月別アーカイブ: 2016年6月

民泊とか、予選決勝とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

14歳児がつくったまんじゅう。
IMG_0929
これは高菜みたいなのが入ったバージョン。
他にもあんこバージョンもあった。

学校の体験授業で民泊体験をしたらしい。
高尾のほうの民家に泊めていただいて
色々な体験をさせてもらうものだそうだ。

最初は「微妙・・」みたいなことを言っていたが、
とても楽しかったらしく、妻にあれこれ報告していたようだ。

ちなみに体験レポートを提出するのに
まんじゅうの写真を撮り忘れたらしく焦っていたので
この写真をあげたら「助かった」と言っていた。
何でも撮っておくのも役に立つだろ?

 

さて、有明国際オープン。
日曜日は予選決勝だった。
竹島プロもここを抜ければ本戦である。

ということで、いちおう休みだったが有明へ。
IMG_1347

今日の対戦相手は松村亮太朗選手。
DSC_0814

DSC_0819
実力のある若手選手だ。

鈴木貴男プロも顔を出してくれた。
IMG_1350
「竹島の試合、じっくり観たこと無いんで」とのこと。
気にかけてもらって良かったね。

試合開始。
DSC_0872

攻めの姿勢を貫く竹島プロのペース。
DSC_0880
一気に4-1とリードする。

こりゃぁ、今日は駿朗の日かなと思ったのもつかの間、
一気に4-4まで戻される。
うーん、そう甘くはない。

ファーストセットは5-5に。
DSC_0973

DSC_0949
そして5-7で落とす。
大事なポイントでのダブルフォルトが響いたなぁ。

セカンドセットは松村選手のペース。
DSC_1078

良いショットも出るのだが、
なかなか流れを引き寄せられない竹島プロ。
DSC_1190

そして勝負どころでダブルフォルト。
DSC_1125
なんか当たりが薄いぞ。

セカンドセットはペースをつかめないままに1-6。
厳しい敗戦だった。

「サービスがだめでした」

「うん、ダメだったね。チョリってた」

「凹みます。貴男さんにサービス教えてもらいたいです」

「さっき頼んでおいた。駿朗の面倒もみてくれって」

「ホントすか。緊張しますけど」

「若手が遠慮してどうすんだって言ってたよ。同じチームなんだし」

「頑張ります」

そんな会話をし、「ダブルス頑張れよ」と別れた。

しばらくしてメール。
「ラッキールーザーで入れました!」
良かった。
このチャンスを活かすのだ。
頑張れ、駿朗!

カテゴリー: Team REC, テニス, ファミリー, 竹島駿朗プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

コインランドリーとか、有明国際オープンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

代々木の裏通り。
IMG_1119
以前、ウォーキングがてら遠回りで出勤途中に発見。

コインランドリーらしい。
それにしてはシャレた感じだなぁと思ったら、
先日、ラジオでこの店が紹介されていた。

洗濯からたたみまで請け負ってくれて
カフェも併設されている新しいタイプのコインランドリーなんだそうだ。

コインランドリーを使う機会は皆無だが、
カフェには行ってみようかな。
流行り物には乗っておこう。

 

さて週末。
いちおう休日だったのだけど、有明へ。
IMG_1310

湿度も低く、空気が心地い。
こんな日は外でビールだなぁなんて思いつつ、
目的はこちら。
IMG_1311
ITFフューチャーズトーナメント・有明国際オープンである。

軽井沢の次のこの大会、Team RECからは
菊池玄吾プロと竹島駿朗プロが出場。

鈴木貴男プロは肘の回復で大事を取り欠場。
軽井沢でベスト4だった関口周一プロは数日休んで
ウズベキスタンの大会に出場予定である。

ところでウズベキスタンてどこにあるの?
関口プロによると「空港から車でメッチャ飛ばして6時間」だとか。
プロって大変だな。

試合コートにつき、カメラの準備していているところに竹島プロ登場。
IMG_1314
コンディションは悪くないそうだ。
先週、調子の悪かったショットも修正済みだそう。
頑張れよ。

