月別アーカイブ: 2015年3月

Tシャツとか、開幕とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先日購入したTシャツ。
IMG_1430
tennis365netのオフィシャルブロガーであり、
GAORAのテニス解説でもおなじみの
佐藤武文氏プロデュースのブランドである。

特になんらかの繋がりがあったわけではないのだが、
数日後、とあるミーティングで佐藤氏と一緒になった。

ミーティング後、暫し、テニス界やら選手やら、
ビジネス的なことについて話をした。
様々なチャンネルをお持ちで、良い刺激をいただいた。
またお会いしましょう。

 

さて、滞在5時間の弾丸帰省から戻り、
少しだけ寝て3時に起きる。

身支度を整え、車に飛び乗り高速を東へ。
着いた先は印旛沼。
IMG_1793
そう、バスフィッシングトーナメントの開幕戦である。

前日、HEADのHくんに、
「ちゃんとボート降ろしといてね。
あと、ロッドセーバーつけといて。
あと、ガソリン入れといて。
あと、エンジンちゃんと掛かるようにしといて。
あと、どこで釣れてるかの聞き込みは忘れないように!」
と、様々な指示を出しておいた。

スロープに着くと、ちゃんとボートも降りていてひと安心。
「エンジン掛かる?」と聞くと「バッチリです!」とのこと。
よしよし。

「で、どこで釣れてるって?」

「釣れてないみたいっすよぉ」

正直に「釣れてる」なんて言うわけないじゃろが。
表情を読まにゃあ。

なんてことを言いながら、まったく準備していなかったワタクシ。
とりあえず、それぞれにルアーをセットする。
IMG_1794
なんか、これだけで疲れちゃったぜ。

念のため、イグニッションキーをひねってみる。
ボン!キュルル、ズボボボ!
おお!一発で掛かった!
IMG_1796
でかしたぞ、Hくん。(普通です)

横には沼の日の出を撮影するカメラマンさんたち。
IMG_1798
この皆さんの車もあるから混んでるのね。

ミーティング。
IMG_1803
昨年の年間ランキングトップのM川くんからトロフィー返還。
しかしデカいトロフィーだな。
もらっても置き場所ないぞ。(注:そう簡単にもらえません)

やる気満々の印旛沼の猛者たち。
IMG_1802
今年も熱い戦いの予感。

いよいよスタートである。
IMG_1808
フライトはランキング順。
ランキングが低いワタクシたちはしばらく呼ばれない。(涙)

さあ、気張っていくぜ〜!

カテゴリー: テニス用品, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝とか、帰省とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

レックがサポートする穂積絵莉プロがITF $50,000 Quanzhou Chinaでダブルス優勝。
IMG_1888
パートナーな二宮真琴プロ。
二宮プロとは全日本での決勝までいっているし、相性が良いらしい。

加えて、今期から梅田コーチが、穂積プロと一緒のトーナメントでは
二宮プロのツアーコーチもつとめることになったので、
ある意味、チームとしての優勝であり、うれしい限りである。

穂積プロの破壊力と二宮プロのキレの良いショットが
上手くかみ合えば、グランドスラム本戦も遠くないように思う。
期待したい。

 

