日別アーカイブ:

春ですとか、2大会目その2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

朝、ランニングをした。
IMG_1913
約5km、30分ちょっとの日課である。
最近はかなり汗をかくようになった。

走れなかった日は、出社時に渋谷で降りて新宿まで歩く。
IMG_1914
4km弱かな。
まあまあ汗をかく。
すっかり春である。

ゴールドジムをやめた分、こまめに動かなきゃ。
もう少しテニスが出来るといいんだけどね。

 

さて、12歳児の春休みツアー2大会目の続きである。
メッチャ早くに会場に着いたおかげで
じゅうぶんウォーミングアップが出来た12歳児。
オーダーオブプレーを見に行くと、第1試合に組まれていた。

心の準備がどれくらい出来ているのかは分からないが、
気をつけることを復唱しながらコートに入る。
IMG_1873

試合開始。
IMG_1884
けっこう体格の良い選手が相手だが、
なんとか球威にはついていけている感じ。

サービスも悪くない。
IMG_1881
序盤で相手のサービスをブレーク。

サービスもキープし、良い流れでリードする。
IMG_1880

しっかり打ち合えているし、
このまま行けば復帰戦初勝利の予感。

 

と、そこで異変が。

何を思ったか、突然プレーを変える12歳児。
いきなりダウンザラインギリギリにエース級の強打。

そして、錦織圭ばりのドロップショット。
IMG_1878

バックハンドでも見事(?)なドロップショット・・・
IMG_1883

しかし色んなことをする分不安定に。
ここまで打ち合ってリードしているのに、どうして作戦変更?

シンプルに打っていれば勝てる流れを
自ら難しい展開に持って行き、徐々に追いつかれる。

圧倒的に押していた試合はシーソーゲームに。
最後はサービスゲームをブレークされゲームセット。
手のひらにあったはずの勝利は指の間からこぼれ落ちた。

 

見ていてとてもストレスのかかる試合だった。
「バカなのか?」とつぶやきが出るほどに
勝ち試合を自分で壊していった。

そういえば、勝っている時はペースを変えないなんて教えたことなかったなぁ。
このあたりの駆け引きは試合経験の少なさなのかな。
これまでは気持ちとかフットワークとかショットそのもので
精一杯だったから、そこまでは話したことが無かった。

12歳児がお世話になっているクラブの方針は
「早い段階でバランス良くすべてのショットを教える」こと。
小学生でもアングル、ドロップ、アプローチからネット、スマッシュ、
すべてのショットを教えてくれる。

ワタクシもその方針には大賛成だし、きっと12歳にとって、
それらのショットを駆使して戦うのは普通のことなんだろう。

ただ、勝ってるんだから、そのままやればねぇ・・・

 

試合後、12歳児と話す。

「負けました」

「どうして負けたと思う?」

「足が動いて無かったから」

「そうかな。他には?」

「食らいつく気持ちが無かったから」

「うーん、勝てそうだとか思った?」

「思った」

「どこで?」

「最初の方で」

「でも後半、追いつかれたよね。どうしてだと思う?」

「足が止まったから」

(なるほど、やっぱり分かってない)

「たぶんね、第6ゲームのドロップショットで流れが変わったんだと思うよ」

「流れ?」

「そう。そこから違うテニスをし始めたんだ」

・・・・そんなこんなのやり取りが続く。

やはり意識的に違うことをしたわけではなく、
普通に持っているショットを繰り出しただけらしい。
痛い敗戦でまたひとつ勉強した。

もっとコートに立っていたかったと12歳児。
IMG_1885
勝てばもう1回出来たのにね。
まだ10時前だぜ(涙)

まあ仕方ない。
次も頑張ろう。

カテゴリー: テニス, ファミリー, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。