勝利とか、敗退とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

11月3日。
今日も有明へ。
IMG_6194
素晴らしい天気。

No1コートでは長尾プロの試合が行われていた。
IMG_6197

休日とはいえ、すごい観客数。
IMG_6202

アザーコートも人でギッシリ。
IMG_6199
こんなに人が多い全日本テニス選手権は初めてだ。
テニス人気がよくわかる。

そんな中、今日はTeam RECメンバーが揃い踏み。
まずは菊池玄吾プロがシングルスで登場。
DSC_4862

相手は鈴木選手。
DSC_4876
サウスポーから繰り出される強打が印象的。

しかし菊池プロ、そこは慌てず冷静に切り返し、
着実にゲームを重ねていく。
DSC_4743

最後までペースを崩すことなく、6-4 6-4のストレートで勝利。
IMG_6205
シード選手なのでこれが初戦になるのだが、
まずはクリア出来て良かった。

サイン数も今年は増えたに違いない。
IMG_6206

 

さて、続いて登場は関口周一プロ。

実はこの日、Team RECの3選手が同じラウンドに組まれ、
ライブスコアをにらみながら、あちこちのコートに移動と
とても忙しいことに。

関口周一プロの相手は早稲田大学の今井選手。
DSC_4980
学生チャンピオンである。

関口プロは早稲田大学のコートでも練習しているから
きっとお互いにプレーをわかっているのだろう。
どちらも引かずイーブンでゲームが進む。
DSC_4909

DSC_4936

DSC_4924

が、しかし要所でポイントを失い、
そのまま今井選手の気合の入ったプレーに押し切られ
4-6 3-6で敗退。

シードダウンである。
うーん、残念。

No1コートでは鈴木貴男プロ。
DSC_5026

DSC_5079

が、どうも様子がおかしい。
キレがないような、思うように体が動いていないような、
不思議な感じが伝わってくる。
1回戦とは全然雰囲気が違う。

DSC_4985
(これはいつも飲んでるやつ)

案の定、後半にメディカルタイムアウト。
どうやら肘を痛めてしまったようだ。
ストレートで敗退である。

そしてこの日の最後は関口プロのダブルス。
DSC_5218
ペアは江原プロ。

DSC_5119

 

試合は押され気味に進む。
DSC_5132

ファーストセットを落とす。
DSC_5249

DSC_5155
なかなか反撃の糸口がつかめない。

最後までひっくり返せず、3-6 4-6で敗退。
残念。

さすがに全日本。
どこに入っても厳しい。

今日は菊池玄吾プロが内山選手と対戦だ。
頼むぜ、玄吾!


カテゴリー: Team REC, 菊池玄吾プロ, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。