月別アーカイブ: 2015年11月

シューズとか、ALLREC最終日とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

以前のイベントの際の関口周一プロのシューズ。
DSC_3514
アディダスのアディバリケード5である。

この時点でバリケードシリーズは8まで出ているから
3世代前のモデルということになる。

同じアデバリユーザーのワタクシも、実は5が一番好き。
歴代のバリケードをすべて持っているが、
復刻版のバリケード5が一軍シューズである。

伊達さんも復刻版の5を履いているし、
関口プロもやはり5が合うらしい。
復刻版が出るってことはやはり支持の高いモデルなんだろう。

と、先日の全日本。
DSC_4963 2
関口プロの足元が変わっていた。

よく見ると・・
DSC_4963002
アディゼロ・ウーバーソニックにスイッチしていた。

そうか、変えたのね。
アディゼロ、軽いしいいかも。

実はアディダスはアディゼロシリーズを全種目に配し、
全面に押し出す戦略だった。

テニスのアディゼロが出た時も、錦織圭が履くとのことで
展示会でもイチオシのモデルで、実際に圭バージョンの
アディゼロも発売になった。

が、いつの間にやら、圭はまたバリケードに戻っていた。
ワタクシも1世代だけアディゼロを履いてみたが、
バリケードに慣れた足には若干ライト過ぎてやめてしまった。

ただ、今度のアディゼロはサイドからヒールにかけての
サポートも強そうだし、なんか良さげ。
一度履いてみようかなという気になった。

シューズ、売るほどあるけどね・・・

 

さて、話が途切れてしまったが、ALLREC CHAMPIONSHIPSである。

盛り上がったパーティー、そして二次会から一夜明け、
空模様は今にも降り出しそうな曇り空。
IMG_6275
写真だと分かりづらいが、けっこう厳しい予感。

二日酔いでぼんやりしているわけではなく、
雨が降らないように心の中で祈っている武田コーチ。
IMG_6276
しかし東京はすでに降っているらしい。

食事を終え、コートに向かうとやはり雨。
インドアコートでの開始となった。
12184249_1486019825061748_69229924647524197_o

しょうがないっすね・・と竹島プロ。
905697_1486019798395084_3408917622110061967_o

リラックスモードで皆さんの試合を観る。
12188003_1486019801728417_8588861972489939802_o

まだ小雨だったので、女子はインドア、男子はアウトでスタート。
IMG_6279

男子の皆さん、すみませんでした。
IMG_6282

おかげで試合もスムーズに消化し、
竹島プロとのスペシャルマッチも実施できた。
DSC_6833

試合後はアドバイス。
DSC_6917
テクニシャンの竹島プロならではのヒントが出たとか。

そして決勝戦。
DSC_6932

DSC_6936

DSC_6940

DSC_6952

DSC_6958

DSC_6732

男子はレックインドアテニススクール上石神井からのペアが3連覇。
女子はネオインドアテニススクール西新井からのペア同士が対戦。
前年度優勝ペアが押し切り2連覇を果たした。

表彰式。
DSC_1356

DSC_1343

DSC_1342

たくさんの賞品。
DSC_1344
ご協賛くださったメーカー様、ありがとうございました。

プレゼンターは竹島プロ。
DSC_1373
なんとか最後まで出来て良かった。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
また次回もお待ちしております。

さらにパワーアップした次回大会にご期待ください。

カテゴリー: テニス, テニス用品, 竹島駿朗プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

応援とか、運営とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

慶応チャレンジャー予選3日目。
この日はHEADさんのイベントがあって、
関口プロの応援には行けず。

レックインドア上石神井でライブストリームで応援。
IMG_6500
便利な時代である。

朝一の予選2回戦は綿貫選手に勝利。

その後に迎えた予選決勝は吉備選手と対戦。
ファーストセットを落とし、セカンドセットを取り、
ファイナルセットに突入。

立ち上がりでいきなりサービスを落とす。
その後、何度もブレークチャンスを迎えながらも
なかなかブレークできず、フルセットで敗退。

ほんの少し、あとワンショットって感じだったのだけど。

まあでも、前日の試合後、
「ようやく5連敗で止まりました」と言ってたから
復調の兆しってところなのだろう。
次のダンロップスリクソン・ワールドチャレンジ(豊田)も頑張って欲しい。