さて、何かと忙しい春である。

仕事もあるし、実業団の試合も始まるし、
釣りのトーナメントも開幕するし、12歳児の試合もある。

そんな中、12歳児が言った。

「〜くんは春休みにオーストラリアに行くんだって。
〜くんはハワイって言ってた」

「キミはテニスと勉強でそんな時間無いよね」

「うーん、でもどこか行きたいなぁ」

「じゃあ、スーパー銭湯ってのはどう?」

「子供だまし・・・」

ということで、「おじいちゃんとおばあちゃんに会いに行く」と言いだした。
妻は乗り気、長男は部活があるから行かないと言う。

ならば二人で新幹線で行けばと言ってみた。
と、「おとうさんもいたほうがいいな」だって。
つまり運転手が欲しいということである。

早起きして北へひた走る。
IMG_1742
素晴らしいドライブ日和だ。

サービスエリアで鮎の塩焼きを食べてみたりしながら
なんとか福島へ帰り着く。
IMG_1743

久しぶりの実家はあちこちがリニューアルされていた。
IMG_1755

作業部屋
IMG_1763
どうしてPCが3台もあるのだろう。

薪ストーブと琉球畳の小上がりは変わらない。
IMG_1754

近くの川まで歩いてみた。
IMG_1758
山には雪。
雪解け水なのか、夏よりもたくさん水が流れていた。

12歳児が暇そうなので、車を借りてドライブ。
IMG_1775
雅子さまも来られたというスキー場へ行ってみた。

やはり男子、登らずにはいられないらしい。
IMG_1771

帰り道、足湯に寄ってみた。
IMG_1777

徐々に冷えてきた午後、足が温まりホッと一息。
IMG_1781

家に戻ると薪ストーブに火が入っていた。
IMG_1784
今年の薪はこれで最後だそうだ。

滞在時間5時間。
千葉にとって返す。
12歳児は「楽しかった」と言っていた。
ハワイじゃなくても良かったのね。

帰りの羽生サービスエリア。
IMG_1789
なかなかの時代演出である。

運転しっぱなしで疲れた。
この後、ちょっとだけ寝てまた出かけるのだ。
タフだぜ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 穂積絵莉プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハードカバーとか、ソフトとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

最近はまっている今野敏の「隠蔽捜査シリーズ」

気にいるとその作者の作品を
すべて読まなけれなば気が済まないワタクシ。
隠蔽捜査1から読み進み、5でとうとう文庫本が無くなった。

だからといって読書欲が収まるわけでもなく、ハードカバーを購入。
IMG_1711
うーん、やっぱりちょっと大きいな。
電車の中で立って読むのはしんどいぞ。
(読んだけど)

隠蔽捜査としてはとりあえず6まで。
もちろんこれもハードカバー。
仕方ない、重いけどこれで読もう。

レック本社のハッシー、元フォルクルのK女史のおかげで
最近、読書量が飛躍的に伸びている。
2日に1冊くらいのペースである。

何を読んだからよく分からなくなって、
ダブって買ってしまうことも多いので
読了記録をつけることにした。
これで安心である。

しかし、一生かけても数多ある本たちの一部しか読めないんだよねぇ。
なんか上手い方法無いかな。

 

さて先日のこと、レックインドアテニススクール上石神井で
東京テニス事業協会主催のセミナーが開催された。

お題は「ソフトテニス」
軟式野球やソフトテニスボールの老舗メーカーである
ナガセケンコーさんの実業団チームを招いての講義&実習だ。
IMG_1712

ズラリと並んだ、ナガセケンコー実業団女子チームの皆さん。
IMG_1713

部長さんによるソフトテニスの歴史と現状のお話から、
選手の皆さんによる実演から、ワタクシたちも実践。

参加者はテニス関係者ばかりなので、ソフトテニスの経験者も少なくない。
・・・はずだが、皆ほとんど感覚が飛んでしまっていた。

ワタクシはといえば、ソフトテニスは未経験。
高校1年生の時、遊びでソフトテニスをしていたら、
先輩に見つかってメッチャ怒られるという悪い思い出しかない。

あとは数年前に一度だけ、ソフトテニス世界ランク1位だったという選手と
ボールを打ち合ったことがあるが、丸いボールがどうしてこんな形にって感じで
すごいスピードでボールが飛んできてビビったことがある程度。
とにかく、同じテニスながらあまりに縁が薄いのがソフトテニスなのだ。

ラケット、ボールを使うのは同じだが、物理的な条件の違いに伴い、
技術もかなり違うことが分かった。

ソフトってどうしてあんなにひっぱたくんだろうと思ったら、
ひっぱたかないと全然飛ばないのね。
いちおう理屈は分かったのだが、どうしてもキレイに縦回転をかけてしまい、
ボールは入るが、威力はまったく無し状態が続く。
(後ろでダイドウジコーチが笑いっぱなしだった)

ボレーもスライス系ではない。
むしろ下から上へのトップスピン系の方が近いと思う。
こちらも理屈は分かるが体が言うことをきかない。

初心者の方ってこんな気持ちなのかもしれない。

楽しみつつ、悩みつつ、あっという間の3時間。
欲を言えば試合をしたかったな。
やっぱり本当の面白さは試合じゃないと分からないしね。
ソフトテニスもPLAY+STAY的に考えてみてはどうだろう。

