月別アーカイブ: 2016年2月

生き残りとか、バッタリとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

週末、早朝から有明テニスの森へ。
IMG_9009
もうあれから1年経ったのね。

ということで、今日はビジネスパル2016東京大会である。
IMG_9023

思えば4年前。
東京大会をトントンと勝ち上がり、関東大会を薄氷の思いで通過。
福島県で開催された全国大会でも奇跡的な勝利を重ねた。
最終日には残れなかったが、あの時のメンバーは若手コーチのみ。
今の日本リーグメンバーは誰も出ていない。

次の年、前年の再現をと東京予選に臨むもあえなく玉砕。
やっぱりあれば奇跡だったのかと落胆し、有明を後にした。

そして昨年。
リベンジを誓い再挑戦。
東京大会優勝、関東大会優勝、そして北海道での全国大会は準優勝。
決勝こそ、ルネサンスさんに力負けだったが、
素晴らしいツアーだったと思う。

前年の優勝・準優勝チームには全国大会にストレートインの権利が与えられる。
ということで、今年は原点を思い出すべく、全国大会出場とは別に
新たなチームを編成した。
それが「レック興発東京」である。
DSC_1719

ご覧のように若手コーチで構成。
主将は武蔵小杉校の才門コーチである。
IMG_9014
仕切りっぷりが板についていないところが初々しくて良い。

ミーティング
IMG_9012

元気なのも今のうちかもしれないと思い、集合写真。
IMG_9016
そんなテンションで大丈夫か?キミたち。

このビジネスパル、東京大会からは2チームしか関東に行けない。
ようするに決勝に行かなければそこで終わりということだ。

出場チーム数や層の厚さから見て、どう考えても東京大会は熾烈すぎる。
東京から4チームくらい出ても良いと思うのだが、ルールはルール。
従うしかない。

今回、新チームでの出場なのでシードは無し。
第1シードのブリヂストンさんの山にスッポリ入れられてしまった。
加えて、ルネサンスさんもいるし、関東実業団4位の三井不動産さんもこちら側。
メッチャきびしいドローである。

そうこうしているうちに試合開始。
DSC_1731
円陣で気合いを入れる。

初戦、なんとか突破。
次もダブルスに掛かったが突破。
あと1回勝てば初日生き残りまで来た。

とりあえず、選手たち。

ダブルス
DSC_1752

堀尾コーチ
DSC_1790

才門コーチ
DSC_1825

この日のシングルスは山田コーチ
DSC_1933

DSC_1901
一つ落としてヒヤヒヤした。

ダブルス
DSC_1977

田中コーチ
DSC_2042

DSC_2045

渡邊コーチ
DSC_2029

DSC_1996

大道寺コーチ
DSC_2104

ベンチも選手も一丸で戦う。
DSC_2002

DSC_1785

そして3回戦も見事勝利。
いやぁ良かった。
IMG_9024
といいうことで再度集合写真。
お疲れ様!

 

さて、そんな激戦を勝ち上がり、ちょっとだけ慰労会。
IMG_9030
いちおう真面目に今日を振り返り、
反省などをしつつ来週への英気を養った。

と、店を出たところに・・・
IMG_9031
来週の対戦相手、第一シードのブリヂストンさんとバッタリ。

もちろん同じ業界なので仲良し。
「いよいよ来週だね〜」なんて感じで集合写真。
IMG_9032
お手柔らかにお願いしますね。

カテゴリー: Team REC, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Wilsonニューモデルとか、会食とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

REC全校でニューモデルラケットキャンペーン開催中である。

現在、販売トップを走っている機種がこちら。
IMG_8165

Wilson BURN95J
IMG_8168
■フェイスサイズ: 95平方インチ
■ウエイト: 289g
■バランス: 340mm
■フレーム厚 : 22mm
■ラケット長 : 27,25inch
■グリップサイズ : G2・3
■ストリングパターン : 16×20
■価格:34,000円(税抜き)

BURN95よりパワーちょい足しで、
1年生が3年生に勝つための新兵器だそうだ。

3年生もこれ使ったらどうなるのだろう?
なんて野暮は話はやめておいて、
なるほどパワーちょい足しはかなりの効果。

BURN95はそのフェイスサイズもあり正直しんどい部分もあった。
圭のイメージそのままにすごいショットが打てそうな気もするが、
そんなに世の中甘くない。

そこにこのJが登場。
IMG_8166
扱いやすさ、適度なパワーアシストで
グッと対象層が広がった感じ。

単に扱いやすいだけでなく、BURN95のしっかり感はそのまま。
しかし、振り抜きも良く、ちょい足しの弾きをしてくれる。
なるほど、上級生に勝てるとは上手いことをいうものだ。
キャンペーンでもトップセールスなのもうなずける。

