月別アーカイブ: 2016年1月

絞り込みとか、アプリとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

駅の自動販売機
IMG_7681
ぱっと見、妙に絵面が揃っている。

伊右衛門のホットほうじ茶のオンパレード。
IMG_7680
新製品なのだろうか。
絞り込みっぷりが半端じゃない。

ベンダーの入れ替え担当者の気分じゃないよね。
今の自販機は売り上げ分析などがリアルタイムで分かるそうだから、
綿密なマーケティングに基づいてのことなのだろう。
勉強になります。

 

さて、ゴルフには色んなギアがある。

クラブだけでもあんなに本数が必要なのに
その周辺のグッズや練習器具などすごい数がある。
これもゴルフ市場の大きさの要因なのだろうか。

 

アドレス方向感知センサー
sts
the aiming(ザ・エイミング) ゴルフ用アドレス方向感知センサー ザ・エイミング(音声ガイダンスのみ) ブラック

目標に向かって正しくアドレスを取れているかを教えてくれるらしい。
ちゃんと構えているつもりでも方向を出すのって結構難しいから、
これは欲しいギアである。

ただアドレスのために1万円オーバーってのも
ちょっと高い気もするけど。

あと便利なのはこちら。
rimg1325
ゴルフナビ。

全国のゴルフ場がインプットされていて、
グリーンまでの残り距離などが表示される。
キャディーさんについてもらうことはほとんどないので
結構便利なツールである。

このゴルフナビ、数年前に実家からプレゼントしてもらったのだが、
サポートが終了したらしく、情報のアップデートが出来ないらしい。

ということで、無料のアプリを探してみた。

よく分からないので一番上に出てきたこれをインストール。
IMG_7695
もちろん無料である。

次の日のラウンドで試す。
というか、初めて起動。
IMG_7698
まずはゴルフ場をえらぶのね。

埼玉〜サ行〜西武園と・・・
IMG_7696
おお!出た出た。

コース図も正確である。
IMG_7700
早速ラウンドしながら試す。

が、セカンドショット以降の距離がうまく出ない。
よく分からないままにラウンドは進む。

こりゃ、使い物にならないなと諦め気分で
メガネをかけてよく見てみた。

あ、GPSを有効にしてなかった・・

GPS機能を有効にしたら、ちゃんと距離が出た。
グリーンの選択もできるし、グリーンセンターと
エッジまでの距離も表示される。
素晴らしい!

問題はバッテリーの消耗が激しいことかな。
予備バッテリーが無いと1ラウンド持たないかも。

しかしこんな便利なものが無料とは。
素晴らしい時代になったものだ。

これで社内コンペもバッチリである。
あ、コンペ後に書けば良かった。

カテゴリー: ゴルフ, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

オートサロンとか、週明けとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

東京モーターショーが幕張メッセから、
文字通り東京に戻ってしまい、
2年に1回の常軌を逸した渋滞地獄は無くなった。

が、東京オートサロンも東京がつくが、こちらは毎年千葉で開催。
ドレスアップや改造車が集まるこのイベントは
さらにとんがった顧客やクルマが集結する。

渋滞は本当に困るが、イベント的にはこちらの方が面白い。
スーパーGTマシンが走ったり、コンセプトカーを超えたような
ぶっ飛んだクルマを見るのはとても楽しい。

近所のショッピングモールにも展示車が。
IMG_7682

RE雨宮仕様のFDである。
IMG_7683
ロータリーの神様、雨宮氏の手が入ったFDって
どんだけ速いんだろう。

IMG_7687

IMG_7686
一度乗ってみたいなぁなんて見ていたら、
どうやらこの車、売っているらしい。

値段はわからなかったが、多分FD2台分くらいかな。
買えないな、きっと。

ボートも牽引出来ないし、釣竿詰めないしね。
そもそもこういう車に乗ると酔っちゃうし。

毎年、オートサロンに行きたいと思うのだけど、
人混みが苦手なのと、インフルエンザの時期にこういう場所は
リスクが高い気がして結局行かないのだけど。

いつかは行ってみたい。

 

