月別アーカイブ: 2015年6月

湯島とか、市場カレーとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

湯島駅から地上に出てちょっと歩く。
目当ての場所についた。

会社の前にはこんなサインが。
IMG_3198

お邪魔したのはヨネックスさんの本社。
IMG_3199
展示会前の事前商談会である。

今度発売されるモデルも人気が出そう。
主力商品としての性能はさらにパワーアップ。
カラーリングも一新し新鮮な印象だった。
秋が楽しみである。

湯島付近は老舗っぽい美味しいお店がたくさんあるのだが、
次の打ち合わせまで時間がなくて新宿にとんぼ返り。
うーん、残念。

今度、この界隈から上野方面を散策してみたい。
アメ横から不忍の池、湯島天神からの親子丼なんていいよね。
近々、実現させよう。

 

さて、とあるミッションのために
最近はあちこちをフラフラ・・じゃなくて、動き回る毎日である。

この日は朝から銀座・築地方面へ。
IMG_3084

さすが銀座、ベントレーが停まっている。
IMG_3085
どんな人が乗るのだろう。

とても大きな企業さんとの打ち合わせを終え、
さらなる旅に出ようと思ったら、
一緒だったレック本社のハッシーが言う。

「築地市場でカレー食べませんか」

いいけど、市場なら魚じゃないのかなぁ。
首をひねりながらハッシーの後をついていく。
IMG_3089

実はこの界隈を歩くのは初めて。
IMG_3091

IMG_3107
TVで良く見るキャリーみたいなのがバンバン通る。
本当に市場なのね。

市場内にもたくさんの店があって
市場らしい長靴やお品書き札など色んなものが売っていた。
IMG_3095

IMG_3103
食べ物屋さんもたくさん。
特にお寿司屋さんは長蛇の列。
ほとんどが外国人のようだった。
観光コースに入ってるのね、きっと。

勝手知ったるという感じでズンズン進むハッシー。
「ここは吉野家1号店です」だって。
IMG_3096
そういえばTVで観たことあるな。

ワタクシたちのお目当は、その2軒隣り。
IMG_3098
印度カレー中栄というお店。

一番オススメっぽい、合いがけを頼む。
カレーとインドカレーとハヤシから2種類を選べるのだ。
先客のオジさんの食べているのを見たらけっこうなボリューム。
普通盛りを注文。
IMG_3102
正解である。

ハッシーのオススメだけあって美味かった。
コクと辛味のバランスが絶妙である。
しかもこれで650円とリーズナブル。
さすが築地市場である。

腹も膨れ、じゃあ行きますかと外に出る。
IMG_3108
「あ、ここ、テリー伊藤の実家です」とハッシー。
ハッシーって色んな店知ってるなぁ。
さすが敏腕外交マンだぜ。

夜も銀座での宴席に誘われたけど、都合がつかずパス。
今度は飲みに行こうね。

カテゴリー: 街歩き, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

アルファとか、SRIXON REVO CX2.0インプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

朝ランの途中、見かけたクルマ。
IMG_2837

アルファロメオ・クアドリフォリオ ヴェルデ(かな?)
IMG_2841

IMG_2842
カッコいいなぁ。

イエローボディにブレーキキャリパーのレッドが
良いアクセントになっている。
IMG_2840

リアフェンダーにさりげなくニュルブルクリンクのステッカー。
IMG_2843

アルファロメオのイタリアンレッドやイエローは、
石畳の街並みに良く似合う。
こんなクルマを小粋に乗りこなすイカしたオヤジになりたいぜ。
(どっちかっていうと、イカれたオヤジなんだけどね)

 

さて、現在、レック各校ではラケットキャンペーン中。
コートにたくさんの試打ラケットが設置してあるので
ぜひお試しいただきたい。

ということで、ワタクシも巡回の際に気になるモデルを次々と試打。
今回はこちら。
IMG_2861

スリクソンの新製品である。
ダンロップブランドから移行してきたスリクソンブランド。
最初は、ゴルフでは有名ブランドだがテニスではどうなのだろうと思ったが、
すっかり市場に根付いた感のあるスリクソンブランド。

一般プレーヤーの集まる大きな大会や
有明などでもその使用率は非常に高くなったように思う。
特に試合に出るレベルの一般プレーヤーの使用率が高いように感じるのは、
その機能が高く評価されているということだろう。