そんな上手いことを言うのが、ウイルソンのこの方。
テニス界の洗脳師・・じゃない伝道師、Mさん。
錦織圭のイベントなどでもお馴染みだと思う。
IMG_8141
この写真は先日の試打会で、新しいULTRAシリーズを
「ウルトラはいる」と洗脳・・じゃないプレゼンしているところ。
さすがのプレゼンで、みんな「これはいい!」って顔をしていたっけ。

とはいえ、プレゼン云々じゃなく、今回怒涛のニューモデルリリースの
ウイルソンラケットはかなりの出来栄えである。
ぜひ手にとって打ってみることをオススメします。

 

さて、先日のこと。
竹島プロと会食。
IMG_8850

夜景のキレイな高層階。
IMG_8855

美味しい食事をいただきながら、今後のことを話した。
IMG_8848

プロとしての活動、将来のこと。
悩みややりがい、色々と腹を割って話した。

竹島プロももう20代中盤だから、若手から中堅に差し掛かる時期。
トーナメントには毎年、若手選手がどんどん参戦。
さらに戦いは熾烈であり、その中で結果を出さなけれないけない。

様々な意味で心技体のバランスのピークももうすぐだろう。
ワタクシたちとしても是非さらなる飛躍を願うところである。

人あたりはとてもソフトだが、芯の強さを持っている竹島プロ。
日本リーグという団体戦の場でもそれを強く感じた。
IMG_8854

次は亜細亜大学国際オープンテニス2016に出場予定。
http://auopen.asia-tennis.com/2016/men/index.html

まだまだいけるぜ、頑張ろう!駿朗。

カテゴリー: Team REC, テニス用品, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

借りてきた・・とか、セミナーとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

借りてきた猫・・ではなく、借りてきた犬状態のCocoさん。
IMG_7605 (1)
車に乗せられて覚えのない場所、
いつもと違う雰囲気にビビり気味。

普段は他の犬にワンワンと迫っていくのに
何を察したかやたらとおとなしい。
IMG_7603
そう、キミは今から注射を打たれるのだよ。

診察室に入る。
診察台に乗せられて観念するCocoさん。

獣医さんから「Cocoちゃん、おとなしいですね〜」と
家の中では考えらえないような評価。

家だとメッチャ抵抗する爪切りもされるがまま、
注射も素直に受け入れた。
この内弁慶振り、なんとかならないものか。

 

さて先日のこと。
朝から横浜方面へ。

新横浜駅から少し歩いてここへ。
IMG_8681
日本テニス事業協会・産業セミナーに出席するためだ。

実はこのセミナー、当初は申し込んでいなかった。
ある時、ボスに「新横、どうやっていく?」と聞かれ、
「申し込んでませんが」と答えると
「あり得ないでしょ。申し込んで」と言われ慌てて申し込み。
「どうしましょ?」と聞いた時、行けって指示なかったんだけどなぁ。

今回の基調講演は、女子プロゴルフ協会会長の小林浩美プロ。
ワタクシの世代には馴染みの深い、海外で活躍した選手である。
しかも同世代、加えて同郷だった。

初めて話を聞いたのだが、長嶋茂雄ばりの感覚ヒラメキ派のようなお方。
語り口調も擬音バリバリですごい勢いだった。
福島の元気なおばちゃんてこんな感じだなぁなんて懐かしくなったり。

一方、慶應義塾大学テニス部監督の坂井利彰氏は打って変わって理論派。
ご自身のツアー経験をもとに、選手が世界ランキング100位に入る可能性を
年齢との相関関係で示しておられた。

