月別アーカイブ: 2016年3月

見学とか、打ち上げとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

横浜研修ツアーもそろそろファイナル。
日本テニス発祥の地のテニスクラブのすぐ上にテニス博物館がある。
IMG_8824
テニスクラブ案内コースのひとつらしい。

階段を上がり、テラスから館内へ。
IMG_8825

まずは中央にこんな展示物。
IMG_8830
この年代は知らないので、ほぉ〜という程度の感想。

昔はこんなラケットでプレーしたのね。
IMG_8831

さすがに思い出のある機種ではないけど。
IMG_8834

反対側に目をやると、高校生の頃のモデルが。

KAWASAKI CARRIER
IMG_8837
誰が使ってたんだっけなぁ。
アライくんだったかな。

MaterStroke
IMG_8836
女子部員が使ってたな。

他にもジャッククレーマーやマックスプライなど懐かしい機種が多数。
歴史的な価値は別として、このあたりが楽しいね。

そしてこちら。
IMG_8832
ラケットはある程度保存しておいたが、消耗品のボールは盲点。

Mt.Fuji(マウントフジ)、懐かしい!
IMG_8833 (1)
テニスを始めた頃はほとんどマウントフジだったっけ。

ちなみに最初に履いたシューズはゴールドスター。
もちろん、布地のラバーソールだった。
その後に、オニツカ・フォーティーで皮シューズデビュー。
以降、アディダス・トムオッカー、そしてナイキ・フォレストヒルズに落ち着いた。

なんてことを思いながら、テラスから外を見ると先ほどのテニスクラブが。
IMG_8839
やっぱり横浜は雰囲気が違うね。
またテニスが好きになった。

 

さて、そんな横浜山手を後にし、横浜駅方面へ。
IMG_8840
昔はこのあたりをフラフラしてたっけ。
懐かしい。

横浜駅に到着し解散。
・・・となるわけがない。
IMG_8842
このお二人が一緒だから。
ボス&スポーツクリエイトK社長の最強コンビと打ち上げ。

明るいうちの蕎麦屋って酔いが回るよね。
IMG_8843
2日間、大変お疲れ様でした。

この日、一緒に飲んでたリエゾンのイシカワ氏が次の日、
インフルエンザを発症し、恐怖の数日間過ごすというおまけ付きのツアーだった。
勘弁してくれよ、ホント。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

会合とか、亜細亜フューチャーズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

地味に目立たぬように生きていくことにしたところ、
一時に比べると随分と会議も減ったような気がしていた。
が、最近また社内外その他諸々、会議、会合、ミーティングが増えてきた。
IMG_8992
お声がかかるうちが華ではあるのだろうが、
本当にワタクシが必要なのかの疑問もある。

とはいえ、「パス!」というほどの力も立場もないので
お座敷が掛かればノコノコと出て行く日々。
動く限りは何とかお役に立たないとね。
頑張ります。

 

さて、土曜の夜、竹島駿朗プロからメール。
「亜細亜フューチャーズ予選、1回戦勝ちました。明日も頑張ります!」

そう、Team RECのプロメンバーは今週から開幕の
ジャパン・フューチャーズシリーズに参戦。
最初の大会である亜細亜フューチャーズに出場しているのだ。

今大会は関口周一プロが本戦から。
菊池玄吾プロ、竹島駿朗プロは予選からの出場である。
鈴木貴男プロは全日本室内で痛めた足が完治していないため
今回はエントリーしていない。

週明けからのスケジュールを確認すると、
フューチャーズに行けるように調整していたはずが
ジワジワと予定が入ってきて、結局一日も空いていなかった。

ならば今日しかチャンスはないと急遽会場へ。
しかし遠いね、西多摩郡。

会場着。
12814715_1536526956677701_3257183789045069929_n
初々しい学生さんに案内され受付。

この大会は協賛もさせていただいているので
スポンサータグになるらしい。
IMG_9204
かなり初々しいスポンサータグ。

1昨年の穂積プロの試合依頼だろうか。
12802849_1536526986677698_5805767002476796725_n

 

コートでは菊池プロが試合中。
12814127_1536526973344366_2750525003551559901_n

ファーストセットを取り、押し気味に試合を進めている。
DSC_2332

DSC_2324

DSC_2312

DSC_2317
ストレートで押し切って勝利。

良い展開の勝ち方だったように見えた。
12800395_1536528483344215_6075605603817171426_n
いい笑顔である。
お疲れ!

