある。(神棚は無いけど)

ちなみにこのプログラム、くれたのか、
「見せてあげる」なのかはよく分からない。
確認しないとね。

 

さて、ようやくスタートフィッシングなヘラブナ初体験だ。

先にひと通りの準備を終えたエグチ師匠が
餌をつけて、「こんな風に入れてください」と
仕掛けを水に入れた途端に魚が食った。

「ね、ほら」と、ワタクシに竿を渡す。
ヘラってこんなに引くのか。
けっこうなパワーである。

ようやく寄ってきたヘラをタモに入れる。
IMG_0791
体高がある魚だから引きも強いのかな。
面白いぞヘラ。

この日は二つの釣り方をすることに。

ひとつは中層に仕掛けを浮かせて釣る宙釣り。
もうひとつは、固定に餌を置く底釣りである。
エグチ師匠は宙釣りが、ホンザワ師匠は底釣りが得意らしい。

水深のある釣り座でしばし宙釣りをする。
こちらの方がアタリが明確らしい。

餌のなじみ方、ウキの動きなどのレクチャーを受け、釣り始める。
送り込みはバスフィッシングのキャストと同じなので戸惑いはない。

と、適度にアタリがあり、釣れる。
ウキの微妙な動きで水中の様子を思い描きながら待つ。
待っている間に空いている手で次の餌を練る。
見た目とは違って、なかなか忙しい釣りなのね。

両脇を挟んで師匠達も釣り始める。

ホンザワ師匠。
IMG_0807

エグチ師匠。
IMG_0808

と、連発する師匠たち。
IMG_0797

IMG_0799

やっぱり上手いな。
腕の差が明確に出るのはバス釣りと一緒らしい。

ワタクシもそれなりに釣れるのだが、
バスの癖で合わせが大きく強すぎて
仕掛けが切れてしまう。

「小さくピュッって合わせればいいから」
と、何度もホンザワ師匠に言われるが、
つい「よっしゃぁ!」と大アワセをくれてしまう。
それでも最大魚の1220gを上げるなど、メッチャ楽しい。

 

しばらくして、「じゃああっちの桟橋に行こう」とホンザワ師匠。
ここで釣れてるからいいじゃないですかなどとは言えるわけもなく
広げた大量の荷物を畳んで移動。

少し浅めの桟橋に移り、底釣りである。
得意の底釣りがしたかったらしい。

底釣りはアタリが微妙でさらに繊細な釣り。
それだけに面白い。

 

ホンザワ師匠が付きっ切りでコーチングしてくれた。

「いい感じで餌がなじんだ」

「ほらバラけて少し上がってきた」

「つついてる」

「もうすぐチクっと入るぞ」

「ほら、入った!」

「ああ、ちょっと遅かったね」

師匠の言う通りになるからすごい。
あとはワタクシの腕の問題である。

途中、こんな小さいのも釣れたり。
IMG_0811
ちゃんと口に掛かってるのがすごい。

そろそろ終わり時刻が近づくも、面白くてやめられない。
最後に1枚あげて納竿。
IMG_0812
いやぁ、ヘラブナ面白い。
ぜひまたやりたい。

ただ、道具を揃えるのは、かなりお金が掛かりそうだ。
当面は両師匠に連れて来てもらうことにしよう。
釣りって楽しいね。

師匠、ありがとうございました。

カテゴリー: テニス, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ミーティングとか、研修会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某日、品川へ。
痛い足を引きずりながら歩く。
着いた先は、東京マリオットホテル

詳しいことはよく分からないが、御殿山っていうくらいだから
きっと高級な場所なのだろう。(それにしても足が痛いぞ)

この日、このホテルでは日本プロテニス協会の
コンベンションが開催されているのだ。
ワタクシ、コンベンションはパスしたのだが、
一室で行われているプロテストのテスターミーティングに
参加のために来たというわけ。

