月別アーカイブ: 2015年1月

キャップとか、35年とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

最近、ワークキャップが流行っているらしい。

ゴルフにいいかなと思い、近所のショップを物色。
IMG_0779

IMG_0778
「これなんかどうかな?」と妻に聞いてみる。

「北の国からの五郎さんみたい」

「子供が食べてるでしょうがぁ!・・ってこら!」

そっちのイメージじゃないんだけど。
すっかり購買意欲を無くしたワタクシである。

 

さて、CDを購入。
IMG_0127
SUPER STUDIO LIVE![初回限定盤]

35年前の日本武道館でのライブを収めた名盤、
sptnklv
SUPER TAKANAKA LIVE!をスタジオで再現した作品である。

スーパーライブはまさに高中の代表作品。
ワタクシも若かりし頃、このアルバムを聴き倒していた。

そして35年の時を経て、このアルバムである。

当然、セットリストも同じ。
ギターも35年前のブルーのYAMAHA SG、
さすがにジムケリーのアンプは無かったらしく、
フェンダーのツインリバーブにJBLのスピーカーを載せたとか。

高中師匠によれば、イントロのフレーズを間違えたところや、
キーボードの小林泉美嬢のミスも再現したらしい。
(小林泉美さん、可愛かったなぁ)

さすがにメンバーは同じではないが、当時の雰囲気バリバリの
あっという間の8曲だった。

多分、当時の方が音もテクニックもこなれていなくて
今の音質や円熟度には及ぶべくもないだろうが、
35年前と現在、それぞれの味がある。

35年前のライブもiTunesに入っているので
懐かしい感じはあまりないのだけど、
今回の作品も購入して良かったと思った。

しかしそう考えると、長い間活躍してるんだなぁ。
実際、フュージョン、インストールメンタルという
それまで訳の分からなかったジャンルを
ここまでメジャーにしたのは高中正義に他ならない。

歌も無いのに、夜のヒットスタジオとか出てたからね。
たいしたものである。

そんなわけで、大満足の1枚だったけど、
新作がギュッと詰まったアルバムも聴きたいな。
師匠、待ってます。

カテゴリー: ファミリー, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

かわいがりとか、IGプレステージとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

毎日元気なCooさんとCocoさん。
IMG_0835
ワタクシがおやつをこぼすのを待ち構えているの図。
彼女たちは、たい焼きとイチゴに過剰反応をする。
どうしてなのかは分からないけど。

そして12歳児に絡まれる。
IMG_0939
「Cooちゃん、Cocoちゃん、おいで!ナデナデしてあげるから」

気乗りしない感じでノロノロと近づく二匹。
羽交い締めに近い感じでかわいがり。
Cocoさんは遠い目をしてるし、
Cooさんも、もう勘弁してくださいって顔。

そして、ある日は、「Cocoちゃん、おいで!一緒に寝てあげる」
IMG_0901
明らかに迷惑そうである。(笑)

そんな12歳児に呼ばれれば近づく二匹。
結局、好きなのかな。
12歳児も行動が小動物っぽいし、
通じ合うものがあるのかもしれない。

 

さて、訳あって以前のプレステージを引っ張り出した。
IMG_0800
そしてストリンギング。
ちょっとしたデータ収集のためである。

やっぱりプレステージって美しい。
IMG_0917
今のプレステージのピアノブラックもいいけど、
このプレステージレッドも本当にきれいだ。

ミッドサイズはさすがに厳しくなってきたワタクシだが、
久しぶりのこのプレステージは、
いかにもプレステージって感じでやっぱりいい。

で、どうも片方がおかしい。
トップ部をコートにコンコン打ち付けると
ビンビンとビビり音がする。

ということで、試打会に来てくれたヘッドのタネちゃんに相談。
IMG_1039

 「ああ、これは直るんちゃうかなぁ」

 「ウエイトが抜けてるの?」

 「いや、エンドキャップやと思います」

 「直らなかったら、SPEED MPに交換でもいいよ」

 「直りますって!」

 「無理しないでね」

次の日、ミスターHEAD、K林さんから電話。
「直っちゃいました。どちらにお送りしましょう?」

ああ、直っちゃったのね。
残念・・・冗談です。
ありがとうございました。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ウイルソンとか、テニスニュース・アプリとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

