日別アーカイブ:

ハサミとか、パッドとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ハサミを買った。
IMG_1896
あるテレビ番組で紹介されていたタイプ。

特に高価なものではない。
300円くらい。

キモはここ。
IMG_1897
刃が緩やかにカーブしていることで、
力を入れずに切ることが出来るのだそうだ。
なんでもダンボールもスイスイ切れるとか。

ダンボールは切っていないが、切れ味は抜群。
少しの力でスイスイ切れる。
こういう進化って特許あるのかな。
すごい発明だよ、これ。

 

さて、子供たちが交互にストリングを切ってくるので
お抱えストリンガーになっているワタクシである。

12歳児は切れるとすぐに、
「ガットが切れてしまいました。張ってもらえますか?」
とメールが来るので、張りの予定が立てやすいのだが、問題は長男。

すっかり酔っ払った頃に「ガット切れました。明日、朝練なんだけど」と言う。
そんな状態でストリンギングをするわけにもいかないので、
早起きして張ることになるのだ。
IMG_1985
もう少し相手の都合というか、段取り力を身につけてほしい。
社会人になった時に困るぞ。

とはいえ、最近は現場でのストリンギングの機会がほとんど無く、
自分のラケットに試打ストリングを張るくらいだったから、
張りの感覚が鈍らないのはありがたい。
(いちおう「張人」だし・・)

 

先日、Facebookでどなたかが紹介していたもので
心ときめくツールがあった。

これである。
rpntbk

ストリンギングしない方には何のことやらだろうが、
こんなふうに使用する。
rpnnt
ストリングを仮留めする際に、フレームに傷がつかないように
スターティングクランプとフレームの間に挟む緩衝パッドである。

通常は小さな皮にストリングが挟める切り込みを入れた
ものを使用することが多いのだが、これはなかなかオシャレ。
こだわりツール好きなワタクシにはたまらない一品である。

検索し探し当てると、スペインのテニスショップらしい。
http://www.parnellknot.com/index.php/en/

ちなみに店名の「パーネルノット」はストリングの結び方の名前。
レックのマニュアルでも標準になっている留め方である。

サイトにはネットショップもあり、このパッドも通販しているようだ。
2個で20ユーロくらいだから、買ってもいいかなと思ったのだが、
国外発送対応可なのかが分からず注文出来ないでいる。
欲しいな、これ。

 

ワタクシが現在使っているのは、
ストリングのパッケージを重ね合わせて自作した紙製のパッド。
IMG_1983
HEADロゴはカッコイイが、やっぱりしょぼい。

ということで、とりあえず自作することに。
レザーグリップの予備があったので、これを加工。
IMG_1982

出来た!
IMG_1981
うーん、不器用である。

使ってみた。
IMG_1984
もちろん、紙製よりは使い易い。
この形状もご利益ありな気も。

ただ、ちょっと柔らかすぎるかな。
レザーグリップだとしなやかすぎるようだ。
少し固めのレザーを加工するのが良いかも。

やっぱりスペインから通販で購入してみるか。
または、いっそレザークラフトショップでオリジナルを作ってもらうか。
このためのだけにレザークラフトを覚えるのは・・・無いな。

ああ、欲しいぜ。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。