月別アーカイブ: 2015年11月

イルミネーションとか、プロとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

今年も新宿サザンテラスのイルミネーションがはじまった。
IMG_6312

ここはワタクシの通勤路。
本社勤務の日はこのイルミネーションの中を帰宅することになる。
IMG_6313
毎年のことながらとてもキレイ。
そして毎度ことながら、誰と一緒に眺めるでもなく
「今日も遅くなちゃったあぁ」と一人寂しく早足のワタクシ。
泣いてないよ。

 

さて少し前の話だが、全日本テニス選手権で福井プロにお会いした。

立ち話だが、色々とお話しさせていただいた。
もちろんどこかに座って話し込むような仲ではないのだけど。

「日本リーグ出場、おめでとうございます」から始まり、選手の話になった。
この全日本を見ての話、選手たちの練習の話、試合の運び方の話等々。
そしてTeam REC所属の選手たちのことも気にかけていてくれた。

プロとはどういうものか。
さらには所属先やスポンサーとはどのように振る舞うべきか。
そんな話になった。

言うまでもないが、福井さんはプロであある。
身分のことではない、本当の意味でプロだ。

技術、試合、戦歴、振る舞い、礼儀、パフォーマンス、
すべてがプロ中のプロだと思う。

現役時代に見せていただいた試合はどれも素晴らしかった。
福井さんが試合を投げたり、諦めたりしたところは一度も見たことがない。

仮に負けたとしても、「福井さんが負けるんだからしょうがない」と思った。
いつも全力のプレーだからだと思う。
そして、負けてもくさった態度を取ることなどは絶対になかった。

その頃のワタクシは福井さんとは面識もなく、
視界の片隅にも入らないような存在だったと思うが、
それだけに福井さんの試合を食い入るように見ることが出来たし、
プロ選手の福井さんそのままを見ることができた。

つまりすべてのテニスファンに福井さんは同じ態度だったし、
試合後は、勝とうが負けようがサインに応じ、
ファンの方々と話をされていた。

 

現役引退後はイベントなどで引っ張りだこの福井さんだが、
プロとしてのパフォーマンスはますます上がっていく。

全力のプレー、アドバイス、トーク。
一瞬にして参加者の心をつかみ、中に入り込む。
戦歴や技術ということではない、偉そうにもしないし俺様でもない。
福井さんならではのキャラクターとして場をつかんでしまう。

主催者側、来ていただく方は、福井さんに来ていただけば間違いない、
どんな状況でも参加者は必ず満足してくれるという安心感を持てる。
まさしくプロの仕事をされる。

さらには一度会った人を忘れない。
たった一度、一緒にイベントをさせてもらっただけでも
次に会った時には名前で呼び、話しかけてくれる。
こちらからご挨拶に行かなければいけない所を福井さんからである。

福井さんほどの方なら、毎日たくさんの人と会うだろうし、
自分などはその中の一人どころか、あっという間に記憶から消去だろうと
お声をかけるのを躊躇してしまい、ご挨拶のタイミングが遅れる。

そんな時、福井さんから先制攻撃でのお声がけ。
しかも名前まで呼んでいただける。
そりゃぁ、感激しないわけがない。

パーティーでさっき名刺交換した人すら忘れる
ワタクシには決定的に欠落している部分である。
反省。

プロというのはプレーだけではないということを
自ら表現されているプロがまさしく福井さんだと思う。

 

そんな福井さんとの話。

「勝っても負けても応援したくなる選手を仲間に迎え入れたい」
そんなことをワタクシが言った。

福井さんは「それがプロということ」とおっしゃった。

現役のプロはプレーが仕事。
そして勝つことが成果。
それは当たり前。

しかしプロは見られることも仕事。
応援してもらえることも成果。
それが本当のプロ。

それは試合態度やプレー。
練習の態度、オフコートの態度、すべてを含む。
もっと言えば、プライベートも試合に出る。
プロ選手として節制し、正しい生活を送っているかということ。

さらにはスポンサーやファンへの対応もプロでなければいけない。
ためブロさんのところの選手は、試合会場でためブロさんたちを探して挨拶に来る?
試合後に「ありがとうございました」と挨拶に来る?