さて、大変な週明けになってしまった。
TVを観ると東京はかなりの雪。
千葉県は雨なのだが大荒れ。

なんとか電車は動いていて、東京方面に向かう。
と、東京ディズニーリゾートを過ぎ、
江戸川を渡った途端に雨が雪に変わった。
この差はなんだろう。

遅れはあるものの電車に閉じ込められることもなく、
なんとかレックインドアテニススクール上石神井に到着。
練馬はかなりの積雪である。

ひと息ついて圭の試合を見る。
IMG_7842
初戦は危なげなく勝利。

コート上では鈴木貴男プロがDVDの撮影中。
IMG_7841
ダブルス戦略のDVDだそうだ。
(発売が決まったらご案内します)

正面には錦織圭、横を向けば鈴木貴男。
なんとも贅沢なクラブである。

なんてことを言っていられないワタクシたち。
雪かきをしなければ明日の営業に支障が出る。

昨年導入した雪かき兵器「ユキオス」
IMG_7845

名前は安直だが、性能はすごい。
IMG_7846
操縦にはちょっとしたコツが要るが、
手作業の何倍ものスピードで雪を寄せてくれる。

駐車場、道路を終え、東京グリーンテニスクラブさんのコートへ。
IMG_7848
オムニコートだけでも復旧させようという作戦だ。

3時間弱。
ようやくひと通り終える。
IMG_7850
ああ、疲れた。

インドアに戻ると、撮影も無事に終わったところだった。
IMG_7853
今回の出演者のTeam RECのコーチたちと記念撮影。

ちなみに貴男さんはこの日の早朝5時に香港から帰国。
空港からレックインドアテニススクール上石神井に直行だそうだ。

バンコク〜香港と練習、イベントをこなし、
帰国直後に撮影とはなんともタフなスケジュール。
さすがである。

この後、撮影スタッフ皆で焼肉を食べに行くとか。
悔しいので雪かき隊のワタクシたちもいつもの居酒屋で乾杯した。
そんなこんなでほとんど仕事が進まなかった月曜日。

カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

つけ麺とか、初打ちとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先日のこと。
高島平インドアテニスクラブに巡回に行った。

打ち合せが終わり次の予定に向かおうとしたところ、
DRKさんがどうしても一緒に昼飯を食べたいというので
付き合ってあげることにした。

高島平駅前近くの「つけ麺屋 辰盛
IMG_7593
美味いんだよね、ここ。

DRKさんもご満悦なようで良かった。
IMG_7594
とある手術で坊主になったDRKさんの髪の毛も随分伸びてきた。
からかうネタがなくなって残念である。

 

さて、某日。
朝も早くから埼玉方面にクルマを走らせる。
IMG_7692
なんと外気温1度。
この冬一番の冷え込みだそうだ。

着いた先は埼玉は所沢の西武園ゴルフクラブ。
DRKさんがどうしてもラウンドしたいというので
付き合ってあげることにしたのだ。
IMG_7697
写真だとわかりづらいが、一面真っ白。
見事に凍っている。

寒いのはDRKさんの日頃の行いのせいだ。
晴れていて風がないのが唯一の救いだが、
これについてはワタクシの日頃の行いのお陰だろう。

あまりに寒いのでラウンド前に暖まろうと
レストランでトン汁セット食べる。
IMG_7693
ああ、このまま帰ってもいいなぁ。

ということでラウンド。
IMG_7699
左はレック本社・保険担当のハッシーである。

ティーグランドに集合して気付いたのだが、
二人ともゴルフの腕は相当なもの。
差がありすぎるよなぁ。

とはいえ、気心の知れたメンバーで楽しくラウンド。
今年初打ちのワタクシにしては、スコアも悪くない。
IMG_7703

途中、DRKさん、ハッシーとスコアが並んだりして、
むしろ大健闘という出来である。
IMG_7701
上がってみれば、DRKさんとは2打差。
これはこれでかなりの快挙である。
そしてDRKさんにとってはかなりのショックなはず。(笑)