 

さて、そんなわけでTeam RECは
全員姿を消してしまった慶応チャレンジャーだが、
ワタクシ、この大会を訪れたのは初めて。

大学が会場・運営主体とあって、手作り感のある
雰囲気の良い大会だった。
IMG_6473
スタッフさんがキビキビとよく動いていて好印象だ。

受付も学生さん。
IMG_6480
大会オリジナルグッズも販売していた。

ボードも手作り感満載。
IMG_6479

IMG_6476

このコートで学生さんたちが毎日汗を流しているのだなぁ。
IMG_6477
なんかいいね。

はじめての観戦だったので比較が分からないが、
そこそこお客様が入っていたように思った。
IMG_6481

IMG_6478
このレベルの大会も観客が増えているといいんだけど。

ひとつだけ大変だったのはコートへのアクセス。
キャンパスの最奥にまで行き、最後にこの階段で下まで降りる。
IMG_6341
行きはいいけど、帰りは結構しんどい。
これで足腰鍛えられてるのかな、ふぅ。

いよいよ本戦開始。
盛り上がってほしい。

カテゴリー: テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

中止とか、予選とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

土曜日、慶應義塾大学・日吉キャンパスへ。
しかし日吉って行きづらい。
慣れていない乗り換えだからなのかな。

初めての慶應大学。
IMG_6327
まさしくキャンパスライフって感じの素敵なところ。

ちょうど学園祭の準備中のようだった。
テニスコートを探して奥に進む。
IMG_6328

ようやく最奥のテニスコートに到着。
IMG_6334
も、わかっていたけど、無常の雨。

2面あるインドアでは選手が練習していた。
コートを眺めていたら、竹島プロが挨拶に来てくれた。
どうやら初日はインドアを使わないっぽい。

こりゃ、しばらく様子見だねなんて話していたら、
関口プロも挨拶に来てくれた。
IMG_6335
「日程がタイトじゃないので、今日は無理にはやらないかも」
とのこと。

とりあえず、12時まではウエイティングとのことなので、
駅前に戻り、ボスと二人、松屋で朝定食を食べる。
ドトールでコーヒーを飲みながら、打ち合わせしつつ時間をつぶす。

12時、竹島プロに電話してみる。

「どんな感じ?」

「NB13時になりました」

「無理かなぁ」

「たぶん、今日は無いっす」

ということで、諦めて会社に戻ろうとドトールを出る。
駅に向かおうと思ったら、「お疲れ様です」と声をかけられた。
振り向けば、慶應テニス部監督の坂井利彰選手だった。

坂井さん情報でも今日は無さそうなので、オフォスに戻って仕事。
しかし渋谷の乗り換え、不便になったね。
明日は出来るといいな。

 

さて、一夜明けて再び日吉へ。
人生二度目の慶應大学訪問である。

朝方はやはり雨。
IMG_6344

試合はインドアを使用して始まった。
IMG_6345

第2試合に菊池玄吾プロ登場。
12249691_1488608288136235_1825546079461342139_n

対戦相手は奥プロ。
IMG_6384

ファーストセットはいい感じで菊池プロが取る。
12250174_1488635288133535_7050450143060967688_n

調子も良さそうだし、そのまま行くかと思いきや、
セカンドの途中からショットが少しずつ乱れミスが続く。
12243378_1488635268133537_8771867575465325623_n
そこを奥プロに攻められ、フルセットで敗退。
うーん、悪くなかったんだけどなぁ、残念。

 

続いて登場は関口周一プロ。
12243061_1488635498133514_1175921812513023391_n
かしわ国際ではダブルスを組んだ松井選手が相手。
以前もこの大会の予選1回戦で対戦したそうだ。

試合は予想どおり、松井選手のネットラッシュと
関口プロのパッシングショットのせめぎ合い。
IMG_6414
とても面白く、見ごたえのある試合になった。

勝負どころでスーパーパスを放つ関口プロ。
IMG_6429

それでも松井プロのネットラッシュは止まらない。
IMG_6461

しかし関口プロのパスが勝った。
12241653_1488659284797802_8749382717715800373_n
6-3 6-2で勝利である。

いい試合だった。
インドアで見づらかったけど。
12249765_1488659128131151_9094345650174839598_n
2回戦も頑張ろう!