プロなら当たり前のことが出来ていなかったら契約をしてはいけない。
そして一緒に頑張ろうと思った選手がそれをできていなければ教えてあげるんだよ。

それが彼らをプロにしてあげるということ。
それはスポンサーや所属先の責任だし、
ためブロさんたち、業界の大人としての責任なんだと思う。

スポンサーだからと偉そうにすることもないと思うけど、
プロだからとサポンサーが遠慮しちゃいけないんだ。
ビジネスとして大人として、社会として教えてあげてほしい。
その責任を負うこともスポンサーの覚悟だと思う。

若いうちはなかなかそれが見えないし、分からないことも多い。
しかし、みんなプロにならなきゃいけない。
テニス界の先輩として、ためブロさんにもレックさんにも
そのための役割も担ってほしいと思う。

そんなことを教えていただいた。

プロ中のプロ、福井さんが言うからではなく、
プロ選手たちと関わる中で試行錯誤や色んな思いがある中で
すっと腹に落ちるお話だった。

ちなみにTeam RECの選手たちは、必ず挨拶はするし、
試合後のお礼も欠かさない。
遠征先からは毎日メールで報告が来る。
試合がない日でも「今日は練習とトレーニングをしました」とメールが来る。

そんな選手だから関わっているのも事実。
正直言って、見る試合すべて勝って欲しいと思うが、そうもいかない。
しかし、応援出来る選手であることもとても大事。
Team RECの選手はそんなプロであって欲しい。
頑張ろう。

カテゴリー: Team REC, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

暗いとか、休日とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某所のファストフード店。
IMG_6326
これで営業中。

外照明点け忘れななのか?
でも、店内もかなり暗かった。

中国のコンビニくらい暗い。
こんなに暗くていいのかな。
他人事ながら心配になってしまった後楽園前。

 

さて、休日である。
切羽詰まった予定の無い週末はとても久しぶりな気が・・

ということで、妻と近所のショッピングモールへ。
用事を済ませつつフラフラする。
(注:弱っているわけではない)

以前、ガンダムカフェだったところが、
元町珈琲になっていた。
IMG_6641
こういう系統の喫茶店増えたよね。
しかしモールの中に出店して採算取れるのかな。

JINSへ行く。
IMG_5355
レンズの外れたメガネを直してもらう。

「取り外しは片手でされることが多いでしょうか?」

「うーん、そうでもないですけど」

「片手で取り外しされますと、
力が偏ってレンズが外れる場合がございます」

「そうなんですか」

「ケースに入れずにカバンの中などに入れておきましても
やはりレンズが外れることがあります」

「そうですか、けっこう弱いんですねぇ。気をつけます」

「なにかございましたら、いつでもどうぞ」

丁寧な対応、ありがとうございました。
ベッドに寝転んだ時に背中で押し潰して
レンズが外れたことを白状しなくてごめんなさい。

目当ての楽器屋へ。
ギターのパーツを購入。

縁のない高級ギターを見て回る。
IMG_6643
ギブソン・レスポール。
本物はいいね、やっぱり。
年取って重くて抱えられなくなる前に欲しい。

テレキャスは軽いからもう少し後でもいいかな。
IMG_6642
って、どういう基準なんだよっ!

いつかは持ちたいGibson・J45。
IMG_6644
ああ、よだれが・・・
これか、Martinの000サイズが欲しい。
死ぬまでに手に入れよう。

なんてことを思いつつ、さらにフラフラ。
(注:弱ってません)

スターバックスへ。
IMG_6646

ここのスタバは蔦屋書店と一緒になっていて、
コーヒーを飲みつつ、座り読みが出来る。
IMG_6651
最強の組み合わせというか夢のような空間である。

小一時間だったが、大したお金も使わずリフレッシュ。
良い休日である。
毎週こんな時間があるといいね。

カテゴリー: ギター, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

締めとか、コンペとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

愛知県豊田市で開催されているダンロップスリクソン・ワールドチャレンジ。
Team RECの関口周一プロのシングルス2回戦は西岡選手と対戦。

今大会第7シード。
ランキング的にも上位の選手。
楽な戦いになるはずもないが、少しずつ調子を上げてきた
関口プロに期待をしつつ、この日はライブスコアも見られず
念だけを愛知に送りつつ応援。

夕方、ATPのライブアプリを見る。
4-6 3-6で敗退。

残念。
スコアとStatsからは悪い試合ではなかったことが伺えた。

関口プロからもメールが届いていた。
負けはしかたが、ここ最近で一番良いプレーが出来たそうだ。
今期のATP/ITFはこれで終了だが、来年に向けて悪くない締めが出来たそうだ。
そして最後に「日本リーグ頑張ります!」と頼もしい言葉で締めくくってあった。

お疲れ様。
Team REC所属になって最初の年。
勝ちが無く苦しいこともあったが、
関口プロらしい戦いができたシーズンだったのかな。

あとは来年に向けて日本リーグでしっかり締めよう!
頼むぜ!