ボール、アパレル、その他アクセサリーも徐々に
スリンクソンブランドの比率が高まっていて、
ダンロップさんの戦略が垣間見える昨今である。

 

SRIXON REVO CX2.0
IMG_2868
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウエイト:305g
■バランス:310mm
■ストリング:16×19
■グリップサイズ:2/3
■価格:35,640円

スリクソンのツアースペックシリーズ上位機種である。

前モデルのXシリーズからCXシリーズへさらに進化を遂げたこのモデル。
IMG_2867
新搭載のソニックコア素材がさらなる復元力を実現し、
ボールスピードを5%(メーカー発表は速度表記)ほどアップさせたらしい。

最近の新製品て、「〜%アップ」表記が多いけど、流行りなのかな。
もともとはゴルフクラブの性能説明に多かったような気がするけど、
ショットシチュエーションが多岐にわたるテニスでも
そのままはまるのだろうかという疑問もあるのが正直なところ。

サービスは再現性が高いので比較しやすいけど、
ラリーのボールはどうなんだろうね。
ただ、ウイルソンのトラックマンやダンロップのスイングラボなど、
高い精度でショットが計測出来るようになったのも
大きな理由のひとつなのかもしれない。

話がそれたが、このCX2.0には幾つかのバリエーションがある。
ジュニア用は別として、2.0、2.0+、2.0Tour、2.0LS、
さらにはケビンアンダーソンモデルなどの限定版もある。

ひとつのシリーズで様々なラインナップを揃えるのは
HEADなどにも言えることだが、気にいったシリーズから
自分に合うものを選べるというメリットは大きいと思う。

で、今回の試打はその中のスタンダードモデル2.0である。
IMG_2862
大好物のボックスフレーム。
トップに向かって1mmだけ薄くなるビーム。

16×19のスタンダードなストリングパターン。
IMG_2863

フェイス部分も気をてらった形状ではない。
IMG_2865
非常にスタンダードなフレームである。

 

打ってみた。

いいね!これ。

実はREVO2.0ってちょっと扱いづらいというイメージがあった。
重いし、硬いし、寄る年波にはしんどいなぁって。

しかしこのCXはちょっと違う。
取り回しも良いし、ボールのホールドは当然として抜けが良い。

ブックスフレーム、ツアー系モデルだと、
フェイスがボールをしっかり捉える反面、
飛びがスポイルされるというか、
自分でしっかり飛ばさなければいけない感じも強い。

しかしこのCX2.0は、ボックスフレーム特有の粘りを持ちつつ、
ボールの打ち出しも非常に良い。
これがソニックコアの恩恵なのだろうか。

もうひとつの理由はウエイト設定の変化かもしれない。
前モデルよりも5g軽くなったウエイトが思いの外
取り回しに良い効果を与えているように思う。

当然、スイングスピードも上がるわけで、
その分が飛びの良さにつながっているのかも。

いずれにしてもこのラケットへのハードルが
1.5段くらいは下がったように思う。
これまで「こういうラケット、好きだけど、無理だよねぇ」
と思っていた方もぜひ打ってみることをおすすめしたい。

基本的には「普通に良い」ラケット。
不必要に飛ぶだけでもないし、飛ばないわけでもない。
振った分だけ、しっかりボールが応えてくれる。

特徴がないということではなく、
プレーヤーのまま、そこにひと味のアシストを加え
ショットを成立させてくれるイメージ。

この潰し感と飛び感のバランスは絶妙。
感覚のアジャストがほとんど要らないくらいに
すんなり入り込めるラケットである。

スピンがスイングスピードが上がる分、掛かりも良い。
潰してのエッグボール系のスピンもベースライン付近でしっかり落ちるし、
ネットプレーヤーに対して浅く引っ掛けたいスピンも問題ない。
非常にオールマイティな感触。

2.0といえば鈴木貴男プロだが、スライスの乗りも良い。
低いところから持ち上げる、高いところから押さえ込む、
どちらもバウンド後に鋭く伸びてくれる。

ボレーは少しだけ押し込む感じ。
暑ラケではないので、合わせただけでは物足りない。
グイッと押し込むイメージで低く滑らすショットを打つ感じ。

ラケットが素直に反応してくれるので、
ドロップ、アングルもそのまま打てば思い通りの軌道を描く。

サービスはキレキレという感じ。
フェイス上部でボールを打つとフラットもスピン系も
ボールに集中した感触で意図した軌道を描く。
このコントロール性の高さは大きな武器になるのではないだろうか。