ワタクシもTeam RECのプロメンバーを当てはめながら
興味深く聞かせてもらった。

ランキングと出場する大会のグレードの選び方など
維持とアップのバランスはとても難しいのだなと実感。
ウチのプロメンバーも頑張って欲しい。

そして今回、この大きなセミナーの総合司会はこの方。
IMG_8689
リエゾンの石川氏

「メッチャ緊張します」と言いながら、
各講演後の質疑応答が途切れるとワタクシたちの方を見て
指名しようとするあたりは、どんでもない人である。

セミナー終了後はパーティー。
IMG_8684

偉い方ばかり。
IMG_8688
苦手なんだよなぁ、パーティー。

で、二次会。
IMG_8690
ボスと一緒に入っていったら、重鎮の方々ばかりの席だった。

おつとめを終え、すっかり解放されている石川氏。
IMG_8686
お疲れ様でした。

二次会の後は以前のように三次会に行くこともなく、
おとなしくホテルへ。
IMG_8698
部屋も広いし、Wi-Fiも飛んでるし、悪くない。

ちょっとしたことだが、気が利いていると思ったのはこれ。
IMG_8697
ホテルってコンセントが少ないのでいつも充電に困る。
こういうサービスはとてもいいと思う。

なんて感じで新横浜の夜は更けていったのだった。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ありがとう動画とか、日本リーグスナップその2とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグ・応援ありがとうビデオが完成した。

製作は高島平インドアスタッフのHクン。
全体のイメージを伝えただけで、
早いうえにいい感じに仕上げてくれる。
ありがとう。

音声付きでぜひご覧ください。

 

さて、そんな日本リーグのスナップその2である。

応援に来てくれたTeam RECスタッフ。
DSC_1210
遠くから「こっち撮ってくださ〜い!」と猛アピール。
はい、撮ったよ。

菊池玄吾プロとベンチコーチの関口プロ。
DSC_1488
なに話してんのかな。
この時は反対側にいたので分からなかった。
残念。

竹島プロのベンチコーチにはボス。
DSC_1383
「奥さん元気か?」とか言ってるんだと思う。

竹島プロはTeam RECタオルを使用。
DSC_1314
これは関東大会の際に作ったもの。
先月、バスタオルタイプが出来ていたのだが、渡すの忘れてた。
ごめん、今度渡すよ。

関口プロのラケット。
DSC_2587
HEAD PRESTIGE S
が、ワンオフの関口仕様なので、実はSではない。
たしか0,3インチロング。

ケアを受ける菊池プロ。
DSC_1340
荏原トレーナーの役割はとても大きい。
来シーズンもよろしくお願いします。

決勝トーナメントでも出現!
エアラリーおじさん。
DSC_2462

選手の後ろでエアラリーをする。
DSC_1180
「いいイメトレになったぜ」

エアーでは飽き足らず、選手をつかまえてボレーボレー。
DSC_1182
とても楽しんでおられたようだ。
井原主将、付き合わなくていいんだよ。(苦笑)

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

美味しとか、自分でとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

たまには仕事もする。
(たまにかいっ?)

先日はメーカーさんの展示会で品川某所へ。
その帰り、スポーツクリエイトさんのオフィスを表敬訪問。
いいなぁ、広くて。
デスクひとつ使わせてもらえませんか。

気づけば、外も暗くなりはじめたいい頃合い。
いつも飲み歩いているわけではないと言いながらも
スポーツクリエイトさんの行きつけのお店へ。
IMG_8382

シチュー、めっちゃ美味し。
IMG_8380
いい店あるなぁ、品川。

 

さて、腕時計である。
ウイルソンの取り扱い元のアメアスポーツジャパンさんが取り扱う
SUUNTO(スント)ブランドの時計である。
IMG_8394

で、なぜかVOLKLとのダブルネーム。
IMG_8393
以前、フォルクルにいたK女史に売りつけられた・・・
いや、購入させていただいたものである。

久しぶりに見たら、電池が切れていた。
うーん、電池交換てけっこう高いんだよねぇ。
なんて思いながら裏蓋を見たら、
自分で開けられそうな雰囲気。

ネットで検索したら自分で交換してる人も多かった。
ならばと、「自分のことは自分でやる」
と育てられた本領を発揮することに。

まずは電池購入。
Amazonで調べたら「SUUNTO交換電池キット」なるものがあった。
どうやらパッキンなどもセットになっているらしく、2,000円近くする。
ここまではいらないやってことで、電池だけ購入することに。
IMG_8400
300円しなかった。
ラッキー。