今日は予選1回戦。
対戦相手は、正林知大選手だ。
IMG_1319

試合は竹島プロペースで進み、順調にゲームを重ねていく。
13316950_1588644064799323_2920593784227577603_o

13308513_1588644008132662_7684332845424150759_o

たしかに調子は良さそう。
13323401_1588645174799212_206727696361403795_o

機を見て一気にネットに詰める作戦もかなりの成功率。
13340306_1588645818132481_2021754870955823455_o

これぞ駿朗という試合運びで一気に追い詰める。
13350314_1588644241465972_6548316542824190901_o

最後もきっちり締めて、6-2 6-2で勝利。
13340251_1588645974799132_251927231092454127_o

まずは予選決勝に駒を進めた。

ITFトーナメントは本戦で勝ち星をあげないとポイントがもらえない。
とにかく本戦へ、そしてまずは1勝したい。
昨年後半は思うようにポイントが獲れなかった時期もあったが、
徐々に良い感じになってきたように思う。
頑張れ、駿朗!

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

デジャブとか、スナップとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

デジャブを見ているのか。
IMG_0892
2日前もこの店で右端の方と一緒だったような。

この日は、「あまり長い時間はお付き合いできないのですが」と店に入っていく。
いや、誰も付き合って欲しいとは言っていないのだけど。

加えて、追加メンバーも呼ぶという暴挙に。
ネオインドア西新井に行く際は注意が必要である。

 

さて、車いすテニス国別対抗戦。
初めて観戦した車いすテニスの公式戦は新鮮な発見だらけだった。

一番は観客の多さ。
DSC_1457
国際大会の決勝だからなのだろうか。
クローズされていた上段の観客席を除けば9割がた埋まっていた。
入場無料という事を差し引いてもこれって凄い事だと思う。

立派なパンフレットに入っていた手ぬぐい。
IMG_0969
想定以上の入場者だったのか、最終日は配布していなかったようだ。

ロビーには近隣小学校の生徒さんたちが描いた応援画。
IMG_0970

フランスのエース、ウッデ選手がワタクシタチの元へ。
DSC_1322
応援団の写真を撮ってくれた。
とても気さくなナイスガイ。

ボスとチームコーチの中山さん。
DSC_1012
車いすテニスの普及・強化に尽力しておられる。

ナショナル恒例の顔パネルも登場。
DSC_1370
ウッデ選手に「三木サンノハ?(無いの?)」と聞かれていた。

永遠のテニス青年、福井プロも登場。
DSC_1329
いつもこちらの席に顔を出してくださる。
「痩せたの、病気じゃ無いのね。いや分かってるって」とイジって去って行かれた。

国枝選手の競技用椅子。
DSC_1337
スポンサーステッカーが凄いな。
F1みたい。

ウッデ選手の車椅子は一千万円オーバーだとか。
DSC_1530
まさにF1だね。

会場にウエーブが起きた。
DSC_1584
フランスチームの選手が仕掛けたらしい。
明るいチームだ。

ナショナルといえばこの方、団長も登場。
DSC_1389

国枝選手のラケットがブラックコスメだった。
DSC_1660
ステンシルもはいっていない。
契約が切れたのだろうか。
またはプロトタイプか。

各国のユニフォーム。
DSC_1695

DSC_1687
ナショナルカラーが映える。
ブラジルとアメリカがかっこよかった。

ワタクシたちの前はカメラマン席。
DSC_1710
いいレンズがズラリ。
プロだから当たり前だけど。
うらやましい。

そんな車いすテニス世界大会。
トップレベルの選手たちが集まっているだけあって
どの試合も素晴らしいものだった。

初めて競技を観戦したが、トップレベルの競技であり、
トップアスリートたちだった。
極めるってすごい。
そしてスポーツって素晴らしい。

日の丸を背負って戦う選手たちには重圧もあるのだろう。
DSC_1125

そしてそれ以上に誇りも。
DSC_1542

その通りの素晴らしい試合を見せてくれたと思う。
DSC_1719
お疲れ様でした。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

MAXとか、5年目とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

会社の裏のラーメン屋・スズキヤスオ。
ウドンみたいに太っとい麺と魚粉系のスープが特徴。

で、これが「ラうどんMAX」
IMG_0930
いわゆる全部のっけ系である。

しかしすごい量だ。
こんなの食べきれないぜ。

と思うのだが、このお二人はいつもこのメニュー。
IMG_0931
すごいパワーである。

しかも手前のDRKさんは全然太っていない。
どっか悪いのかな、きっとそうに違いない。

美味しいけど、量はいらなくなってきた今日この頃。
歳を感じる瞬間である。

 