 

最後に登場は竹島プロ。
12241359_1488701438126920_3344222379973166344_n

相手はランカット選手。

ファーストセット、なんと0-6で落とす。
12243193_1488701444793586_5698662084641810203_n-1
少しずつ押し込まれ、最後にミスをするというパターン。

まずい展開である。
12219454_1488701461460251_8016858024086672356_n
が、セカンドセット、竹島プロの怒涛の攻め。
ストロークをエースを連発し5-2とリード。
こんなプレースタイルも持ってたのね。

が、サービングフォーザセットの第8ゲームを取りきれず、
徐々に盛り返される。
11201903_1488701471460250_6320781318670424799_n
5-5のサービスゲームを落としてしまう。
最後はきっちりサービスキープされてゲームセット。
悔しいセカンドセットだった。

あがってきた竹島プロ。
「セカンド、攻めたんですけど、取りきれませんでした」

確かに凄い攻めだった。
ほんのわずかの差だったように見えた。
しかし負けは負け。
それが勝負の世界である。

試合後、話をしたら、菊池プロ、竹島プロともに
気持ちは次の豊田チャレンジャー(ダンロップスリクソン・ワールドチャレンジ)
に向いていた。
戦いは続く、頑張ろう!

関口プロの予選2回戦は本日9時、Court1だ。
頑張れ、周一!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

朝練とか、プロスペックとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

会議の朝。
10時からの予定だったが、7時に着いた。
車で行ったので、渋滞を避ける時間帯に出たら早すぎた。

当然誰も来ておらず、サービス練習をすることに。
IMG_6015

テストしたいラケットもあったからちょうど良い。
IMG_6016

ストレッチの後、ゆっくりと体全体を動かすことを意識しながら打つ。
温まってきたら徐々にペースを上げていく。
スライス、フラット、スピンと試し、コースを狙う。

なかなかいい感じな気がする。
ここ最近ほとんど感じられなかった動きというか
確率とキレがあったような。

やっぱり、ちゃんと手順を追って打つと体も動くのね。
ちょっとうれしかった。

試したのはTOALSONのSPOONシリーズ。
上位機種は森田あゆみ選手も使用するツアー系のモデルだ。
IMG_6017

ラインナップも揃ってきて、幅広い層に対応出来るようになった。
IMG_6024

IMG_6033
シャフトのボックス形状がフェイスでエアロ形状に変化する
最近のモデルに多いタイプは粘りもあるがキレもあるという感じ。

今回、2本に張ったのはオリジナルのプロトタイプストリングだが、
このストリングの恩恵も大きかったのかもしれない。

欲を言えば、ストリンギングの際、フェイスサイドで
ストリングがクロスする部分の通しやすさなど、
グロッメットの細かな部分がもう少し親切設計だといいなと思ったが、
このあたりは一般ユーザーには関係ないところ。

実は初めて打ったけど、悪くない。
なかなか楽しい朝だった。
頑張りすぎたのか、ちょっと体が痛いけど。

 

さて、Team RECの関口周一プロである。
ネオインドアテニススクール西新井でのイベント時、
ラケットを見せてもらった。
DSC_3511
HEAD PRESTIGE S
Sなのか。
多分チューンしてあるからスペックは若干違うと思うけど。

ストリングはハイブリッド。
DSC_3508

Team RECメンバーも菊池玄吾プロ以外は全員ハイブリッド。
竹島プロに聞いたら、オムニコートで湿気が多そうな時だけ
縦横ポリのパターンも押さえに準備するそうだ。

そういえば、関東実業団トーナメントの時、
「明日、天気悪そうなので、張り替えてもらえますか」と言われたっけ。
(普段は縦がトニックプラス・横がプロハリケーン)

関口プロのラケットは少しロングにチューンしてある。
DSC_3513
HEADさんの選手用は本国のファクトリーで製作され、日本に送られる。

グリップエンドはヘッドロゴは市販のプラスチックではなくシールタイプ。
これは、エンドからシリコンを注入したりしてウエイト・バランスを調整するため。
やはりプロスペックなのだ。