ということで早速交換作業へ。

まずは10円玉で裏蓋を外す。
IMG_8396

グリっと回し、精密ドライバーでパカっと外す。
IMG_8397

いちおう周辺を掃除。
IMG_8398
あまり汚れてなかった。

電池挿入。
IMG_8401

あ、時間の合わせ方、知らない。
これもネットで検索。
IMG_8402
無事に完了。

時計屋さんに出せばおそらく数千円&数週間。
SUUNTO交換キットでも2,000円。
汎用品の電池なら300円弱。
便利な時代になったものだ。

ラッキーだぜ。

カテゴリー: , 時計, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

乱入とか、スナップその1とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ソファでくつろぐ、Cooさん、Cocoさん。
IMG_8389
なぜか電車のように連なっている。
まったり幸せな時間。

・・・に、強引に加わる13歳児。
IMG_8391
迷惑そうなCocoさん、我関せずのCooさん。
これも幸せな時間である。

 

さて、祭りの後な気分の日本リーグだが、
Team REC-PROメンバーはすでに次の試合、京都に入っている。
まだ予選だが、皆頑張って欲しい。

ということで、日本リーグのこぼれた写真などを。

前日練習日、ワタクシはレック本社から荷物を積んで会場入り。
IMG_8435
お約束のTeam RECのマグネットステッカー。

人が乗り切らないほどに荷物満載。
IMG_8436
応援グッズやらプレゼントやら。

最初に会場に入った時のショット。
IMG_8442
興奮するとともに気持ちが引き締まる。

引き締まっていない男。
IMG_8570
駿朗なりのリラックス方法なのかも。(そうかなぁ)

そしてフィジカルケア。
IMG_8464
プレー時の関節の可動域が明確に変わるそうだ。
今回もワタクシはケアしてもらう機会を逃した。
いつか絶対に診てもらうおうと企んでいる。

周一は花粉症&微妙に風邪らしい。
IMG_8447
「コンビニで買い出しするよ」とLINEで流したら
「ティッシュお願いします!」と速攻でリクエストが来た。
鼻セレブに「完璧です!」と喜んでいた。

アリーナのコート後方はこんな感じ。
IMG_8446
端の方は客席が張り出していてちょっと暗い。

竹島プロのラケット。
IMG_8467
ストリングはたしかトニックプラスとブラストのハイブリッド。

3時9時にウエイトが貼ってある。
IMG_8468
菊池玄吾プロはフレーム内側全周に貼ってあった。

公式練習。
IMG_8499
誰がどうアップしているかでオーダーがある程度分かってしまうのね。
お互い様だけど。

「お客さん、少ないよ」と聞いていたが、そんなことも無かった。
IMG_8600
JTAの方に聞いたら、やはり増えているらしい。
ありがたいことである。

ミーティング。
IMG_8603
手近なところがとても暗いので、
毎回「明るいところでやりましょう」と提案。
写真も動画も厳しいのよ。

そんな感じの序盤戦。

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, , 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

京都とか、社員コンペとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

日本リーグを終え、Team RECのプロメンバーは京都へ。
京都チャレンジャー(全日本室内選手権)のためである。

昨日は予選決勝が行われ、関口周一プロと竹島駿朗プロが対戦。
ここでTeam REC同士の戦いはもったいない気もするが、
そこは勝負、仕方ない。

予選決勝前夜の竹島プロ。
「明日も頑張ります!周一ですけど(笑)」

勝負は、6-1 6-4で関口周一プロに軍配が上がった。

関口プロのコメント。
「小野田選手に61/64,奥選手に61/62,竹島選手に61/64で勝ち、本戦に上がりました。
本戦1回戦は火曜日にオーストラリアのSavilleと対戦です。
過去3戦全敗なのでリベンジできるように頑張ります。」

ちなみに竹島プロもダブルスで本戦インを果たした。
初戦から第1シードとの対戦だが。思い切り暴れて欲しい。

両プロとも今日は試合は無い。
決戦は火曜日。
頑張れよ!

 

さて、ゴルフである。

毎年この時期に社員ゴルフコンペがある。
IMG_8237

会場は西武園ゴルフクラブ。
実は先々週、DRKさんに誘われてラウンドしている。
強引に誘われて付き合ってあげたのだが、
どうやら練習ラウンドだったらしい。
(そんなに本気なのか・・・)

先々週も寒くて霜で真っ白だったが、
この時は霜こそ降りていないが、
時折、雪が降るバッドコンディション。
やっぱり寒いよ、埼玉。

なんて、文句を言っても始まらない。
そうこうしているうちにミーティング。
IMG_8238
ルールなどが説明される。

そしてワタクシたちのグループはボスから、
「ヘビリンピックで勝負ね」と強引なお達し。
実はこのルール、よくわからないのだが、
とにかくスリーパットをしなければ良いらしい。