 

そして次に登場は竹島駿朗プロ。
DSC_2335
緊張感が無いわけではなく、こういう顔なのだ。

試合開始。
DSC_2368


DSC_2525

正確なショットで徐々に相手を追い詰める。

後半は駿朗劇場。
DSC_2554
最後は竹島プロらしいアングルボレーでゲームセット。

見事な試合運びだった。
DSC_2558

お疲れ様!
DSC_2563

明日は予選決勝。
ふたりとも頑張れよ!

帰りがけ、関口プロにあった。
12814228_1536556046674792_1000940590040049804_n
「パーマかけました。ちょっと強すぎました」とのこと。
たしかに・・・・
本戦、頑張れ!

カテゴリー: Team REC, 仕事, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

受賞とか、発祥の地とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

先の日本リーグで菊池玄吾プロが優秀選手賞を受賞。
IMG_8847
出場数、勝率などが評価されたらしい。
おめでとう、玄吾。

もうすぐ国内フューチャーズシーリーズが始まる。
ツアーでの結果も楽しみである。
頑張れ!

 

さて、いつか行きたいと思っていた。

テニスに出会い、テニスに携わってここまで来た。
そのテニスの日本での発祥の地が横浜山手にある。

外人墓地を右に見て、フェリス女学院前から奥に進むと
そのテニスクラブがある。
IMG_8786

横浜インターナショナル・テニスコミュニティ
IMG_8787

駐車場から細い通路を降りるとそこにテニスコート。
IMG_8796

クレーコート、そしてラインがテープではなく石灰で描いてある。
IMG_8823
有名な職人のコートキーパーさんが毎朝書くそうだ。

クラブハウスエントランスには歴史を感じるプレート。
IMG_8797

IMG_8798

クラブハウス内。
IMG_8799

IMG_8800

IMG_8801
決して華美ではない歴史の空気がある。

スタッフの方がクラブの活動などをレクチャーしてくださった。
IMG_8810

皇族の方もプレーされたというコート。
IMG_8807
ここで歓談などされたのだろうか。

クラブハウス裏のヒマラヤスギ。
IMG_8813
日本に最初に入ってきたものだそうだ。

そのヒマラヤスギの松ぼっくり。(杉ボックリ)をお土産にいただいた。
IMG_8811

ワタクシたちのようなテニススクールもあれば、公営コートもある。
そしてこんなテニスの世界もある。
IMG_8818
勉強になりました。
来れてよかった。

カテゴリー: Team REC, テニス, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ありがとうございましたとか、予約とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

レックテニススクール春日部へ。
IMG_9053

2月末日をもって閉店した春日部西武とともに
レックテニススクール春日部も閉校となった。
IMG_9052
30年の歴史に幕がおりたわけだ。

西武さんと最後の打ち合わせを終え、コートへ。
ボスと本澤支配人と記念撮影。
IMG_9055
ここはボスの最後の現場でもあったそうだ。
コートを見回しながら「やっぱり寂しいね」と。

ワタクシはこれまでも何度かスクール閉鎖には立ち会ったが、
やはり寂しいものがある。
長らく通ってくださったお客様、関わってくださった皆様、
ありがとうございました。

 

さて、iPhoneの調子が悪い。

バッテリーが40%残っているのに電源落ちまくり。
再起動しようとしても、充電してねサインが出て起動不可。
仕方がないので充電すると一瞬で40%充電状態に戻る。

おそらくバッテリーの劣化。
何年使ったっけ?
そろそろなのかな。

とはいえ、新機種も出ていないし、今はその時ではない。
appleのサポートページで調べてみたら、
今年の年末までAppleCareが有効。
もしバッテリー不具合なら無償交換である。

ならばApple StoreのGenius Barへということなのだが、
行ける時間が読めない。
そもそも今週は休みそのものが無い。

Wさんによれば、
「予約なしで行って、すごく困っている態度をすればOK」
だそう。(ホントか?)

隙をついて渋谷のApple Storeへ。
IMG_9063
Genius Barにあがる。

「予約してないんですが」と言うと、
とても親切そうなスタッフが笑顔で「こちらへどうぞ」と言う。
お、これはいけるかも。

「どうされましたか?」
「バッテリーが残っているのにやたらと電源が落ちるんです」
「なるほど、バッテリーですね」

困った顔をつくるワタクシ。
満面の笑顔のスタッフさん。
「ご予約のお客様からになってしまいますので、2時間ほどお待ちいただけますか」

待てるかぁ!
「そうですよね。予約して出直します」と店を後にした。
さすが渋谷だぜ。

次の日、銀座方面で商談があった。
IMG_9070
銀座といえばこのカットね。

そういえば、銀座のApple Storeはどうだろうと覗いてみる。

1階はあまり人がいない。
4階のGenius Barへ。
おっ、渋谷より空いてる。

ここにも笑顔のスタッフさん。
「どうされましたか?」
「バッテリーが残っているのにやたらと電源が落ちるんです」
「なるほど、バッテリーですね」

笑顔継続で、
「ご予約のお客様からになってしまいますので、1時間半ほどお待ちいただけますか」

30分も短縮出来たぜ・・・って、無理だ、やっぱり。
「1時間半は待てないので」と言うと、親切に予約アプリの説明をしてくれた。

うーん、どうしたものか。
仕方ない、予約するかぁ。
(最初から予約しろよ)