さて、気づけば4年経っていた。
今の会社に入ってからである。

あっという間のような気もするし、
色んなことがあったような気もする。

先日の車いすテニスの帰り、
ナショナル応援仲間のコンちゃんが
「え?まだ4年なの?知らなかった」と驚いてたが、
そう、まだペエペエなのよ。
態度デカくてごめんね。

ということで、初出勤の日、何をしてたんだろうと、
画像アーカイブを見てみた。

IMG_0921
初出勤途中に撮った飲み屋の写真だった。
新宿って朝から飲めるのかと驚きの1枚である。

そして昼。
IMG_1098
近所の弁当屋のマスコット犬と友達になった。

結構な年齢らしく、ワタクシに撫でられるまま。
名前は「ムク」にした。
弁当屋のおばあちゃんが本名を教えてくれたが、
全然覚えていなくて、「ムク!」で通した。

ムクはその数ヶ月後にいなくなった。
「死んじゃったんだよ。歳だったしね」
とおばあちゃんが教えてくれた。
弁当買いがてら撫でるのが楽しみだったのに。

 

そんな感じでスタートした新生活だった。
4年経ち、仕事の内容やら責任やら色んなことが変化し、
忙しくも楽しく毎日バタバタしている。

この会社にお世話になろうと決めた時、ボスに言われた言葉、
「レックの20年後、30年後をつくるために力を貸してほしい」
それは変わらぬテーマ。
そして道半ばながら進んでいる状態。

所沢のマクドナルドでDRKさんと話したこと。
「DRKさんが望まないなら入社しない」と言うと、
「一緒にレックの未来をつくっていきたい」との答え。
それでお世話になることを決めた。

そんなスタートから5年目に突入した。
いや、単なる通過点だけど。

ここまでどれほど力になれただろうか。
何かを会社に、チームに残せたのか。
スタッフのサポート役にはなれたか。

まだまだ足りないことだらけだが、
まだまだ出来そうなこともありそうだ。

気づけば4年ということは、この先もあっという間だろう。
会社の未来をつくるためにはノンビリしてはいられない。

「楽しく真剣に」のモットーを貫きつつ、
すべきこと、決めたこと、目指すことからブレずに前に進みたい。

これまでも良かったが、きっとさらに良くなる。
皆で走っていきたい。
そんな6月。

カテゴリー: 仕事, 仲間, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ポルシェとか、1回戦とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

軽井沢フューチャーズのメインスポンサーはポルシェ。
IMG_1211

週末には試乗会も開催されるとか。
13320893_1586704791659917_6855412204707513227_o
さすが軽井沢、ポルシェも売れるんだろうね。

いつかはポルシェ・・・とは全然思わないけど、
軽井沢でテニスが出来るくらいにはなりたいな。
って、やり方次第でいくらでも出来るか。

平日の軽井沢銀座は落ち着いてていいね。
やっぱり来るなら平日だな。

関口プロは浅野屋のパンがお気に入りらしい。
「パンダパン、買ってきます」と店に入るも売っていなかった。
残念。

 

さて、そんな軽井沢フューチャーズ、初日は雨で試合は無し。
2日目からシングルスが始まった。

ワタクシが会場についた時はちょうど菊池玄吾プロが試合中。
13323475_1586688588328204_4978678836081545650_o

対戦相手は大西選手。
13305185_1586688584994871_2126908121083334168_o
期待の若手選手のひとりである。

序盤はイーブンペースだったものの
菊池プロらしくガンガン攻めまくる。
13340216_1586688611661535_3419974965114705251_o

そしてこれまた菊池プロらしく、独り言のオンパレード。
「あ~、もっと打てよぉ!」「マジかぁ!」等々。
そんなことを言いながらも試合はキッチリとストレートで勝利。

「今日は体も全然大丈夫っす。明日も勝ちます」とのこと。
13321891_1586678148329248_1907081532835837576_n
ところでキミもチャリで来てるのか?