始球式。
IMG_8244
この寒いのにナイスショットなボス。
さすがです。

スタート!
とりあえずティーショットはいい感じに飛んだ。
寒いし、体も動きにくいスタートホールも何とかクリア。
いい予感が・・

安定のボス
IMG_8247

浮き沈みは激しいが上手いナオキさん。
IMG_8246

若手で一番上手いんじゃないだろうかのホリオコーチ。
IMG_8245
まあ、飛ぶし、フォームがカッコイイ。

寒いながらも、何とか無事にラウンド終了。
IMG_8243
しかし、みんなゴルフが好きだなぁ。
社員みんなで一緒に遊べるスポーツがあるってのはいいよね。

ラウンド後、ワタクシは所用&13歳児のテニスのお迎えがあって
風呂も入らずに失礼してしまった。

まあ、結果なんてどうでもいのだ。
何故かって?

DRKさんが優勝らしいから。
201602070808036c1
練習ラウンドに付き合わせて、自分が優勝さらっていくって・・なんて人だ。
ドライバー、折れてしまえ〜!

ちなみにワタクシ的には消化不良のラウンドだった。
スリーパットを避けるために、
徹底してグリーンダイレクトを避け、
グリーン周りにいったん落として、
アプローチでワンパット圏内を狙う作戦を取った。

堅実な作戦が功を奏して、大叩きはなかったが、
素晴らしいホールも無かった。
なんか、ゴルフの醍醐味が削がれた感じ。

快楽に逆らわず思い切り勝負をすべきか。
はたまたドライバーも1打、パターも1打と割り切り、
スコアメイクを目指すか・・・うーん、ゴルフって難しいぜ。

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, 竹島駿朗プロ, 街歩き, , 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カフェとか、とうとう発売!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

コンビニのコーヒーを買うようになった。
IMG_8377
店内に豆を挽く香ばしい香りが漂いコーヒーが落ちる。

味もなかなか。
つい、隣のドーナツにも手が伸びそうに。

コンビニは専門店の領域を次々と侵食していくが、
カフェスタイルもなかなかのものだ。

やっぱり数と資本力なのかなぁ。
恐るべし。

 

さて、日本リーグから戻り、カメラを整理していたところ、異変に気付く。
接眼目当てが壊れていた。
IMG_8565

レールがパキッと折れて装着不能に。
IMG_8564

バッグから出し入れする時に引っかかったりして折れたのだろう。
このパーツ、壊れたり無くしたりが本当に多い。
高価なパーツではないが、ちょっとツラい。

もう少し丈夫に簡単に取れないようにならないものか。
頼みます、Nikonさん。

 

そしてとうとうD300Sの後継機が発売になる。
nd5
D500

D300s以降、DX機上級機種の開発をやめてしまったかと思うほどに新機種が出ず、
FX機に移行するにも、素人カメラマンではレンズを買い換えるわけにもいかず
どうすれば良いの?という状態だったが、満を持しての発表である。

現在使用中のDXシリーズ中級機種のD7100も明るくて
スナップショット的な使い方には良いのだけど、
フォーカスが遅すぎて、正直スポーツ撮影にはダメダメ。
特に室内での撮影はストレス溜まりまくり。
IMG_8503
結局、古い方のD300sを多用という状況。

ところが最近、ボディ内部から「チン!」という
電子音ではない昭和チックな不思議な音がする。
まさか壊れる前兆?と思っていたが、
それもD500の登場で安心である。

と、言いつつ「買えればね」というところは全くクリアされていない。
4月発売だが、予約殺到でしばらくは手元に来ないらしいし、
そもそも実勢価格20万円のカメラをポンと買えるわけもなく・・
まあ、レビューなどを眺めて楽しむことにしよう。

何にしてもDX機のフラッグシップモデルの発売は嬉しい限りだ。
ありがとう、Nikonさん。

カテゴリー: カメラ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ゲット!とか、チームとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

