日別アーカイブ:

張り上げとか、写真その1とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグに向けて出発前夜。
長男からLINE。

「今日ガット張れますか?」

「いいよ。自分で張る?」

「塾の後なので、自分で張ると時間がかかって遅くなるので」

「じゃあ、張ってあげるよ」

「ありがとうございます」

ということで、帰宅後に張り上げ。
IMG_7879
これは長男のラケットではない。

「誰の?」と聞くと「部室にあるやつ」と言う。
きっと友達のだろう。
小遣い稼いでるのかな。
自分で張って稼げるようになったらどうだろう。

張り上がったタイミングで13歳児が練習から帰ってきた。

「ガット張ってもらえますか?」

「切れた?」

「切れてないけど、ポリにして欲しい」

「帰ってきてからじゃダメ?」

「週末、練習試合に行くのでお願いします」

結局、出発の朝に張り替え。
IMG_7880

ポリが良いのだそうだ。
IMG_7881
ずれない、切れない、飛びすぎないのが良いらしい。

ナイロンマルチだって売るほどあるから
いくら切っても良いのだけど、ポリが良いそうだ。
いちおう分かるのね。

ストリングマシンがあって良かった。

 

さて、日本リーグ・セカンドステージ。
試合以外の写真。

今回の遠征バッグ。
IMG_7920
RIMOWAのキャリーだとカメラ機材が入りきらず、
カメラ専用キャリ−2台を両手で転がすわけにもいかないので
少し大きめのキャリーにした。

このキャリーバッグ、5〜6年前にプリンスさんが売り出したもの。
O3シリーズが発売された時で、前面に「3」のシールも貼ってあったが、
それは速攻で剥がしてしまった。

前面にappleとReam RECのステッカー、
上面には会社ロゴステッカーを貼ってみた。
IMG_7919
Team RECのカッティングシート、作ろうかな。

今回のホテル。
IMG_7923
駅前なのと部屋が広くて良かった。

朝食バイキングはおそろしく長い行列になるのがちょっと。
海外からの旅行者の方が食器などの勝手が分からないのと、
あるものすべてを皿に盛ってしまうので、
トレイの前にたどり着いても既に何も無いことも多かった。
外国の方々は逞しい。

駅前には食事スポットもコンビニもあり便利。
初日の食事はプロたち推薦のイタリアン。
IMG_7925

生パスタが美味しい店だったが、おしゃれな感じで量は少なめ。
若い選手たちの前に皿が置かれると、一瞬で空になっていた。
IMG_7929
食べ放題選手権か?

しばしば携帯をチェックする関口プロ。
IMG_7928
移動中もマメにチェックしていたのは全豪オープンの経過。
選手情報にも詳しく、話をすると勉強になることが多かった。

玄吾プロが持つのはジャンボ餃子・・ではなくピザ。
IMG_7930
これも瞬殺だった。

カニのパスタ。
IMG_7931
玄吾プロの手に注目。

ああ、食ったぜ〜!という表情。
IMG_7934
確かに食べた。
それだけ動くからねぇ。

ワタクシはこれまでの反省を生かし、お酒は少しだけ。
帰りにコーヒーを買って部屋で仕事をした。
このパターンだとなんとか業務も進む。

本社も現場も普通に動いているし、
遠征だから何も出来ないってわけにはいかないしね。

ホテルのWi-Fiもバリバリ、
会場でもポケットWi-Fiの電波状況が良いのは助かった。
そんなこんなで初日が終わっていった。

カテゴリー: Team REC, ストリンギング, テニス, テニス用品, 仕事, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。