 

さて某日。
3時半起きで埼玉方面を目指す。

3週連続でゴルフという幸せな状況である。
ああ、遠い。(涙)

飯能駅でヨネックスのAさんとレックスタッフをピックアップ。
武蔵丘ゴルフクラブを目指す。
IMG_6545
天気も良いし、風も無いし、絶好のコンディション。

今日のメンバー。
IMG_6544
そう、恒例のレックお取引先様コンペなのだ。

毎年、メーカー様をはじめ、たくさんの関係者の皆様に
ご参加いただいているのだが、今年も9組の大所帯となった。
本当にありがとうございます。

ルール説明の後、インとアウトに分かれスタート。
イン組はブリヂストンスポーツのHさんが始球式。
IMG_6547
ワタクシの少しだけ上の世代でテニスもスター選手だったし、
ゴルフの腕前も半端じゃない、そして仕事でも偉い方。
一芸に秀でる方はやはり違うのだなぁ。

ということで、ワタクシたちの組。
IMG_6551
HEADのK林さん、トーアのY川さん、クロノスのH林さん。

出だしのティーショット、
ワタクシはレディースティーまでも飛ばないという
ハプニングに見舞われながらスタート。

それでも何とかダブルボギーで踏ん張る。
その後も色々あるものの我慢のラウンド。
IMG_6552
まあ、何とかそれなりにフィニッシュ。
メンバーにも恵まれ、とても楽しくラウンドできた。

パーティー。
IMG_6564

3位は仲良くさせてもらっている
同業他社スポーツクリエイトのSさん。
IMG_6588

2位はアメアスポーツ(ウイルソン)のNさん。
IMG_6589
思えばお互い20代からの20年以上の付き合いだ。

そして優勝は、グローブライド(プリンス)のHさん。
IMG_6593
なんと2連覇。
Hさんはゴルフも上手いがテニスも上手い。
大学時代は同好会のスターだったそうだ。
加えてカラオケも上手いらしいというニクいお方。

2位のNさん、1位のHさん、ワタクシは同期。
ずいぶん違うな、なんで?

ちなみにチーム戦の最下位。(ボスは除く)
IMG_6602
実は最下位チームは次大会も同じ組というルールがある。
そして今回、めでたく(?)2連覇である。

最後は場所を移して反省会。
IMG_6619
ワタクシは車なので飲めなかったが、
皆さんには飲んで食べてお楽しみいただけたかと思う。

それにしても皆さん元気で楽しい。
そんな皆さんと一緒に仕事をさせてもらえて
ありがたいなぁなどと思いながらの1日だった。

皆さん、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

節酒とか、HEAD CONVENTIONとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

少し前に行った飲み屋。
IMG_6093
Wさんと一緒だったかな。
美味しいハイボールだった。

ところで、よく皆さんに、
「飲んでるか、走ってるか、ゴルフしてるかだよね」と言われる。

おそらくfacebookにそんな写真ばかりアップするからだと思うのだが、
飲むって言ったって夜だけだし、昼間は(いちおう)仕事もしている。(たぶん)

先日、朝少し体調が悪かった。
前日のお酒が残っているみたいな感じ。
そんなに飲んだわけでもないのに・・
たぶん、風邪が抜けきっていないのだろうと思った。
(じゃあ、飲むなよ)

ふと、鈴木貴男プロが言っていたことを思い出した。

「お酒も飲めないわけじゃないんです。
でも、飲んだ時と飲まない時、どっちが体調が良いかっていうと
飲まない時なのは間違いないので、無理には飲まないんです」

たしかに貴男さんと飲み屋に行っても飲んでいない。
飲まずとも話題の豊富さや存在感が半端ないから
誰も飲みましょうとも言わない。

なんとなく、飲むのをやめてみようと思った。
で、1週間、飲まなかった。
禁酒ではなく、なんとなく飲まなかっただけ。

明らかに睡眠と寝覚めが違う。
眠りも深いし、起きた時の体調も良い。

ということで、一人で家で飲むのはやめた。
飲むとしても休日に少しだけにしようと思った。
体にも良いし、お財布にも優しいしね。
(家で飲む分も自分で買うルールなのだ)