とにかく、バランスの取れたラケットである。
つまりは思ったように打てるということ。

オールラウンドにすべてをこなしたい男性プレーヤーには
一度試打をしてみることをオススメする。
スイングコントロールのままにボールを操る楽しさに目覚めるかもしれない。

ちなみに鈴木貴男プロの仕様機はCX2.0TOUR。
IMG_2678
もちろん市販スペックではないスペシャルエディション。
メチャ重いのだけど、振れればすごいボールがいく。
振れないけどね。(涙)

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

誕生祝いとか、OAKLEY入荷!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

13歳児の誕生祝いをしていなかったので、よく行くステーキ屋さんへ。

料理がなかなか出てこなかったりと、
正直、あまりオペレーションは良くないが味は悪くない。

しかしこのオペレーション、ずっとこんな感じだけど、
誰かがカイゼンしようって言わないのかな。
大きなお世話だけど。
それなりに繁盛してるからいいのだろうか。

ということで、いつものように小一時間待たされて入店。
IMG_3006
カウンターでは外国人の太ったオジさんが
スポーツ中継を見ながらビールを飲んでる。
映画でみるよね、こんなシーン。

いつものようになかなか来ないドリンク。
IMG_3007
ようやく乾杯。

いつものオージーチーズフライ。
IMG_3008

で、この日は肉の日にした。
IMG_3009

IMG_3010

IMG_3011

こんなに肉を食べたのは久しぶり。
年頃の男子が2人いる我が家だが、案外食は細い。
食べきれずに終了である。
ごめんなさい。

この店、誕生日だと言えば、ケーキをサービスしてくれて
店員さん皆んなでハッピーバースデーを歌ってくれるのだが、
13歳児が「恥ずかしいからぜったいイヤ」というのでパス。
とにかくおめでとう。

 

さて、鈴木貴男プロからの縁もあってのオークリーである。
トントン拍子に話が進み、納品の日となった。
IMG_3042
運び込まれた什器。
自宅に欲しいな、これ。

担当のIさんがディスプレイに来てくれた。
IMG_3041

完了。
IMG_3048

主だった商品はすべてカバーされたラインナップになっている。
IMG_3047

IMG_3046

取り扱いは・・
レックインドアテニススクール上石神井
ネオインドアテニススクール西新井
高島平インドアテニスクラブ
の3校。

試着も可能。
展示商品以外の取り寄せもOKである。
ぜひお試しください。

ちなみにワタクシも注文した。
IMG_3049

FLAK JACKET Kevin Vandamモデルである。
kvd-header

ケビン・バンダムはアメリカのバスプロ。
oklkv
押しも押されぬトッププロである。

レンズは新製品のPRIZM SHALLOW WATER POLARIZED 。
IMG_3052
釣り用だからもちろん偏光(ポラライズド)
そして、シャローウォーターってのが
まさにシャロー(浅瀬)が広がるホームレイク印旛沼にぴったり。

あとは釣りに行く時間だな・・・

カテゴリー: ファミリー, 釣り, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドラマとか、かしわ国際オープン終了とか、


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

TBSドラマ「天皇の料理番」が面白い。
「流星ワゴン」に続いて日曜夜の楽しみが増えた感じ。

天皇の料理番は、ワタクシの年代だと堺正章だ。
宇佐美さんには財津一郎、新太郎さんは鹿賀丈史、
辰吉は明石家さんまと、なんとも豪華なキャストだった。

調べてみたら、堺正章版は1980年だそうだ。
記憶だともっと昔のような気もしたんだけど、
人の記憶とはいい加減なものである。

その後、高島政伸でスペシャルドラマが制作されたらしいが
こちらはまったく記憶にない。

ということで、堺正章版のかすかな記憶をたどりながら見る
佐藤健版はとても面白い。
宇佐美さんに小林薫ってのもいいし、辰吉の柄本佑もいい感じだ。

佐藤健を初めて見たのは多分、大河ドラマ「龍馬伝」。
人斬り以蔵の役だった。
以蔵の冷徹なところと脆い部分もうまく表現していて
この子は誰なんだろうと調べた憶えがある。