明治通りをテクテクと15分。
東新宿の立派なビルに着いた。

エレベーターで上階へ。
着いた先はここ。
IMG_1086
アメアスポーツジャパンさんである。
来季の新規商品の展示会が行われているのだ。

まずはプレゼン。
IMG_1082
そしてこの時間、錦織圭とワウリンカの試合の真っ最中。
プレゼンも大事だが、試合に行方が気になって気になって・・(すみません)

いや、今度のさらに次のシューズには驚いた。
ウイルソンていつも発想が普通じゃない。
まだ言えないのが残念。

ウイルソンさんの本社なので、
巨大画面で圭の試合を流していると思いきや、
iPadで簡易的に映しているだけだった。
何でも微妙な規制があるらしく、これが限界らしい。

IMG_1085
仕方がないので、商談をしつつライブスコアチェック。
圭の試合を気にしつつ、ウイルソン本社で
BURNの商談というのも不思議なタイミングである。

しかしまあ、BURNは無い。
発売前だけど、ここまで品薄確定っていうラケットも珍しい。
バイヤーとしてはホントに頭の痛いところである。

帰り道、3rdセットのタイブレーク。
ポイントまでは動かない全豪オープンオフィシャルサイトに
若干イライラしつつ応援する。

結局、圭はストレートで敗退。
ワウリンカがキレキレだったらしい。
残念。

デスクに戻り、少しだけ試合をチェック。
IMG_1094
うーん、グランドスラムのクオーターファイナルだもんね。
よく頑張ったなぁって感じ。

メディアの過剰な期待や報道も海外にいるから
まだ良かったのかもね。
とりあえずシードも昨年のポイントも守ったし、
出だしのグランドスラムとしては上出来だと思う。
これからがさらに楽しみになった。

 

さて、そんなテニスが大盛り上がりの今日この頃。
tennis365netさんがテニスニュース・アプリをリリースした。
早速、ダウンロード。
IMG_1088

トップページ
IMG_1089

コンテンツ
IMG_1090
やっぱりスマホ対応画面は見易い。
テニス関連のニュース満載ってのはテンションが上がる。

 

圭の速報もアップされていた。
IMG_1091

 

ランキングやトーナメントスケジュールページもある。
IMG_1092

なかなかいいんじゃないかな、これ。
無料だし、テニスファンには必須のアプリだと思う。
オススメです。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:38 | コメントは受け付けていません。

定番とか、勝負とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先日、高島平インドアテニスクラブに行った。
駅まで迎えに来てくれたDRKさんとつけ麺へ。
IMG_5445111

定番のトマトつけ麺。
IMG_0743
ほとんどイタリアンなこのつけ麺。
トマトがあまり得意ではないワタクシでも大丈夫。

タバスコをかけて食べると一層美味い。
名品だなぁ、これ。

つけ麺や 辰盛
高島平駅から歩いてすぐです。

 

さて、受験も終わりテニスを再開した12歳児。
早朝練習をしたいと言う。
そして「お兄ちゃんと勝負したい」とも。

高校部活の長男とテニスをする機会はすっかり無くなってしまったが、
誘ってみるとめずらしく「いいよ。行く」と言う。

そんなわけで、久しぶりの兄弟テニスが実現。
IMG_0919
微妙な距離感でストレッチするふたり。
お互いの様子をうかがっているようだ。

気づけば、3人ともラケットはHEAD。
IMG_0922
(ワタクシはわけあって旧プレステージ)

シューズはadidasだった。
IMG_0921
穂積プロと同じ組み合わせだ。

 

練習開始。
DSC_5933
ショートラリーでアップ。
ワタクシも長男のテニスは久しぶりに見る。

ひと通りラリーをして「何する?」と聞くと「サービス」と言う。
IMG_0933
サービス好きだねぇ、二人とも。

「じゃあ、次は?」と聞くと「試合する」だって。
DSC_6020

数年ぶりの兄弟対決。
DSC_5985
どっちも負けたくないんだろうなぁという
なかなか緊迫した雰囲気での試合である。

1セット終わってまた聞く。
「どうする?」
「もう1セットやる」

DSC_6102
結果はセットオール。
面白い試合だった。

そうこうしているうちにタイムアップ。
結局、ワタクシはほとんどボールを打たせてもらえなかった。
もっとテニスしたかったな。

これからはもっとそんな感じになるのかも。
テニス仲間探しますかね。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドラマとか、制服とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「流星ワゴン」が面白い。