実は来月、このコースで恒例の社員コンペが開催される。

この日のラウンドはその練習ラウンドの意味もあったので
ワタクシ的にはいい感触をつかめたので良かったかな。

DRKさん的には不安が増幅したという噂もあり、
今月中に誰にも言わずにもう一度ラウンドするかもしれない。

ハンデ減らさないでね。

カテゴリー: ゴルフ, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

湯島とか、寝床とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

小雨降る朝、湯島に降り立った。
正確には地上に出たのだけど。

地下鉄から地上に出るとかなりの確率で方角を間違うのだが、
湯島は天神様側が小高くなっているので分かりやすくて良い。

この界隈は今もこんな景色が残る。
IMG_7689

で、たどり着いたのはここ。
IMG_7691
ヨネックスさんの本社である。
展示会に先立て内見会が行われるのだ。

最近は新製品情報もネットが先行することも多く、
展示会が現品確認のような感じもあるが、
細かな条件などはやはりお会いして話さないといけない。

ちなみに今回発売になるラケットはワウリンカ使用のVCORE Duel G。
こちらも、ワウリンカが使っている画像がfacebookで先行していた。
ニュースリリースはこちら

ハードスペックなツアーモデルではあるが、
100平方インチフェイスで280gの設定もあったりして
幅広い層に伝えそうで期待が持てる。

VCORE TOUR Fのようなパキパキのフィーリングではなく、
しなり&粘り系のボール潰しモデルとのことだ。
近々、試打出来るそうなので楽しみである。

あと、シューズもシリーズ名が一新された。
特にワウリンカが履くECLIPSIONはかなりかっこいい。
ヨネックスのシューズは久しく履いていないが、
履いてみようかなと思うモデルである。
シューズのニュースリリースはこちら

日本を代表するスポーツメーカーのひとつであるヨネックスさん。
やっぱりいい仕事してます。

 

さて、我が家の13歳児は犬たちと仲良し。
たまに「Cooたちと寝る」と自分のベッドに犬たちを招き入れるのだが、
どうも犬たちは迷惑らしく、出してくれと騒ぎ、結局ケージに戻すことになる。

この日も「今日はCooたちと寝ようかな」と13歳児。
「でも、CooもCocoも自分の部屋に戻るじゃん」と言うと・・・

IMG_7614
13歳児が彼女たちの部屋に入る作戦に出た。

いやいや相当無理があるぞ、それ。
IMG_7615
風呂に入ってるみたいになってるし。

「Coo、Coco、ハウス!」と言ってみた。
反射的にケージに向かう2匹。
IMG_7621
「入れないんですけど・・」という顔で戻ってきた。
そりゃ、無理だ。

困ったもんだという顔でソファに戻る2匹。
IMG_7648

IMG_7629

彼女たちにとって13歳児は弟の認識なのかもしれない。
IMG_7635
いや、むしろ犬と思ってるかも。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

欲しい!とか、飲んでるとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

近所で遭遇。
IMG_5124

IMG_4307

IMG_4306
GMC SAVANAである。

MAJESTICというのはSTARCRAFTみたいな
ドレスアップバージョンということなのだろうか。
IMG_4309

いや、すごい迫力。
で、カッコイイわ。
IMG_4311

IMG_4305

こんな車でバスボート引っ張ったらいいだろうなぁ。
曲がれない通れない道だらけだろうけど。
やっぱりアメ車にはアメリカの道なんだろうね。

最近の中ではいちばんテンションの上がった一台かも。
欲しいぜ。

 

さて、今年も相も変わらず、会う方に「飲んでますね〜」と言われる。
しばらく前からfacebookへの投稿も控えめにしているのだが、
やはりイメージはぬぐいきれないらしい。

よく言われること。

「いつも飲んでますよね〜」

「毎晩飲んでるんですよね?」

「会社、楽しそうですね〜」

「仕事してます?」

「忙しそうですね〜」

「毎朝、走っているんですよね?」

facebookとブログからはそう見えるらしい。

まあ、やってもいないことを書くわけもないので、あながち間違いではない。
とはいえ、ワタクシにも毎日24時間あるわけで、facebookとブログが
全てではないことはちょっと考えればわかると思うのだが
出しているものだけだとそう見えるのだろう。