カテゴリー: テニス, 仕事, 携帯電話 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

仲間とか、中華とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

春節ってことで中国からヤツが帰って来た。
IMG_8432
大学時代の後輩である。

後輩っていっても年は一緒。
趣味嗜好もとても近く、
ヘラヘラとつるんで遊び歩いていた。

数年前から中国で働いている。
「もう働くのやめるまで中国だね、きっと」と言う。

ちなみにヤツのカミさんも大学時代の仲間。
隣の女子大生だった。
これまたよく一緒に遊び、喧嘩もした。
彼らの別れ話の立会いをさせられたこともあったっけ。

こういうアホな仲間は一生モノである。
帰国した時しか会えないのも適度な距離感でいい。

久しぶりの日本を堪能できたか?
IMG_8433

IMG_8434
あ、連れてったのスペイン料理の店だった。
ごめん。(今気づいた)

そういえば「中国遊びにしてくださいよ」って言ってたな。
行かないよ。

 

さて、日本の中国といえば、横浜中華街である。
先日の施設見学のコースに中華街での昼食が組まれていた。
IMG_8759

向かったのは満珍楼。
IMG_8755
でっかい店だなぁ。

後ろの装飾を撮ろうと思ってたら・・・
IMG_8751
邪魔っす。(笑)

中国三千年の歴史。
IMG_8746

どれも美味しかった。
IMG_8745

前日の重責から解き放たれすっかりリラックスなイシカワ氏。
IMG_8740

お腹も膨れ、バスの待つマリンタワーまで歩く。
せっかくなので是非と案内されたのがここ。
IMG_8760
関帝廟である。

関羽・関聖帝君・関帝聖君を祀っているそうだ。
ここだけじゃなくて国内外、あちこちにあるらしい。
日本の何とか神社みたいな感じなのかな。
IMG_8771

5本のお線香を購入し、順番通りにあげていく。
IMG_8773

勝負事とか商売繁盛にご利益があるとか。
IMG_8775
うーん、なんか仕事が上手くいくような気がして来たぞ。
ありがとうございました。

関帝廟を出てマリンタワーへ向かう。
IMG_8780
さっき腹一杯食べたばかりなのだが、
会長が豚まんを買ってくれた。

お腹いっぱいっすの、久しぶりの中華街。
面白いところだね。

カテゴリー: 仲間, 未分類, 街歩き, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

封印とか、見学とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

テストが近いのだそうだ。

「みんなはだいたい2週間前からテスト勉強するのね。
だからタクは4週間前からはじめるんだよ」

ふーん、子どもの頃、そんな発想なかったなぁ。

本棚
IMG_8982
漫画を読まないように自ら封印。
ガムテープの小ささに微妙な迷いが見えるのは気のせいか?

携帯
IMG_8961
ゲームをしないように封印。
って、電話かかってきたらどうするつもりなのだろう。

やっぱりワタクシ、妻どちらの気質も受け継いでいない13歳児である。

 

さて、新横浜の朝。
IMG_8700
ホテルのレストランからは富士山がキレイに見えた。

前日のセミナーから、この日は施設見学ツアー。
IMG_8702

バスに乗り込み出発。
IMG_8703

最初はあざみ野ローンテニスクラブさん。
IMG_8708
閑静な高級住宅街の中にある高級クラブ。

創業当時はまだ家も少なく山林だったらしいが、
今は住宅街のランドマーク的な存在。
IMG_8713

2回にはパーティールーム。
IMG_8715

ワインセラーもあった。
IMG_8716

すごいな。
今度ご馳走してください。
IMG_8711

このピアノも年代物らしい。
IMG_8712

IMG_8718

ウッドデッキのバーベキューサイトもあったりと
まさにクラブライフといった感じだった。

こんなクラブでテニスを楽しめたらいいなぁ。
きっと無理だけど。

会員制のテニスクラブ運営が厳しい時代ではあるけど、
やはりこういう場所はとても大事だと思う。

 

