指示とか、取材とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

CM。
若手男性社員が篠原涼子演じる上司に言う。

「プレゼン資料、見てもらっていいですか」

「大丈夫見たから」

「えっ?」

「キミの頑張ってる姿をね。だからまかせた」

颯爽と去っていく女性上司。

ちゃんと見た方がいいって!
というか、ちゃんと見てあげないと。
と、いつも心の中でつっこむワタクシである。

 

先日、ボスからこんなことを言われた。

「最終的には指示を出すのだ。
何かあったら責任は指示を出した自分に来るようにする。
そのために明確に指示という形を取ること。
上司として部下に任せるというのはそういうこと」

たしかにその通りだと思った。

「思うようにやってごらん」は相手に責任を持っていくこと。
何かあっても責任を取ってあげられないかもしれない。
いや、いざという時の責任逃れに使う人だっているかも。

自分の業務範疇においてはすべての責任を負うつもりではいたが、
そのためには「指示」という判子が必要。
考えさせられたというか勉強になったひと言だった。
うーん、深いぜ。

 

さて、ある日、スマッシュさんのAさんから電話。

Aさんは、アガシ、グラフとテニスをさせてもらった
ラスベガスツアー以来のお知り合い。
その後、何度か特集ページの依頼などをいただいた。

ここ数年、ワタクシはテニスクラシックさんに
記事を書かせていただいたりで、仕事ではご無沙汰だった。

「ご無沙汰してます。取材にご協力いただきたいのですが」

「私に出来ることならもちろん」

「テニスの基礎解説なのですが」

「もちろん大丈夫です」

「で、若い女性がテニスを始めたくなるような『爽やかな若い』コーチをお願いします」

「爽やか・・・ですね。わかりました」

なるほど、そういうオファーなのね。(苦笑)

ということで、ボスやWさんとコーチ選定ミーティング。
『若く爽やか』な会社の顔だから、なかなか難しい。

ボスが「オレがやろうか?」(絶対言うと思った)というのを
さらりとかわし、ようやく段取り。
原稿などをチェックさせてもらい、ようやく撮影当日である。

 

撮影はレックインドアテニススクール上石神井のお隣、
東京グリーンテニスクラブさんにご協力いただいた。
(Tオーナー、いつもありがとうございます)

ということで、今回爽やかコーチに認定された井原コーチである。
IMG_1937

「なんで自分なんですか?お客様に、ボク爽やかですかね?って聞いちゃいました」

「消去法だ。気にするな」

「やっぱり・・・」

とにかく撮影開始である。

IMG_1931

編集部の指示に従い、テキパキと取材は進む。
IMG_1935

微妙なグリップなどは、「これでいいっすか?」と
ワタクシに目で聞いてくる井原コーチ。
まったく問題ありません。
IMG_1934

取材は無事に終了。
IMG_1933
来月号のスマッシュさんには爽やかなコーチが解説する
テニス基礎コーナーが掲載されているはずである。

ぜひお手に取って、そのままレジに進んでください。


カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。