ちなみに、ダウンタウン浜ちゃんの「竜馬におまかせ」で
人斬り以蔵を演じたのは反町隆史だったっけ。
基本的には男前が演じる役柄なのね。

話が逸れた。
天皇の料理番である。

毎回泣かされてしまうのが、篤蔵の妻、俊子の健気さ。
黒木華演じる俊子の篤蔵への想いに涙涙である。

「俊子がいいのよ。健気な奥さんでさぁ」と妻に言ったら
「ほほう」と微妙な反応だったのはヒミツだけど。

ということで、毎週楽しみにしている天皇の料理番だが、
実は2週遅れくらいで観ている。
リアルタイムで観ることができず、
録画したもので追いついたら放映を観ようとしているのだが、
時間がなくて結局追いつていないのだ。

そんなわけで、ワタクシにドラマの筋は決して言わないように。
って、このドラマを共有できる人って、
周りを見渡してもあんまりいないかも。

ああ、面白い。
がんばれ、篤蔵、俊子!である。

 

かしわ国際オープンは、男子は韓国の李德喜選手、
女子は瀬間詠里花選手の優勝で幕を閉じた。

今回、2日間お邪魔したが、いくつかのミッションのために行ったので
会場風景などの写真はあまり撮れなかった。

とはいえ、実は初めてお邪魔したこの大会、
TTCさんが運営ということで素晴らしい大会だと思った。

少ないながら写真を数枚。

ここが1番コート。
DSC_9490
センタコートという性格上、2番と3番の間に位置する。

コート間には2階通路的な観客席があり、試合がよく見える。
DSC_9492
中央にはコントロールルームがあって、
海外のテニスクラブみたいな雰囲気である。
(あまり行ったことないけど)

受付。
DSC_2975
変なオジさんが無理やり写り込んでいる。(DRKさん)
受付しているのは、フカダコーチ&ジンノコーチ。
遥々、神奈川から関口プロの応援に駆けつけた。

ちょうど美野越プロの試合をやっていた。
DSC_2976
タイの選手と激闘を繰り広げていた。

フォアの逆クロスの多用が印象に残った。
DSC_3015
コーナーに打ち分ける正確なコントロールはさすが。
一発の威力ではない戦い方をしていた。
千葉出身のプロとしてワタクシも応援。

 

片山プロ
DSC_9500
松井プロとフルセットの死闘。
軍配は松井プロに上がった。

片山プロは懇意にさせていただいている同業の
スポーツクリエイトさんのサポート選手。

この日もトヨシマさんが応援に来ていて、
「写真撮っといて」というので、数枚押さえておいた。
一枚1万円にでお分けします。(ウソ)

 

その片山プロを破り、決勝まで進出した松井プロ。
DSC_9522
今大会は関口プロのダブルスパートナーでもあった。

ブラックコスメのヨネックスラケットが何なのか気になったが、
後日、伊原さんのブログでTOUR Fのワンオフと判明。
DSC_9523
塗装は間に合わなかったようだ。

遠目には昔のISOMETRIC PROに見えた。
松井プロもベテラン&ネットプレーヤーだから
こだわりがあるのかなぁと勝手に思っていたのだが、
スロート部を見ればなるほど最新モデルである。

 

竹島駿朗プロ
DSC_3121
ちょっとした縁で応援するも残念ながら敗退。
足を痛めているようでちょっと心配。

 

審判台
DSC_2971
ITFのバッグがあるのね。
選手も大変だが、審判も大変そうだった。
ワタクシには絶対にできないだろう。

 

練習コートの関口プロ。
DSC_3056
ジュニアみたい(笑)

パートナーの松井プロと練習していた。
DSC_3062

若干、リラックスモードだが、試合になると人が変わる。
DSC_9555

他にも、長尾プロ、奥プロともお会い出来たし、
石井弘樹プロとも情報交換が出来、有意義な2日間だった。

それにしても、こういう大会を開催するのは、
お金も労力も大変なものだろう。
でも、このレベルの大会があって、
そこから選手が世界に出て行くのだ。

IMG_3224

これも日本のテニス界、世界のテニス界には大きな意義のあること。
来年もさらに大会が盛り上がることを祈りつつ、
何か出来ることを見つけ、動かなければいけないなと思った次第である。

