中止とか、予選とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

土曜日、慶應義塾大学・日吉キャンパスへ。
しかし日吉って行きづらい。
慣れていない乗り換えだからなのかな。

初めての慶應大学。
IMG_6327
まさしくキャンパスライフって感じの素敵なところ。

ちょうど学園祭の準備中のようだった。
テニスコートを探して奥に進む。
IMG_6328

ようやく最奥のテニスコートに到着。
IMG_6334
も、わかっていたけど、無常の雨。

2面あるインドアでは選手が練習していた。
コートを眺めていたら、竹島プロが挨拶に来てくれた。
どうやら初日はインドアを使わないっぽい。

こりゃ、しばらく様子見だねなんて話していたら、
関口プロも挨拶に来てくれた。
IMG_6335
「日程がタイトじゃないので、今日は無理にはやらないかも」
とのこと。

とりあえず、12時まではウエイティングとのことなので、
駅前に戻り、ボスと二人、松屋で朝定食を食べる。
ドトールでコーヒーを飲みながら、打ち合わせしつつ時間をつぶす。

12時、竹島プロに電話してみる。

「どんな感じ?」

「NB13時になりました」

「無理かなぁ」

「たぶん、今日は無いっす」

ということで、諦めて会社に戻ろうとドトールを出る。
駅に向かおうと思ったら、「お疲れ様です」と声をかけられた。
振り向けば、慶應テニス部監督の坂井利彰選手だった。

坂井さん情報でも今日は無さそうなので、オフォスに戻って仕事。
しかし渋谷の乗り換え、不便になったね。
明日は出来るといいな。

 

さて、一夜明けて再び日吉へ。
人生二度目の慶應大学訪問である。

朝方はやはり雨。
IMG_6344

試合はインドアを使用して始まった。
IMG_6345

第2試合に菊池玄吾プロ登場。
12249691_1488608288136235_1825546079461342139_n

対戦相手は奥プロ。
IMG_6384

ファーストセットはいい感じで菊池プロが取る。
12250174_1488635288133535_7050450143060967688_n

調子も良さそうだし、そのまま行くかと思いきや、
セカンドの途中からショットが少しずつ乱れミスが続く。
12243378_1488635268133537_8771867575465325623_n
そこを奥プロに攻められ、フルセットで敗退。
うーん、悪くなかったんだけどなぁ、残念。

 

続いて登場は関口周一プロ。
12243061_1488635498133514_1175921812513023391_n
かしわ国際ではダブルスを組んだ松井選手が相手。
以前もこの大会の予選1回戦で対戦したそうだ。

試合は予想どおり、松井選手のネットラッシュと
関口プロのパッシングショットのせめぎ合い。
IMG_6414
とても面白く、見ごたえのある試合になった。

勝負どころでスーパーパスを放つ関口プロ。
IMG_6429

それでも松井プロのネットラッシュは止まらない。
IMG_6461

しかし関口プロのパスが勝った。
12241653_1488659284797802_8749382717715800373_n
6-3 6-2で勝利である。

いい試合だった。
インドアで見づらかったけど。
12249765_1488659128131151_9094345650174839598_n
2回戦も頑張ろう!

 

最後に登場は竹島プロ。
12241359_1488701438126920_3344222379973166344_n

相手はランカット選手。

ファーストセット、なんと0-6で落とす。
12243193_1488701444793586_5698662084641810203_n-1
少しずつ押し込まれ、最後にミスをするというパターン。

まずい展開である。
12219454_1488701461460251_8016858024086672356_n
が、セカンドセット、竹島プロの怒涛の攻め。
ストロークをエースを連発し5-2とリード。
こんなプレースタイルも持ってたのね。

が、サービングフォーザセットの第8ゲームを取りきれず、
徐々に盛り返される。
11201903_1488701471460250_6320781318670424799_n
5-5のサービスゲームを落としてしまう。
最後はきっちりサービスキープされてゲームセット。
悔しいセカンドセットだった。

あがってきた竹島プロ。
「セカンド、攻めたんですけど、取りきれませんでした」

確かに凄い攻めだった。
ほんのわずかの差だったように見えた。
しかし負けは負け。
それが勝負の世界である。

試合後、話をしたら、菊池プロ、竹島プロともに
気持ちは次の豊田チャレンジャー(ダンロップスリクソン・ワールドチャレンジ)
に向いていた。
戦いは続く、頑張ろう!

関口プロの予選2回戦は本日9時、Court1だ。
頑張れ、周一!


カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。