キャンセルとか、決勝とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

最近は家族の時間が合うことがほとんどない。
全員が顔をあわせるのは、朝の30分ほどか、夜23時ごろだけ。

14歳児の誕生日のお祝いをしようってことになった。
特別に何かをするわけではないが、皆で食事をということ。

これが全く予定がかみ合わない。
結局、誕生日から1ヶ月先の日曜日、
しかもランチに行くことに。

とりあえず近所のホテルのレストランを予約。
長男は塾の隙間時間での合流である。

そんな日の前日。
そう、Team RECの菊池玄吾プロがITFトーナメント
昭和の森国際男子オープンの準決勝を勝ち上がった。

ということは、明日は決勝。
当たり前だけど。

そりゃ、行かないわけにはいかんでしょってことで、家族に謝罪。
「ゴメン。明日も昭和の森になった。食事は延期で。キャンセルして」

本人もあまり気にしていないようで「そうなんだ。いいよ」とのこと。
「昭和の森に行く?決勝観られるよ」と言うと、
「昼間は勉強するので」と断られた。
ああ、そうですか。

しかしうちの家族は物分りが良い。
非難コメントは無し。
そういうものだと思っているのだろう。
申し訳ないね。

次の予定が合うのはいつのことだろう。
来年の誕生日までには行こう。

 

さて、そんな昭和の森国際男子オープン決勝戦である。
前日ほどはないが、やはり暑い。

13445764_1595494850780911_5466480141440558983_n

写真だとそれほどではないが、観客もまあまあ多い。
IMG_1656
ありがたいよね、こういうの。

決勝は綿貫裕介選手と対戦。
13483240_1595574754106254_6029989143337102240_o
綿貫選手はそれほど大柄ではないが、
ボールをしばき倒すファイターである。

試合開始。
13443026_1595574874106242_1188107649052483966_o

互いに全く譲らない展開。
13483070_1595574854106244_8294980569456296636_o
長い試合になりそうな予感。

4-4から菊池選手のサービスゲーム。
ブレークポイントを握られる。

何度かの攻防の後、ブレークポイントで綿貫選手のファオが深く入る。
そしてそこにはコートの補修跡。
ボールはイレギュラーし、思わず菊池選手がミス。
ブレークされる。

そのまま綿貫選手がサービスキープ。
ファーストセットは綿貫選手の6-4。

セカンドセット。
ブレークされるもブレークバックとこれまた譲らぬ展開。
13497601_1595574897439573_4848704405559689837_o
攻める菊池選手。

これは綿貫選手のリターンが主審を直撃した直後。
13497774_1595574994106230_8083573369293311570_o
すごい音がしてメッチャ痛そうだった。
菊池選手苦笑い。

しかし要所でミス。
13502757_1595575044106225_6795209315035816019_o
ヒートアップしてきた。

そしてファーストセットのブレークポイントと同じ場所でイレギュラー。
13490577_1595575114106218_4934404917418728753_o
イライラが募る。

タイブレークに突入。
菊池選手が先行するも、綿貫選手も盛り返す。

綿貫選手のマッチポイント。
落とせばゲームセット。
綿貫選手がネット、取りきれない。

菊池選手のブレークポイント。
何度もチャンスが来るが取りきれない。
胃の痛くなるような展開が続く。

そしてとうとう菊池選手がセカンドセットをもぎ取った。
13458696_1595575130772883_2874287063675517970_o

バスルームブレークを挟みファイナルセット。
13475114_1595575370772859_2842083348524948714_o
菊池選手が一気に攻める。

対する綿貫選手は失速気味。
13442437_1595575337439529_7068896785254379726_o
どうやら痙攣が来ているらしい。

思うようにプレー出来ない綿貫選手。
攻め込む菊池選手。
そしてファイナルセットは6-0。
13458754_1595575434106186_2901061326692212503_o

菊池選手、ITFトーナメント、3度目の決勝進出で初優勝である。
13483070_1595575504106179_4886969574343071201_o

いやぁ、しびれた。
セカンドのタイブレークはどうなるかと思ったよ。
ホント、よく踏ん張ってひっくり返した。
ふうぅ・・見てる方も疲れたぜ。


カテゴリー: Team REC, ファミリー, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。