ドラマとか、制服とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「流星ワゴン」が面白い。

めったにドラマを観ないワタクシだが、
たまたま観た第一回で若干ハマり気味。

今一番人気の役者、西島秀俊と香川照之のコンビが過去を巡る旅に出る。
日本版BACK TO THE FUTUREって感じの物語である。

香川照之を初めて観たのはドラマ「アンフェア」だったっけ。
主演の篠原涼子の元夫役だったかな。
なんか存在感のある人だなぁと思っていたら
その後、色んなところで目にするようになった。

龍馬伝の岩崎弥太郎の役も良かったよね。
そういえば、西島秀俊は八重の桜で知った。
会津弁がちょいと不自然だったけど、
序盤で見せた筋肉質の上半身にかなりビビったっけ。

ということで、豪華なキャストで展開する流星ワゴン。
原作を読んでいないので、なおさら展開が楽しみである。
ドラマが完結したら原作を読むことにしよう。

 

さて、某日。
12歳児の入学する学校に行って来た。
IMG_0908

目的はこれ。
IMG_0906
制服やら体操服やらの注文である。

別にワタクシがついていかなくても良いのだが、
おそらく堂々と校内に入れる機会はそうそうないだろうってことで
ついて行ったのだ。

ふーん、比較的新しい私立だと思っていたけど、まあまあ古いのね。
妻に聞いたら、「私が高校生の頃に出来た」ってことだから、
かれこれ20年くらいになるのか。

ワタクシ、制服の相場とかをまったく知らないのだが、
一式揃えて数万円するらしい。

大人にスーツですら2万円も出せば買える昨今、
子供の制服がそんなにするのかと衝撃を受ける。

妻によれば、
「ウチはまだ安いほう。タケオキクチの制服の学校もあるんだよ」
とのこと。
知らなかった。

この学校も制服取り扱いは三越と松坂屋。
対応も百貨店対応でやたらと丁寧だった。

人生で初めて、首回りや袖丈を採寸されて
恥ずかしいのか、笑いが止まらない12歳児。
IMG_0907
一方、完全に制服に着られている姿に笑いが止まらないワタクシ。

しかしもう制服を着る歳になったのかぁ。
ワタクシも歳とるわけだ。

しかし似合わないな。
12歳児には和服に風呂敷の方が似合いそうだ。


カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。