日別アーカイブ:

とうとうとか、同士討ちとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

とうとうアイツがやってきた。

数日前、突然のくしゃみと鼻水。
加えて鼻の奥が腫れぼったい感じ。

こりゃ風邪ひいたかなと思い、妻に相談。

「これ飲んでごらん」

「何?これ」

「花粉症の薬だよ」

「花粉症じゃないんだよ」

「いいから飲んでみて。効いたら花粉症だから」

飲んでみた。
見事に鼻水が止まった。

マジか。
とうとう来たのか?
今まで他人事だったけど、かなりツライぞ、これ。

他にもちょっと気になることもあるし、
なんか、色んなことが起こり始めたな。
まずいぞ。

生活改善しないとな。
まずは休みはちゃんと休もう。
いや、休みのない生活を変えよう。

楽しいからって休まないのはダメ。
人生にはメリハリが必要だ。
何もしない日もつくろう。
ホント、ちゃんとしよう。

 

さて、そんなわけで2週間ぶりに、明日は休みだぜと
帰宅後、ひと息ついて、PCに向かう。
その時点で仕事してるじゃんて話もあるけど。

そこに亜細亜大学国際オープンの出場中のTeam RECメンバーの情報。
菊池・竹島のダブルスは負けてしまったが、
雨で順延になった試合が土曜日になり、
菊池玄吾プロ、関口周一プロが出場とのこと。

これはさすがに「I’m OFF!」なんてわけにはいかない。
正直、会場の亜細亜大学・日の出キャンパスはめっちゃ遠いが
休日を返上して会場へ向かうことに。

ということで準々決勝。

関口プロは吉備プロと対戦。
最近の対戦も五分五分。
どっちに転ぶかわからない。
DSC_3765

序盤から攻める関口プロ。
DSC_3749

セカンドでは若干もつれかけたものの
要所をきっちり締める。
DSC_3812

ストレートで勝利、準決勝進出を決めた。
DSC_3825

準決勝は隣のコートの菊池プロ、仁木プロの勝者とである。
DSC_3849

一方、菊池プロは仁木プロと対戦。
実はこれまで一度も勝ったことのない相手。

ファーストセット、粘りに粘り、タイブレークでもぎ取る。
セカンドセットも我慢、踏ん張り、持てる力を総動員。
熾烈な戦いを制し、勝利である。
DSC_3915

「仁木さんに初勝利っす。日本リーグで勝てなくてすみません」と菊池プロ。
いやいや、良かったよ。
いつもよりガシャリも減ってたし、ひとかわむけたかな。
DSC_3920

試合を見ていた関口プロ。
「ひゃ〜、玄吾とかぁ!」と消えていった。
菊池プロも「周一っす。勝ちます!」と気合十分。

そして準決勝。
ああ、どっちも勝たせたい。
無理だけど。

DSC_4158

DSC_4084

DSC_4175

DSC_4205

そして試合は、7-6 6-1で菊池プロが制した。
昨年のグアムフューチャーズ以来の決勝進出である。

こうなったら優勝だ。
行け!玄吾!

しかしまあ、西多摩は遠くて寒い。
ホント、ツラかったぜ。

カテゴリー: Team REC, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。