高嶺の・・とか、会食とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

とあるメーカーさんの展示会の帰り、
会場の隣にランボルギーニが飾ってあった。
IMG_7865

IMG_7866

IMG_7867

ワタクシたちの世代にとって
ランボルギーニといえばカウンタック。
スーパーカーブームの代表的な車種である。

その近未来的なフォルムに子供達は憧れ、
スーパーカーショーはカメラを持った子供達で
いつも満員御礼だった。

時を経ても、ランボルギーニはやはり攻撃的だった。
おそろしく低い車高。
ガソリンスタンドから車道に出るのもひと苦労だろう。

IMG_7871

IMG_7870

IMG_7869

IMG_7868

IMG_7873

値段は見なかったが、天文学的な数字なのだろう。
ランボルギーニには一生縁がなさそうだ。

そうえば、レクサスからLXが発売になっていたんだっけ。
lslx
やっぱりいいね。

内装もひときわ豪華。
5,7Lエンジンで377馬力。
燃費はカタログ表記で6,7km/Lだから
実走行だと5km/L切るんじゃないかな。

で、いくらなの?と価格表を見たら・・
なんと、なんとの、1,100万円!

とてもじゃないが、これも一生縁がないね。
そもそもこういう車に乗る人は
高架下の駐車場なんか借りてないだろうなぁ。
(当たり前)

ランボルギーニは最初から
手の届かないところにいるからいいんだけど、
4台乗り継いできたランクルが
気づけば手の届かないところにいるのに
ちょっとショックを受けたワタクシである。
ハァァ・・・

 

さて某日。
新宿サザンタワーの料亭。
IMG_9151

IMG_9152

ご一緒させていただいたのは、鈴木貴男プロ。
IMG_9153

日本リーグも終わり、アドバイザー契約ももうすぐ1年ということで
食事でもしながらざっくばらんに話をしましょうということになったのだ。

IMG_9150
ワインはボスとワタクシだけ。
貴男さんはノンアルコールの方なのだ。

貴男さん自身の活動のこと、選手として、
日本のテニス界のこと、そしてワタクシたちRECのこと等々、
色んな話をさせてもらった。

あらためてプロ意識を強く感じたひと時だった。
日本のテニス界、スポーツ界のためにも
もっと発言し、それが届くようになって欲しいと思う。
そしてこの縁を大事に、一緒に育っていければと強く感じた。

IMG_9157

今後ともよろしくお願いいたします。


カテゴリー: Team REC, クルマ, テニス, 仕事, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。