めったにドラマを観ないワタクシだが、
たまたま観た第一回で若干ハマり気味。

今一番人気の役者、西島秀俊と香川照之のコンビが過去を巡る旅に出る。
日本版BACK TO THE FUTUREって感じの物語である。

香川照之を初めて観たのはドラマ「アンフェア」だったっけ。
主演の篠原涼子の元夫役だったかな。
なんか存在感のある人だなぁと思っていたら
その後、色んなところで目にするようになった。

龍馬伝の岩崎弥太郎の役も良かったよね。
そういえば、西島秀俊は八重の桜で知った。
会津弁がちょいと不自然だったけど、
序盤で見せた筋肉質の上半身にかなりビビったっけ。

ということで、豪華なキャストで展開する流星ワゴン。
原作を読んでいないので、なおさら展開が楽しみである。
ドラマが完結したら原作を読むことにしよう。

 

さて、某日。
12歳児の入学する学校に行って来た。
IMG_0908

目的はこれ。
IMG_0906
制服やら体操服やらの注文である。

別にワタクシがついていかなくても良いのだが、
おそらく堂々と校内に入れる機会はそうそうないだろうってことで
ついて行ったのだ。

ふーん、比較的新しい私立だと思っていたけど、まあまあ古いのね。
妻に聞いたら、「私が高校生の頃に出来た」ってことだから、
かれこれ20年くらいになるのか。

ワタクシ、制服の相場とかをまったく知らないのだが、
一式揃えて数万円するらしい。

大人にスーツですら2万円も出せば買える昨今、
子供の制服がそんなにするのかと衝撃を受ける。

妻によれば、
「ウチはまだ安いほう。タケオキクチの制服の学校もあるんだよ」
とのこと。
知らなかった。

この学校も制服取り扱いは三越と松坂屋。
対応も百貨店対応でやたらと丁寧だった。

人生で初めて、首回りや袖丈を採寸されて
恥ずかしいのか、笑いが止まらない12歳児。
IMG_0907
一方、完全に制服に着られている姿に笑いが止まらないワタクシ。

しかしもう制服を着る歳になったのかぁ。
ワタクシも歳とるわけだ。

しかし似合わないな。
12歳児には和服に風呂敷の方が似合いそうだ。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ワインとか、一面とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

全豪オープン、圭の3回戦。
ちょうど休みだったので、自宅で観戦。
IMG_0914
ファーストセットはちょっと焦ったけど、やっぱり強い。

途中、何度かストリングを張替えに出していたが、
いまひとつ合わなかったのかな。
試合の時間帯も1,2回戦より遅かったし、
微妙な違いがあるのかも。

ちなみに圭はトーナメント中にセッティングをどんどん変えるとか。
フェレールを下してベスト16に入った2008年の全米では
ラウンドが進むにつれ、ラケットのウエイトやバランスも
変わっていったという話を聞いた。

今もトーナメント中にそこまで変えるのかは知らないが、
もともと道具オタク的なところもあるらしいし、
かなりのコダワリなのだろう。

とにかく昨年のポイントは守れた。
あとはいくつ上積みするかだな。

ワウリンカの成績次第では4位も見えるのか?
300ポイント差はグランドスラム1大会で詰まるのかな?

しかし今回のマスコミ報道はすごい。
「錦織、グランドスラム制覇に向けて好発進!」て、
そんな簡単じゃないのと思うんだけど。

とはいえ、テニスが取り上げられるのはうれしいのひと言。
朝のワイドショーで、圭のラケットからウェアまで分析しての
コーナー展開はありがたい限りである。

そんなわけで、全豪オープンのスポンサーに敬意を表して
晩酌はJACOB’S CREEKのワインにしてみた。
IMG_0915
このワイン、安いけどけっこう美味しい。
って、それほど味が分かるわけじゃないんだけどね。

ああ、グランドスラム期間て楽しいなぁ。

 

さて、そんな圭の3回戦勝利の翌日。
喫茶店の雑誌コーナー。
IMG_0937
スポーツ新聞の一面が圭で埋まっている。

テニス選手が一面独占なんて、昔じゃ考えられなかった。
本当に圭ってすごいんだなって実感。

そしてまた前述の心配が。
「Vへ、あと4勝」って。
だから、そんな簡単じゃないのだよ。

でも、ここからは本当に厳しい相手ばかり。
「さぁ本番!」は当たってるかな。

今日はフェレールかぁ。
観たいぞ。

ちなみに今日のワタクシの予定はといえば、
写真撮影〜ミーティング〜会議〜分科会〜試打会〜ミーティング・・・
そして試合は12時頃か。
こりゃ無理だなぁ。

ちょくちょく細切れで応援することにしよう。
まずはベスト8ね。
ガンバレ、圭!

