月別アーカイブ: 2015年5月

行けてないとか、スペシャル追加セッションとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

春は一番いい季節である。
気候も良く釣り人にも優しいし、魚も活発に動き出す。
IMG_1817
って、この写真は3月のもの。

まったく釣りに行けていないのだ。
頭の中でイメージは膨らみ、印旛沼の猛者たちの釣れっぷりを
Facebookやブログで見ては焦るばかり。
IMG_1822
そうこうしているうちに季節はどんどん進む。
ワタクシの都合は関係ない。

気づけば、スポーニング(産卵)シーズンは終わり、
魚たちが産卵から体力回復を図るために活性が落ちる
アフタースポーンという難しいシーズンに入ってしまった。

上手い連中はそれでも釣れるのだろうが、
ワタクシの場合、あまり釣りに行けていないので
とにかく釣りやすい季節がありがたい。

ボートもいじっていない。
IMG_1827
掃除したり整備したり少し手をかけなきゃ。

毎年、もう少し釣りをしようと思うのだが、
結局なんだかんだで行けずじまい。
今シーズンはまだ始まったばかり。
今年こそもう少し釣りをしようと思う。

 

さて、そんなわけで、REC FESTA2015もいよいよフィナーレへ。
当初予定の無かったスペシャル追加セッションが組まれた。

ゲストはこの方。
DSC_9434
鈴木貴男プロである。

先日、レックにアドバイザーに就任いただいたのだが、
そのお披露目を兼ねて、他所でのイベントを終え、
REC FESTAに駆けつけてくれたというわけだ。

もともと予定になく、数日前の告知のみのうえ、
当初の予定ではイベント自体終了している時間帯だったので
どれくらいの方が残ってくださるか心配だったが、
多くの皆さんにご参加いただいた。

会場入りした鈴木プロから「全員とラリーします」と言われ、
「40〜50人もいらしゃいますが・・」と答えると、
「全然問題ありません。やりましょう!」と有難いお言葉。
さすがプロだと感動しつつのイベントとなった。

まずはデモ。
DSC_9372
相手をつとめるのは林コーチ。
最後には2ゲームほどのゲームも。
羨ましいぞ。

そして皆さんとラリー。
DSC_0455
時折放たれる鋭いスライスは、ほとんど弾まず、
分かっていても返せないって感じだった。

パワー全開で予定時刻を30分ほどオーバー。
DSC_0416

最後は鈴木プロの直筆サイン入りカードをプレゼント。
DSC_9423
最後まで記念写真に付き合っていただいた。

そんな鈴木プロのスペシャルセッションで締めた、第1回REC FESTA。
ワタクシたちの予想を大きく超える多くの方々にご来場いただいた。
本当にありがとうございました。

各メーカーさんのご協賛、長尾プロ、奥プロ、ヘッドのK林さん、
鈴木プロ、多くの皆さんに心より感謝申し上げます。

DSC_9444
来年はさらにパワーアップして開催します。
お楽しみに!

カテゴリー: テニス, 仕事, 釣り, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

選抜とか、結論とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

キックオフから4年。
レックジュニアチームから全国に出場する選手が生まれた。

レックでテニスを始め、ジュニアチーム入り、日々練習を重ねた、
生え抜きのM選手である。
そのM選手が出場する全国選抜ジュニアへ行った。

会場はTTC。
ワタクシ、実はこの大会を見るのは初めて。
IMG_2705
素晴らしい雰囲気の中、宮様にも列席いただき開会式。
選手たちにも一生の思い出になると思う。

カテゴリーは12歳以下、14歳以下。
IMG_2704
男子の14歳以下のパワーは半端じゃない。
ワタクシたちの時代とは明らかにテニスが違う。(当たり前)

M選手の試合が始まった。
IMG_2706
一進一退の白熱したゲーム。
隣の梅田コーチも胃が痛くなるような展開である。

そしてファイナルセット、ワンアップで勝利。
見事に初全国大会で勝利を挙げた。
良かった。

梅田コーチは選手と練習に別のクラブに行くということなので
他の試合を見ることにした。
ところが、電話が立て続けに入り、あれこれやっつけるのに
会場の隅でMacBookとにらめっこである。
IMG_2707
早く試合見たいぞ。

