日別アーカイブ:

ビジョンとか、初戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

東京体育館のビジョンにチーム名が映し出される。
DSC_2435
感慨ひとしおである。

3人のプロ選手を擁するとはいえテニス業者のチーム。
ここまで来るための礎を築いたたくさんのスタッフの顔が浮かぶのは
ボス、そして会場に来てくれたみんなの同じ思い。
まだ入社から日も浅いワタクシの比ではないのだろう。

皆の思いをコートへ。
頑張ろう。

 

さて、いよいよ決戦である。
対戦するのは昨年の覇者、三菱電機さん。
杉田祐一プロ、仁木拓人プロの2枚看板の強豪チーム。
昨年の続いての連覇を阻止したいところだ。
DSC_2483

試合はシングルス2、シングルス1、ダブルスの順で行われ、
2勝したチームの勝利である。

まずは勝って勢いをつけたいシングルス2。
Team REC・菊池玄吾選手と三菱電機・仁木拓人選手の対戦。
DSC_1226
頑張れ!玄吾。

ベンチには梅田コーチ。
DSC_2494
梅田コーチの存在はとても大きい。
もちろんここまでは試合にも出場していた。

試合はTeam RECのいきなりのサービスダウンから始まった。
DSC_1234

悪い予感。
なかなかブレークバック出来ない。
そして仁木選手のショットが冴える。
DSC_2523
強い。

なかなか崩せない。
DSC_2505

そして徐々に追い込まれる。
DSC_1273

応援団も必死の後押し。
DSC_2503

しかし戦況は変わらなかった。
DSC_2545

菊池選手、ストレートで敗退である。
DSC_2547
さすがに強いね、二木選手。
王手をかけられてしまった。

 

起死回生をかけてシングルス1。
Team REC・関口周一選手、三菱電機・杉田祐一選手である。
DSC_2557
杉田選手は日本を代表するプレーヤー。
デ杯でも活躍しているし、先の全豪オープンでも
予選を勝ち上がって本戦に入っている強豪選手だ。

何度か対戦をしたことはあるようだが、
最近の対戦は無いそうで、戦況の予想はつかない。
DSC_2570

試合は関口選手のペースで進む。
DSC_2601

なんとファーストセットは6-1で関口選手。
DSC_2627

盛り上がる応援団。
DSC_2619

そしてセカンドセット。
ファーストゲームでいきなりブレークを許してしまう。
DSC_2658

少しずつ過杉田選手のペースが上がってくる。
DSC_2690

セカンドセットは杉田選手。
ファイナルセットへ。
そして一気に畳み掛ける杉田選手。

関口選手も必死に挽回を試みるが、
もう少しのところで流れを変えることが出来ない。

ファイアルセットは杉田選手が取り、Team RECは敗退した。
決勝はトーナメント形式なので、基本的にはここでおしまいである。

とはいえ、そこはチーム戦。
まだダブルスもある。
そして明日の順位戦も。
何より応援してくれる皆さんがいる。
最後まで全力で戦おう。

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。