日別アーカイブ:

OAKLEYソックス入荷!とか、プロケネとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

OAKLEYのソックスが入荷した。
IMG_7356

アンクルタイプの3足セットである。
IMG_7355
写真の3色セットとホワイト3足セットがあり、
もちろんメンズ、レディースサイズを取りそろえている。
しかも値段はなんと1,080円。

しっかりと厚みもあるし、これはかなりのお値打ち価格である。
OAKLEYのアパレル系は初めての取り扱いだが、なかなかモノも良い。

取り扱いは、レックインドアテニススクール上石神井
ネオインドアテニススクール西新井高島平インドアテニスクラブの3カ所。
売り切れ御免の数量限定なので、気になる方は早めにゲット。
気に入った方はまとめ買いがオススメなのだ。

 

さて、こちらは懐かしいラケットである。
IMG_5956

これで分かるかな。
IMG_5958

はい、プロケネックスである。
IMG_5960

このモデルは、C1 PROTOURという。(らしい)
IMG_5957

フレームシェイプもフラットなラケットの基本形のようなモデル。
IMG_5962

薄めのビームはその名の通りツアー系を思わせる。
IMG_5961
ちょっと振ってみたがけっこう重い。

プロケネックスは、ワタクシが唯一契約を頂いてたブランド。
当時はゴーセンさんが取り扱いをしていて、
所属会社がゴーセンさんと取り引きがあった関係で
契約をさせていただいたという流れ。

その後、ワタクシがメーカーさんの窓口を担当することになり、
特定メーカーとの契約は無いほうが良いだろうということで契約は終了し、
今も似たようなことをしているので、現在に至るまで用具契約は無いのだ。

ワタクシといえば、PRESTIGE好きのイメージで、
HEADさんとの契約をしていると思われがちだが、
実は一度もHEADさんと契約をしたことは無い。
単に好きで使っているだけなのだ。

話をプロケネックスに戻す。

当時のプロケネックスは、スウエーデンのサンドストロームが使っていた
ブラックエースを筆頭に、シルバーエース、ボロンエース、エースコンポなど
隙の無いラインナップを揃え、ヒットを飛ばしていた。
テニスクラブでもプロケネックスのラケットをよく見かけたものだ。

ワタクシ的には、エースの名前がついたシリーズの
細いシャフトで剛性を出した、しなりがあまり感じられない
硬い打球感はあまり好みでなく、鉛を貼ったり、
ストリングを30ポンド台で張ってみたり試行錯誤の時代だった。

その後、フェイスがエアロシェイプ、シャフトがラウンドの
DESTINYシリーズが発売になり、ようやく使い易いラケットに
出会ったという感じだった。

今思えば、このシリーズはそのままバボラに近い
コンセプトで作られていて、時代を先取りしていたのかなとも思う。
その後、プロケネックスはゴーセンが取り扱いをやめ、現在に至るのだが
このモデルはゴーセン時代のものではなく、その後のモデルである。

ちなみに、シルバーエース、ブラックエースなど
プロケネックスの一時代を築いた名品の名前は
ゴーセンが商標を所有しており、
現在のプロケネックスには使えないとか。

そんな懐かしい思い出のブランドだが、
このラケットは試打をする時間がなく、
思い出話以外に何も書きようがないので
今日はここまで。

 

カテゴリー: OAKLEY, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。