研修会のあとの懇親会は、仕事が片付かずパス。
女子チームの皆さんと懇親したかったんだけど、残念。

今も中学校のテニスはほとんどが硬式。
小学校時代にテニススクールに通っていても
中学に入ると「ソフトテニス部しかないので」と
退会していく子供達も多い。

そして中学のテニス部は山ほど部員がいて、
ろくに打つことが出来ない学校もあるらしい。
この子達が練習出来る環境、技術を習得出来る環境づくりに
民間テニススクールが機能するのもありなのかも。

何かと学びと気づきの多い研修会だった。

カテゴリー: テニス, 仕事, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

卒業とか、YONEX VCORE TOUR Fインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

卒業のシーズンである。
ミスタッチで「失業のシーズンである」と変換されて
悪い予感がしたのはヒミツである。

我が家の12歳児も6年間お世話になった小学校を卒業した。
IMG_1725
ワタクシもカメラを抱えてギャラリーから激写。
カメラマンのために2階を解放するのは良いシステムである。

「楽しかった山村留学〜!」「山村留学〜!」
「私たちは今、旅立ちます!」「旅立ちます!」

これって今もあるのね。
うーん、少し醒めるな・・
とはいえ、見事な合唱で少しウルっと来たワタクシであった。

ちなみに卒業式の招待状はこんな感じ。
IMG_1719
「お母さんへ」と書いてあったので、
「お父さんへ」があるかと思ったら無かった。
なんで?(涙)

とにかく卒業おめでとう!

 

さて、新製品ラッシュの2〜3月の後半、
日本が世界に誇るラケットメーカーから満を持しての新製品がリリースされた。
IMG_1595
歌舞伎役者を思わせる赤と黒のコスメ。
まさにツアー系のトップモデルの風格である。

YONEX VCORE TOUR F 97
IMG_1597
■フェイスサイズ:97平方インチ
■ラケット長:688mm
■ウエイト:G/319g LG/290g
■バランス:G:平均310mm、LG:平均325mm
■ストリング:16×21
■価格:32,000円

ヨネックスさんのツアーモデルVCORE TOURの後継モデルとして
リリースしたニューモデルである。

特徴的なのは、このエアロフィン。
IMG_1599
フェイストップ部のフィン形状の突起が
空気の流れをスムーズにし、スイングスピードを上げる。

そして、このストリングパターン。
IMG_1598
クロスストリングが21本と最近のラケットには珍しいセッティング。

フレーム厚は21-21-20とほぼフラットビーム。
IMG_1596
見るからにゴツそうなモデルである。

もともとYONEXのVCOREはゴリゴリのツアーモデル。
それなりに使い手を選ぶラケットである。

そして今回、「F」が登場。
レクサスでも「F」と言えば、めっちゃハイスペックなモデル。
一度、IS Fに試乗したがその加速と走行性能にビビった記憶がある。

ということで、Fに期待しながらの試打である。

 

速い!

エアロフィンの効果なのかは分からないが、
今流行りのスピードボールが飛び出すラケットである。
ビュン!と振れば、ボールを潰し、一気に打ち出す。

バボラのピュアストライクで始まったスピード競争が
さらに加速したような印象を受けた。

 

そして、剛性が高い!

ストリングパターンの恩恵だろうか。
フェイストップ部での打球感は秀逸。
カチッとした感触でしっかりボールを潰してくれる。

上級者がフェイストップ部で打球する機会が多いことを思えば、
このストリングパターンはある意味正解なのかもしれない。

この恩恵は非常に大きい。
ワイドに振られた場面で、パスをクロスアングルに持って行きたい。
フェイストップがヤワだと思ったようにスピンが掛けられない。
やはり極限状態で信頼できる剛性は重要。
そのあたりをしっかり押さえた感触である。

 

スピン系は完全にボールを潰すイメージ。
スナップバックで引っ掛ける印象はあまり無い。
フラット系のスイングをするプレーヤーにより合うのではないだろうか。

 

ボレーもキレが良い。
やはり、フェイスのトップ寄りが負けないのはメリットである。
パン!と咥えて、スパン!と出ていく。
まさしく「キレキレ」のショットが可能になる印象である。

 