うーん、体調いいぜ。
しばらくこのペースを続けてみよう。

あ、お酒をやめたわけではないので、
お誘いは引き続きで大丈夫。
ご遠慮なさらずにどうぞである。

 

さて先日の早朝、レックインドアテニススクール上石神井を開ける。
程なくしてHEAD JAPANのスタッフの皆さんが続々来場。
IMG_6501
この日、ここでHEAD CONVENTIONが開催されるのだ。

設営開始。
IMG_6502
毎度ながらHEADカー、かっこいい。

バナーを取り付けているのはレックの渡邊コーチと堀尾コーチ。
IMG_6503
早めに来て手伝ってくれた。
ありがとう。

準備完了。
IMG_6505
今回は新しいラジカルと新しいアレの紹介がある予定。

HEAD契約コーチの皆さんが来場。
コンベンションが始まった。
IMG_6506
今後の販売方針、活動予定、新製品紹介など小一時間。
ミスターHEAD、K林さんの洗脳・・・じゃない、プレゼンである。

後半は試打会とセミナー。
IMG_6515
講師は増田健太郎プロ。
ジュニア時代から増田選手といえばHEADという
まさしくHEADを代表するプロだ。

今回はダブルスがテーマ。
IMG_6522
ナショナルチームのコーチならではの濃い内容。
基本的に追い込んでのパフォーマンスアップが
増田プロの特徴なので、参加者はけっこう大変そうだった。

試打会では増田プロ自らヒッティング。
IMG_6530 (1)
手にしているラケットが発表前のアレなので
加工して消させていただいた。

変わらぬ厚い当たりのストロークは健在。
「今も選手と普通に打ち合ってるんですか?」と聞くと、
「はい。打ってます」とのこと。
さすがです。

そんな盛りだくさんの一日も終了。
IMG_6532
最後に増田プロから、増田プロが主宰する
スーパーエキシビションマッチ「HEAT JAPAN」の案内。
http://tennis.jp/heatjapan

今年は、添田プロ・内山プロ・西岡プロ・守屋プロ、
そして鈴木貴男プロが参加という豪華なイベント。

ワタクシも一度は行ってみたいと思っているイベントだが、
毎年スケジュールが合わず行けずじまい。
今年は行けそうな予感もあるので、調整してみようと思う。

そんなわけで、長い一日が終了。

さて閉めて帰るかなと思っていたら、
ホリオコーチとワタナベコーチが「練習していいですか」というので
別の仕事しながら待ってあげた。

ようやく練習が終わり、今度こそ帰ろうとしたら
「じゃあ、飲みに行きますか」と言う。

「行かないよ。明日、ゴルフコンペだし」

「先週も明日ゴルフって言いながら付き合ってくれました」

「いや、今日これから車動かさなきゃいけないんだよ」

「じゃあ、飲まずに付き合ってください」

「嫌だ!」

振り切って帰った。
危ない危ない。
恐るべし、ホリオ・ワタナベコンビ・・

カテゴリー: テニス用品, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

試合結果とか、いよいよ日本リーグとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

愛知県豊田市で開催されているATPチャレンジャーシリーズ、
ダンロップスリクソン・ワールドチャレンジ

Team RECからは、関口周一プロ・菊池玄吾プロ・竹島駿朗プロが出場した。
関口プロは本戦ダイレクトインだが、菊池プロ・竹島プロは予選から出場。

菊池プロ、竹島プロは予選で敗退。
竹島プロはダブルスのワイルドカードをいただけた。

ということで、ライブストリームで応援。
IMG_6687
この日は関口プロ、竹島プロともにダブルスは敗退。
惜しい展開に見えたのだけど残念。

関口プロからのメールには、プレーは悪くなかったことと、
コートにも慣れたのでシングルスで頑張りますと書いてあった。

一夜明けて、関口プロのシングルス1回戦。
対戦相手は綿貫敬介選手。

時間があればライブストリームで応援したのだが、
何かと詰まっていて終了後、結果を確認。
6-4 6-3で勝利。
良かった。

DSC_4955 2
(写真は全日本テニス選手権のもの)

次は西岡選手と対戦である。
これまで対戦したことあるのかな。
いい試合になりそうだ。
頑張れ!

