ガードとか、春季リーグ最終戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

12歳児のiPhone。
IMG_2695
ヨネックスのケースである。
こんなのあったのね。
知らなかった。

で、おもて面。
IMG_2696
紙が貼ってある。

中間テストに向けて、勉強中に触らないように貼ったらしい。
穴が開いているのは、課題の英語講座のアプリだけを
操作するための穴らしい。(笑)

おかげで中間テストはまあまあだったとか。
何にしても自制出来るのは大したものだ。
見習わなければ。

 

さて、GW明けの週末。
東京都実業団春季リーグの最終戦が行われた。
相手は超メガバンクさん。

自社でこんなすごい施設を持っているのかとため息。
IMG_2633

大企業さんは違うなぁ。
IMG_2632

この試合に勝てば何とかリーグ2位は行けそう。
他チームの結果次第では優勝も。
負ければ一転、2部リーグとの入替戦もありうる
まさに正念場、天王山の戦いである。

相手チームは有名大学で活躍していた強豪選手揃い。
まあ、どこと当たっても強い選手ばかりなのだけど。

この日、なんと鈴木貴男プロも観戦&応援に駆けつけてくれた。
IMG_2630
いつも練習している早稲田大学のコートに近いこともあり、
「どんなレベルなのか知っておきたいですし」ということで
朝から合流してくださった。

今日のメンバー。
DSC_0533

いつもの円陣。
DSC_0534
1部に上がってからメンバーが4人になり
円陣を組みづらいのでボスが参加。

シングル2 林コーチ
DSC_0544
かなり前評判の高かった相手に押せ押せ。

この日の林コーチはキレキレだった。
DSC_0627
鈴木プロも「いいテニスしてるね」と安心して見ておられた。
試合を見ながらアドバイスもらえる、とても贅沢な状況。

楽な試合ではないものの、終始主導権を握りストレートで勝利。

シングルス1 井原コーチ
DSC_0664
序盤の競り合いを制し、1stセットを取る。

アウェイの慣れないコートに苦労しながらも
2ndセットも徐々に相手を追い詰め、4-1に。

しかしここからが長かった。
徐々にペースを掴んだ相手のカウンターに苦しみ始める。
DSC_0583

試合はフルセットへ。
DSC_0637
鈴木プロも「Come on!」「そうそう」と小声で呟いている。
(選手ではないのでアドバイスは出来ないのだ)

ファイナルセットでサービスダウン。
DSC_0772
崖っぷちに。

そしてまさかの敗戦。
絶対的なエースに初めて土がついた。
ショックを受けるワタクシたち。

勝負が掛かったダブルスは、白川コーチ・苅田コーチ。
DSC_0775

強力サービスを放ち続ける白川コーチ。
DSC_0784

持ち前の変幻自在さで食らいつく苅田コーチ。
DSC_0805
しかし、力及ばず、敗退。

チームとしては2敗目を喫した。
これで今季は2勝2敗。
おそらくリーグ4位だろう。

関東大会、そして全国出場を狙っていたのだが、
それどころではなく、1部残留をかけての入れ替え戦に
回る可能性が濃厚になってしまった。

エースが負けたんじゃ仕方ないと思いつつ、
「あそこまで追い詰めたのに」と悔しい敗戦。

ボスと鈴木プロと3人で歩きながら、
あれこれ反省点やこれからのことについて話す。

練習に向かう鈴木プロと別れ、ボスと二人で反省会。
IMG_2635
あまりに悔しくて、日本酒を6合も飲んじまったぜ。

くそー、とにかく1部に残留しなきゃ。
出直しである。


カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:32 | コメントは受け付けていません。