そしてサービス。
実は個人的にはエアロフィンの効果はよく分からなかった。
ただしボールは鋭いのは分かった。

もしかするとこれがエアロフィンの効果なのかもしれないが、
空力抵抗の変化によるスイングスピードの違いが分かるほどの
感覚は持ち合わせていない・・
というか、そういう人はほとんどいないと思う。

やはり球速などのデータが無いと分からないと思う。
とはいえ、打球は確実にレベルアップした印象である。

ワタクシとしては、フェイストップ部の
剛性アップの効果が大きいような気がした。

 

とにかく今風のラケットである。
カチッとした打球感で、バシュッとボールを潰し、
速いテニスを実現する。

ボールを潰せて、スピードテニス展開したい
男性プレーヤーにオススメしたい1本である。

全体に感触は乾いた硬質。
この感触が好きな人にはドンピシャかも。

それにしても攻撃的な面構えだぜ。
IMG_1607

ちなみに今回の試打は、
攻撃的じゃない面構えのソトヤマコーチに付き合ってもらった。
IMG_1610
この後、飲み屋で日本酒をガバガバと攻撃的に飲んでいたのはヒミツである。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カメラとか、Macとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

iPhone6のカメラの性能がスゴい。

以前はこのコンデジを持ち歩いていたのだが、
最近はほとんど出番がない。
IMG_1377
レンズの明るさと画像の質に惚れてこのカメラを買った。
購入当初は、その映り、色映えに感動したのだが、
もはやiPhoneカメラはそれを超えた気がする。

さすがに暗いところは厳しい場合もあるが、それはコンデジも同じ。
むしろ、補正機能はiPhoneカメラの方が良いくらいになっている。

弱かった室内撮りも問題無し。
IMG_1334
かなりクッキリでパキッとした絵になっている。

拙者・・じゃない、接写性能もこの通り。
IMG_1379
暗い店内で撮影したオージーチーズポテトフライ。
美味しそうに撮れている。

画像サイズもこのコンデジより大きいし、
数年前のコンデジを完全に超えたiPhoneカメラ。

考えてみたら、コンデジの売り上げにも打撃じゃないのかな。
それとも別の意味でニーズが存在するのだろうか。
仕事バッグが10kg近い重装備のワタクシにとっては、
iPhoneだけでコトが足りるのはとてもありがたい。

理想は「ボクなんかこれだけですよ」ってところかな。
(竹村健一かっ!・・って古いか)

 

さて、手持ちのMacbook Airがそろそろしんどくなってきたと書いたところ、
PC系に詳しい釣り仲間がアドバイスをくれた。

Windows機だとメンテナス方法が分かるのだが、
Mac系のメンテナンスには明るくないので、
ほとんど何もしていなかったのが原因のようだ。

まずはアドバイスに沿って、Onyxでディスクをチェック&整理。
多少、容量が空いた気がしたが、気持ち程度である。

iTunesなどのキャッシュが残っている可能性もあるとかで、
やはり劇的に容量を空けるためには初期化らしい。

iMacからシンクロさせて元に戻すことが出来るとはいえ、
メールなんかは消えてしまうだろうし、
さすがにこれは最終手段である。

かくなるうえは、新しいMacbook Airに乗り換えかと
思っていたら、さらなるアドバイスが。

「今度のAir、CPUが貧弱過ぎます。
iPadにキーボードがついたくらいに思った方がいいっすよ」

なるほど、たしかにそこは気になってたんだよねぇ。
さらに・・・

「画像とか動画とかいじりますよね?
そういう人はMacbook Proじゃないとしんどいっすよ」

やっぱりそうなのね。
そういえば、梅田コーチが先日購入したMacbook Pro、
けっこう軽くなったって言ってたなぁ。
mbp13
フルスペックで25万円くらいかな?
うーん、ちょっと厳しいぞ。

とはいえ、必要なものではあるし・・・
ロト6でも買ってみるか。(間違ってる気が)

どうしたものかねぇ。
25万円、落ちてないかな。

カテゴリー: PC, カメラ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

合格とか、復帰戦その2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日曜夜のレックテニススクール府中。
IMG_1710
スタッフさんのコーチテストである。

この日はイシバシコーチとワタクシの二人体制で採点。
IMG_1707
ワタクシ担当のコートは見事合格。
前回の課題をしっかり勉強してきたのが分かって良かった。

府中校のチームワークを感じた合格だった。
でも、ここからが勝負。
いいレッスンしてくださいね。

 

