日別アーカイブ:

動画とか、勝利とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Team REC情報はFacebookページで速報を打つのだが、
今回は動画を入れてみたりした。

練習風景やオフコートの様子なども実験的にアップ。
撮ってそのままアップしているので若干粗いけど
臨場感もあって面白いかも。

TeamrecFB
Team REC Facebook

ぜひごらんください。

 

さて、日本リーグ・決勝トーナメント2日目。
ワタクシたちTeam RECは5位決定戦に臨んだ。

対戦するは、明治安田生命さん。
東京1部で対戦し、関東リーグの決勝で対戦し、
全国リーグの決勝でも対戦という縁深いチーム。

お互いに「もういいんじゃない」と
思っている可能性大じゃないかと思うのだが、
そこはドローなので頑張るのみ。
IMG_8618

今シーズン最後の円陣。
IMG_8622

ということで、シングルス2は竹島駿朗選手。
DSC_8663
シングルスもダブルスも器用にこなすマルチプレーヤー。
安定感抜群なのが心強い選手である。

竹島選手ペースで試合は進み、
徐々に相手を追い詰めていく。
DSC_8655

要所でキッチリとビッグショットを決めガッツポーズ。
DSC_8628
6-1 6-2で勝利。
まずは1勝、王手である。

 

続いてシングルス1 菊池玄吾選手。
今回は微熱があるという関口周一プロを下げ、
菊池プロが1で出場である。
IMG_8635
対戦相手は綿貫プロ。
広島での全国リーグ決勝のカードの再現だ。

ファーストセットは7-5で菊池プロ。
DSC_1523

セカンドセットは6-3で綿貫プロ。
DSC_1534

ベンチコーチは関口プロ。
DSC_1486
何話してんだろうね。

どちらに転んでもおかしくない展開でのファイナルセット。
菊池玄吾プロが6-2で押し切った。
DSC_1531
これでチームの勝利が決まった。

 

そして最終マッチはダブルス。
井原力選手・佐藤一平選手のペア。
DSC_1544
ここまでチームを引っ張ってきた主将の登場である。

ファーストセット、競りに競って4-6で落とす。
DSC_1620

DSC_1589

ベンチコーチは関口プロ。
DSC_1541

なんとか挽回を図るべく必死の攻防。
DSC_1607

DSC_1670
しかし、セカンドセット6-7で惜敗。
うーん、残念。
東京体育館で勝ち星を挙げさせたかった。

これでTeam RECは5位となった。
初出場にしては立派なのか、足りないのか
それもよく分からないが、全試合を終えた。
最後は勝って終われたからよしとしよう。

みんな、お疲れ様!
フゥ・・・

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。