キャップとか、35年とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

最近、ワークキャップが流行っているらしい。

ゴルフにいいかなと思い、近所のショップを物色。
IMG_0779

IMG_0778
「これなんかどうかな?」と妻に聞いてみる。

「北の国からの五郎さんみたい」

「子供が食べてるでしょうがぁ!・・ってこら!」

そっちのイメージじゃないんだけど。
すっかり購買意欲を無くしたワタクシである。

 

さて、CDを購入。
IMG_0127
SUPER STUDIO LIVE![初回限定盤]

35年前の日本武道館でのライブを収めた名盤、
sptnklv
SUPER TAKANAKA LIVE!をスタジオで再現した作品である。

スーパーライブはまさに高中の代表作品。
ワタクシも若かりし頃、このアルバムを聴き倒していた。

そして35年の時を経て、このアルバムである。

当然、セットリストも同じ。
ギターも35年前のブルーのYAMAHA SG、
さすがにジムケリーのアンプは無かったらしく、
フェンダーのツインリバーブにJBLのスピーカーを載せたとか。

高中師匠によれば、イントロのフレーズを間違えたところや、
キーボードの小林泉美嬢のミスも再現したらしい。
(小林泉美さん、可愛かったなぁ)

さすがにメンバーは同じではないが、当時の雰囲気バリバリの
あっという間の8曲だった。

多分、当時の方が音もテクニックもこなれていなくて
今の音質や円熟度には及ぶべくもないだろうが、
35年前と現在、それぞれの味がある。

35年前のライブもiTunesに入っているので
懐かしい感じはあまりないのだけど、
今回の作品も購入して良かったと思った。

しかしそう考えると、長い間活躍してるんだなぁ。
実際、フュージョン、インストールメンタルという
それまで訳の分からなかったジャンルを
ここまでメジャーにしたのは高中正義に他ならない。

歌も無いのに、夜のヒットスタジオとか出てたからね。
たいしたものである。

そんなわけで、大満足の1枚だったけど、
新作がギュッと詰まったアルバムも聴きたいな。
師匠、待ってます。


カテゴリー: ファミリー, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。