カテゴリー: テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

自転車とか、S-FIT Radiaインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日。
あまりにいい天気なので、久しぶりに自転車に乗ることに。
IMG_2968

いつもの海から川沿いを北上するコース。
IMG_2969

徐々に緑が濃くなっていく。
IMG_2970

橋の上から海方面を望む。
IMG_2971
好きな景色である。

ホームレイクの印旛沼方面へ。
IMG_2972

ポツポツと釣り人がいる。
IMG_2974
釣れてるのかな。

折り返して海方面へ戻る。
IMG_2991

沖にはヨットがたくさん浮いている。
IMG_2993
大会でもあるのかな。

ヨットハーバー。
IMG_2995
以前、ここでヨットのライセンスを取ったっけ。
すっかり忘れてるから、まったく操船出来ないけど。

なんだかんだで60kmくらい走った。
いいリフレッシュになった。
やっぱり休みって大事ね。
ちゃんと休むことにしようと思った。

 

さて、現在レック各校ではラケットキャンペーン開催中。
コートにはたくさんの新製品が並んでいる。

先日、高島平インドアで見つけたこれを試打をした。
IMG_2944

YONEX S-FIT Radia
IMG_2949
■フェイスサイズ:105平方インチ
■ラケット長:694mm
■ウエイト:270g
■バランス:335mm
■ストリング:16×19
■価格:36,720円

伊達さん使用モデルである。

「特に手元近くで打球することが多い女性プレイヤーでも鋭く、
正確なボレーを可能とするため、フレーム下部に高剛性・
軽量性を併せ持つ素材「ナノメトリック」を搭載。
反発性と面安定性を高めました。」

ということらしい。

S-FITなのでシャフト構造はダブルブリッヂ。
IMG_2946

ちなみにヨネックスさんて、フレーム厚の記載がないのね。
テーパードビームが多いからなのかな。
IMG_2945
伊達さんのイメージということで、カラーリングも特徴的。
女性スタッフ、会員様は皆「かわいい」「色がいい」と好評だった。

ダブルス中心の女性プレーヤーにオススメということなので
デザイン的にも見事にハマったというところだろう。

さっそく打ってみた。

飛ぶ。
そして楽。

試打ラケットのストリングが緩すぎる気もするが、
基本的にはよく飛ぶというか、スイートエリアが広い印象。
つまりミスヒットの許容範囲が広い。

ビームは厚めだが、必要以上にカンカンした感触はなく、
適度にボールをくわえてからビュン!とボールが出る感じ。

この一瞬のくわえこみ感は、過度なスピンをかけずとも
自分の思ったコースにボールを打ち出してくれる。
ダブルスでありがちな狭いスポットにボールを通すことが
何割増しかの自信を持って出来そう。
これ、とても大きなポイントだと思う。

もちろんスピンも掛かる。
ヘビーなスピンを掛けるイメージはあまりないが、
フェイスがしっかりとボールをくわえて回転を与えてくれる。
コントロール性、スピン性能がバランス良く両立している印象だ。

ボレーは楽。

取り回しも良いし、打ち負けが非常に少ない。
105のファイスサイズの恩恵も大きいが、
フェイスの剛性も高いのだろう。
とはいえ、フレーム剛性に高さゆえのハードさを感じさせないのは
味付けの妙というか、技術力の高さを感じる。

フェイス下部の飛びについては、極端に良いというよりは
他のエリアと比べて極端な失速がないという感じ。
実際、フェイス下部だけが飛びすぎたら逆に使いづらいから
そういう意味では良いバランスだと思う。

サービスはもう少しセンターに集中した感触が欲しいところだが、
おそらくそういうハード系の感触が欲しい人が使うモデルではない。
スイートスポット集中でドカンと打ちたい人はVCOREシリーズだろう。

スピンサービスも良いが、ワイドに切れていくスライス系のサービスが
大きく切れていくので、ダブルスには効果が大きいと思う。
やはりこの味付けはうたい文句の間違いなしというところだ。

伊達さん使用モデルというのもセールス的には大きいのかもしれないが、
そうでなくとも良いラケットだと思う。

パワーアシストが欲しい女性プレーヤーに
コントルール性というさらなる武器も与えてくれる、
一粒で二度美味しいラケットである。

オススメです。

*試打に付き合ってくれたDRKさん、ありがとうございました。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 自転車 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シューズとか、進級とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

