日別アーカイブ:

マラソンとか、おもしろコーチとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「走ってきたら」と言われた。
IMG_4671
あるテニスメーカーの社長さんから
北海道マラソンの参加権をいただいた。
ビジネスパル全国大会で帯広に行く日程とドンピシャだったのだ。

「日曜日まで試合です」というと、「負けたら空くんでしょ?」と。
もちろん優勝狙いで最終日まで戦うつもりだが、
ならば万が一負けたら、罰ゲームにしようということに。

出発の朝、選手たちに発表。
「万が一、最終日に残れなかったら、
一番ゲームを落とした人は札幌に移動。
昼間のススキノを走ることが出来ます」

結果的には最終日まで残り、
誰もススキノを走ることは出来なかった。

S社長、すみません。
みんなには逆の意味で発奮材料になったのかもしれません。
ありがとうございました。

 

さて、初日から最終日前日まで、
北海道マラソンの最有力候補者だったのがこのお方。
DSC_5791
ヒラタコーチである。

関東大会決勝では、マッチポイントの緊迫した場面で
何を思ったか、思い切りチャンスボールを献上し、
ポイントを失った。
レッスン中だと勘違いしたのかもしれない。

そしてさらに緊迫した場面。
ネットにいたヒラタコーチに相手からストレートアタック。

しゃがみながら咄嗟に出したフォアボレーは見事にフレームショット。
そしてヒラタコーチの額に当たり、相手コートにキレイに入った。
この場面で笑いが取れるというのは、生粋のエンターテイナーである。

試合は見事勝利。

「テニスはヘディングはダメなんだよ」という、
ワタクシたちのいじりにもまったく動じない。

「もっと前で!オシリが残ってるぞ!」と言うも
「そんなことないです!」と言い張るので写真を見せた。
DSC_5929
なんと「これは違う人です!」と言い張る腰の強さも持っていた。

「もっとダッシュだ!」というと、「メッチャ走ってます!」と言う。
写真を見せた。
DSC_4492
「歩いてるようにしか見えないけど」
「ポイント間じゃないですかねぇ」
強靭な精神力の持ち主なのだ。

 

「全国大会では笑わせなくていいから」と言い聞かせ、乗り込んだ帯広。
どの試合もまったく油断の出来ない展開が続く。

そしてその時はやってきた。

ネットにいるヒラタコーチにストレートアタックが来た。
咄嗟にかがみ、頭を低くするヒラタコーチ。
どうやらウォッチしたらしい。

が、ボールはヒラタコーチの頭頂部にヒット。
今度は相手コートではなく、キレイに自陣のベースラインを超えた。
さながらサッカーのバックパスのようだった。

全国に来てまで、ヘディングするか。
もはやお家芸である。

 

さらに・・・

準決勝。
一進一退の緊迫した場面。

ネットにいたヒラタコーチの目の前にフラフラとどチャンスボールが。
思い切りフォアボレーで叩くヒラタコーチ。
「うぉー!」と歓声&拍手をしようとするワタクシたち。

と、強く打ちすぎたヒラタコーチの手から抜けるラケット。
そして、ラケットがネットを直撃。

「あ!」と指差す相手ペア。
崩れ落ちるワタクシたち。
何してくれてるんだよ!

 

「アイツ、またヘディングしたぞ」

「テニスはラケット投げちゃダメなんだよ」

「ネットに触ってもダメです」

「ヒラタコーチのおもしろプレーが出る試合は勝ってるので」

「でも、お客様も見に来てるのに」

「笑ってくれてるからいいんじゃないですか」

違った意味で一気に試合の主役に躍り出たヒラタコーチである。

試合後
「ラケット投げるなよ」
「またヘディングしただろう」
「どんなプレーヤーを目指してるんだよ?」
「笑いのとれるプレーヤーだよね」
「ススキノ走ってきたら」
と、さんざんいじられるヒラタコーチ。

しかし、試合に勝った瞬間にすべてのミスショットを記憶から消し去るという
超ポジティブな技を持っているため、ほとんど聞いていない様子。
さすがである。
DSC_6322

そんなおもしろプレーヤーであるヒラタコーチ。
テニスも強いし、観察していると適度に笑えるという
一粒で何度もおいしいコーチだと思う。

おもしろコーチは、イトーヨーカドー浦和店屋上の
セブンカルチャーテニススクール浦和に生息している。
もちろん楽しいばかりではなく上達もお約束。
ぜひご来場ください。

カテゴリー: Team REC, ランニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。