ちなみに、ボスも
「デ杯、コロンビア行ったんですよね?」
「ロンドンも行きますよね?」
とかなりの確率で聞かれていた。

デ杯のアウェーの応援はカナダ戦しか行っていないのだが、
応援している姿ががITF公式サイトに掲載されたりしたので
「デ杯は全戦応援に行く」イメージがついてしまったのかも。

まあ、そういうわけで毎日飲んでいるわけではない。
ワタクシに限って言えば、家ではほとんど飲まないし、
このところは会社でもタイミングが合わないこともあり、
得意の「一杯だけ飲んでく?」もほとんどない。

公式に飲んだのは1月4日の新年会だけだと思う。

と言いつつ、先日のこと。
昨年からのお約束だったゴーセンさんとの新年会。
IMG_7600

右のお方はナショナルチームのストリンガー、T岡さん。
左はTさんの前にナショナルチームのストリンガーだったS谷さん。
センターは選手としてもスターだったT淵さん。

昔の話やナショナルチーム帯同の話(変な話はしてないです。念のため)
そして仕事の話や仕事の話や仕事の話など(ホントか?)
楽しくも色々と勉強させていただいた。

先日、プロケネックスとの契約の話を書いたが、
思えば、その頃の最初の担当がS谷さん、
その後はT岡さんに担当頂いていた。
もう20数年のお付き合いなのだなぁ。

ずいぶん前にゴーセンさんのストリング工場を
見学させていただいたこともあったっけ。
あれはとても勉強になった。

そんなことを思い出しながら、気づけばボトルはNo4に。
IMG_7599
右端のNo41は昨年飲み忘れたと言うか、
栄寿司のおねえさんが出し忘れたものらしい。

今年は何本までいくだろうか。
ほどほどに楽しみたい。

ゴーセンさんと別れ帰ろうとしたら、
ボスが「もう一杯だけ飲んでく?」

「じゃあ、あそこ行きますか?」

「ああ、あそこね?いいよ」

それだけで、通じてしまうのが怖い気もするが、
たまに行くショットバーへ。
IMG_7601

与太話と言いながらも、なるほどそういう考え方もあるのかと驚いたり、
みんなのこと本当によく見ているなぁと思ったり・・

少しでも追いつかなければというか、力にならなければと思ったりした。
いい夜だった。

うーん、結局飲んでるか・・・

カテゴリー: クルマ, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

中華そばとか、箸とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

年末、近所でラーメンを食べた

ワタクシは辛い系のつけ麺。
IMG_7432
パンチの効いたつけダレがナイス。
ボリューム的にもじゅうぶんである。

妻は中華そば。
IMG_7431
最近はやたらと特徴を出したラーメンが多い中、
こんなメニューもあるのねと思いつつ、ひと口もらう。

完璧にオーソドクスで尚且つ美味い。
まさしく中華そばである。
基本形がこれだけ美味いから、つけ麺も美味しいのかな。

また行こうと思う。
空いてる時間に地元にいることはほとんど無いけどね。

 

さて、松原コーチのブログを読みつつ、
「去年は松原さんのセミナーに行けなかったなぁ」なんて思った。

松原さんのブレの無い理論は定期的に確認しておきたいのだが、
昨年はどうにも調整がつかずセミナー参加はかなわなかった。

で、松原さんのお話を思い出した。

ずいぶん前のことだったなので、記憶が若干あやしくなっていて、
ワタクシの脳内でアレンジや増幅されている可能性が高いのだが、
序盤のお箸の話は松原さんから聞いたのだと思う。

 

お箸を使うのに私達は苦労しない。
では、その感覚はどこにあるのか?