それにしても運営者の気持ちが溢れた素晴らしい大会だ。
IMG_2709
ウイルソンのYさんが「この大会は見ておくべき」とおっしゃるのもよく分かる。
勉強になりました。

前日初勝利のM選手、次の日はなんとシード選手を破った。
準々決勝は第1シードに敗れたが、
全国大会初出場でベスト8は立派である。

この先も試合は続くが頑張って欲しい。
チームメンバーにも良い刺激になったと思う。

 

さて、自分メモ。

会議も打ち合わせも結果がすべて。
結果というのは成果、つまり結論が出ることである。

複数名で集まることで勘違いしやすいのが、
「文殊の知恵云々」に期待してしまうこと。

皆で集まって話しているうちに良い知恵や
何らかの結論が出ると思ってしまうことである。

経験上、そういうケースは非常に少ない。
皆が手ぶら(何も考えず、準備もせず)に集まって、
その場その場で思いついたことをぶつけ合ったところで
良い結論が出るはずもない。

ひどい時には、
「じゃあ、意見も出尽くしたようなので、
この件は次回も継続審議ということで」
なんてことになったりする。

まさに「時間を返せ!」と言いたくなるパターンだ。

結論は出すものではなく、持ち寄るものである。
それぞれが自分なりの結論を持ち寄って、
そこに向けて意見をぶつけ合うのだ。

自分が練りに練った結論に向けて資料・データを準備し、
そこに向けてプレゼンをする。
別の結論を持ってきた参加者とぶつかるのは大歓迎。
そのぶつかり合いから、さらに良いものが生まれるのだ。

何ら準備せず、結論も持たず、手ぶらでテーブルにつき、
誰かの意見に思いつきで評論しているようなヤツはその場から去るべき。

会議も商談も打ち合わせも真剣勝負なのだ。
皆が集まること自体には何の意味もない。
結論が出てこその会議である。

 

毎日のように営業の電話が入る。
多くは飛び込みの電話営業である。

「どういう提案ですか?」と聞くと
「まずはご挨拶に」というパターンも多い。

「挨拶だけなら結構です。ご縁があるかも分からないのに」
とお断りする。

 

「提案内容を聞かせて欲しい」と言うと、
「お会いして説明しないと」と言う。

「事前に内容をお聞きして、お会いする必要があるかを決めたい。
または事前に資料を送って欲しい。それで決めたい」と言うと、
「いや、直接説明しないと分からないので」と言う。

「直接聞かないと分からないような提案なら結構です」とお断りする。

 

「何かお役に立てないかと思いまして」と言われる。
「弊社の業態はご存知ですか?」と聞くと
「営業系の会社ですかね?」と聞かれる。

「分からないのに役に立ちようがないでしょう」と断る。

 

営業をかけてくる相手の方も時間に余裕があるわけではないだろう。
挨拶するのが仕事の成果でもないだろう。
訪問回数や交換した名刺の数で評価されるのは新人のうちだけだろう。

お互いに何も見えていないのに「挨拶だけでも」は無駄だ。
会議や打ち合わせと同じく、何らかの結論を持ちよれないなら
互いの貴重な時間を使う必要はないと思う。

趣味や友人関係なら結論など望まないし、
お酒を飲むときはこちらから仕事の話なんかはしない。
ましてや説教なんぞあり得ない。
しかし仕事の場となれば成果が無いと話にならない。

成果は何か?
ゴールはどこ?
頭から外してはいけない。
そしてそこに向けて準備である。

みんな忙しいからね。

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

観戦とか、エキシビションとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

週末に向けて近所が騒がしくなってきた。
海沿いの公園には重機が入り、テントが並び、人がワラワラと湧いている。
空には飛行機が飛び、ずっと大きなエンジン音を立てている。