さて、そんなわけで試合が近づいて来た12歳児。
IMG_1666
緊張からかコートサイドでフォームチェックを始めた。

そしてミーティング。
IMG_1662

いよいよ試合。
IMG_1668

出だしでいきなりサービスをふかす。
IMG_1669
緊張しているようである。

やっぱり相手選手は体格が良く、ショットも強い。
一発打ち込まれると一気に追い込まれる12歳児。
IMG_1674

サービスゲームも以前よりは組み立てられるようになった気もするが、
やはり力の差は如何ともしがたい。
IMG_1680

結局、1ゲームも取れず完敗。
IMG_1690
厳しい復帰戦になった。

試合後、少し話す。

「どうだった?」

「うん・・・うん、うん」

「これは勝てないなと思った?」

「いや、そうは思わなかった」

「じゃあ、勝つつもりで戦った?」

「わからない・・・」

「悔しい?」

「うーん、どうだろう」

「勝つ気でやってないの?」

そんなやりとりをしながら試合を見る。
IMG_1691
泣くくらいなら、コートの上にいる時に頑張れよ。
反省いっぱいの試合だった。

夕方、練習に行くというのだが、帰るにも中途半端な時間。
まずはお昼を食べようということに。
IMG_1692
10皿にフライドポテトとメロンですか。
食欲はあるのね。

そして、隣にあった銭湯へ。
IMG_1695
露天風呂に浸かりながらまた反省会。

そしてクラブで練習。
IMG_1696
しっかり課題をクリアして次に臨もう。

長い一日だったぜ、ふう。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シュガポワとか、欲しいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

有明テニスの森公園、クラブハウスで売っていた。
IMG_1447

シュガポワ
IMG_1449
シャラポワがイメージキャラクターのお菓子。

そんなものが出たのは知っていたが、現物は初めて見た。
480円かぁ。
けっこうするのね。
シャラポワのセレブイメージ通りの価格設定である。

 

さて、色んな時計をしようキャンペーン中のワタクシ。
こんな時計を引っ張り出してみた。

TAG HEUER PROFESSIONAL
IMG_1429
もう20年以上前の時計である。

当時のワタクシにはかなり高価で、
手に入れた時はうれしくてたまらなかったっけ。

いくらで購入したのかははっきり覚えていないけど、
ボーイズサイズがいい感じで20代の頃の相棒だった。

 

HAMILTON KAHKI
IMG_1427
踊る大捜査線のTVシリーズで、
主人公の青島がハミルトンをしていたのを見て
購入したベーシックモデル。

小ぶりなサイズとベルトが特徴。
デカフェイス流行りの最近にはちょっと違和感もあるが、
女性がするとちょうどかわいい感じになるような気もする。

実際にドラマで使用された時計はハミルトン・カーキキングだそうだ。
腕時計の電池が切れたすみれさんに青島が
自分の時計を貸したシーンでクローズアップされた。

最近、ハミルトンでいいなと思うのがこれ。
hmtnkfat
HMILTON KHAKI FIELD
普通且つ質実剛健な感じがナイス。
価格も7~8万円とお手頃だ。

でもこのところのイチオシはやっぱりこれかなぁ。
skastn
SEIKO ASTRON SBXB009

流星ワゴンの西島ウォッチである。
しかし定価24万円、実勢価格でも17万円程度と
なかなかの高嶺の花である。

なんてことを言っていると、
「一度にひとつしか出来ないんだから」と家族が言う。
たしかに正論ではあるのだが・・・
いいじゃんか、あれこれ考えるのが楽しいんだよ。

カテゴリー: 時計, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ペットショップとか、復帰戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

NEOインドアテニススクール西新井へ。
途中のショッピングモールで必ずペットショップへ寄る。

ボーダーコリー
IMG_1593
ボーダーコリーってすごく頭が良いらしい。
カワイイ。

コーギー
IMG_1625
やっぱりカワイイな。
ドアの鍵穴をガリガリ噛んでた。
このガリガリが危険なんだよね。

我が家のクーさん。
IMG_0854

彼女と出会ったペットショップ。
DSC_8318
このボンヤリ具合にノックアウトされて
犬との暮らしが始まったのだったっけ。
いつまでも元気でいておくれ。

 

