日別アーカイブ:

サービス練習とか、バンドその2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

2ヶ月に1回実施している若手社員対象の研修会。

何かと荷物が多く、車でレックンドアテニススクール上石神井へ。
渋滞を避けるために早めに出たら、10時からの研修会なのに
7時前に着いてしまった。

最近はあまり持ち歩かない自分のラケットも持ってきたので
サービス練習をすることに。
IMG_2639
久しぶりに真面目に打つ。
上手く各部が連携しない感覚がずっと続く。

徐々に体が慣れてきた。
球種、コースを変えつつ、100球ほど打つ。

ストリングのへたりも確認したいので
何本かを取り替えつつ、さらに100球。
IMG_2640
HEADばっかりだな。(苦笑)

次の日、これまでにないくらいに肩から背中が筋肉痛。
やっぱりやてないとダメだな。
ボールを打つ機会を増やさないとね。

ああ、肩痛い。

 

さて、昔話の続き・・・

部活を引退したら受験勉強に専念すると親に言ってしまった手前、
堂々とベースを鳴らすわけにもいかず、練習は夜中。

もともとベースアンプは持っていないので
ソニーのラジカセのMICジャックに無理やりケーブルをつなぎ、
ヘッドフォンでコピーをした。

エレキベースでも多少は音がするだろうから、
ミュート気味で練習していたつもろだが、
ジャンルはハードロックってこともあり、
指ではなくピックで弦を弾いたから
やっぱり音は出ていたのかもしれないけど。

注:当時、ヘビーメタルという言い方は無かった。たぶん。

 

1回目の練習。
多分、ドラムのヤツの自宅だったと思う。

高校生なのに何故かアパートの一室みたいな部屋で
ドラムセットやらアンプやらが揃っていた。

六畳くらいの狭い部屋だったから、
メンバーがポジションにつくと、
そのまま身動きできずに最後まで演奏するって感じ。

こんなアパートみたいな部屋で音を鳴らして良いのだろうかと
疑問に思うワタクシにお構いなく、大音響で演奏が始まった。
フォークならまだしも、ハードロックをガンガンに弾き倒し、
ドラムを叩き倒すオリジンバルメンバーの二人。

ワタクシ、中学時代に初めて組んだバンドで
友人宅に集まって、1,2,3!とKISSのLOVEGUNを始めたら、
そいつの家のお母さんが飛び込んできて、「バカァ!あんたらなにやってんの!」
とイントロすら終えられなかったのだが、そこは不思議なアパートだった。

ちなみに初回の練習はワタクシの耳コピが間に合わず、
かなりいい加減にベースを弾き倒した。
たぶん、彼らは「コイツ誘ったのは失敗だったか」と思ったに違いない。

ワタクシはといえば、
「誘ったオマエらが悪い。オレだって勉強しなきゃいけないんだよ」
と開き直りつつも、何とか次回までにコピーしなきゃと思ったりした。

そして親が寝た夜中に、ヘッドフォンではヴォンヴォン(音が割れてる)、
たぶん生音では、ベンベンと低い音を出しながら練習は続いた。

受験はどうするんだって気持ちもあったが、
いちおうの責任感はあるので、
メンバーに迷惑はかけられないなって感じだったのだろう。

それにしても、小学校から9年間マリンバを習い、
6年生の終わり頃からギターを弾き始めたのに
どうして譜面が読めないのだろう・・・

そんな高三の秋のはじまりだった。

カテゴリー: テニス, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。