今日明日とRedBull Air Raceが行われるのだ。
公式HP:http://l-tike.com/redbullairrace/index.html

空中のF1と言われるこのレース、TVでは見たことがあるが、
アクロバティックな飛行姿勢でパイロンを抜けていく様はすごい迫力。

なんかアメリカっぽい競技だなぁと思いながら見ていたが、
まさか近所で見られる日が来るとは思わなかった。

ところがこのチケットがメッチャ高い。
おそらくよく見える席なのだろうが、
数十万円のチケットなんぞ買えるわけがない。

そこで考えた。
オーシャンビューの部屋に住む知り合いはいないか。

「海の見える部屋に住んでる人いる?」とFacebookに書き込んでみたところ、
野球仲間のムラッチが「うちに来る?海見えるよ」と言ってくれた。
日曜日、ビール持って遊びにおいでよってことなので、
望遠レンズを持ってお邪魔することに。

彼の家は一番海沿いだから、道路と公園を挟んでも
きっとそれなりに見えるはず。
楽しみである。
ありがとう。

 

さて、書ききれなくて、何回にも分かれて書いているREC FESTA2015。
いよいよメインイベントのプロ対レック実業団チームの対戦である。

まずはダブルス
DSC_9298
長尾プロ・奥プロvs白川コーチ・林コーチの対戦。

いったいどんな展開になるのだろうと興味津々だったが、
互いにしばき合いのハードヒット合戦。
DSC_9304

最後はプロが押し切ったが、レックチームも健闘した。
DSC_0341

お客様からも声援が飛ぶ。
DSC_9305

的確な技術解説をする成田コーチと、
他ではなかなか聞けない裏情報を話すK林さん。
DSC_9319

 

そしてシングルスは長尾プロと井原コーチ。
DSC_9315

こちらもまたしばき合い。
DSC_0369

ボールがパンクしそうな打ち合いだった。
DSC_0357

長尾プロが押し切った。
DSC_9332
いやぁ、いいもの見せてもらった。
観戦に集中してしまったのでほとんど写真がなかったほど。

そんな熱いエキシビションの後は、プロに挑戦コーナーで
参加者の皆さんが熱く戦うのだった。
いやぁ、楽しい。

カテゴリー: テニス, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

久々とか、購入とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

40数日ぶりの休みである。

よく働くね〜って話じゃない。
仕事の段取りが悪いだけなのだ。
ワタクシの場合、業務も休日も自分で組むシステムなのだが、
欲張ってあれこれしたのが裏目に出てしまって、
休めなくなっているだけなのだ。

春はイベントやら実業団やらが詰まっているうえに
社内業務も何かと立て込んでいて、
気づけば1ヶ月以上経っていた。

最後に休んだのは、4月頭にこの2人とのゴルフの時。
IMG_1946
ソトヤマコーチと元フォルクルのK女史である。

で、今日の休みもこの2人とゴルフ。
たまの休みが家族とじゃなくて、いつもこの2人って。
加えて、今回はDRKさんも参戦。

終了後は当然、飲む予定。(写真は前回)
IMG_1956
ワタクシの人生、これで良いのだろうか?

いや、ゴルフを組んだから休めたのだと前向きに考えよう。
そもそも仕事なんて終わりがない案件ばかりでキリが無いから、
自分できっかけをつくって休まないとね。

クラブは揃ってるかな。
IMG_2710
久しぶりに見たけど、いちおう揃ってる。

ボールは・・
IMG_2711
足りなくなったら、DRKさんにもらおう。

とにかく久々の休みだ。
楽しむことにしよう。
K女史には絶対負けないぜ。

 

さて、イヤホンである。
買ってすぐに壊れた中華イヤホン
アマゾンの返品したら、速攻で返金処理がされた。

ワタクシとしては交換して欲しかったのだが、
あっさり返金処理となった。
いちいち商品交換するより効率が良いのだろう。

ならばもう一度、同じものを購入してやろうかと思ったが、
それも芸がないので、別のものを探すことに。
ちょうど、同じ値段のこれまた中華イヤホンがあった。

物は試しとクリック。
ブツが届いた。
IMG_2623
パッケージからしてすでにあやしい。
バルク品みたいな箱である。

説明書も中国語なのでよくわからない。
IMG_2626

箱には怪しい日本語が。(笑)
IMG_2627

付属品と本体。
IMG_2624
安いメガネケースみたいな袋である。

耳にフィットさせるチップ形状のものは初めて。
IMG_2625

説明書はよく分からないが、勘で設定。
なんとかiPhoneと接続。

装着感はまあまあ。
値段を思えば悪くない。

音質は値段なり。
3000円で高音質を望んだらバチがあたる。

まあ、じゅうぶんなんじゃないかなぁ。
壊れたらまた返金してもらえばいいし。

しばらくはこれでいってみよう。
やっぱりワイヤレスは快適だね。

カテゴリー: オモチャ, ゴルフ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

名店?とか、アトラクションとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先日の実業団の試合の帰り。
「飯食うところ探してきます」と先に行ったWさん。
「駅前の中華にしました」と電話。
IMG_2407
かなりあやしい感じの店。