きっと箸先に感覚が集中しているはず。

箸を使い始めて何十年ものベテランの大人は
グリップ(持ち方)どうだったっけとは思わないし、
ごく自然に箸先に感覚が行くはず。
道具ではなく、まさしく手の延長という感覚である。

お箸を使い始めたばかりの子供は、
持ち方やその道具の長さに慣れる作業が必要。
箸先に感覚が宿り、手の延長になるにはしばらく時間がかかる。

〜この先の論理展開の記憶があやふや〜

ではラケットの感覚はどこに宿る?

お箸で持ち方や箸の長さは意識しないで済む通り、
ラケットという道具ではその長さやグリップが感覚の主ではないはず。
フェイス、またはヘッドに感覚があるのが正しい。

昨日今日ラケットを握ったわけではない経験者は
ヒッティングポイントまたはトップ(ヘッド)部に感覚を置いて
スイングしている。

グリップも重要だが、ヒット(ボールを打つ)ということにフォーカスすれば
やはり感覚は先端部をどう動かす(振るか)かになる。

 

〜「ヘッドを振る」と仰ったのは、もしかすると神谷コーチかもしれない
そのあたりはあやふやで、あちこちで聞いた話を
自分なりに消化してつなげてしまっているのかも〜

 

何れにしてもグリップを動かすのではなく、
ボールをヒットするためにトップ部に感覚を持ってくる。
箸を使うのと共通の感覚のように思う。

 

「初心者が最初に対峙する最大の違和感は
ラケットという道具の長さと重さです」

これは、かつて日本プロテニス協会のヘッドテスターだった
平野三樹さんから25年ほど前の研修合宿で聞いたこと。
手の延長になっていない状態のことである。

もちろん、ワタクシもトップ部に感覚を置いているのだと思う。
それはラケットを持たない素手振りでも同じで、
手の先に無いラケットは無意識の認識下に存在している。(と思う)
少なくともスロート部を振っている感覚は無い。

ということで、ある程度自然にヒッティングポイントの距離に
感覚を置くことが出来るのがラケットという道具を
使いこなしているということなのかもしれない。

 

さてさて、そんな理屈を活用したものがある。

ゴルフである。
(ゴルフかよっ!)

ワタクシ的なゴルフ経験値から言えば、
クラブの扱いはおそらく4歳児の箸使い程度。

つまり自分の手先はおろか、
道具として扱えている状態には程遠いのではと考えた。

なんせ、止まっているとはいえ、あんな小さなボールを
あんな長い棒の先の、あんなに小さなフェイスでヒットし、
あんなに遠くまで飛ばすのである。
そりゃ、手の延長にするのは並大抵では無い。

ということで、せめてその感覚を自然にではなく
意識的に持ってみようと考えた。

ドライバーはちょっと違うのだが、アイアンショットの時
意識をクラブヘッドというか、フェイスへ、もっと言えば
リーディングエッジに持っていき、ヘッドを2〜3回小さく上下に動かす。

ゴルフはスイングやフォームがとても重要という頭があるので
ワタクシの場合、意識がヘッド部になかなかいかない。
もしかしてそれがミート率の悪さなのかもと思い、
意識を置く場所を変えてみたのだ。

これを始めてからアイアンのミート率が上がった。
当社比で約30%アップである。(ホントか?)
じゃあ、もとはどれほど当たってなかったんだよって話だけど。

これがいわゆるコツってやつなのだろうか。
とはいえ、ちょっと油断すると忘れてしまうので
毎回、「ヘッド、ヘッド。フェイスね、フェイス。でエッジ」
と呟かなければならないのだけど。

まあ、ゴルフクラブが手の延長の感覚になるには
まだまだ相当な道のりが待っていそうだということである。
そもそもそれほどに経験値を積み上げていないし。

そんなわけで、松原さんのお箸の話から
アイアンショットが少し良くなってきたという話である。
(合ってるのかな?)

