日別アーカイブ:

プレースタイルとか、散歩とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

REC FESTAも無事に終わり、後片付けの最中。
サインや記念撮影を終えた両プロがダルマ落としに挑戦。
(絶対にやりたがると思ったぜ)

菊池玄吾プロ
IMG_0490
豪快にすべてをぶっ飛ばした。

竹島駿朗プロ
IMG_0492
正確に1個を打ち抜いた。

二人とも結局は失敗だったけど、それぞれの性格というか
プレースタイルそのままで面白かった。

ちなみにこの直後、ソトヤマコーチが挑戦。
見事に2枚抜きを決めた。
MVPはソトヤマコーチだった。

 

さて、毎朝の犬の散歩はワタクシの仕事。
朝のPC仕事を終え、ランニングの前か後に散歩に連れて行く。
IMG_0395

本当はもっと早い時間に連れて行きたいのだ。
出来れば、暗いうちとか。

何故かというと、他の犬を見えると吠えて大騒ぎになるから。

Cooさんだけの頃はそうでもなかったのだが、
Cocoさんが加わり、他の犬に反応するようになってから、
Cooさんも吠えるようになった。

理由は分からない。
相手の犬が唸ったり吠えたりするからかもしれない。
相手との距離はあまり関係ない気もする。

稀に吠えない時もある。
吠えない相手もいる。

Cooさんが小さい頃からよく出会った2匹のダックスには耳をたたんで寄って行く。
そして地面に腹をつけ、いいようにクンクンと匂いを嗅がれている。

数なのかなぁ。
それとも「ほら、お友達だよ」というワタクシの言葉なのか?
変に引き離そうとすると、返って騒ぎになるのか?

飼い始めた頃に、ペット博で犬のしつけ教室に参加した。
最初のテーマは「他に犬に興味を示さない」だった。
それだけ躾の中でも重要なことなのだろう。

しかし、2匹とも全然出来ていない。
犬が来れば近づきたがり、人が通れば撫でてもらおうと寄って行く。
よく言えば愛想が良いのだが、どこに向けてもまったく節操がない。

この子達には適度な距離感という概念はないのか。
ないんだろうね。

そして今日も他の犬が見えると2匹が気付く前にコースを変え、
歩く人に擦り寄っていかないようにリードを引っ張り、
落ち着かない散歩を続けるのだ。

もう少し優雅に散歩したいものである。

カテゴリー: Team REC, , 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。