日別アーカイブ:

ケースとか、栄寿司とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

iPhoneケース
RIMG0036
頑丈でいいんだけど、ちょっとゴツすぎる。
本来のサイズよりひと回り大きくて持ちにくい。

もう少しスリムなものはないかと、あちこち探す。

条件はSuicaが入ることと、
スライド式のポケットは壊れるから不可ということ、
出来れば安いのが良いこと。
所詮、消耗品だしね。

ということで、Amazonで発見。
ブツが届いた。
IMG_4006

正直、安っぽい。
IMG_4007
いや、実際安いのだ。

装着。
RIMG0001
スリム。
こてまでより持ちやすくなった。

ただ、カードスロットが甘く、
傾けるとSuicaが落ちてくる。
RIMG0003
干渉防止プレートが入っていたのでかませてみたら解消。

Amazonでは、「マットコートは3日で剥げる」
と散々なレビューだが、値段的にはそんなものだろう。
あとはステッカーでも貼って雰囲気を出すことにしよう。

 

さて、Team RECに新たに菊池玄吾プロが加わった。

契約までに何度かの話し合いをしたのだが、
その際、「レックと言えば・・」ということで
新宿栄寿司に連れて行った。

まずは黒霧島のボトルにサイン。
IMG_3790

聞けばこの日、親知らずが痛んで薬を飲んでいるとか。
IMG_3792
ちゃんと開かない口に無理やり握りを放り込んでいた。
しかし若さゆえかやっぱりたくさん食べてた。

この時点ではまだ契約を結んでいなかったので
フェイスブックにはサイン入りボトルだけアップしておいた。

 

数日後、竹島プロが本社へ。
菊池プロだけでは申し訳ないと、栄寿司へ。

同じくボトルにサインの儀。
IMG_3940

IMG_3942

両プロのサイン入り黒霧島ボトル。
こちらが竹島プロのサイン
IMG_3943

そして菊池プロのサインである。
IMG_3944

ボスと記念のツーショット。
IMG_3945
決してボスが前に出ているのではない。(笑)
若い二人はスタイルく顔が小さいのだ。

特に菊池プロは細くて背が高く顔が小さいので、
遠近法がおかしくなる。
kikuchigengo

プロフィール写真も男前。
IMG_5943
さすがブリヂストンさんのカタログモデルをしているだけある。

実力、ルックス、トーク(?)と三拍子揃った、
Team RECプロメンバーに期待である。

カテゴリー: Team REC, 携帯電話, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。