アディバリケードは丈夫である。
関口プロも「丈夫で持ちが良いので助かります」と言っていた。

これは13歳児のシューズ。
IMG_3017
アッパー、ソールはまあまあ大丈夫だが、
アディダスのロゴが剥がれかけてる。

このシューズ、以前、長男に買ったのだが、
あっという間にサイズが小さくなって13歳児に回ったもの。

これからはヘタリよりもサイズの問題になるのかも。
お金、掛かるなぁ・・・ふぅ。

 

さて、久しぶりに13歳児のテニスを見た。
IMG_3016

そういえば先日、上のクラスに
上がって良いとコーチから言われたそうだ。

「良かったじゃん。いつからクラス変更するの?」

「えーっと、9月くらいから』

「え?9月からって言われたの?」

「ううん。まだ出来てないこともたくさんあるから、
もうちょっと今のクラスで練習してからって思って」

「でも、上がっていいって言われたんだよね?」

「うん」

「上のクラスに行けばもっと上手な人たちと出来るんじゃないの?」

「うん・・・でも、そのためにもう少し練習をって」

「そうか。ところでキミは今、何歳以下の試合に出てるの?」

「14歳以下」

「そうだよね。で、今のクラスの子達でキミより年上は?」

「いない」

「ってことは、試合は14歳以下だけど14歳以下の練習をしていないってことだよね」

「うん・・」

「試合より甘い環境で練習して勝てると思う?」

「うーん・・」

「強くなりたい、上手くなりたいって思うなら、明日からでも上に上がるんじゃないの?」

「・・・」

「自分が戦うステージの練習をしたいってのが当たり前だと思うよ。
年下の子たちと打ち合って勝ってたって、試合に行ったらそういう相手じゃないわけじゃん」

「・・・」

「しかも夏が終わってからって、夏の試合はそれでいいの?
そんな気持ちでやるなら、週1回で楽しくやればいいよ。
試合にも出る意味がない」

「・・・(涙)」

「松岡修造ならもっと怒ってるよ」(意味不明)

泣きながら眠りについた13歳児。

次の日、帰宅すると彼が来た。

「もっと上手くなりたいので6月から上がります」

ということで、しばらくは年上のお兄さんたちのハードヒットに
ぶっ飛ばされる日々が続くのだろう。
全員が自分より上手い状況なんて、とても贅沢だぞ。
思い切ってぶつかろう。

カテゴリー: テニス, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

昼食とか、かしわ国際オープン・シングルスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

めずらしく家にいたので、昼食をつくることに。
IMG_3001
スーパーで買い物。
食パン、コンビーフ、オイルサーディン、バター、辛子、ケチャップ。
しかしオイルサーディンてこんなに高かったっけ。

はい、出来上がり。
IMG_3004
コンビーフサンドとサーディンサンドである。

普段何もしないので、こんなものでも家族が喜んでくれる。
逆にありがたいことである。

 

さて、かしわ国際オープンである。
前日は関口プロの試合を見れずに会場を後にした。

リベンジというか、シングルスを応援しましょうということで、
連日のTTC入りである。
DSC_3141

真夏のような陽気の中、試合が始まった。
DSC_3147

Team RECのエラい二人も応援。
DSC_3155

試合は一進一退の接戦。
DSC_3294

どちらもなかなか相手を突き放すことが出来ない。
IMG_3172

ファーストセットはタイブレークで笠井選手。
関口プロペースになりかけたセカンドセット。
DSC_3423
トレーナーを要請しMTO。
足の付け根付近を痛めたらしい。
大丈夫か?

そこから徐々にショットの精度が落ち、ミスが増える。
DSC_3463
セカンドも勝負所を押さえ切れず敗退である。
どちらに転んでもおかしくない展開だっただけに残念。

試合後の関口プロ。
IMG_3179
痛めた部位はなんとか大丈夫そう。

しっかりトレーニングして次週に向けて始動である。
来週はタイのフューチャーズに出場予定。
課題をクリアして前に進もう。
頑張れ!

カテゴリー: テニス, ファミリー, 関口周一プロ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

講習会とか、かしわフューチャーズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

あちらこちらへフラフラ・・
じゃない、バリバリの日々である。(ホントか?)

