日別アーカイブ:

発見とか、柏FU1回戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

新宿御苑近くを歩いていて発見。
IMG_9725
懐かしの歌謡曲BAR「ヤングマン」だって。
行ってみたい。

代々木ミルクホールは安いけど、
この辺は場所的に高いのかな。
飲みに行く機会が減ったね。(当社比)
まあ、健康にはいいんだけど。

 

さて、春のジャパンフューチャーズシリーズ最終戦、柏フューチャーズ。
男子本戦2日目にTeam RECメンバーが勢揃い。
しかも、上手い具合に1ラウンド目から順番に入る予定。

ワタクシも朝から会場へ。
DSC_9029
5月上旬の陽気とのこと。
最高の大会日和である。

コートでは竹島駿朗プロと菊池玄吾プロが練習中。
IMG_9735
上がってきた竹島プロと話したら、
「試合時間、遅そうです。玄吾に付き合うことなかったかも」
だって。

そうこうしているうちに試合開始の時刻。

最初に登場は鈴木貴男プロ。
DSC_8442

対戦相手は大西賢プロである。
DSC_8152
大西プロは新進気鋭の若手。
日本リーグでもお会いするが、
いつも丁寧挨拶をしてくれる好青年。

この日はコーチが来られず、一人ということで
「大変申し訳無いのですが、試合が始まったら
ビデオカメラのスイッチを押してもらえますか」
と、とても丁寧に頼まれた。

「頑張ってねというのも変だけど、いい試合を期待しています」
とコートに送り出す。

試合は大西選手ペース。
なかなかショットが安定しないのか、
鈴木プロらしからぬミスも出て、
ファーストセットは大西プロ。

セカンドセットも大西プロペースで始まり、
こりゃヤバイかも、やっぱり肘気にしてるぞと
ハラハラしながら応援。
DSC_8178

が、そこは百戦錬磨の鈴木プロ、
徐々にそして強引に自分のペースに引きずり込み、
セカンドセットを奪取。

そしてファイナルセット。
IMG_9744
リードしたところで、左太腿に違和感?
メディカルタイムアウトを取る。

大丈夫かなと心配するも、ここから一気に畳み掛け勝利。
DSC_8454

ハラハラドキドキ、そしてスリリングなプレーと、
鈴木貴男ワールド前回の故障明けの復帰戦だった。
DSC_8461

貴男さん、流石です。
IMG_9748

ちなみに貴男さんのコートは特に観客が多かった。
IMG_9743
試合も面白いもんね。

 

同じコートに続いて入場は菊池玄吾プロ。
DSC_8601
今大会は本戦からの出場である。

対戦するは予選から勝ち上がってきた森谷プロ。
DSC_8653
片手バックハンドのネットラッシャー。
最近ではめずらしいタイプの売り出し中の若手選手。
ワタクシも注目している選手である。

試合は菊池プロペースで進むも、後半はもつれ気味。
DSC_8649
こんな場面もありつつ、どっちに転んでもおかしくない展開。

しかし要所で僅かに勝った菊池プロが試合を制した。
DSC_8618

いやぁ、しんどかったね。
DSC_8716
直後、「どう?」と聞いたら「微妙っす」とのこと。
「でも勝ったから、明日までに整えます」だそうだ。
ふう、良かったぜ。

 

なんてことをしていたら、ひとつ隣のコートで
竹島駿朗プロの試合が始まった。
DSC_8801

相手は岸選手。
DSC_8826
松井選手が出場を断念したのでラッキールーザーで上がってきた。

ファーストセットは竹島プロ。
DSC_8765
いいペース、久々にポイントゲットかなと思いつつ、
一旦コートを離れ、あれこれ電話やらの仕事。

コートに戻ってみると・・ありゃ、セカンド取られてる。
DSC_8806
何しとんじゃ。

一緒に見ていたネオインドアテニススクール西新井の
サトウコーチによると、セカンドの途中から失速した感じですとのこと。

ファイナルセットも押され気味に進み、
最後まで流れを引き寄せる事が出来ずゲームセット。
DSC_8846

終了後、クラブハウスで反省会。
IMG_9750
そのまま柏駅まで送りながらさらに反省し、
次に向けての気合を入れた。

こういう時期もある。
とにかく前に進もう。

ということで、2人が2回戦に進んだTeam RECである。
今日は1日雨予報。
鈴木貴男プロは体を休められるかな。

頑張ろう、Team REC。

カテゴリー: Team REC, テニス, , 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, , 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。