ちょっと打ってみたかったけど、
さすがにそれはお願いできず、ちょっと後悔。
どんなフィーリングなのか知りたかったな。
今度、お願いしてみよう。

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

発売!とか、パーティー!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

鈴木貴男プロの本が発売になる。(11月19日だそうです)
suzukidoubles
試合に勝つテニス 鈴木貴男のダブルス講座 (SPORTS LEVEL UP BOOK)

この本、Team REC実業団メンバーがモデルをつとめている。
撮影はレックインドアテニススクール上石神井だ。

鈴木貴男プロから撮影協力依頼をいただき、
当初はボスとWさんとワタクシでモデルをと思ったが、
怒られそうだったので、若手コーチたちに席を譲った。

楽天ジャパンオープンの放映でも
貴男さんの解説はとても面白いと言うか勉強になる。
選手目線と細かな技術論、戦略がバランス良く盛り込まれていて、
やっぱり貴男さんならではだなぁと思った。

そんな貴男さんがダブルスを語る。
そりゃ、買うしかないでしょ。
ぜひお手にとってレジへ!

よろしくお願いいたします。

 

さて、ALLREC CHAMPIONSHIPS、初日の夜はパーティーだ。
DSC_1193
初日、良いところにつけたペアがパーティーで飲みすぎて
2日目はまったくダメだったなど、微妙な駆け引きがあるとか無いとか。
(あるのね)

ということで、まずはお腹を満たす。
DSC_1212

さりげなくお腹を満たす竹島プロ。
IMG_6274

初日の結果発表〜2日目の組み合わせ抽選。
DSC_1219

誕生日のお客様にサプライズ。
DSC_1240

マルバツクイズ
DSC_1255

DSC_1260

問題に使われ、照れながら回答する竹島プロ。
DSC_1268

最終問題は江口コーチのモノマネ当て。
DSC_1278
さて、これは誰でしょう?(分かるわけが無い)

最後はジャンケン大会。
DSC_1294
そしてまだまだ飲み続ける参加者の皆さん。

気づけばデザートを食べている竹島プロ。
DSC_1304

そんな感じで初日の夜は更けていった。
もちろんワタクシたちは明日に向けて、部屋でミーティングである。
ああ、天気が心配・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

犬とか、ALLREC開幕とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「お散歩」のキーワードに嬉しそうなCooさん。
IMG_6134

おやつのためにひたすら「待て」をする。
IMG_6234
Cooさんはこのまま5分でも待てる。

自由人のCocoさんはぜんぜん待てない。
IMG_6232
よそ見をすると、おやつを持っていた手に
パクッと食らいつく。

遊び疲れたのか、ソファーを占領して寝る。
IMG_6238
我々は彼女たちにとても大きな幸せをもらっているけど。
彼女たちもウチに来て幸せだと思っているといいな。
幸せそうな顔して寝てるから大丈夫か。
長生きしておくれ。

 

さて、体調が悪いままにALLREC CHAMPIONSHIPSの初日である。

この大会は各校の予選を勝ち抜いてきた代表ペアが戦うスタイル。
優勝者には春先に行われる、首都圏のテニススクール合同の大会に
レック代表として出場という栄誉が与えられる。

コートに張られた応援フラッグにも各校の意気込みとプライドが。
DSC_6285

DSC_6284

DSC_6283

DSC_6282

そして今大会にはTeam RECの竹島駿朗プロがゲスト参加。
DSC_5693
2日間、参加者の皆様とテニスを楽しんでくれるという
豪華なイベントなのだ。

って、カマキリつかまえて喜んでる。
DSC_5676
子供かっ!

