日別アーカイブ:

シングルスとか、ダブルスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

JAPAN FUTURESシリーズも2週目に入った。
次なる舞台は・・
三菱電機・早稲田大学フューチャーズ国際トーナメント2016。
(長いな)

初日は行けなかったが、
関口プロ、菊池プロともに初戦を突破したとのこと。
昨日、高島平インドアテニスクラブからレックテニススクール府中への
移動途中に会場に寄ることに。

早稲田大学のコートは初めて行ったが、
西武新宿線の東伏見駅から少し歩いたところにある。
12832305_1541689022828161_6150043162877548793_n
こんな感じなのね。
鈴木貴男プロ、関口周一プロなど、
多くのプロが練習拠点にもしている場所である。
プロと練習出来るのも早稲田の強さなのだろうなぁ。

この日は、菊池プロのシングルス2回戦が予定されている。
コートでは1試合目、吉備選手と片山選手の試合が行われていた。
10271579_1541689029494827_7946387948160874554_n
片山選手をサポートするスポーツクリエイトのT島さんと観戦。
残念ながら片山選手は敗れてしまった。

選手の控えスペースのインドアコートへ。
一面をラウンジに、隣をアップ用のコートにしていた。
12871452_1541689046161492_994336046092338189_n
「いやぁ、やられた。あんだけやられるとスカッとするわ」
とは片山選手の弁。

関口プロは2試合後なので、まだリラックスモード。
10245398_1541689056161491_1405515325614245806_n
後ろのほうでは仁木選手は子供とラリーをしていた。
カワイイ。

ということで、菊池プロの試合が始まった。
10001493_1541689076161489_426467392631456943_n

相手は福田選手だ。
DSC_4825

ファーストセット。
互いにワンブレークずつのイーブンの展開。
DSC_4861

菊池プロも突き放しにかかるが、均衡状態が続く。
DSC_4868

DSC_4889

ようやく菊池プロがセットを取る。
DSC_4886

セカンドセット。
菊池プロペースで進むかと思いきや、
しきりに腰の横を気にしてストレッチをする。
そしてついにメディカルタイムアウトを要求。
DSC_4856
大丈夫か?玄吾。

セカンドセットも均衡状態で試合は進む。
DSC_4909

 

勝負どころで菊池プロがビッグショットを連発。
DSC_4918

試合を制した。
DSC_4928

良かった。
DSC_4934
亜細亜フューチャーズは予選から決勝まで
9試合戦ったから疲れもあるだろうが、
このシリーズはまだ先は長い。
しっかりポイントを稼いで欲しい。

試合後、ベンチにやってきた菊池プロ。
「明日は試合は無いのでしっかりケアします。大丈夫です」とのこと。
頑張れ!

 

さて、続いて登場は関口プロ。
DSC_4953
吉備選手とのダブルスである。

相手は早稲田大学生、松崎選手・河野選手のペア。
12523208_1541738816156515_7791713132946957214_n

試合は序盤から学生ペアペース。
若さというか勢いがすごい。
防戦模様の展開である。
10470193_1541738829489847_2986749341193444966_n

DSC_4972
結局、ファーストセットは早稲田ペア。

セカンドセットも学生ペアのペース。
気づけばマッチポイントに。
DSC_4959

DSC_4968

が、ここからプロの意地で怒涛のまくり。
ファイナルセット、スーパータイブレークに。
DSC_4956
しかし最後にポイントを制したのは学生ペアだった。

残念。
しかし、関口選手、吉備選手ともにシングルスは勝ち上がっている。
こうなったらシングルスで優勝しよう。
関口プロのシングルス2回戦は今日、2試合目だ。
頑張れ!

カテゴリー: Team REC, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。