まさかここじゃないよねと思ったら、
2階の窓から手を振るWさん。
絶望的な気分になった。

入店し2階にあがるとそこは普通の家だった。
続きの和室の襖を外しただけみたいな感じ。
ワタクシたちのテーブルの横には床の間があり、
後ろのテーブルでは餃子を包んでた。

とりあえず生ビールを注文し、適当に食べ物を頼む。
IMG_2406
これが大当たり。
どれも美味いし、盛りもいいし早い。

こういうアタリの店を嗅ぎつける嗅覚は半端じゃないな。
さすがのWさんである。
(また行こうって感じの駅じゃないけど)

 

さて、REC FESTA2015である。
コート上では様々なアトラクションが行われた。

シャトルでGo!
DSC_0263
テニスラケットでバドミントンのシャトルを打つ。
これがなかなか難しい。

ストラックアウト
DSC_0269
ビンゴを出すと豪華な粗品(?)がもらえる。

パットパットゴルフ
DSC_9247
初めてパターを握る子どもたちが多く、悪戦苦闘の場面も。

テニス体験コーナー
DSC_0298
初めての方でも安心。
ラケットやボールを替えながら簡単にラリーが出来るようになる。

ペットボトルボーリング
IMG_2520
簡単そうに見えるが実はそうでもない。
くじ引きで投げるものが、ボール・ガムテープの芯、
紙のいびつボールなどに変わるのだ。

そしてオカノコーチ提案の段ボール迷路。
IMG_2515
前夜、100個の段ボールを並べながら、
「オカノコーチ、大変な提案をしてくれたなぁ」と
皆にいじられていたオカノコーチだったが、
大変な分、大盛況のアトラクションだった。

正解ルートがひとつしかないため、
子どもたちが出られず泣き出すんじゃないかと心配すたが、
まったくその心配はなく、かなりのスピードでクリアしていった。
DSC_0306
オカノコーチのガイドも良かったのかも。

だるま落とし
IMG_2518
実はもっと本格的なだるま落としに予定だったのだが、
若干の手違いがあり、手作りになってしまった。
来年は本当に巨大なものを用意します。

本当にたくさんの方々が参加してくださったアトラクション。
IMG_2527
ずっと人が溢れていたのだった。

そしてプロ対レック実業団のエキシビションマッチへ。

カテゴリー: テニス, 仕事, , | 投稿者Tameblo 07:51 | コメントは受け付けていません。

遊牧民とか、REC FESTA開幕!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

12歳児には遊牧民の血が流れているらしい。
寝床も、自分のベッド、ワタクシのベッド、
リビングのソファで犬たちと一緒と日替わりである。

勉強も自分の部屋の机、リビングの卓袱台、
ワークスペースのカウンターと、これまた日替わり。
IMG_2611

ワークスペースのデスクマットにこんなプリントが。
IMG_2614
そ中間テストが近いらしい。
とはいえ、何も記入していないっぽいけど。

で、勉強机を見てみた。
IMG_2689

手製の勉強スケジュールが貼ってあった。
IMG_2690
遊牧民のわりにはマメなところもあるようだ。

しかしこの書き出しと消し込みスタイル。
ウチのスタッフに見せてあげたいぞ。

 

さて、前夜というかさっきまでバタバタと準備し、
グビグビとビールを飲み、グースカとちょっとだけ寝た

あっという間にREC FESTA2015の当日になった。

続々とスタッフが集合し、最終準備開始。
IMG_2509
こちらはヨーヨー釣り。

氷職人のホンザワコーチ。
IMG_2502

様々なアトラクションをこなすと引ける抽選コーナー。
IMG_2501
メーカーさんからの協賛品も盛りだくさん。

 

