日別アーカイブ:

繋がらないとか、ようやく白星とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグ会場の横浜国際プール。
IMG_6960
大きな誤算がひとつ。
それは電波問題。
Wi-Fiの電波がやたらと弱い。

いつも使っているポケットWi-Fiが
ほとんど使い物にならない。
IMG_6980
Team RECのFacebookページで速報を打ちたいのだが、
何度もトライして、運が良ければ繋がるって感じだ。

会場のあちこちに移動してみたり、外に出てみたりしても一緒。
どこもポケットWi-Fiのアクティブランプは点滅状態。
たまに繋がる電波のタイミングを待つしかなく、
ホントにストレスがたまる。

加えてホテルの部屋もWi-Fiが使えるとあるのだが、
どうにも電波が悪く、うまく繋がらない。
IMG_6904
部屋もベッドも広くて快適なのだが、
ネットが繋がないと仕事にならない。

仕方がないので、毎朝晩、Wi-Fiの繋がるロビーで仕事。
IMG_6981
朝は6時前から、夜は11時過ぎまでロビーである。

ブロードバンドなんて言葉も久しぶりに打つが、
今回の行動範囲のほとんどがナローバンド状態。

ノートPCのWindows10の問題もあるのだろうが、
会場ので電波状況はWさんも同じだから
やっぱりエリア的なインフラの部分も大きいのだと思う。
ああ、ツライ。

 

さて日本リーグも3日目に入った。
いまだ勝ち星がないワタクシたちTeam REC。

序盤戦は強豪チームとの対戦が多いので
勝敗の行方は何とも言えなかったのだが、
あと一歩のところでの2連敗は正直、焦りもある。

はやく勝ち星を挙げたいと思いつつ会場入り練習開始。
12345531_1495913934072337_1435170863280771258_n

12345470_1495913917405672_1662600245820985727_n

12342692_1495913887405675_7053875308131155759_n
勝ち星がないとはいえ、チームのムードは明るい。

強豪チーム相手にじゅうぶん渡り合えていること、
リーグを勝ち上がることが目標なので
先を見ようと皆で話し合ったのだ。

そして試合。
今日の対戦相手はノアインドアステージさん。
同業のテニススクール運営会社である。
もちろん、何かと懇意にさせていただいている間柄だ。

日本リーグではノアさんが先輩。
しかしやはり勝ちたい。
もちろん勝負だからいつも、誰にでも勝ちたいのだけど。
DSC_1599

DSC_1611

第一試合、シングルス2。
ここまで勝ち星がなかった菊池玄吾プロだが
今日の玄吾は序盤から飛ばしていた。
DSC_8519

DSC_8589
対戦相手の大西選手がペースをつかまないように
ラリーを支配している。

基本的には競った内容ではあるが、
要所を押さえて6-4 6-4で勝利。
DSC_8514

DSC_1630

DSC_8508

見事な勝利である。
DSC_8659
コートから出てきて開口一番、「梅田さんに勝たせてもらました」。
昨日の梅田コーチとのミーティング&練習が良かったようだ。

よし、これで王手である。

次なるシングルス1はTeam RECのエース、関口周一プロ。
相手は吉備選手。
ここ最近は非常に戦績も良く、対戦成績も五分。
どうなるか分からない。

しかし関口周一選手も上り調子。
しょっぱなから相手のサービスを破り、ペースをつかむ。
DSC_8790

DSC_8771

DSC_8752

そして、攻める、攻める、攻める!
DSC_1648
ベンチには梅田コーチ。

守りと攻めのかみ合わせもいい感じだ。
DSC_8832

そしてガッツポーズ。
DSC_8800

DSC_8829

この表情に象徴されるとおり、ストレートで勝利である。
DSC_8877

DSC_8885
いやぁ、強かった。
お疲れ様!

これでTeam RECとして日本リーグ初勝利である。
良かった。

最後のダブルスは前日とオーダーを変え、
竹島俊朗選手と林倫正選手のペア。
DSC_1697

DSC_9006

何とかダブルスも取りたい。
リーグ戦だから、どこでどう影響するか分からないし。

そんな思いが通じてか、竹島プロの本領発揮の上手さ炸裂。
DSC_9038

林選手もそれに応えるかのようにショットが冴える。
DSC_8947

そして勝利。
DSC_1713

ようやくTeam RECに白星がついた。
DSC_1732
変な言い方だが少しホッとした。

さあ、ファーストステージもあと1対戦。
ここから先は全勝目指して頑張ろう!

カテゴリー: PC, Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。