日別アーカイブ:

8耐とか、卒業生とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

夏の風物詩。
IMG_2286
鈴鹿8耐である。

IMG_2287
8耐を見ると、「夏が来たなぁ」と思う。
いや、昔はそうだった。

80年代、空前のバイクブーム。
誰もがレーサーレプリカのヘルメットを被り、
信号待ちでアクセルを空吹かしした。

街には、平忠彦、フレディー・スペンサー、ケニー・ロバーツ、
ランディ・マモラ、エディー・ローソン、などがたくさんいた。

バイクのハイパワー戦争も加熱。
SUZUKIはRG-Γ、GSX-R、YAMAHAはTZ-Rなど
そのままサーキットに出られそうなマシンに皆が跨った。

マンガも、「バリバリ伝説」「ふたり鷹」など
バイクテーマの名作が生まれた。

そんな中、鈴鹿8時間耐久レースは夏の一大イベントだった。
ワークスチームとプライベートチームの戦い、
メーカー同士の戦い、ライダー間の争い、
様々な思いが8時間交錯する。

そして感動のゴールからの花火。
まさに夏のイベントだ。

実は、現地には一度も行ったことはない。
あんな灼熱のサーキットに8時間もいられないし、渋滞も嫌だから。

今年、久しぶりにTVで観て、学生時代の夏を思い出した。
バイク、サーフィン、ディスコ、バイト、テニス、遊びまくってた。
あんな夏はもう来ないんだろうな。(遠い目)

 

さて某日。
レック本社のハッシーと銀座方面へ。

元レックスタッフのトダコーチと会食だ。
彼は現在、テニスコーチを卒業し、新たな道で頑張っている。
仕事においてもひとつの区切りだとかで食事でもとなったのだ。

以前、ハッシーとお客様に誘われたのだが、所用があり行けなかった串揚げのお店。
IMG_2263

カウンター席のみの落ち着いた店内。
IMG_2264

おまかせで頼む。
IMG_2267
どれも美味い。

岩塩を自分で削って食べるのも一興。
IMG_2266
適度に食べてストップをかける。
自分のペースで食べられるのがいい。

もう1杯だけ飲もうということになり、
マスターに近くのバーを教えてもらう。
IMG_2269

落ち着いた雰囲気の良いお店だった。
IMG_2270

思えば、トダコーチとこうして話をするのは初めて。
在職中は業務外で会うことはほとんど無かったから。

あらためてトダコーチを知ることが出来て良かった。
居場所が変わってもこうして会えるのっていいね。

膝の故障もあり、新たな道に進むことになったトダコーチだが、
雰囲気的にも人間的な丸みと深みが出てきたような。
きっと苦労や喜びが彼を成長させたのだろう。
って、上からな感じでゴメン。

彼が会社を去る時、送別会の席でこう言った。
「ここで得たものをこれからの人生に活かしたい。
自分はここを離れても、Team RECの一人です」

成功を心から願ってるよ。
また会いましょう。

カテゴリー: Team REC, バイク, 仕事, 仲間, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。