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つまみとか、メガネとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ワタクシ的定番のおつまみ。
IMG_0640
ポップコーンに醤油を垂らす。
薄くふりかけるのがコツ。
その上に七味唐辛子をかける。
そしてシェイク。

かれこれ30数年来の定番である。
って、何歳から酒飲んでるんだって話か。
まずいな。

(いちおう)20歳頃に毎晩のように通った
ジャズを聴かせてくれるスナックで覚えた。
というか、お金がなくて、これしか頼めなかった。

本当にこれだけしか頼まないで、
サントリー・ホワイトの水割りを一晩中飲み続けた。
今思えば、マスターもよく追い出さなかったなと思う。

そして今も自宅で飲むときのつまみはこれ。
安いしね。
でも、体には悪そうだな。

ちなみに飲み物はホワイトの水割りから
今はトリスのハイボールになっている。
ん?グレードダウンしてる?

 

さて、メガネである。
もはやメガネがないとまともな生活が送れない。
ホントに小さな字が見えなくなった。

メガネはたくさん持っているが、現在の一軍はこれ。
IMG_0660

IMG_0661

なんとなくクラシックタイプのセルフレームにしたのだが、
長く掛けているとこめかみと鼻が痛くなる。
やっぱり少し硬いし重いのだ。

一番の問題はこれ。
IMG_8868111
Bluetoothイヤホンをつけて、メガネを掛けると
イヤホンのパッドとこめかみと耳で
フレーム挟み込むことになるのでとても痛い。

これにマスクが加わるとさらに耳が痛くなる。
このイヤホンを使うためには、
細めの耳掛けタイプじゃないと厳しいのだ。

 

ということで、JINSのエアフレームを買った。.
IMG_0659
悪くはないのだが、軽量ゆえにズレが激しい。
こっちはフレームが柔らか過ぎるのだ。

そして、このタイプのノーズパッドはフィット感が悪い。
IMG_0816
マスクをしていたりすると、あっという間にずり落ちる。

やはり適度な柔らかさと重さが必要。
ということで、昨年、JINSのクラシックシリーズを購入。
IMG_9930111
これが絶妙なフィット感ですこぶる調子が良い。

しかし年末、飲んでの帰り、どこかで無くしてしまった。
実は、同じようなタイプの気に入っていたメガネも
飲んだ帰りに無くしている。

妻に「メガネが無くなった」と言うと、
「いっぱい持ってるじゃない」と言う。

「あれがいいんだよ」

「何が違うの?」

「掛け心地が違うんだよ」

「でもまた無くすでしょ」

2回無くしてるから何も言えない・・

メガネをかけない彼女には微妙なフィット感による
ストレスは理解出来ないらしい。
そんなわけで、もう暫くこのままガマンのメガネライフである。

次はリムレスにしようかな。
jrlgls
今度は酔っ払って踏んで壊しそうだけど・・・

カテゴリー: | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

お声掛けとか、研修会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

有明やらスクールやらで、ちょくちょくお声がけをいただく。

「もしかして、ためブロさんですか?」
「毎日読んでます」
「応援(?)してます」
「ファンです」(明らかに変だけど)

何にしても、声を掛けていただけるのはありがたいことである。
が、そこには問題が。

ワタクシ、そんなに面白い人間ではないのだ。

初対面の方と会って数秒で盛り上がれるほどの話術もないし、
話題も豊富なわけではない。
いわゆる普通の人、いや、むしろどちらかといえば
話が膨らまないタイプかもしれない。

ということで、このブログが面白いかどうかもあやしいが、
ブログから受ける印象がメッチャ話題豊富で、
どんな方にもノリノリのハイテンションで接する人と思うと
失望することになるのは間違いない。

まあ、ひと晩飲み明かせばそれなりに楽しいかもしれないが、
いきなりのお声がけに反射的に面白い返しは多分無理。

そんなわけで、お声がけいただくことは全然構わないし
ありがたいのだけど、ブログ的なネタなどは期待しないで欲しい。
むしろ、何か面白いネタを提供いただけるとありがたいのだけど。

とはいえ、何にしても「読んでます」と言っていただけるのは
やはりうれしいものである。

絶対読んでるだろうなという知り合いの方が
一切その話題に触れないパターンの方がよほどやりにくい。
この人、ホントは色々知ってるんだろうなみたいな。

いずれにしても、過剰な期待は持たずに
お気軽にお声がけくださいませなのだ。

 