 

さて、そうこうしていると会社に荷物が届いた。
IMG_6718
日本リーグのプログラム、チラシ、チケットである。

なんかどれも立派だなぁ。
さすが日本リーグ。

ファーストステージはいよいよ来週。
12月3日(木)〜6日(日)までの4日間。
会場は横浜国際プールである。
なんと入場は無料。

試合の経過はTeam RECのfacebookページで配信予定なので
ぜひ「いいね」をお願いしたい。
TeamrecFB

出来れば、会場に足を運んで欲しいなと思う。
ぜひよろしくお願いします!なのだ。

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラーメンとか、研修会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

会社の裏にあるラーメン屋「ヤスオ
IMG_6622
たまに無性に食べたくなる。

太麺の「ラうどん」、はたまたつけ麺。
どれも美味しい。

毎日食べたら太るんだろうな。
それなりにヘビーだから毎日は食べられない。
しかしまた食べたくなる。

絶妙な頃合いの名店が徒歩50秒の場所に。
やめられまへんで。

 

さて先日、週末のイベント運営がようやく終わり、
体調も悪い中、ヘロヘロで帰宅。

が、次の日は早くからレックインドアテニススクール上石神井へ。
若手中堅社員向けの研修会のためである。

この研修会は2か月に1回のペースで開催される。
座学で仕事の基本的なことを学び、
オンコートではコーチとしての必須事項を磨く。

ワタクシも進行を担当させていただくこともあるのだが、
皆、とても前向き、積極的でこちらもやる気マックスになる雰囲気だ。

参加者全員で学ぼうという空気と、「そんなことは知ってるよ」とか
「オレは出来てるし」とか「変なこと言ってしまったら恥ずかしい」
みたいな虚勢を張らない姿勢が良い空気を生み出しているのだろうと思う。

まずはボスの話、そして講義。
IMG_6290
たまたまた下を向いている写真だが、
こちらを見る目はとても真剣。
ちょっと怖いくらいだ。(苦笑)

続いてグループワーク。
IMG_6292

IMG_6293
それぞれに準備してきた企画をプレゼンテーション。
鋭い質問が飛び交ったりもしつつ、切磋琢磨していく。

最後、今日の振り返りをして締めようと思ったら
「ぜひ全体に発表させてください」と手が挙がった。
その心意気、素晴らしい。
最後に気合の発表をしてもらい、座学は終了である。

午後はオンコート。
IMG_6297
スタッフ研修のポイントやデモ、矯正法などを皆で勉強する。

夕方、全プログラム終了。
いつもながら濃い1日だった。

ここからは有志で練習会。
春の実業団リーグもあるので真剣だ。

と、ここでボスが「今日は結婚記念日だから帰るよ」
Wさん、「母の誕生日なので今日は帰ります」
H澤さん、「車なのでお先に」
DRKさんは・・あ、もう帰ったんだっけ。

「じゃあ、みんなのことよろしく」とボス。

体調悪いうえに明日ゴルフなんですが・・・。

練習を終えたメンバーが「じゃあ、行きますか!」と言う。
いちおう「どこに?」と言ってみたら、
「博多屋です!」と元気な返事。

「オレ、明日ゴルフで朝早いんだけど」
と言うところは、もう誰も聞いていなかった。(涙)

IMG_6299
元気だね、みんな。
若手はそれくらいじゃないとね。
ほれ!飲め飲め!(ヤケクソ)

カテゴリー: 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

豊田とか、セミナーとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ダンロップスリクソン・ワールドチャレンジが開幕。
Team RECメンバーは、関口周一プロが本戦ストレートイン、
菊池玄吾プロ、竹島駿朗プロは予選からの挑戦となった。

応援に行きたいところだが、さすがに愛知までは行けない。
予選はライブストリーム配信はないようなので、
ATPのライブスコアと現地特派員の団長からのLINE情報で応援である。

一番手は竹島プロ。
早稲田大学の選手に勝利。

次のラウンドに菊池玄吾プロが登場。
最近上り調子の志賀選手に敗退である。
残念。

竹島プロの2回戦は吉備プロ。
日本リーグ・ノアインドアさんのエースでもある強豪。
先週は慶應チャレンジャーで関口周一プロも敗れている。

団長からLINE。
「ファースト0-6」
マジか。

「セカンド、6-3。ファイナルに入ります」
よし!いけ!

「4-6、敗退。スコア以上に接戦」
惜しいなぁ。
団長、ありがとうございました。

夜、竹島プロからメール。

「吉備さんに負けました」

「すごい試合だったと団長から聞いた。日本リーグ頑張ろう」

「急遽、ダブルスのワイルドカードもらえました。頑張ります!」

良かった。
ダブルス上手いからね。
頑張れ!