開会式を終え、記念撮影。
DSC_5714
今年の大会Tシャツはネイビーボデイにピンクでプリント。
なかなかいい感じに仕上がった。

試合開始。
DSC_5715

DSC_5984

DSC_5956
各コートで熱い戦いが繰り広げられる。

試合がひと通り落ち着いたところで竹島プロ登場。
DSC_6389

DSC_6404
苅田コーチとダブルス組んで、参加者の皆さんと試合。

「やっぱりプロだわ」「すげ〜」のオンパレードで
1ゲームも落とすことなく、男子全ペアと試合を終えた。
DSC_6494

「楽しく真剣に」というレックのモットーそのままに
とても良い時間が過ごせたと思う。
DSC_6417
そんなわけで初日は終了。

参加者の皆様も竹島プロもお疲れ様でした。
夜はパーティーでハジけてください。

ああ、体調悪い・・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 仕事, 未分類, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

喫茶店とか、全日本終了とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某所で見かけたお店。
IMG_6094
昭和の食堂のような作りながら、のれんには「コーヒー」の文字。
とても気になったのだが、時間がなくて入れなかった。
今度は是非コーヒーを飲もうと思った荒川堤防近く。

 

さて、全日本選手権が終わった。
男子優勝は内山選手。
ウッチーはこれで全日本卒業かな。

添田選手も男気を見せてくれた。
まだまだ日本テニスを引っ張ってくれそうな気がした。

なんとなく撮った写真を少し。

高校生ペア。
DSC_3717
片山・佐藤ペアに敗退。
しかし先が楽しみな若手選手たちだった。

片山・佐藤ペア
DSC_3718
片山選手のフォアハンドは絶品だった。
シングルスもベスト4。

女子予選の清水選手。
DSC_3450
高校総体を制し、夏にはUS.OPENの予選にも出場した。
なんと、ネオインドア西新井でテニスを覚えたそうだ。
小林支配人、Wさんと一緒に応援したが、山外選手に敗退。
勝ちそうだったのだけど、残念。

今井選手
DSC_4968 2
大学テニスのトップ選手。
何度か試合を見たことがあるがガッツあふれるプレーが印象的。
今回は関口周一プロも破った。

大西選手
DSC_5112 2
世界ツアーを中心に活動中。
今回は小野澤選手に敗退したが、壮絶な試合だった。

宮村・井上ペア
DSC_5116 2
準優勝。
ミキちゃん、ダブルス上手いわ。
シングルスも上手いが、ダブルスはさらに巧さが際立つ。

奥選手
IMG_6200
シングルスは今回大躍進の小林選手に敗退。
写真はその直後のものだが、笑顔で冷静に試合を振り返るのが奥選手らしい。

その小林選手。
DSC_5564 2
今回最も光った若手。
添田選手にストップをかけられたが、
クレーバーなプレーが印象的だった。

志賀・小野田ペア
DSC_5270 2
身長差が際立つ二人。
小さい方の志賀選手のガッツはすごかった。

白基調のウェアが好きなのだろうか。
ずっとこの組み合わせだった。
最近はこういうウェアはとても少ない。

吉備選手
DSC_5654 2
仁木選手との壮絶な打ち合いを制した。
低いテイクバックから放たれるフォアは強烈。

仁木選手
DSC_5644 2
吉備選手に敗れたが、わずかの差だった。
ガッツがすごい。
日本リーグ・三菱電機の主力選手でもある。

ゴーセン・ストリンギングブースの冨岡氏。
IMG_6160
デ杯・フェドのストリンガーでもある。
「ヒマなの?」と聞くと、指差した先には大量の張り上げラケットが。
張り疲れて放心状態だったのかも。
大会序盤は1日に100本近く張るらしい。
お疲れ様でした。

応援後に月島へ。
IMG_6216

いつも最初に頼む「巣ごもり」
IMG_6215
いつもながら美味しい。

全日本も終わり、Team RECメンバーの次の戦いの場は慶應チャレンジャー。
なんとか時間を作って応援に行きたいが・・厳しいななぁ。
皆、頑張れ!