次に向かったのは、GODAIテニスカレッジさん。
IMG_8733
横浜エリアでは名門老舗スクールである。

コートではコーチ専門学校の学生さんが練習中。
IMG_8726
明日のテニス業界を担う皆さんである。
頑張ってください。

運営について説明をいただいたが、とても勉強になった。
皆、創意工夫を重ね進んでいる。
置いて行かれないように頑張らないと。

最近、情報インプットをサボっていたが、
もう少し外に向けて動くべきと反省。
日々に追われちゃイカンね。

いい刺激をいただいた見学ツアーだった。

カテゴリー: テニス, ファミリー, 仕事, 未分類 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

邪魔とか、キャリアと立場とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

自宅からメール。
IMG_0941
Cocoさんが冷蔵庫の前で寝ていて
ドアを開けられないらしい。

料理をしているといつも直下で
何か落ちてこないかと待っているCocoさん。
オープンキッチンの弱点である。

というか、奔放すぎるぞ。

 

さて、キャリアってなんだろう。
実績ってなんだろう。
立場って?
ポジションて?

キャリアは実績を出した結果かな。
ポジションはオマケだな。

結局、何をしてきたか。
何を残したか。

スーパープレー連発のスタープレーヤーがいたとする。
営業マンでもいいけど、仮にスーパースターコーチとしよう。

彼が持つクラスはどこも満員。
売上ナンバーワンだ。
会社にとっても有難いし、主要な人材である。

しかしそれはどこかで頭打ちになる。
彼のレッスンだけを高額にしたり、
人数を増やすことは出来ないから
基本的には100%がマックスだ。

では、どうする。
スーパースターを量産するのは難しいから、
スーパーとまではいかないがスターを量産する「仕組み」を作ること。

スーパースターを否定はしないけど、出て行かれた時のダメージも大きい。
だからそこまでいかずとも、近い人材を出来るだけ揃える。
リスクヘッジだ。

その揃える(育てる)仕組みが作れること。
それがスキルであり、実績であり、キャリアになっていくのだと思う。

 

最後に売れるのは自分。
それも真実。

しかしその売れる自分の要素を分解していき、
何が売れていたのかを知る。

自分にしか出来ないこと、つまりスーパースターたる自分そのものなら
それは短期的かつ限定的にしか組織には貢献出来ない。
組織としてのノウハウや財産にはならないから。

そこに何を残すことが出来るかが重要なんじゃないかと思う。
それは人材であり、チームであり、その仕組みだと思う。

「オレがオレが」で前に出ることも心意気や良しなんだろうが、
「あの人すごいね」よりも、「あの会社(チーム・組織)すごいね」
と言われるような裏方力こそをキャリアにしたい。

 

もちろん、権限委譲もパートをシェアすることも、
自分がそれを出来ることが前提だ。

やれば出来るし、いざとなればプレーヤーにもなれる。
その上で、チームビルド戦略からそれぞれにパートを振ることだ。

「あの人、自分じゃ何もしないで、人にやらせる」
「ホントは出来ないんじゃないの」
では誰も言うことを聞かないし、組織作り、仕組み作りは出来ない。
出来るプレーヤーがマネジメントを覚えたら強いと思う。

 

組織とは、誰かが抜けても、誰かが休んでも、
極端な話、誰かが死んでしまっても粛々と動き続けることが重要。

そしてそんな組織を作れる能力が実績になりキャリアになると思っている。

一人のプレーヤーに業務や権限が集中しない仕組みが大事。
もちろん要のプレーヤーは必要だが、
同時にコントローラーとしての機能も望みたい。

 

ワタクシは目指すのは、自分が抜けてもなんの問題もなく動くチームをつくること。
「じゃあ、自分の価値は?」「目的を達成した時、自分はいらないのでは?」
という逆説的な疑問も生まれるかもしれないが
それが出来上がったら、自分はさらに別のことに力を注げば良い。
それは結果的に組織としての拡張性、発展性、強みにつながる。

 

内向きの椅子取りゲームは不毛だ。
人間だから好き嫌いや様々な思惑や欲もある。
もちろん、ワタクシだって感情はある。
ただ、そこに美学はないのだよなぁ。

どんなに素晴らしく偉い人でも、いなくなればそれまで。
しかし、仕組みやノウハウ、組織、
そして少しでも良い影響を受けてくれた仲間は残る。

仕事人生ももうそんなに長くない。
ただただ、いい仕事したいな。
今いる場所の役に立つことね。
もうね・・それで良いような気がするのだ。

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。