ということで、関口プロの本戦も含め、まだ頑張れTeam RECな週明けなのだ。

 

さて先日、あるセミナーを受講した。
ずいぶん前からあるスタンダードなセミナーである。

このセミナーというか考え方の書籍もたくさん出ていて
読んだこともあるのだが、セミナーを聞いたのは初めてだった。
といっても、3日間分を1日に凝縮したバージョンなのだけど。

結果、非常にためになった。
よくよく分析すれば当たり前のことを
ひとつずつトレースしていくだけなのだが、
当たり前の原理原則だからこそ、
このセミナーは長く続いているのだろう。

そして原理原則を当たり前に習慣化することは
最終的に本人の意思に強さに他ならないから難しく、
実践に持っていくためのこのセミナーが成立するのだろう。

パラダイムシフト:スタンダードだと思われていた概念や仕組みが劇的に変わること。

識者の解説によれば、外的な変化を指すようだが、
ワタクシ的には内的な変化という側面がより心に残った。

思考はどうしても一定方向を向き、その傾向を変えるのは難しい。
しかしその見方を変えることで新たな思考や立場が生まれる。

ディベートの訓練で互いの主張を入れ替えて、再度議論をする手法がある。
そうすることで、よりその問題の本質、相手の主張の根本も理解出来る。
そういう意味で視点を変えることはとても重要である。

そしてそれは簡単なことではない。
人にはどうしても傾向はあるし、
それはこれまでの様々なもので形作られたものだし、
現在の立場において必要な傾向・意見でもある。

それをあえて変えることが出来て、次の道が拓ける。
と、勝手に解釈して帰ってきた。
そして、よく思う。
というか、心に留めておくこと。

こんな言い方、聞き方をしたら、相手は答えに困るだろうな、
答えようがないだろうなと考えながら話すこと。

もちろん、ぐうの音も出ないほどに
論破しなければいけないこともあるだろうが、
それはある程度特殊な状況。

仕事においては、社内外問わず、チームなので
相互理解の元に納得、協力して動いてもらわなければいけない。
そういう意味では、相手をやり込めることは正しい選択ではない。
つまり行き着く先は論破ではないということ。

自分が話を聞く立場だったら、そう聞かれたら
どう答えるだろうと考えるようにしている。
「そりゃ、答えようがないよなぁ」と思ったら言い方を変える。

自分が何かを主張する時は、一方で義務を果たしているかを考える。
要望を言う、応えてもらったことに感謝をし、お礼を言っているか。
間違った時、迷惑をかけた時には謝っているか。

一方的に主張だけをぶつける人間になっていないか。
バランスが取れているかということ。

「あの人はそういう人だから」と言われたら
どこかでバランスが崩れているのだと思う。
だから思考と視点を時々反対側に置いてみる。

「相手の立場に立つ」
よく言われることだが、よく言われるほど簡単じゃない。
しかし、よく言われるだけあって大事なことなのだろう。
簡単じゃないからよく言われるのだろう。

シフトする。
歳をとるとなおさら難しくなる。
どんどんこり固まる。

しかし(パラダイム)シフトすることで、
広がりや成長が得られる気がする。
反対側も分かった上で議論や指示、要望を出すことで
その主張は通りやすくなり、賛同も得やすいように思う。

同じ場所に立ち、防ぎようのない、投げかえしようのない
石飛礫を投げ続けることはしないように気をつけよう。

客観視、バランス、公平性、自己分析、等々、課題は山積みだ。

「あの人はそういう人」にはなりたくないなと思った
とあるセミナーの一日。

カテゴリー: Team REC, 仕事, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

セイコーとか、山越えとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

こんな時計が発売になるらしい。
satnndlted
SEIKO ASTRON Novak Djokovic 2015 Limited Edition

ジョコビッチってセイコーと契約してたのね。
satnnditdbck
裏蓋にはサインとシリアルナンバーが入っているそう。
3,000本限定で195,000円だそうだ。

買えないなぁ。
デザインも好みじゃないからいいや。
ゴールドはちょっとね。
(負け惜しみではない)

最近、黒い時計が欲しいなと思っている。
セイコーアストロンだったら、
流星ワゴンで西島秀俊がしていたこれが欲しい。
skastn
でも、これも20万円くらいするのね。
サンタさん、来ないかな。(来ないよ)
はあぁ。