そうこうしているうちにゲストの奥プロ・長尾プロが到着。
IMG_2508

まずは両プロによるクリニックからREC FESTAがスタート。
総合司会のタケダコーチ。
DSC_9092
この日まであれこれ取り仕切り、まとめ役で奮闘してくれた。

HEADのK林さんからプロの紹介。
一緒にイベントやるのって、これで何回目ですかね。

長尾プロ
DSC_9114

奥プロ
DSC_9106

両プロの迫力のデモ。
DSC_9243

DSC_9233

そしてクリニック。
DSC_9161
手取り足取り、とても丁寧に指導、
そしてガンガンに打ち合ってくれた。

一方、外では出店が繁盛中。
DSC_9261

DSC_9263

DSC_9256

こちらは、ビンゴ種目の「レックカー前で写真を撮ろう」と
「新堀社長と写真を撮ろう」のひとコマ。
DSC_9258
お題をこなしていってビンゴが揃うとくじ引きができ、
かなりの確率で豪華景品があたるのだ。
太っ腹過ぎたかなと少しだけ後悔したのは内緒である。

そんなわけで、序盤からたくさんのお客様にお越しいただき、
すでにパンク寸前状態に。

ああ、やって良かったなぁ、なんて感慨にふけるヒマもなく
怒涛のメインイベント、エキシビジョンマッチへなだれ込むのであった。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

パッドとか、キャラクターとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

帰宅すると、長男がやってきた。

「ガット張ってもらっていいですか」

「いいよ。どんな感じに?」

「少し強めで」

「OK、じゃあ今から張るよ」

「ありがとうございます。じゃあ、お風呂に入ってきます」

IMG_2474
ワタクシは帰宅直後にシャワーも浴びずにガット張り。
使う本人はシャワーっておかしくないか?(苦笑)

で、今回、例のパッドを使ってみた。
IMG_2473
なかなかいい感じである。
ああ、RECオリジナルパッドつくりたい。

 

さて、オリジナルといえばゆるキャラである。

4月29日の有明テニスの森・スポーツフェスタにも
キャラクターが登場した。

こちらは東京都のキャラクター「ゆりーとクン」
DSC_8688
スポーツ祭東京2013の先につくられたキャラクターで、
毎年、フェスタに登場するおなじみキャラクターである。

そして、テニスのキャラクターといえばこちら。
DSC_8848
テニボくん。

実はこのキャラクター、メーカーさんのキャラクターでも
テニス関係協会のキャラクターでもない。
埼玉県のリトルプリンステニススクールさんが作成したキャラ。

宇宙最強のテニスプレーヤーということなのだが、
じゃあどうしてテニススクールに通っているのかは謎である。

テニボくんのHPもあり、あちこちのイベントにも参加するという
かなり本格的な活動をしているキャラクターである。
今回も会場内を練り歩き、子供達にも大人気だった。

こんな缶バッジもあったり、
IMG_0896

冊子もある。

以前、テニス業界でもテニスのキャラクターをつくろうという話もあったようだが、
なかなか実現には至らなかったようだ。

レックでも「レックン」というキャラクターをつくろうと、
スタッフさんのデザインを募集したところ、
「どうやってこの中に入るのだ?」という形状ばかりで
頓挫したまま今に至るという経緯もあるが、
いつかレックンは実現させようと思う。

ちなみに千葉県のキャラクターといえば「ちーばくん」が有名。
chiibakun
(横から見ると千葉県の形なのだ)
公式HP;チーバくんの広場

しかし千葉県民がいないレックスタッフは
誰一人としてチーバくんを知らなかったという驚きの事実が。
みんなに「チーバくん?知らないよ〜、普通」と言われ、
千葉ってマイナーなのかなと少し凹んだのはヒミツである。
よくその辺をウロウロしてるんだけどね。

ちなみに、成田市のキャラ「うなりくん」というのもいる。
unari
飛行機とうなぎを組み合わせるという暴挙に出た
かなり強引なキャラクターであるが、
これはこれで一度見たら忘れられないのかも。

まあ、次はレックンだな。
来年のREC FESTAあたりで登場か?
期待しないでお待ちください。

カテゴリー: ストリンギング, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ロイヤルとか、前夜とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