カテゴリー: ゴルフ, テニス, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

いよいよとか、懐かしいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

いよいよ来週に迫った。
japantennisleague20162ndstage
テニス日本リーグである。

セカンドステージは、1月22日(金)〜24日(日)。
ワタクシたちは兵庫県のビーンズドームで戦う。
上位陣と対戦のファーストステージを2勝2敗で折り返し残り3試合。
なんとか4位以内に入り、2月の東京体育館で行われる決勝リーグに進みたい。

今回もメンバーは、関口周一プロ・菊池玄吾プロ・竹島駿朗プロ
井原力主将・佐藤一平コーチ・林倫正コーチで戦う。

ファーストステージでチームとしてもまとまりが出てきた。
セカンドステージにはより良い形で臨めるだろう。

神戸、そしてビーンズドームといえば数年前、
同じような時期に業界団体のセミナーで行ったことがあるが、
とにかく寒かった記憶しかない。

今年は暖冬とはいえ、きっとメチャメチャ寒いに違いない。
色んな意味で気の抜けない遠征になりそうである。

聞けば、ビーンズドームまで応援に来てくださる
スクール会員様もいらっしゃるとのこと。

東京の下部リーグ時代から毎回応援に来てくれた皆さん。
暑い日も寒い日も、河川敷コートや金網越しや草むらから応援してくれた。

北海道やら広島も応援に来てくれた。
初の日本リーグでは「観客席からTeam RECの応援が出来るなんて」
と感激してくれたと聞いた。

そんな皆さんに力をもらってここまできた。
ぜひ期待に応えたい。
とにかく全勝で帰ってくることだ。

勝とうぜ、みんな!

ということで、日本リーグ・セカンドステージの経過は
Team REC Facebookページで発信予定。
TeamrecFB
https://www.facebook.com/teamrec09/
ぜひ「いいね!」をお願いします。

 

さて、運転しながらiTunesから音楽を流していたら
懐かしい曲がかかった。

srlb
Sunshine reggae (1983) / Vinyl single [Vinyl-Single 7'']

1983年の曲。
気だるく、やさしく、心が和む作品である。

この曲は大学の後輩のイジチがよく聞いていて覚えた。
気だるくはあったものの心が和む後輩ではなかったが、
いい曲を教えてくれたなあとヤツのことを思い出したりした。

去年、20数年振りに会ったんだっけ。
今年もみんなで会えるといいな。
飲もうぜ〜、集合!

もう一曲。
bsbm
バッファロー・ソルジャー/ボブ・マーレー

ボブ・マーレーの名曲である。
この曲は学生時代、横浜の喫茶店でアルバイトしていた頃の作品
夜な夜な伊勢佐木町界隈で遊び回り、よく言っていたディスコで流れていた。

なんて店だったけなぁ。
伊勢佐木町のオデオンビルの・・思い出せないや。

当時は朝まで遊び歩いて、そのまま辻堂で波乗りして
そのまま店に戻って働いて、その隙間に千葉に戻って
テニスコーチのアルバイトをしてという、
そりゃ学校に行く暇ないわという生活だった。

そんな浮かれたワタクシがこの曲の意味などわかるわけもなかったが、
今、調べてみたらとてもシリアスな曲なのね。
ホント、浮かれててスミマセンでした。

今も売ってるのかなとAmazonで探してみたが、
ベスト盤しか見つからなかった。
ボブ・マーリィ ワン・ラヴ
ワンラブも名曲だよね。
うーん、懐かしい。

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

OAKLEYソックス入荷!とか、プロケネとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

OAKLEYのソックスが入荷した。
IMG_7356

アンクルタイプの3足セットである。
IMG_7355
写真の3色セットとホワイト3足セットがあり、
もちろんメンズ、レディースサイズを取りそろえている。
しかも値段はなんと1,080円。

しっかりと厚みもあるし、これはかなりのお値打ち価格である。
OAKLEYのアパレル系は初めての取り扱いだが、なかなかモノも良い。

取り扱いは、レックインドアテニススクール上石神井
ネオインドアテニススクール西新井高島平インドアテニスクラブの3カ所。
売り切れ御免の数量限定なので、気になる方は早めにゲット。
気に入った方はまとめ買いがオススメなのだ。

 