 

さて、遠征やらイベントやら研修会やら
全日本テニス選手権やら慶應チャレンジャーやらと
次から次へと山というか波がやってきて、
体調が悪くても倒れるのは来月だなぁなんて日が続いた。

で、締めにはこんなお役目が・・・
IMG_6621
所属する日本テニス事業協会の発行する
ライセンス講習会&テストの講師である。

ワタクシにお呼びがかかった科目は、
これまでずっと、とてもお世話になっている同業他社の
SクリエイトのK社長がおひとりで担当していたのだが、
「内容の分量が増えたし、半分頼むわ」ってことに。

「いや、それはちょっと」と言うと、
「お前さんところのボスの了解は取ってあるから。よろしくな」
うむー、トップ会談で決まっていたのか。
売り渡された気分だ。

担当するのは1科目の半分とはいえ、
皆さんの前で1時間も講義をしなければいけない。

ボスに
「場をほぐすために、面白いこと言った方がいいすか?」
と聞くと、
「そういうのはいらない。そもそも皆んな真剣だから笑ってくれないし」
とのこと。
どうやらすでに試したらしい。(笑)

そんなわけで、緊張感マックスの当日。
前半はK社長が概念を講義。
なぜか予定時間より10分も早く終えて、
ワタクシにバトンタッチ。

緊張しつつも、なんとか1時間の講義を終えた。
最後の山にしてはかなりの難易度。
めっちゃ疲れた。

空けて次の日、再び会場へ。
2日目は試験管。
昨日の講義のテストである。

昨日よりもさらに緊張感が漂う空気の中、
黙って皆さんを見守る。

その後、採点。
判定が難しい回答などもあり、また四苦八苦。
まあ、ライセンスを発行するわけだから、
お互いに真剣なのは当たり前なのだけど。
IMG_6624
そんなこんなでようやくお役御免。

なんとなく山を越えたような・・・
今週末こそ腑抜けになって、リフレッシュしようと思う。
週明けからまたいくつも山が来るしね。

頑張った、オレ。
そして頑張れ、オレ。

カテゴリー: 仕事, 時計, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カメラ小僧とか、2週連続とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ALLREC CHAMPIONSHIPSでの竹島プロ。
IMG_6286
あれこれカメラについて聞いてきたので
「撮ってみれば」と渡してみた。

「おー、すごい」「キレイに見える」
と喜んでカシャカシャ撮影していた。
IMG_6287
新たな道が拓けたか?
ほとんどピンボケだったけど。(笑)

 

さて、2週連続のゴルフである。
4ヶ月ぶりのラウンドの後、連続ってのも極端だが、
この日は、エレッセのNさん、リーボックのMさん
そして元フォルクル、現在自由人のK女史である。
IMG_6304

まずは練習。
朝の練習を真面目にやるようになっただけでも
ワタクシ的にはかなりの成長なのだ。
IMG_6300
練習場に行ったら、テニスコートだった。
「もう使わないからね、練習場にしたの」って
ちょっと寂しいぞ。