移動途中にライブスコアで韓国の
ATPチャレンジャーに出場中の関口プロを応援。
IMG_3064
相手は同年代の江原プロである。

日本テニス事業協会のセミナー会場に到着。
応援を中断し、テーピング講習会を受講。
IMG_3071

今だ現役プレーヤーであり、ベテラン全日本選手の
小菅先生によるスポーツ障害に関するレクチャーを受ける。
IMG_3069

善福寺公園テニスクラブのオーナー、テルちゃんと悪戦苦闘。
IMG_3073

やっぱり定期的にやっていないと忘れてしまう。
IMG_3076
しかしテーピングって性格が出るね。
「ん?ここ空いてるな」って、
細かくテープ切って隙間を埋めるテルちゃん。
テーピングの機能は果たしてないと思うんですけど。(笑)

講習を終えてスコアを確認。
IMG_3066
負けてた。
うーん、残念。
次、頑張ろう。

 

さて、そんなわけで今週は関口周一プロが出場する
かしわフューチャーズが開幕。

実は関口プロのプレーをしっかり見たことがないワタクシたち。
近場での大会はこれと次週の昭和の森フューチャーズしかないということで
応援&写真撮影に繰り出した。
IMG_3143

昨日午前はあいにくの雨模様。
会場に行くと、練習コート待ちの関口プロ。
IMG_3142
まあまあリラックスモード。

ようやく雨が上がり試合開始。
しかし関口プロの試合は4ラウンド目。
なかなか順番が回ってこない。

実はこの日、レック本社スタッフの飲み会があり、
夕方には高田馬場に戻らなければいけない。

結局、タイムアップで、一緒に来ていたDRKさん、
フカダコーチ、ジンノコーチに応援を託し、都内に戻る。

ということで、第一シードで出場のダブルスはDRKさんからの写真。
IMG_3164

IMG_3165

11357212_1164869063538888_2069629405025959390_o
(この写真はキョーコ姐さん)

結果は残念ながら、2-6 2-6で敗退。

明日(今日)のシングルスは切り替えて頑張ろう。
IMG_3162

しかしこのクラスのトーナメントも熾烈。
選手はとても厳しい中で凌ぎを削っている。
技術、メンタル、環境・・とても勉強になる。

明日のテニス界のために頑張って欲しい。

カテゴリー: 仕事, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Windowsとか、ケースとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

この数年、すっかりMac派である。
自宅にiMac、Macmini、移動用にMacbookAir、iPad、iPhone。
やはりすべてが同期するのはとても楽。

とはいえ、メールの文字化けやら細かな部分での
Windowsとの違いで苦労することも。

特にWeb系のあれこれと、何故かエクセルの不適合、
そして商圏分析ソフトがWindowsでしか動かないというのは
業務上とても困る。

基本的にビジネスはWindowsが大多数派だし、
Mac一本やりで通すのも若干厳しいものがある。

ということで、「1台はWindows機が必要のようです」
とボスにお願いし、購入許可をもらう。

ところが、Windows機とはお別れしていたのもあり、
何が良いのかでウロウロ。
「中途半端な物買って後で困らないようにハイスペックを」
とのボスの主義に沿ってあれこれ調べる。

デスクトップPCとも思ったが、ほとんど社内にいないので
オールマイティな対応とやはり機動力という意味では
やはりラップトップPCだなとの結論。

このあたりなのかな。
nechbzr
LAVIE Direct HZ [Hybrid ZERO]

今ってこの価格帯はSSDが標準なのね。
メモリも8GB載せられるし悪くない。

あとは、手持ちのapple機器との同期をどうするかだ。
データ系はDROPBOXで問題無しだけど、
メモとカレンダー、タスク管理は完璧に同期させないと
漏れや抜け、遅れなどの可能性が上がる。

ということで、iPhone側にGoogleカレンダーを入れた。
iCloudと同期させればさらに完璧・・と思いきや、
Googleカレンダーアプリってタスクは反映されないのね。

タスク管理は何より必須。
Googleアカウント対応のタスク管理アプリを探す。
どうやら、Go Tasksなるアプリが良いらしい。
gtsk

さっそくインストール。
状況、日付順などソートも簡単だし、
しばらくはこれでいってみよう。

そんなわけで、しばらくはWindows機をこねくり回す予定である。
あ、起案書書かなきゃ。

 