さて、受験も終え、徐々にテニスモードの12歳児。
半年のブランクはそれなりに大きかったようだが、
そんなことばかりも言っていられない。

「試合に出たい」と言うので、いくつかピックアップして参戦。
年が明けてカテゴリがひとつ上がっていた。

ということは、年上のお兄さんたちと試合をしなければいけないわけだが、
同じように半分の選手は新参組だから条件は一緒である。

この日はTTCの試合へ。
IMG_1642
久しぶりの試合会場に若干緊張気味の12歳児。

TTCならでは。
車椅子テニスの練習中だった。
IMG_1646

選手も練習中。
IMG_1644
エグいショットをバキバキに打ちまくっていた。

取り憑かれたように見入る12歳児。
IMG_1645

すでに始まっていた12際以下のQFを見る。
IMG_1648
「う、上手い・・・」
レベルの高さにかなり引き気味。(苦笑)

落ち着かないのか、とりあえずアップを始める。
IMG_1650

素振りなんぞをしてみる。
IMG_1652

トレーニングしている国枝選手らしき人を盗み見る。
IMG_1657
緊張で何かと落ち着かない復帰戦がいよいよ始まる。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

VESPAとか、濃い一日とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

あるところで見つけたバイク屋さん。
IMG_1536

ベスパ専門店らしい。
伝統を守り続けているベスパだが、
よく見ると確実に進化している。

シルエットも若干今風に。
中身も変わったのかな。
ロゴデザインも変わった。
IMG_1538
でも、ベスパらしいね。

昔、ベスパが欲しくてたまらなかった。
探偵物語の松田優作、そして「さらば青春の光」のモッズスタイルに憧れた。
(スティング、カッコよかったなぁ)

結局、買えなくて、一番テイストの似ていたスズキ・ジェンマに乗っていた。
フワフワのフロントサスもベスパっぽかったっけ。

当時は原付バイクが一気に進化した時代。
ロードだと、ヤマハRZとか100キロ出る原付が目白押し。
スクーターもJOGとか、メッチャ速いのが流行ってた。

その後、過剰性能が問題になって、リミッターが掛かり
原付は60キロ以上出なくなってしまったが、
そもそも法定速度が30キロだから当たり前だ。

そういえば、当時って、原付はノーヘルで良かったんだよね。
今思えば、100キロも出るバイクが排気量という理由だけで
ノーヘルOKってのもすごい時代である。

ただスクーター乗りとしては、やっぱりノーヘルのほうが有難かった。
モッズがヘルメットって似合わないもんね。

ほんの一時期の新製品ラッシュだったけど、
バブル前夜を思わせるような不思議な時代だった。

そんなことを思い出しながら、ベスパを眺めていたら
やっぱり一度は乗ってみたいと思った。

 

さて、先日のこと。
レックインドアテニススクール上石神井にスタッフが集合。
この日は若手社員対象の2ヶ月に1度に研修会なのだ。

なんとなく企画進行と講師をつとめることの多いワタクシ。
この会はボスがバンクーバーに行っていて参加できないので
なおさら責任重大である。

余裕を持って準備を始めたつもりが、あーでもないこーでもないと、
やりたいことを詰め込んだり削ったりと、結局いつものように
前日ギリギリまで研修資料修正に追われることとなった。

基本的にプレゼン資料はパワーポイントで作成するワタクシだが、
ネットワーク関係をお願いしている会社の方によれば
「KEYNOTEが便利ですよ」とのこと。
梅田コーチも最近はプレゼン資料はKEYNOTEで作成しているらしい。

ということで、KEYNOTEを購入。
アプリにしてはちょっと高いけど、これも自己投資である。
次回はKEYNOTEに調整してみようと思う。

そんなわけで研修開始。
IMG_1578

基本項目を皆で確認し、その後は1対1でディスカッション。
IMG_1582
これまでぼんやりと思っていたことを顕在化し、
何をどうすれば良いかを具体的な行動に落とし込む。

自分が思う、自分の強み弱みや傾向は正しいのか。
周囲からの評価と重ね合わせて修正を加えていく。
ここで自分を客観的に見られる力や、自己評価傾向が炙り出される。
耳の痛いことも、嬉しい言葉もあったと思うが、これが現実だ。