レック本社・保険担当のハッシーからクラブをもらった。
IMG_8430

「使います?」

「何?」

「ゼクシオのドライバーとオノフのフェアウェイウッドです。
シャフトはグラファイトデザインです」

「使う。ちょうだい」

ティーショットが右に出にくい、
ワタクシにとってはお助けドライバーのゼクシオ。
ただ飛距離は落ちた。

多少飛距離は落ちても、2打目が良い場所から打てるので
スコア的には大たたきは無くなった。
が、やはり少しでも遠くへとの思いはある。

今のゼクシオの10.5度から9.5度になると
多少変わるのかなとの思いもあり、もらうことに。

「どうしたの?これ」

「お客さんからいただいたんで」

「ハッシーは使わないの?」

「ボクは新品をもらったんで」

すごいお客様抱えてるのね。
ありがとう。

ちなみに近々のラウンド予定はない。
休みに練習場でも行ってみよう。

 

さて、そんなわけで、Team RECの今シーズンは終わった。

最後はサインボールの打ちこみ。
DSC_8697
玄吾、投げてるけど。
こんな企画もあるのね。

表彰式。
DSC_1679

全順位で表彰されるらしい。
DSC_1688

全国5位は立派だよね。
DSC_1708

初めての関東大会、全国大会からの日本リーグ。
分からないことも多く、それそれに色んなことがあったけど
最終ステージでたくさんの皆さんに応援頂けたことは
選手はもちろん、ワタクシたちサポートスタッフとしても
本当にうれしかった。
IMG_8550

社員もスタッフさんもお客様もテニスファンの方も、
関わってくださる方、皆さんがチーム。
Team RECが目指したのはそこである。

プロ選手もコーチ選手もTeam RECの看板を背負って同じ思いで戦う。
日本リーグだけでなく、選手活動もTeam RECとして戦ってもらう。
それを私たちもお客様も応援をする。

だから、Team RECは日本リーグだけで終わりではない。
チームは続く。
それぞれの場所で戦う。頑張る。
そしてまた集まる。
それが目指すところである。

プロ選手たちはツアーへ、コーチたちはスクールへ。
それぞれの場所に戻った。
DSC_2823
ワタクシたちも通常業務へ戻った。
(飲み屋じゃないよ)

まだまだ整えることもあることが見えた。
きっともっと良くなる。
そして強くなろう。
ありがとうございました。

カテゴリー: Team REC, ゴルフ, 仕事, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ブログ移転とか、飲み歩きとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先日、竹島駿朗プロからメール。

「ブログをリニューアルするので、
ボクのプレー中の写真を送ってもらえますか」

「1枚500円な」

などとおどしたりはせず、数枚送った。
その後、新しいブログが出来た様子もなく日が経った。

と、一昨日、ブログ発見。
takeshimablog
http://tennis.jp/shunrou-takeshima/

そういえば、TENNIS.jp代表も吉川さんが
「駿朗くんのブログも移ってきます」って言ってたっけ。
おそらくたまにしか更新しないと思うけど、
ぜひアクセスしてあげてください。

 

さて、もう何だか色んなことがありすぎて
このブログも時間軸がメチャクチャになってきた。

とりあえず、そんなこともあったねということを書き留めておこう。

ボスととある場所へ視察&調査に。

「高いビルがないぞ、ここ」
「音が無いよ。音が」

と切り取ると意味不明にしか聞こえないことを言いつつ、
結局は空振りで南下。

乗り換えで路線が分かれる駅でちょっとだけ降りて一杯。
IMG_8214

競馬帰りのオジさんたちで賑わう店内は
ギャンブルに縁の無いワタクシには
ある種、異次元空間だった。
IMG_8212
ほろ酔いの武蔵野線は最寄りが終点駅なので
寝過ごす心配が無いのが有難い。

別の日、今度は遥々と平塚へ。

お知り合いのテニススクールさんにお邪魔して、
新しいコートサーフェースで試打をさせてもらった。

ちゃんとテニスをしたのだけど、プレー写真は無く、
プレー後のこんな写真はしっかりあった。
IMG_8215
テニスの後のビールは最高だなぁ。

そしてテニスマンらしく、
タブレットで錦織圭の全豪オープン中継を見る。
IMG_8216
いついかなる時もテニスを忘れない。
ワタクシたちはテニス業界人の鑑である。

そして最後はテニスマンらしく(意味不明)、
平塚のソウルフードだという店へ。(ホントか?)
IMG_8219

IMG_8220

アッサリとしたラーメン。
IMG_8221
ラー油を入れて食す。
いや、お酢だったかな。
酔っ払ってたからよく憶えていない。

ご機嫌で飲んだけど、平塚、メッチャ遠いぜ。
IMG_8223

ということで、東京を越えて北から南まで飲み歩いている・・・
と思わないで欲しい今日この頃なのだ。

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。