さて、iPhoneのケースが壊れてきた。
RIMG0032

背面のカードを入れる部分のフタが
パカパカと勝手に開くようになってしまった。
RIMG0034

通勤にSuica2枚持ちなワタクシ。
1枚は財布に入れるとして、もう一枚はiPhoneケースに入れたい。
ということで、ケースはカードが入ることが条件。

とはいえ、手帳タイプでいちいち開くのは面倒。
背面に内蔵されるタイプで画面むき出しが良い。

ヨドバシであれこれ物色するもなかなか良い物が見つからない。
しばし迷った挙句かったのがこれ。
RIMG0035
スーツケースみたいな外装で丈夫そう。
愛用のRIMOWAのキャリーに似てるってのも良い。

開封の儀
RIMG0037
ふーん、2ピースなのね。

シリコン部分にSuicaをはめ、なんとかシートをかます。
RIMG0038

で、iPhoneに装着。
RIMG0039

最後にシェルをかぶせる。
RIMG0036
ちょっと派手だったかな。
まあ、いいや。

持ってみた。
RIMG0041
ちょっとゴツくてデカイ。
微妙に幅が広がって持ちにくいぞ。
そこまで計算してなかった。

まあ、仕方ない。
どうせ消耗品だし、使い倒そう。

それにしてもiPhone6って大きいよね。
iPhone5のサイズに戻らないかな。

カテゴリー: PC, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポリシーとか、掴んだ!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

13歳児の通学カバン。
IMG_3130
あまりに重そうなので持ってみたら、メッチャ重かった。

「何が入ってるの?」

「教科書だよ」

「みんなこんなに重いの持ち歩いてるの?」

「みんなは学校のロッカーにおいてるみたい」

「キミも置いてくれば?」

「やだ」

「なんで?」

「それをすると負けな気がする」

「負けってなんだよ。置いてこいって」

「やだ!ポリシーなの!」

ああそうですか、ポリシーならしかたない。
好きにしたまえ。

それにしても重いカバンだ。
13歳児が寝たあと、そっと体重計に乗せてみた。
9kgオーバーだった。
身長伸びなくなるとかないのかな。

 

さて、ゴルフである。

2日目の集合時間は4時半。
いつもとそんなに変わらないが、
前日、若干飲みすぎたので気持ちが悪いのはヒミツである。

この日の予定は、早朝に1ラウンド、朝食後に1ラウンド、
元気な人は追加ハーフと1日に2,5ラウンドである。

早朝ラウンドのメンバー。
IMG_3029
ボスとイグチコーチ。

上手な二人とシャキシャキ回るので早い。
IMG_3030
ただ、コースからコースへのカートの誘導がおかしく、
次の9ホールを探して右往左往、20分以上のロス。
結局、タイムアップでフルには回りきれなかった。

でも、スコア的にはまあまあ。
やっぱり集中するといいみたいである。

 

朝食後は本ラウンド。
IMG_3033
ティーグランドにいたメンバーで記念撮影。

ワタクシの組は、レックゴルフスクール水道橋の三浦プロ、
大井町校のオガワコーチ、そして宿敵、K女史である。

今回はK女史には絶対負けられないとかなりの集中度合いで臨む。
自分的にもなかなかのペースで前半は一打リード。
そして後半もデッドヒートを繰り広げ、上がってみれば1打差で勝利。

勝ったのもウレシイが、三浦プロのアドバイスで
色んなことが目からうろこだったのが大きな収穫。
ゴルフって面白いなとあらためて思えたラウンドだった。
参加して良かったぜ。

 

それにしてもこのクラブ、かなりバブリー。
IMG_3039

コースの多さもさることながら、
内装もお城のようである。
IMG_3034
昔の豪華な温泉旅館みたいだ。
ホテル聚楽とかね。(分かるかな)

統一感の無い不思議なオブジェも気になる。
IMG_3036

銅像があったり、
IMG_3038

虎がいたり、
IMG_3037
うーん、どういうセンスなのだろう。

まあ、とにかく色々と気づきのあった合宿だった、
けっこう疲れたけど。

 

K女史を乗せ、地元に戻る。

「じゃあ、おつかれ〜!」と言ったら
「え?打ち上げますよね!当然」とのお言葉。
IMG_3040
ゴルフで勝っても酒じゃ勝てないな。
参りました。

カテゴリー: ゴルフ, ファミリー, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。