日別アーカイブ:

テックガットとか、ゴーセンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

練習に行くのに、ジャグがない。
「お兄ちゃんが持って行っちゃった」そうだ。

ワタクシのジャグを貸してあげた。
IMG_4392
若かりし頃に練習、試合と付き合ってくれた20数年前の代物だ。

ステッカーが懐かしい。
IMG_4394
ゴーセンのテックガットが発売になった時のノベルティだ。

テックガットの登場は衝撃的だった。

それまでマルチ構造はあったのだが、極細の繊維をより合わせた構造は
シンセティックがよりナチュラルに近づき、絶妙のホールド感を生み出した。

透明感のあるカラーもこれまでのストリングとの違いを感じさせてくれたし、
張り上げの際、クランプで挟むと潰れて白く変色するのも新鮮だった。

当時、テクニファイバーのストリングも特徴的なしなやかさを持っていたが、
テックガットの登場はそれとも違う、これぞストリングの新時代を感じさせる
エポックメイキングな出来事だったと思う。

その後、ストリングの構造は飛躍的な進化を見せ、
ゴーセンは海島型など、現在のラインナップでも
中心的な役割を果たす機種が登場していくことになる。

ワタクシ、当時はずっとテックガットを使っていた。
構造的に耐久性は低く、試合をすると1セット持たなかったが、
あのホールド感は何物にも代え難かった。
懐かしい。

 

さて、そんなゴーセンさんにお邪魔した。
IMG_4990
新製品の内見会のためである。

担当のTさんと上司のSさんと商談。
テーブルの上にはこんなプレートが。
IMG_4993
いいコピーだね。

ということで、まさに本日が情報解禁日の新製品2機種。

LAYTEX TOUCH
IMG_4996

コピーは「柔らかいには理由がある」
IMG_4992

現物もかなりしなやか。
IMG_4999
ポリストリングもここまでしなやかになるのね。
ゲージは1,31mm。
柔らかさを求めるプレーヤーにオススメだそうだ。

 

LAYTEX FEEL
IMG_4997
こちらはブラックで少し強そう。

しかしコピーは「ポリなのに柔かい」だ。
IMG_4994

TOUCHほどの柔らかさはないが、ポリにしてはしなやか。
IMG_5002
「ポリストリングを使いたいが、ちょっと硬くて」という方にオススメとのこと。

今回のLAYTEXというのは「LAYER(積層)」と
「TEX(糸の太さ)」をミックスした造語。
「柔らかさ追求」がテーマの開発コンセプト。

硬い、切れない、しかしテンション維持性能は今ひとつという
ポリストリングの特性をゴーセンの独自技術「海島型構造」が
良い方向に変化させているそうだ。

ちょうどテックガット登場期を思い出していた矢先、
技術力の高さを再認識したりの内見会だった。

まだテストはしていないが、近々、張り上げて打ってみたいと思う。
レポートは少々お待ち下さい。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。