有明コロシアムのロイヤルボックス。
IMG_2455
一番偉い方が座る真ん中の席。

当たり前だけど、1-1。
そこから両サイド交互に番号が振られてるのね。
知らなかった。

ちなみに1-2の座面のバネが弱っている様子。
修理しましょう。(大きなお世話)

そっと1-1に座ってみたのはヒミツである。

 

さて、GWのRECの一大イベント、REC FESTA。
バタバタと準備は進み、いよいよ前日。

一番苦労しているのは、統括責任者のタケダコーチ。
IMG_2472
ストラックアウトを修理中。
皆をまとめ、あれこれ手配し、本当に大変である。

 

そして前夜。
イベント終了後に館内設営。

フロントスタッフのアイデア。
IMG_2487

さすがである。
IMG_2486

文化祭前夜の雰囲気。
IMG_2480
手前に見えるのは、今回のスペシャルゲストスタッフ。
デ杯、フェドに足を運んだ方なら、皆知っているあの方である。

タケダコーチが修理してくれたターゲットも完璧。
IMG_2485

DRKさん担当のパットゴルフコースも完成。
IMG_2484

分かっちゃいたが、苦労したのはこれ。
IMG_2482
段ボール迷路である。

100個の段ボールを設計図に基づいて組み合わせる。
皆さんの喜ぶ顔を思い浮かべながら、みんなで頑張る。

綿菓子、ポップコーンマシンも確認もしなきゃ。
IMG_2488
イグチコーチが綿菓子マシンにザラメを投入。

甘い匂いと共に、凄い煙が館内に立ち込め、
皆でパニック寸前でバタバタと煙を追い出す羽目に。
こんな真夜中に火災報知機が作動したらえらいことである。
イグチコーチ、なにした?

そんなこんなで時計を見たら、午前2時半。
無理やりひと段落をつけることに。

あまりに皆の顔が険しいので、レック本社のイチジョーさんに
「ビール買ってきて」とお願い。

「まあまあ、いっぱい飲もうよ」と言ってみたのだが、
これが良くなかったか、ここから盛り上がってしまった。
IMG_2489
いい感じに酔っ払って、気づけば4時半。

そのまま寝ないんじゃないかという勢いのみんなだったが、
無理やり締めて寝ることに。
IMG_2490
帰れない覚悟のワタクシは寝袋持参。
会議室の床で寝ることに。

酔っ払ってたから、
全然問題なく寝られたのは良いのか悪いのか。

寝ても2時間ちょっとかな。
明日は完全燃焼するぜ・・・なんてことを思う間もなく撃沈である。

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ピンボケとか、beatsとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

渋谷の街角。
ウォーキング出勤途中のワンカットである。
IMG_1843
ウォールペイント&自転車。

ニューヨークの街角ぽいなと思ってシャッターを押したのだが、痛恨のピンボケ。
その後、この前を何度も通ったが、この風景には出会っていない。
悔やまれる1枚である。

 

さて、あっという間に壊れてしまったBluetoothイヤホン

どうしたものかと思っていたら、12歳児がイヤホンをくれた。
IMG_2598
なんと、beatsのイヤホンである。
iPhone6を購入した時にもらったらしい。

「使わないの?」と聞くと「コーラのがあるからいい」と言う。
IMG_2207
おまけ缶に入っていたヤツらしい。
どう見てもbeatsの方が良さそうだぞ。
まあ、そんなに使わないんだろうけど。

ということで、ありがたく頂戴することに。
IMG_2616
ラバー製のケースもついている。

アルミのハウジングが高音質を期待させる。
IMG_2599

コントロール部
IMG_2600
これ便利だよね。

ジョイント部分がマイクになっている。(たぶん)
IMG_2617

イヤーピースは3種類。
IMG_2606

IMG_2607

ジャック
IMG_2618
ストレートジャックかぁ。
ポケットでの収まりを考えるとL字型の方がいいんだけど。
絶対断線するよね、これ。

 

