日別アーカイブ:

シングルスとか、ダブルスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

土曜日、有明へ。
予選決勝に臨む竹島駿朗プロの応援と実業団チーム・レック興発東京の応援。
IMG_6135

竹島プロの試合は10時のファーストマッチ。
相手はリコーの森田選手。
1回戦でテニスユニバースの羽生沢選手を破った強豪。
タフドローである。

試合は森田選手の破壊力抜群のフォアハンドと
それをしのぎながら機を見てカウンターやネットで勝負する
竹島プロの正確なショットという対照的な引き合いで展開された。
12068409_1146920808685972_3997871361251242182_o

一進一退で推移するもファーストを落とす。
12184082_1146920742019312_6970498800328051196_o

セカンドセット。
森田選手のフォアハンドはミスも少ない。
なんとかしのぐ。
12184021_1146920805352639_1507178292040482357_o

少しずつ流れを引き寄せる。
互いにサービスをブレークしながらタイブレークへ。
12183960_1146920865352633_3148168210140126407_o
最後は森田選手に勝利の女神が微笑んだ。

いい試合だった。
残念、ほんの少しの差だった。
しかし勝敗はついた。
竹島プロ、本戦出場ならず。

ダブルス頑張ろう。

 

さて、そんなわけで菊池玄吾、竹島駿朗のダブルス1回戦。
DSC_3743

試合はすっかり日が落ちてから始まった。
IMG_6163

メッチャ寒い。
しかし試合は熱かった。
DSC_3763

互いに譲らずの展開。
DSC_3771

ファーストセットを落とし、セカンドセットを取る。
DSC_3765
勝負はファイナルセットへ。

菊池プロの渾身のバックハンドが炸裂。
・・・したのは竹島プロの後頭部へだった。
DSC_3823
倒れこむ竹島プロ(苦笑)

「当たらなきゃエースだったのに」とは菊池プロ。(苦笑)
DSC_3828
そんなハプニングもありつつ、ファイナルセットもタイブレークへ。

展開が悪く、なんと一気に1-5と追い詰められる。
しかしここから怒涛のまくり。
2-5
2-6
3-6
4-6
5-6
6-6
7-6!
マッチポイント!

がしかし、不幸なショットもあり、
最後は7−9で敗退。

本当に悔しい試合だった。
試合後に少し話しをする。
IMG_6164
iPhoneを向けたら顔を作るのはお約束。(笑)

「タイブレークまでもつれちゃダメなんだよなぁ。
タイブレはジャンケンみたいなもんだから」
とは菊池プロの弁。

「すみません。今年の全日本、終わっちゃいました」
は竹島プロ。

Team RECの日ではなかったようだ。
次、頑張ろう!

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。