会議室には、全国からテスターの皆さんが集結。
IMG_0839
そうそうたる顔ぶれである。

当然、ワタクシはペエペエなので、
目立たぬように大人しくしているのみ。
いつものことだけど、ペコペコし通しで疲れる。

会議が始まった。
IMG_0838
最近の受講状況やテスト制度の確認、改正点などが説明される。
なるほどそういう方向なのね。
出ておいて良かった。

自己紹介などもあり、最後に質疑応答。
進行役の偉い方々と目が合わないように
半分寝たふりをして下を向いていたのだが、
「最後に・・じゃあ、ためブロさん(実際は本名ね)」
と指名されて、若干パニックに。

思いついたことを無理やり喋ったところで
テスターミーティングは無事におひらきに。
なんで最後に当てられたのだろう。
寝てると思われたから?

何にしても緊張の1時間だったぜ、ふう。

 

さて、某日。
今度は社内研修会である。

プロの先生を招いての8回コースという豪華版。
お金も豪華版なので、超真剣モードで臨む。
いや、いつも真剣なんだけどね。

二人一組での対人ワークや、
IMG_0843

書き込みタイムなどをこなし、
IMG_0845
体も心もヒートアップ気味であっっという間の4時間が終了。

ワタクシ的にも非常に興味のある分野に入ってきたので
この先がとても楽しみになってきた第2回だった。

終了後は定例の打ち上げ。
IMG_0846
新宿栄寿司のネギマ。
鳥じゃなくてマグロなのね。
メッチャ美味い。

そして巻物。
IMG_0847
誰がこんなに頼んだのだ?

ワタクシ、久しぶりのお酒だったので
生ビール一杯だけにして、お湯割りのふりをして
梅干しを入れたお湯を飲んでいた。
まあ、最近の適量である。

年末が近づいてきたせいか、
なんかバタバタと忙しい日が増えてきた。
きっとあっという間に正月になるのだろう。

あ、そういえば年賀状つくっていないや。
忘れてた。

その前に、夏休みもまだだった。
今年は意地でも夏休みをとろう。
焦るぜ。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

東西とか、釣り座とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

勤務先が新宿ってことで、随分と都内の道も覚えてきた。

車で都内を走ることも増えたが、
山手線の西側はなんとなく落ち着かない。

たった数キロの移動なんだけど、東京の東側に来るとホーム感がある。
IMG_0820
銀座でホッとするなんて、セレブなワタクシである。(ウソ)

ちなみにレック本社の東京っ子のWさんは西側がホッとするらしい。
東というか千葉方面には縁がなく、
有明より東方面は象が地球を支えていて、
海の先は滝になっていると思っているようだ。(昔の地図かっ!)

ワタクシも西の先には浄土があると思っているから
お互い様なのだけど・・・って、どっちもウソだ。

本当なのは、ワタクシ的に一番ホーム感があるのは
東北の玄関口、上野であるってこと。
東北新幹線が東京まで繋がったから昔ほどの感慨はないけど、
アメ横から御徒町界隈の喧騒はなんとなく落ち着くのだ。
東京って面白い街だね。

 

さて、初体験のヘラブナ釣りである。

ホンザワ師匠によるレクチャーを受けている横で、
マイペースで準備をしているエグチ師匠。
IMG_0779
餌の作り方も人それぞれ。
色んなコツがあるらしい。

いよいよ釣りの準備である。
IMG_0784
数ある釣り座から、師匠が選んだ場所に座る。

釣り座にはそれぞれ検量機がついている。
IMG_0780

ここに魚の入ったタモを乗せるとウエイトが記録される。
IMG_0781

足を痛めているワタクシに、エグチ師匠が座りの釣り座を用意してくれた。
IMG_0782
座布団はホンザワ師匠から借りた。

竿はこんなふうにセットする。
IMG_0788

高そうなウキ。
IMG_0787
無くさないようにしなければ。

しかしヘラ釣りも結構大ががりだな。
IMG_0789
いよいよ釣り開始。

と、いきなり驚くべきことが・・・続く。

カテゴリー: 仕事, 街歩き, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。