ピークとか、プリンスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

有明フューチャーズ。
試合からあがってきた竹島駿朗プロにお客様がサインのお願い。
DSC_0795

サインを頼まれたのが、昔の試合のパンフレット。
DSC_0800
小学校時代の竹島プロである。
「田舎の子だなぁ」というと「田舎の子なんです」と返された。

実は竹島プロ、全国小学生で錦織圭が優勝した次の年のチャンピオンである。
このパンフレットを観て「お!僕の人生のピークの時ですね」だって。
こらこら、まだまだこの先にピーク来るだろ。

そんな竹島プロはITFフューチャーズのため中国に遠征中。
ラスト1名で本戦に入れたとの連絡があった。
頑張れ!

 

さて、ブランディングに力を入れているプリンスだが、
ブランドに違わぬモノづくりのメーカーでもある。

先日のブランディング説明会の後、
来季発売の新製品の説明もあった。

まずはラケット
IMG_1864

PHANTOM 100 XR-J
IMG_1867

なんとシャフトのビーム(厚み)が16,5mmというハードスペック。
ウエイトは310g。
フェイスサイズは100平方インチだが、
尻込みしそうなスペックである。

このシャフトも薄さも、テキストリームだからこそ実現できたものらしい。
IMG_1868

PHANTOM PRO 100 XR
IMG_1871
こちらは、ビームは20mm。
まあそれでもハードだけど。

特徴的なのはパラレルポートグロメット。
通常、グロメットホールはフレームに対して垂直に穴が空いているのだが
このパラレルポートはストリングの通る方向に平行に空いているため、
ストリングの可動域が広がる、つまりスイートエリアが広がるという
メリットがあるらしい。

シューズ
IMG_1898
個人的にはカラーリングがとても気に入った。
買おうかな。

こちらのモデルも人気が出そう。
IMG_1905

IMG_1906

ウェア
IMG_1908

IMG_1907

Pのロゴが少し大きくなったのが分かるだろうか。(ルール内)
これもブランディング戦略の一環なのだろう。

新製品の数自体はそれほどでもないが、
それぞれが主張を持って作り込まれた感のあった
今回のプリンスの発表会。

ブランドの勢いが加速しそうな予感がした。


カテゴリー: Team REC, テニス, テニス用品, 竹島駿朗プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。