会場入りとか、最終日とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグ・セカンドステージ最終日は
かつてない寒波の襲来で雪予報。

こりゃ、ビーンズドームにたどり着いても
きっと帰れないぞという覚悟を決めて起きたのだが、なんと快晴。
素晴らしい!

ただし空気はメッチャ冷たい。
やっぱり寒いのね、ビーンズドーム。

ということで、練習開始。
DSC_2069

DSC_2077

DSC_2066

DSC_2090

DSC_2089

DSC_2086

DSC_2080

最終日、関口プロは腹筋に張りが出ているとのことで温存。
DSC_2070

変わってこの方が・・
DSC_2065
ウソです、ウソ。

実はこの方・・・
DSC_2092
というのもウソ。

とにかく無事に練習を終えた。

 

さて、この日の対戦相手は伊勢久さん。
昨年、リーグ落ちするも広島の全国大会を勝ち上がり、
日本リーグに戻ってきた地力のあるチーム。

ということで、シングルス2は竹島俊朗
DSC_1000

DSC_0992

DSC_0985

DSC_0972

いやぁ、上手いね。
知ってたけど、ホント上手い。
6-0 6-3で一気に勝ちをもぎとった。
DSC_2191
竹島プロらしさ満載のナイスマッチだった。

 

王手が掛かったシングルス1は菊池玄吾。
DSC_1035

DSC_1034

DSC_1027

こちらも盤石の戦い。
すごい勢いでネットラッシュしてくる有本選手にパスを浴びせる。
最後は、6-3 6-3で勝利。
DSC_2270
チームの勝ちも決めてくれた。

 

そして最後はダブルス。
井原力・林倫正の現役コーチペアである。
!cid_B20DD7D7-0538-480A-BF7D-1CF42158F6F1

!cid_5868333A-BE19-4F07-9D45-7AB1AD5AB1A8

Team RECの原点を探れば、やはりこのペアで勝利したい。
とても意味のある一戦なのだ。
DSC_2278

DSC_2292

DSC_2282

仲間の応援を背に戦う二人。
DSC_2275

DSC_2362

DSC_2297

DSC_2294

そしてストレートで勝利。
DSC_2405

これでセカンドステージの全勝が決まった。
横浜のファーストステージの2勝2敗から、
5勝2敗で予選リーグをフィニッシュ。
ブロック3位で決勝リーグ進出を決めた。

長いといえば長かった予選リーグ。
良い形で締めることが出来た。

最後のミーティングでプロ選手たちが言ったこと。
「ここまでは予選なんで・・・ここからが本番です」

たしかにその通り。
2月の東京体育館こそが本番のステージ。
負ければオシマイのトーナメントだ。
DSC_1144
まだまだ頑張ろうぜ!


カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。