カテゴリー: Team REC, テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

不調とか、絶品蕎麦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

体調が悪い。
簡単に言うと風邪。

木曜日のゴルフから微妙に鼻の奥に違和感があり、
その晩から鼻水、くしゃみ、倦怠感と見事に風邪の症状に。

ここ数日、ボスが「微妙に体調が悪い。風邪ひいたかも」と言っていたが、
一緒に行動することが多かったので、きっとうつされたに違いない。

そういえば、去年だか一昨年も、風邪をうつされた。
うつしておいて、「具合悪そうだね。オレはもう大丈夫」と言う。

実は金曜から日曜までイベントでボスと一緒。
また同じパターンになるに違いない。

イベントが終わると週明けは社員研修会。
ワタクシ、進行役なので休むわけにもいかず、
そして次の日はメーカーさんとゴルフ。
うーん、持つのか、オレって感じだ。

 

さて、そんなわけで、総武線の某駅でボスをピックアップし、イベント会場に向かう。
開口一番、「風邪ひいたって?うつされたらやだなぁ」。
いや、うつされたのは私の方だと思うのですが。

ということで、会場入り。
IMG_6239

事前に届いていた賞品関係を汗だくになりながら検品。
この汗で風邪も飛んで仕舞えば良いのにと思う。

なんとか検品を終え、夕方。

「夕食どうする?東金に来たら逸香で蕎麦だよなぁ」

「そうすっね」

「でも、酒飲んだら辛いか」

「いや、大丈夫です」

「じゃあ、今日はオレがご馳走してあげるよ」

店に電話を入れると、なんと移転したとのこと。
しかも宿から歩いて行ける距離に店を移したらしい。
いつもはタクシーで行く距離なのだが、これは便利。

暗い夜道を二人で歩く。
公園の池の横の真っ暗な道を進むと、遠くに明かりが。
IMG_6241

真っ暗な自然の中にその店はあった。
IMG_6242

「逸香」http://tabelog.com/chiba/A1205/A120503/12005018/

ここの男前のマスターはちょっとしたお知り合い。
ゴルフも一緒に回ったこともある。

以前の街中の店でも良かったのだが、
土地が売りに出ていて、ここに店を作りたいと
思い切ったのだとか。

店内は真新しく清潔な感じ。
IMG_6243
前のお店もとてもキレイでセンスが良かったから、
マスターの性格なのかも。

ジャズが流れる店内は、和洋の絶妙なオシャレ空間。
IMG_6252

生ビールの後は八海山だ。
IMG_6246

旨い。
IMG_6247
旨いが、こんなに飲んで大丈夫か?オレ。

つまみはいつもの焼き鳥。
IMG_6245
そして板わさと湯葉。
蕎麦屋で飲むのっていいよね。

締めは、ワタクシはせいろ。
IMG_6248

IMG_6249

ボスは、とき玉子蕎麦。
IMG_6250
相変わらずの旨さ。
あっという間に完食。

こんな真っ暗な道の奥に店を出して、お客様が来るのだろうと心配になるが、
この日もお店は結構混んでいた。
もともとの店舗でお客様をしっかりつかんでいるのだろう。

たまに来れないが、いつもの笑顔と味で迎えてくれる快適空間。
おすすめのお店である。

ちなみに部屋に戻ってからのボス。

「大丈夫か?オレは一昨日、ビタミンC過剰摂取して、葛根湯飲んで寝たから大丈夫」

やっぱり風邪ひいてたんじゃないすか。
そこからうつったに違いない。

カテゴリー: 仕事, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

看板選手とか、超ひさしぶりとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

楽天ジャパンオープンのブリヂストンさんのブース。
IMG_5337

ラケットコーナーのメインキャラクターは菊池玄吾プロだった。
IMG_5336
看板選手かぁ。
絵になる男だぜ。

そんなブリヂストンのラケットだが、今回レックで初めて取り扱うことになった。
テクニファイバーも初見参だが、X-BLADEシリーズや女性向けのカルネオシリーズなど
主要機種の試打ラケットを取り揃えた。

購入いただいた方には菊池プロのサイン入りブロマイドを・・
嘘です、すみません。

何はともあれ、ものづくりのプライドが感じられる
ブリヂストンラケットをぜひお試しください。

 