さて、こちらは懐かしいラケットである。
IMG_5956

これで分かるかな。
IMG_5958

はい、プロケネックスである。
IMG_5960

このモデルは、C1 PROTOURという。(らしい)
IMG_5957

フレームシェイプもフラットなラケットの基本形のようなモデル。
IMG_5962

薄めのビームはその名の通りツアー系を思わせる。
IMG_5961
ちょっと振ってみたがけっこう重い。

プロケネックスは、ワタクシが唯一契約を頂いてたブランド。
当時はゴーセンさんが取り扱いをしていて、
所属会社がゴーセンさんと取り引きがあった関係で
契約をさせていただいたという流れ。

その後、ワタクシがメーカーさんの窓口を担当することになり、
特定メーカーとの契約は無いほうが良いだろうということで契約は終了し、
今も似たようなことをしているので、現在に至るまで用具契約は無いのだ。

ワタクシといえば、PRESTIGE好きのイメージで、
HEADさんとの契約をしていると思われがちだが、
実は一度もHEADさんと契約をしたことは無い。
単に好きで使っているだけなのだ。

話をプロケネックスに戻す。

当時のプロケネックスは、スウエーデンのサンドストロームが使っていた
ブラックエースを筆頭に、シルバーエース、ボロンエース、エースコンポなど
隙の無いラインナップを揃え、ヒットを飛ばしていた。
テニスクラブでもプロケネックスのラケットをよく見かけたものだ。

ワタクシ的には、エースの名前がついたシリーズの
細いシャフトで剛性を出した、しなりがあまり感じられない
硬い打球感はあまり好みでなく、鉛を貼ったり、
ストリングを30ポンド台で張ってみたり試行錯誤の時代だった。

その後、フェイスがエアロシェイプ、シャフトがラウンドの
DESTINYシリーズが発売になり、ようやく使い易いラケットに
出会ったという感じだった。

今思えば、このシリーズはそのままバボラに近い
コンセプトで作られていて、時代を先取りしていたのかなとも思う。
その後、プロケネックスはゴーセンが取り扱いをやめ、現在に至るのだが
このモデルはゴーセン時代のものではなく、その後のモデルである。

ちなみに、シルバーエース、ブラックエースなど
プロケネックスの一時代を築いた名品の名前は
ゴーセンが商標を所有しており、
現在のプロケネックスには使えないとか。

そんな懐かしい思い出のブランドだが、
このラケットは試打をする時間がなく、
思い出話以外に何も書きようがないので
今日はここまで。

 

カテゴリー: OAKLEY, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

不具合とか、肩書きとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

車のオーディオの調子が悪い。
突然、ボリュームが上がったり下がったりする。

突然起こり、規則性、再現性に乏しいため、
ディーラーに持って行っても直るかどうかという感じ。

この車、もともとのTVはアナログなので
フルセグチューナーを外付けしているのだが、
先日はチューナー側のボリュームが勝手にマックスになっていて
音割れするという症状が出た。

ラジオやディスクでの検証はしていないが、
フルセグチューナーの問題の方が安く済みそうな予感も。

それよりも、勝手にボリュームが変わるたびに
自分で直すのがいちばん安上がりかな。

って、そんなこともしてられないな。
ああ、面倒だ。

 

さて、「まあそんなことはいいじゃないか」とも思うが、
序列とか席次とか名前はやはり大事なものらしい。

いいじゃないかというワタクシの方が社会的には不適格者なのかも。

肩書きや格をとても気にする人は多い。

あっちはがこんな人が出てきているのに
こっちはこの立場の人で済ますのかとか。

いや、出来ること、決定権、成果や質は変わらないのだけど、
肩書き的にどうであるかがとても気になるそうだ。

肩書きなんてものは会社によって違うわけだし、
それこそ、日本でのマネージャーと海外企業でのマネージャーなど
同じマネージャーと言っても比べ物にならないくらいに違う。
外資系でシニアマネージャーというえばメッチャ偉い人だし。

