日別アーカイブ:

貴男さんとか、手術とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

展示会シーズンである。
昨日も今日もあちらこちらへ。

先日は鈴木貴男プロと一緒にOAKLEYへ。
朝イチで会場に入り1時間ちょっとの滞在。

IMG_1680
「じゃ、ボクこのまま四日市に行くんで」

いつも忙しい貴男さんである。
来週は香港だったかな。
気をつけて。

 

さて、新規加入のTeam REC-PROメンバー、斉藤貴史プロである。

手首の違和感のため、5〜6月は地元を離れ
東京に滞在し治療に専念。
テニスも我慢の日々だったようだ。

ちょうどその間にTeam RECのメンバーに加わったのだが、
その時は、「1~2カ月でなんとか」ということだった。
DSC_0983

そこから数週間後。
「やはり手術しないとダメでした」と衝撃の報告。

まあ、ワタクシたちの衝撃よりも
本人のショックの方が遥かに大きいことは想像に難くない。

とても真面目なキャラクターの斉藤プロ。
「契約していただいたばかりなのに、本当にすみません」とのこと。

もちろん早く復帰して欲しいが、この先も選手生活も長いわけだし、
焦って完治を遅らせるようなことがあってはならない。
「とにかく焦らず完治ね。Team RECは待ってるから大丈夫」と伝えた。

そして7月1日。
斉藤プロは手術を受けた。

次の日、メールを送ると、いつものように律儀に速攻で返信。

「時間はかかると思いますがしっかり治します。
皆様のお言葉のお陰で、パワーはめちゃくちゃに溜まっています。
復帰後は確実にジャンプアップします!」
と心強い言葉。

13567066_1044309158978498_5464160968481970427_n

数ヶ月はプレーは出来ないが、焦らず治してほしい。
焦らずといっても本人すればそんなことは無理だろうが、
選手としての先はまだまだ長いし、
きっとこの経験が後から生きてくるのだと思う。

日本リーグのタイミングも微妙かもしれないが、
他のメンバーが「まかせてください」と言っているし、
とにかくこれがTeam RECだということを発揮する良いチャンスだ。

実際、Team RECもたくさんの挫折と
絶体絶命のピンチを乗り越えてここまで来た。
斉藤プロもこの状況を乗り換えてもっと強くなるだろう。

とにかく完治を。
そして、復帰戦はワタクシとシングルスで勝負しよう。
そこに向けてワタクシも練習しておくよ。
楽しみにしてるぜ。

カテゴリー: OAKLEY, Team REC, 斉藤貴史プロ, 鈴木貴男プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。