さて、朝も早よから家を出て埼玉方面にひた走る。
2時間ほど掛かって着いたのは西武園。
うーん、相変わらず遠いぜ。

この日、ひさしぶりのゴルフなのだ。
前回のラウンドっていつだったっけ。

夏は遠征やら何やらが詰まっていて、
一切ラウンドしていないから、
たぶん4ヶ月ぶりくらいだろう。

しかも一度も練習をしていないばかりか、
一度もクラブを触っていないという体たらく。

今日はお取引先様の社長さんとボスという
最強の仕事モードのラウンドなのに、
ボールがどっちに飛んでいくか、いや、前に飛ぶのかも
まったく読めないという状況だ。

救いは社長さんもボスも穏やかな方で、
紳士的にかつ楽しくラウンドされるということ。

それに甘えちゃいけないが、練習できなかったんだから仕方ない。
(開き直りモードに)

 

ということで、素振りゾーンで必要以上に素振りを繰り返し、ティーショットを放つ。
放つというと、キレイに飛んでいったように聞こえるが、
実は地面スレスレに、ブルーインパルスの曲芸飛行のような球筋で
しかもほとんど距離も出ていないという予想通りの出だし。
IMG_6226

出だしでダブルパーを打ち、さらに開き直る。
来週、再来週とラウンド、コンペがあるので、
とにかくそこに向けて調整をしようと心の中で決める。

まあ、しかしそれでもメチャクチャ打つことは少なくなった。
ハーフを終えて、けっこうひどかったなと思いつつも
まだ後半で挽回可能なスコアで踏みとどまっている。
このあたりは成長したか、年齢とともに飛ばなくなり、
大怪我が減ったのかは難しいところかも。

とにかく良い天気の中、楽しく後半戦へ。
IMG_6227

前半よりはショットが戻ってきたが、
まだ安定には程遠い。
それでもパーを4つ取りホールアウト。

こんなものだろうと、無理やり納得してみた。
きっと次回はさらに良く、会社のコンペではピークに達する予定。
そしてまたラウンド機会が減り、ふりだしに戻るんだろうなぁ。

ああ、ゴルフって難しい。

そういえば、facebook繋がりの元選手、現在は選手のコーチをしている0さんから
「テニスプレーヤーのゴルフ会があるので、どうですか」とのお誘い。
断る理由もないのでお受けしたが、Oさんの言うテニスプレーヤーって
きっとすごい方々なんだろうな。

ワタクシ、若かりし頃、Oさんと何度か対戦したことがあるが、
全然相手にならなかったような記憶しかない。
そして当然、Oさんは憶えてないみたいな・・・

機会が合えば、ぜひ参加させてもらおう。
しかしもう少し上手くなりたいね。

「上手くなるのは簡単。練習すればいいんだよ。テニスと一緒」
という、いつものボスの声が・・・分かってますって。

カテゴリー: ゴルフ, テニス用品, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ジュニアとか、ひたすらとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ポケバイのレースをやっていた。
IMG_5985

走っているのは小学校低学年くらいの子供たち。
バイクもコースもミニサイズだが、走りは本格的。
IMG_5981

選手紹介アナウンス、実況も流れ、
このまま大きくすれば大人のレースと変わらない。
ピットも本格的である。
IMG_6001

革ツナギもジュニアサイズがあるのね。
あっという間に育つから買い替えも頻繁で大変だろうなぁ。
モータースポーツはお金のかかる趣味の代表的なもの。
しかしこう言うところからプロライダーが生まれるのかも。
すごいな。

色々なジュニアの世界があるものだ。

 

さてこの日、ワタクシたちはサーキットを見に来たわけではない。
13歳児の通うクラブのコートに空きがなく、練習しに来たのだ。
IMG_6005

この後、クラブで練習があるから、それまで待てば良いのではとも思うが
どうしてもコートを借りて欲しいと言うので、空いていた1時間を押さえた。

「何したいの?」

「サービス」

「ラリーは?」(ここに相手がいますけど)

「いいです。サービスを打ちたいです」

「どんなサービス?」

「回転系の確実に入るサービスを打ちたい」

ということで、ひたすらサービス。
IMG_6007

練習の時はいいサービス入るんだけどね。
IMG_6009
でも、結局そこが大きな壁。
どこまで練習で追い込めるかなのだろう。

サービスが不安定で「入れなきゃ」と思うのと
サービスが武器で、サービスゲームは何も怖くないのとじゃ
えらい違いだからね。

納得いくまで打つといいよ。
でも、もうちょっとスピンかけたらどうでしょ。

カテゴリー: テニス, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。