とはいえ、皆、楽しそうに取り組んでいたので良かったかな。

 

午後はオンコート。

皆でフォーム分析からの再現。
見たものを再現する能力はコーチとして不可欠。
そしてその先は修正するための引き出しの多さである。

最後は試合とレッスンがかけ離れていないかの検証。
IMG_1583
実際に試合をしてもらい、ショットデータを抽出。

そのデータと実際のレッスンでのドリルの比率を検証する。
実は試合ではそれほど使わないショットの練習が案外多いことが分かったり、
なかなか興味深い検証になった。
IMG_1585
このパートは高島平インドアの成田ヘッドコーチに担当してもらった。
最後のパートを担当すると、一日を通して成田コーチが
一番良い事言ったみたいでずるいなと思った。

研修する方も受ける方も真剣勝負。
宿題もありの濃い一日。
またみんなで勉強しよう。

カテゴリー: 仕事, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

おみやげとか、開幕とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

カナダのお土産。
IMG_1702
メイブルシロップである。

本場っぽくフタがワイン風。
IMG_1703

コイン
IMG_1704
大きめなのでゴルフのマーカーに使おうと思う。
今年はまだゴルフしてないんだけど。(エライこっちゃ)

パンフレット
IMG_1705

当然中身は英語。
IMG_1706
まあ、だいたわかった。(ウソ)

こうしてみると、やはりその場にいたかったなぁと思ったり。
しかし幹部全員が会社を空けるわけにはいかないし、
これも実務部隊の役割分担だしね。

聞けば、ホテルとレストランと会場以外、どこにも行っていないらしい。
まさに応援弾丸ツアーだったとか。
これぞ、サポーターの正しい姿か。

サーモン釣り放題ツアーとか、
ワイナリーで飲み放題ツアーとか行けばよかったのに。
って、そんなのあるのかも知らないけど。

結果は残念だったけど、皆で燃え尽きたらしい。
一部テニスファンの間では有名人の(応援)団長も
最終日が終わった時には、あしたのジョーみたいになっていたとか。

そういえば、先日、鈴木貴男プロと話した際、
「団長、初めてのアウェイでの応援ですよね。ありがたいです」
と仰っていた。

しばし、団長との出会いで盛り上がった。
選手の間でも有名人ってすごいな。

とにかく熱かったバンクーバー。
次はプレーオフ。
何としてもワールドグループに残りたい。

プレーオフでも圭は出るのだろうか。
ぜひお願いしたい。

 

さて、圭のインディアンウェルズはロペスに敗れベスト16。
次はマイアミである。

年明けの開幕から休む暇も無く走り続ける選手たち。
プロって大変だ。

プロじゃないけど、ワタクシにも開幕が近づいてきた。
バスフィッシングのトーナメントである。

がしかし!
まったく準備が出来ていない。

仕事(テニス)の試合が開幕になったり、通常業務がてんこ盛りで
休日もPCにへばりついていたりと、バタバタしているうちに
気づけば今週末が開幕戦である。

準備不足はいつものことだが、いつにも増しての準備不足。

当然、ラインも巻き替えていない。
IMG_1716
こうしてみると、道具も古いなぁ。

ルアーも去年から付けっぱなし。
IMG_1717
このルアーは春だからアリだな。

敗れたボートカバーも買い直たのだが、
届いたまま箱すら開けていない。
IMG_1721

ボートのロッドベルトも付け替えてなかった。
IMG_1720

果たしてエンジンは掛かるのか?
ガソリン、入ってたっけ?
魚の居場所は当然分からない。

大会前日になんとかカッコつけようと思っていたら、
家族が前日は福島に帰省したいと言い始めた。
12歳児が卒業の挨拶に行きたいらしい。

ということで、前日は350kmを往復ドライブ。
そのまま大会に突入である。

かくなる上は、パートナーのHEADのHクンに準備を託すしかない。
でも、いい加減なヤツだからなぁ・・・
ちゃんとやっとけよ。

あと、どこで釣れるかの情報収集もよろしく。
行けなかったごめんね。
その時はひとりで頑張ってくれ。

しかし、仕事でこれほど準備不足のスタッフがいたらきっと激怒してるよね。
ホント、申し訳ない。

カテゴリー: テニス, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。