日別アーカイブ:

ポジションとか、KAOSとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

暑いんだね。
家族が出かける時もエアコン点けっぱなしにしてるんだけど。

ということで、少しでも涼しいところなのか、
ダレダレなのかわからないが、こんな感じ。
IMG_2079

ソファの上にいることが減った気が。
やっぱりフローリングが涼しいのかな。
IMG_2077

Cocoさんのこのポジション取りは意味不明。
IMG_2082
苦しくないのだろうか。
ちょっと変わった子だからな。

もう夏本場。
乗り切ろう。

 

さて、そんなわけで、シューズが一気に2足も壊れた。
IMG_2170
っていうか、壊れたことに気づいた。

普段から履いていたものじゃなかったとはいえ、
また一足、手持ちのテニスシューズが無くなった。

昨年からだと、14歳児に3足あげたから、合計4足減った計算。
まあ、ワタクシ自身、シューズを次々に履きつぶすような生活をしていないし、
14歳児が履きつぶしてくれるなら、それはそれで家計的にも助かる。

そんな折り、新しいシューズが届いた。
IMG_2174
Wilson KAOS(ケーオス)

7月21日発売の新色である。

ワタクシ、KAOSを履くのは初めて。
IMG_2180
最近主流になりつつある、アッパーがメッシュっぽい、
柔軟性、屈曲性を極めたモデルもそういえば初めてかも。

こんなアッパーでちゃんと足をホールドしてくれるのかなと、若干半信半疑で足入れ。
おっ!予想に反して、かなりのホールド感。

特に足の甲部分から両サイドの掛けて
アッパーがしっかりラッピンしてくれる感じは大きな安心感。
急激なストップでシューズが外側に流れる怖さはなさそうだ。

アッパーのしなやかなイメージとは裏腹に
ヒール部の頑丈そうなつくりももうひとつの安心感。
IMG_2176

かかとをしっかり包み込んでくれるので、
足の動きにシューズが遅れずについてきてくれそう。
IMG_2181

ワタクシがシューズを選ぶ時のポイントで
やはりヒール部のフィット感は大きく、
かかとがしっかり決まらないと怖くて動けない。

ヒール部の安定感を起点に爪先に向かって、ダッシュなどの
反発要素が重なっていくようなイメージを持っているのだが、
そういう意味では、このKAOSのホールド感から甲部分のラッピング感は
かなりの高水準だと思う。

実際、プレーをしてみたが、
シューズが足によくついてきてくれるなと言う印象。
足との一体感は動きの速さはもちろん、安心感も大きい。

ソールも適度な厚みがあって、クッション性も良い。
IMG_2178
ひと昔前のギアメーカーさんのシューズはソールがペラペラなイメージもあったが、
最近は厚み(クッション)を持たせつつ、しなやかに曲がるものが増えた。
KAOSもその例に漏れず、不快な着地ショックは感じられない。

あえて言えば、フィット感が強いので、
プレー時以外も一日中履いていると、
足が締め付けられて少しツライ。

そこはスポーツシューズだから当たり前だし、
それだけ機能性が高いってことなのだろう。

実はこのKOAS、8月2日からREC各校でキャンペーン実施予定。
試し履きセットも届く予定なので、ぜひ一度足入れをしてほしい。

そんなわけで、壊れて失ったシューズの代わりが
絶妙なタイミングで届き、またシューズラックの棚が埋まった。
こうして新陳代謝をしていくのだなぁ、シューズも人生も。(意味不明)

カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。