冷奴とか、履き方講座とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

最近のヒット。
IMG_2276
「練り梅でさっぱり食べる・京の冷奴」

梅の酸っぱさが絶妙に食欲を刺激。
後味も爽やか。
IMG_2277
低カロリー・高タンパクな昼食である。

ファミリーマートで販売中。
オススメです。

 

さて、ある日のネオインドアテニススクール西新井。
レッスン前、コート上ではあることが。

江口コーチ
IMG_2366

白川コーチ
IMG_2367

外山コーチ
IMG_2371

実はこれ、シューズの正しい履き方講座である。

テニスシューズの足型は様々、人の足型もそれぞれ。
シューフィッターに言わせると、
自分の足に合っていないシューズを履いている人はとても多いそうだ。

当然ながら、シューズが合っていなければ
プレーのパフォーマンス低下や怪我・故障の発生確率増につながる。

地球に重力がある限り、地面と接触することは不可避。
足と地面の間を取り持つシューズの役割は非常に重要。
そのためには正しいシューズ選びなのだが、
その前に正しい履き方を覚えていただこうというわけ。

まずはカカトをしっかりとシューズのヒールカップ部に合わせ、
カカトをトントンと押し込むようにする。

つま先を上げた体制のまま、足の指を握るようにし、
シューレースを締めていく。

3番目のホールから、紐を横〜上〜クロスと引き、
順番に締め上げていくことで、フィット感が全く別のものに。

足に正しくフィットしたシューズはまさに足の延長として機能する。
当然、ストップ、ダッシュ、リバースも自在にクイックになる。

この履き方で上手くフィットしない場合は
おそらくシューズのサイズが合っていないか、
シューズがヘタっている可能性も。

ワタクシ自身、新しいランニングシューズを購入し、
シューズのヘタリの影響による走りやすさ、疲労度合いの違いを実感したばかり。
運動の基本である「走る」機能を優先させることは
パフォーマンスアップの近道なのかもしれない。

そんなわけで、現在REC各校では、ウイルソンのニューモデルシューズを
履いてプレーしていただける企画を実施中。
IMG_2324

自分の足に合ったハイパフォーマンスのシューズ着用時の違いを
ぜひ実感して欲しいなと思う次第である。
IMG_2323
ガンガンに履き倒して下さい。


カテゴリー: テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。