そもそも肩書き自体、それぞれの企業風土や成り立ちによって違うから
一歩外に出たら、なんとなくの基準にしかならないものだと思う。

何が出来るから、どんな適性があり、どこに向くと能力を発揮するから
その場所にいてもらったり、結果そういう肩書きがついたりする。
あくまで能力起点であり、肩書きありきで能力が向上するわけではないと思う。

もちろん、そのポジションや責任において
人は努力し、勉強し、経験も詰むだろうから、
そういう意味ではポジションが人をつくるというのは真実だろう。

しかし、肩書き至上主義、ポジション絶対主義になってしまうと
その居場所を得たことがゴールになってしまい、
そこから先は居場所の確保に終始し、能力向上に振れていきにくい。

とはいえ、組織を構成しているのは人間であり、感情がある以上、
なかなかそういうことだけでジャッジするのは難しいのかもしれない。

ポジションが上がるとか、出世するとか、収入が上がるとか、
そういうことに興味がないのはよろしくないと思う。

大きな意味での向上心や欲はとても大事だと思う。
ただ、誰かを引き摺り下ろしたり、貶めたりして
結果的に自分の場所が上がっても意味は無い。

能力がそのままなのに見合わないポジションに行っても
辛いだけだし、それは長続きしないんじゃ無いかと思う。
ポジションを維持するのに無理をするのは不健康だ。
そこにいて、それをしたければ、そこに見合うように努力するだけだ。

肩書き、ポジション、序列、席次、それらがスッキリと
キレイに並んでいることは実は稀なのだろう。
だから、今ある場所でもがき努力をしよう。

あまり好きじゃない言葉がある。

「あいつがいると皆がダメになる」

「組織の為によくない存在だ」

本当にそういうこともあるが、
排除の為に便利に使われる言葉でもある。

本当にいるだけで組織がダメになるのか。
ならば思い切って去ってもらうべき。

しかしその前に、感情抜きで能力と適性だけを見てみようと思う。
(もちろん、協調性やチームビルド力も能力だ)
それを活かせるところがあればお互いに幸せである。

肩書きや名前ではなく本質を見られるか。
感情的な部分で誰もこぼさないのではなく、
マネジメント的に活性していない人を無くすことだ。
難しいのかもしれないが、それがチームの責任だろう。

なんて偉そうに言ってはみたが、今の我が身を思えば、
そんなことをするほどの立場にはないのだ。(苦笑)

カテゴリー: クルマ, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

仕事始めとか、新年会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

仕事始めである。
毎年のことだが、明治神宮に参拝する。
体が空いている社員も本社に集合し一緒に行くのだ。

IMG_7558

明治神宮は会社から歩いて10分弱。
人の流れに身を任せてようやく本殿前へ。
IMG_7559
手水舎も正月は竹で増設。

南神門からすごい人である。
IMG_7560

なかなか本殿にたどり着かない。
IMG_7561

ようやく賽銭箱前。
皆でお参り。
世界平和を願っておいた。(ウソ)
IMG_7563
邪魔にならないところに移動し記念撮影。
それにして良い天気。
初詣日和だった。

 

さて、新年恒例行事はもう一つ。
IMG_7569
そう新年会である。

昨年末で56本まで空けた黒霧島もリセットして1からスタート。。
IMG_7565
って、もう2じゃんか。

新年らしくひれ酒を頼んだら、1階だけのメニューらしい。
なんで?
IMG_7571
仕方がないので、宴会担当役員のソトヤマコーチに付き合って日本酒。

ソトヤマコーチほどではないが良い感じに酔っ払った。
IMG_7572
店を出た途端に「麻雀しよう」とのお誘い。
どう考えてもまともに牌を振れないので辞退。

さて帰るかと思ったら、「美味いハイボール行きましょう」とWさん。
IMG_7573
久しぶりに二人で飲む。

以前は一緒に動くことも多かったが、
担当部署が分かれたため飲む機会も少なくなった。
あれこれ仕事の話などをしながら、ハイボール〜ワイン。
お互い頑張りましょう。

さらにいい感じ酔っ払った仕事始め。
今年も頑張るぜ!

カテゴリー: Team REC, 仕事, 仲間 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。