さて先日、社内研修会が行われた。

ワタクシも進行役やら講師役やらで、
何日も前から準備でバタバタ。

人が集まるっていうのは、たくさんの労力もお金も掛かるわけで
参加して良かったと思ってもらえる一日にしなければとの
プレッシャーはなかなかのものである。

ということで、研修開始。
ボスからのお話の後は座学。

ビジネス基礎講座の後はグループワーク。
IMG_0840
それぞれが作成した資料をプレゼン。

その後、各グループの代表が全体への発表。
IMG_0841

約1ヶ月掛けて仕込んできたテーマなので
皆、なかなか良い作り込みが出来ていたと思う。
IMG_0843

座学の後はオンコート。
IMG_0847
モデルになったM田コーチのサービスを皆で解析。

コーチとして本質的なスキルである、
診断から矯正ポイントを探す訓練である。
IMG_0848
皆の超真剣な眼差しが突き刺さる。
お客様にそんな顔しないようにね。(笑)

そして、最後はダブルスについて分析。
IMG_0850
実際の試合における各ショットの比率と、
レッスンでのショット練習の時間バランスを掛け合わせてみる。
テニスという競技の現実と、スクールでのレッスンの現実を
いかに近づけていくかの大事さを再認識。

 

ぎゅうぎゅう詰めの長い一日が終わった。
IMG_0851
みんな、お疲れさま!

この後はいつものように打ち上げとなったのだけど、
ワタクシは車だったので、ノンアルコールビールで
乾杯だけで失礼した。

この若手対象の研修会はなかなか楽しい。
ここが失敗しながら成長する場であると
皆が分かっているのが何より素晴らしい。

次回もしっかり仕込んで臨みたい。
がんばろうね、みんな。

カテゴリー: 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

100円とか、ご購入とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ダイソーのiPhone充電ケーブル。
IMG_0668
もちろん100円。

これが大ヒット中。
どこのダイソーでも品切れ。
レック本社のWさんから1つもらった。

iPhoneの純正lighteningケーブルは
データ転送が出来るのだが、
このケーブルは充電専用。

lighteningケーブルを他社が出すには
アップルの様々なパテントをクリアしなければならず
結果的に高くなってしまうのだそう。

この100円ケーブルは充電機能のみに特化。
IMG_0677
どちらに挿しても大丈夫なlighteningタイプではなく
挿入方向も裏表が決まっている。
そんな微妙な違いを駆使し、余計なコストを削り
100円ケーブルを実現したとか。

結局、多くの人はケーブルを
データ転送に使うことはほとんど無く、充電オンリー。
ワタクシだってバックアップはiCloudである。

そんなわけで、ニーズを的確に掴んだ結果の大ヒット商品。
ダイソー、あなどれないぜ。

 

さて休日、妻とショッピングモールを歩いていたら、
掘り出し物にぶつかった。
欲しかったのだが、踏ん切りがつかなかったこれである。
IMG_0806

そう、Bluetoothスピーカーだ。
IMG_0812

先日、DRKさんの車に乗った時、
Bluetoothで連動したカーナビと携帯で
得意げにハンズフリーで通話する姿を見せつけられた。

ワタクシの車は年代的にBluetoothでナビと連動はしないが、
ならばせめてBluetoothスピーカーで
ハンズフリーを実現しよう思っていた矢先だったのだ。

 

キットにはケーブルが2本。
USB充電ケーブルとワイアード接続用ケーブルだ。
IMG_0815
安っぽいがケースもついている。

サイズ的にはちょうどドリンクホルダーに収まる。
IMG_0821
他社製品でもこのサイズが多い。
おそらくこういう用途が前提での設計なのだろう。

しかし位置的にハンズフリーでのマイク音質に若干不安が。
IMG_0820
底面に滑り止めのゴムがついているので
ダッシュボードに直置きしてみた。

なかなかいい感じ。
IMG_0825
少し斜めになっているが、滑り落ちることもない。
と思ったら、急加速したら転がり落ちてきた。
ここは工夫が必要かも。

音質はこのボディサイズにしてはまあまあ。
結構大きな音も出るしじゅうぶんである。

ハンズフリー機能も問題無し。
ダッシュボードの位置くらい離れていると
けっこう声を張って話さないと相手には小さい声らしい。
マイク入力ジャックがあるので、利用するものありかな。
どこかにマイクあったような・・・探してみよう。