ということで、装着。

うーん、カナル型の宿命とはいえ、
やっぱりタッチノイズが気になる。

ケーブルが平型で弾力があるから
なおさらタッチノイズが大きいような気がする。
気にし過ぎなのかなぁ。

ケーブルをいったん耳にかけてから装着すれば
タッチノイズは消えるのだけど、そうすると
コントロール部が耳のすぐ下に来ちゃうし。

やっぱり、耳掛け式がいいな。
IMG_2610
これは2,000円くらいのイヤホンに以前使っていたものの
耳掛け用のアタッチメントをはめたもの。

ケーブルも細くていつ断線するか分からないけど、
使い勝手はこっちの方が良いような・・

でもやっぱりBluetoothがいいな。
なんか良いのないだろうか。
終わりなきイヤホン道である。

カテゴリー: オモチャ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

休みとか、プロとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

有明の森スポーツフェスタのプロイベントコート。
IMG_2458
HEADのK林さんとPrinceのM田さん。

お二人ともGWはあちらにこちらにと
大変忙しく動く回っているようである。

メーカーさんて大変だよね。

特に販売促進系の方は週末はイベント、GWもイベント、
夏はインターハイ、全日本ジュニアと出ずっぱり、
秋の声が聞こえる頃には、テニスの日、東レPPO、大阪女子OPEN、
JAPAN OPEN、そこら全日本まで繋がっている。

ほとんど休んでいないんじゃないかな。
平日にうまいこと休んでるのかな。
どこに行っても顔合わせてるから、休んでないんだろうな。

あ、どこでも会ってるってことはワタクシも休んでないってことか。
そういえば、4月の頭に1日休んだ以来、休んでないことに気づいた。
次の休みは・・・10日後か。

仕事の段取りが悪いのかな。
もう少しうまくやらなきゃ。

 

さて、有明テニスの森スポーツフェスタにはこの方も登場。
DSC_0111
VIPTOPグループの中嶋プロである。

中嶋プロはテニススクールビジネスのパイオニアとして
マネジメントの部分でクローズアップされることが多い。

実際、インドアスクールの基礎を築いたのは中嶋プロであり、
その後も様々な新機軸を打ち出して、テニススクール業界を
引っ張っておられる。

ワタクシは近い場所で仕事をしたことはないが、
何度か中嶋プロのセミナーにも参加させていただいたこともあり、
やはりテニスビジネスの先駆者というイメージが強い。

しかし、実は中嶋プロ、オンコートが大好きなようだ。
コーチとしてコートに立たれた時のパワーはすごい。
DSC_0209

参加者のひとりも逃さずにアドバイスしようと
コートあちこちを動き回る。
DSC_0217
とにかくこの情熱は半端じゃない。

「何も無しで帰すなんてことはあり得ない」
「とにかくテニスを楽しんでいただくこと」
と、常に全力投球で、力を抜くことはない。

年齢的にもキャリア的にも重鎮なはずなのに、
デンと構えることをせずにコートを縦横無尽に動き回る。

フェスタの時も、気づいたら転がっているボールを拾いまくっていた。
こんな偉い方がボール拾いなんてというところが全くない。
コート上はコーチは皆一緒だと思っておられるのだろう。

とにかくプロなんだろうなと思う。
そしてテニスがお好きなのだろう。

加えて、あらゆることに貪欲。
他業種の研究も欠かさず、色んな情報を持っておられるし、
新しいことへの躊躇がない。
立場の上下関係なく、吸収しようという姿勢もお持ちである。

数年前、中嶋プロと情報交換をかねた食事をした次の日、ワタクシの携帯電話に
「中嶋です。昨日は勉強になりました。ありがとうございました」
とメッセージが入っていたことがあった。

こんなペエペエのワタクシにお礼の電話を入れるとは・・
勉強になったのはこっちだったのに。
しかもワタクシ、携帯番号を教えてなかったと思うのだけど。
恐るべしである。

最近はお会いすることも少なくないが、
この方のプロ意識には学ぶ部分が非常に多い。
IMG_2463
どんな立場になっても奢らず、偉ぶらず、
学ぶ姿勢とチャレンジする姿勢を忘れないこと。
そんなことを感じさせてくださる中嶋プロなのであった。

謙虚に一生精進、一生勉強、一生チャレンジなのだなぁ。
肝に銘じます。

カテゴリー: 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。