ラウンド開始。
IMG_6301
今日の目標は、風邪が抜けきっていないので
最後まで倒れずに無事にラウンドすることと、
いつもの通りK女史に勝つことである。

試合は・・じゃない、ラウンドは序盤からデッドヒート。
ほとんど差のないままに、しかし少しずつリードするワタクシ。
前半は5打差をつけてフィニッシュである。

後半、「負けないわよっ!」と追い上げるK女史。
若干動揺しリードを許す。

最終ホールを残し、3打負け。
トータルでも2打しかリードがない。

まずい。
このロングホールは絶対にミスは出来ない。

セカンドショットで二人とも花道に。
「アプローチ勝負だな」なんて話ながら、第3打。

二人して同じバンカーに入る。
ワタクシはなんとかアウト。

K女史、痛恨のミスで再度バンカーから。
しかもアゴのすぐそばでライは目玉。
グリーン方向は諦めて横にアウト。

ここで勝負あり。
このところ連勝である。
・・・って、同じティーから打ってるんだけどね。
レディースティーから打たれたらおそらく80台。
確実に負けると思う。

エレッセのNさんは今日も上手。
IMG_6305
右側に池の続くホールで2回池に入れたのはご愛嬌。
それでもちゃんとスコアをまとめてくるから大したものだ。

リーボックのMさんは生涯ベスト更新だそうだ。
いい同伴者に恵まれて・・・とは言っていなかったけど。

とにかく体調不良の中、K女史に勝てたのは大きい。
頑張ったぜ、オレ。

帰り道。

「ああ、くやしいなぁ。今度は負けないよ」

「いつでも挑戦に応じてあげようじゃないか。じゃあまた!」

「え?反省会は?」

「反省することは何もない」

「Nさんも店決まったら教えてって言ってたし。
どうしても体調悪いから帰るって言うなら止めないけど」

はいはい、付き合いますよ。
ってことで、Nさんもいったん車を置いてきて合流。
IMG_6309
飲んだね、飲んだ。
ほとんど食べずにひたすら飲んだ。
k女史得意の呑んべえパターンである。

酒は負けってことは認めよう。
悔しくないけどな。

あんな話、こんな話でとても楽しい時間だった。
また行きましょう。

カテゴリー: カメラ, ゴルフ, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

リンゴとか、選手たちとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

原宿・明治通り沿いのDesign T-shirts Store。
IMG_5741
ビートルズとのコラボ期間らしい。

初めての洋楽がビートルズ。
それから寝ても覚めてもビートルズを聴いていたワタクシには
アップルといえばPCではなく、ビートルズのレーベル。

レコード盤の真ん中。
A面が皮付きのリンゴ。
B面が半分に割ったリンゴ。

今はCDだからディスクの真ん中にリンゴは鎮座していない。
アップルレーベル好きだったなぁ。

Macのアップルロゴに惹かれるのは
その頃の刷り込みもあるのかも。
ああ、懐かしい。

 

さて、全日本から慶應フューチャーズと
Team RECメンバーの試合を追いかけてきたここ最近。

今年は試合を見る機会が増えたので、
若手男子選手にも少し詳しくなった。

最近気になった選手など・・

長尾選手
DSC_4639

今年のREC FESTAには奥選手とともにゲスト参加してくれた。
二人ともとても爽やかで礼儀正しい。
とにかく気持ちの良い若者という感じ。

全日本でもウォーミングアップの最後に「ラストお願いします」
とサービスを打ったのが微笑ましかった。
「高校生かっ!」とツッコミたくなる程に礼儀正しい。

シングルハンドのバックは絶品。
DSC_4650
カッコいいわ、ホント。
応援してます。

片山翔・佐藤文平のダブルス
DSC_3716
写真は無いが、片山選手のフォアハンドは素晴らしい。
あんな風にフォアを振り回せたら気持ち良いだろうな。

佐藤文平プロはTeam REC実業団チームの佐藤一平コーチのお兄さん。
DSC_3725
雰囲気似てるね。
とてもクレーバーなプレーをする。

田沼選手
DSC_4674
かしわ国際で竹島プロと対戦した時に初めて見た。
その後も何試合か見たが、思い切りの良いプレーが印象的。
まだ線は細いが伸び盛りの若手選手の一人。

お父様は有名なスポーツカメラマンの田沼氏。
ワタクシも写真集を持っている。

志賀選手
DSC_5273 2
小柄ながらガッツ溢れるプレーをする。
気合いが伝わる戦いぶりは
つい見入ってしまう選手のひとり。

井藤選手
DSC_4686
以前、USTREAMの番組でご一緒したことがある。
多分、ご本人は覚えていないと思うけど。

春先あたりは怪我明けだったような。
安定したプレーをする印象がある。

仁木選手
DSC_4641
キレの良いストロークが印象的。
そしてガッツ溢れるプレーをする。
日本リーグ・三菱電機の主軸。
この選手と戦うのかぁと思いつつずっと試合を見ていた。
強いね、当たり前だけど。

吉備選手
DSC_5653 2
こちらも日本リーグ・ノアインドアのナンバー1選手。
低いテイクバックから重量感のあるショットを放つ。
慶應チャレンジャーでは関口プロに勝っている。
日本リーグではリベンジしたい。

守谷選手
DSC_7072
売り出し中の若手プロ。

キレの良いテニスをする。
シングルバックハンドの器用さも印象的。
DSC_7073
オールラウンドなプレースタイルは
見ていて楽しい選手でもある。

多くの方にはテニス選手といえば錦織圭なのだろうが、
若手選手にも期待のプレーヤーが沢山いる。
今年の全日本テニス選手権はかなりの観客動員数だったが、
これからのプレーヤーたちを覚えてもらえたらうれしい。

カテゴリー: Team REC, テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。