日別アーカイブ:

自転車とか、研修会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

会社の近所のビストロっていうか居酒屋の前。
IMG_2788
自転車がオブジェっぽくなっていて、なかなかいい雰囲気

近づいてみた。
IMG_2789
オシャレな駐輪システムだった。
シチュエーションが揃わないとマネできないけどね。

そういえば自転車乗っていないな。
今週末は休めそうだから、少し走ってみるかな。

 

さて、GW明けのある日。
レック若手社員向けの研修会があった。

午前中は座学、午後はオンコートがいつものパターン。

座学はワタクシが担当することが多いのだが、
若さゆえか皆がとても一所懸命に食らいついてくるので
とても楽しい反面、かなりのプレッシャーもあったりする。

こうしてアウトプットするのは、
相手が仲間の社員たちであっても緊張するし、
確実にためになることを、分かりやすくと思うから
準備もかなり時間がかかるし、けっこう大変なのだ。
(わかってね、みんな)

つまりはワタクシ自身の勉強でもあるのだなと思う。
ホント、ありがたいことである。

で、実はこの日のメインはオンコート。
座学はいつもよりもかなりのショートバージョンで終え、
その方が来場されるのを待つ。

期待のオンコートが始まる。
IMG_2643
特別講師は、レック興発アドバイザーの鈴木貴男プロである。

いつもは限定メンバーでの研修会だが、
この日は特別に全スタッフに門戸開放。
倍以上の参加者が集まった。
IMG_2648
「これまで皆さんが積み上げてきたものを尊重しつつ、
ボクがプロとして得たものをお伝えしたい」と鈴木プロ。
ありがたいお言葉である。

コーチ達をピックアップして矯正をかける。
IMG_2660
皆の意見を上手く聞き取りながら、進める手法はさすがである。
ワタクシも同じ手法で研修しているのだが、
やっぱり説得力がねぇ、違うんだなぁ。(当たり前)

話はとても細かなところまで入り込む。
IMG_2663

これはフェデラーのバックハンドスライスの実演。
IMG_2679
うーん、確かに・・・

鈴木プロの特徴である、サービスの左足のステップイン。
IMG_2670
そのきっかけも教えてくれた。
グランドスラムの大会期間中にフォーム変えるってすごいな。

4時間を超えたオンコートセミナー。
しかしあっという間だった。

終了後、「じゃあ、皆で練習しよう!」と鈴木プロ。
たっぷり皆と打ち合ってくれた。
どんだけパワーあるんだろう。

これは鈴木プロのラケット。
IMG_2678
使ってみてというのでお借りした。

グリップが特徴的。
IMG_2677
実はワタクシ、20代の頃に同じチューンをしていた。
鈴木プロは小指がエンドからはみ出るように握るとのことだが、
ワタクシの場合、この出っ張りに小指を引っ掛けてたのだけど。
(つまり短めに握ってたってことね)

ちなみに鈴木プロのラケットで打ったバックハンドスライスは・・・
ワタクシのバックハンドスライスだった。(涙)
ラケットじゃないのね。

ということで、またまたパワー全開の鈴木プロに圧倒された一日であった。
ありがとうございました。
またお願いします!

カテゴリー: テニス, 仕事, 自転車, 街歩き, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。