ということで、今のところ大満足の買い物である。
これで3000円台は安い。
あとは壊れないことを祈るだけ。
なんせ聞いたこともないメーカーだしね。

カテゴリー: オモチャ, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

おとうさん?とか、HEAD INSTINCT REV PROインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所を散歩していて出会った。
IMG_0773
「おとうさん?」と聞いてみたら、ペロペロと手を舐めた。
おとうさんではなかったが、メッチャ撫でてあげた。
かわいいな。

 

さて、全豪オープンも二日目が終わった。
圭の試合を少し観たが、普通に強い。
アルマグロのカウンターをさらにカウンターで返していた。
トップにいるってのはこういうことなんだなと思った。

で、全豪オープンでお披露目の新しいHEAD INSTINCT。
MPに続いてREV PROである。

HEAD GrapheneXT INSTINCT REV PRO
230515_Instinct_REV_PRO
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:26.8インチ
■フレーム厚:27-22,5-21mm
■ウエイト:255g
■バランス:345mm
■ストリング:16×16
■グリップ:1・2
■価格:30,000円

REV PROはMPには無かったASPを搭載。
ストリングパターンを変えることができる。
230515_Instinct_REV_Pro_Detail_3
クロスストリング16本でソフト感と飛びを得るか、
19本でカッチリ感とコントルール性を得るか、
好みで決めれば良いと思うが、
ストリングを張り直さないと試せないところがちょっと面倒かも。

ショップやスクールの試打ラケットで
しっかり試しておくのが良いと思う。

もちろん、レックのラケットキャンペーンには
両方のパターンが登場予定。
納得出来るまで打ち込んでいただきたい。

 

で、打ってみた。

扱いやすい。
特にこのREV PROを打った時の扱いやすさは格別だった。

この取り回しやすさ、振りやすさはなんだろうと思うほど。
大きな要因はラケット長だと気付いた。

INSTINCT REV PROのラケット長は26.8インチ。
27インチより微妙に短い。
この微妙な差が操作性に大きく寄与しているのではないだろうか。

ほんの少しの差なのに、手の延長感が非常に強い。
とにかく思った通り自在にラケットを動かせる。

フェイスがエアロシェイプということもあるだろう。
230515_Instinct_REV_Pro_Detail_1
操作性に加え、振り抜きも良い。
どちら方向にも扱いやすいということである。

 

打球感はやはりソフト。
MPのほうがボールの乗りがというか粘りが長い気はする。
REV PROの方が少しだけ弾きが良い印象。

これはREV PROのほうがウエイトが軽いためなのか、
またはASPを搭載するために、フェイスサイドの剛性を
確保した影響かもしれない。

ただ、球持ちが悪いわけではなく、
基本的にINSTINCTはソフトな感触なので
REV PROもコントロールに不安が出るほどの
ぶっ飛び感まではないので安心である。

 

スピン性能も悪くはない。
しかし、ヘビーにトップスピンを掛ける感じではないような気がする。
普通にフラットドライブのイメージで振り抜けばちゃんと良いボールが出る。
とても素直に打球が放たれる印象である。

クロス16本は少しだけフェイスが暴れる感じがする。
クロス19本はしっかり感が強い。
個人的には19本が好みかな。

まだパワーが足りないジュニアはクロス16本で
アシストしてもらいつつ、引っ掛けてスピンをかけるものいいかも。

試打ラケットのテンションは確認しなかったが、
クロスストリング16本と19本でテンションを変えることで
それぞれの最適なセッティングを見つける作業が必要だと思う。

 

操作性の良さはネットプレーにも生きる。
とっさの動きも遅れないし、一瞬フェイスに乗ったボールが
心地よく弾き出される。
無理に押し出さなくても深いボールがしっかり飛んでくれるのは
ダブルスのボレーボレー戦でも有効だと思う。

サービスは操作性が良い分、勝手に回るというよりは、
自分から意識的に振っていく感じ。

その分、スピン量の調整などはやりやすい。
フラット系もドカンというよりも、
鋭く振って回転をという印象かな。

 

とにかく、総じて「扱いやすい!」ラケットである。
MPだとウエイト的に厳しい女性プレーヤー、ジュニアには
このREV PROをオススメしたい。

身体に負担の少ない打球感ながら、ショットは鋭いという
相反するメリットを兼ね備えたラケットだと思う。
カラーリングもコート映えするし、
春に向けてイチオシアイテムかも。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 未分類, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。