そして関口周一プロ。
前の試合が長引いて5時前くらいに試合に入った。
13268471_1586704634993266_3751950603979863080_o
もつれたら日没サスペンデッドの可能性も。

対戦相手は岸選手。
13308719_1586724721657924_3827599894434947049_o

序盤から攻める。
13308702_1586724711657925_2453938849264004867_o
この日はフォアの逆クロスが炸裂。
着々とポイントを重ねていく。

要所でビッグショットも出て、調子は良さそう。
13308643_1586725028324560_2201730337282183130_o
グアムフューチャーズでは痙攣しまくったそうだが、
何とか大丈夫そう。

関口プロのペースで試合は進み、ストレートで勝利。
13301414_1586725021657894_6187468504267447384_o

まずは初戦クリア。
13320624_1586725134991216_2757548013197726638_o

そんなTeam RECメンバー、昨日、関口プロは2回戦勝利、
竹島・菊池プロのダブルスも初戦を勝ち上がった。

関口プロによると、
「(高地なので)ボールがぶっ飛ぶんで調整が難しい」
とのこと。
たしかにグアムから軽井沢では随分違うだろう。
しっかりアジャストして勝ち上がって欲しい。

ガンバレ!Team REC!

カテゴリー: Team REC, テニス, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ドライブとか、軽井沢会テニスコートとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

朝も早くから西へ車を走らせる。
2時間ほど走ってようやく横川SAに着いた。
IMG_1173
鮮やかな新緑。
空気もいいね。

せっかくなのでフードコートへ。
IMG_1174

真田丸もいた。
IMG_1176
観てないけど。

やっぱりこっちへ来たら蕎麦でしょ。
IMG_1175
なんかとっても普通だった・・

こういうところじゃ地の物はないのかな。
それにしてもどれも高い。
観光地プライスのようだ。

横川SAを出て軽井沢へ。
ゴルフ場銀座を横目に駅方面へ。
しかしこのゴルフ場の数はすごい。
この辺に住んでたら上手になりそう。
価格帯は知らないけど、高いの?

軽井沢銀座を抜け、奥まった道に入る。
IMG_1183

IMG_1185

軽井沢っぽい景色の中に目的地が。
いやぁ、ひとり旅は遠いぜ。

 

さて、その目的地はここ。
IMG_1186
軽井沢会テニスコート。
ロイヤルウェディング、軽井沢の恋で有名になったクラブだ。

そんな由緒あるクラブは普段は会員でないとプレー出来ないらしい。
IMG_1210
本物のセレブの方々の社交場なのかな。
一生縁ないな、きっと。

で、今週、ここでITF軽井沢フューチャーズが開催される。
IMG_1209

Team RECのプロメンバーも出場していて、
打ち合わせもあったので応援も兼ねて来てみたというわけ。

クラブハウスを挟んで左右に配されたコート。
IMG_1194

IMG_1188

その真ん中に観客席がある。
IMG_1190
落ち着いたウッド調の作りが歴史を感じさせる。

と、そこに竹島プロ。
IMG_1192
シングルスは予選決勝で負けてしまったが、
ダブルスは菊池玄吾プロと組んで本戦。
この日は試合は無く、練習日だそう。

そして関口周一プロ。
DSC_0021
黒っ!
グアム人になっていた。

この日は最終マッチにオーダーされている関口プロが
練習を終えるのを待ち、食事をしながら打ち合わせ。
IMG_1200
やっぱり試合前はパスタなのね。
あれこれ調整中だった案件も話がまとまり、ひと安心。

「どこに泊まってるの?」と聞くと駅前のホテルらしい。
選手はレンタル自転車で会場に来るらしい。
竹島プロに「中学生かよっ!」とつっこむと、
「まさにそうなんすよ」とのこと。

たしかに、関口プロ、竹島プロはツアーケース背負ってママチャリが似合いそうだ。
それよりも、菊池玄吾プロがあのキャラでママチャリ乗ってる姿を見てみたい。
たぶん一番笑えそうな気がする。

それにしても、この季節の軽井沢は気持ちがいい。
泊まりで来れば良かったなぁ。
(そんな余裕はありません)

とにかく、今日の試合頑張ろうぜ、みんな。

カテゴリー: Team REC, クルマ, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。