日別アーカイブ:

フレームとか、とうとうとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ヨネックスさんの社報の表紙。
IMG_2495
ヨネックスのバイクである。

「カッコイイなぁ」と眺めていたら、
イチジョーさんが「高いんですか?」と言うので、
「たぶん70万円くらい」と答えた。

「高いっすね〜!」と言いながら読み始めた。
「40万円ですって。70万円はしないみたいです」と。

「それ、フレームの値段でしょ。
パーツ代入れたらプラス30〜40万円軽く行くと思うよ。
DURA-ACEって一番高いパーツで組んであるし」

「マジですかぁ!自転車なのに」

まあそれが普通の感覚だよね。
一度乗ってみたいぞ、カーボンフレーム。

 

さて、とうとうその日がやってきてしまった。
いつかは来るとわかっていながらも抵抗していたのだけど。

試合を終えた14歳児。
夜はクラブで練習ということで送って行った。

少し早く着いたら、例によって「コート借りてください」と。
IMG_2666

アップして、ラリーをして、球出しをして・・
「次は?」と聞くと「試合をお願いします」とのこと。

序盤からバンバン打ってくる14歳児。
防戦一方のワタクシ。

スライスでしのぎつつ、ドロップを混ぜたり、
ネットラッシュをかけたり、撹乱作戦を試みるも、
エースの山を築かれる。

デュースまでは行くもことごとく取られる。
挽回のきっかけを与えまいと、14歳児も気合のプレー。
親父との試合でガッツポーズするかなぁ。

終わってみれば、1-6で負け。
初めて負けた。
とうとう負けた。
ついに負けた。

満足気な14歳児は本練習へ。
IMG_2668
うーん、正直完敗だ。
最後まで引っくり返せる気がしなかった。

帰りのクルマ。

「とうとう負けた。ちょっと納得いかないなぁ。次は勝つよ」

「いえ、ボクはまだまだです。またお願いします」

勝者の余裕なのか?
予想外のオトナの返しに、さらに敗戦が身に沁みた。

ちなみにこの試合で調子に乗ったのか、週明けの試合で、
コーチたちが驚くようなシード破りをした14歳児。

「オマエ、〜くんに勝ったのはすごいよ。
で、なんで次でスコッと負けてんの?」
と言われていた。

あの試合が少しは役に立ったのかな。
それにしてもこのまま負けが続くのか?
いや、まだ頑張ってみよう。
次は負けないぜ。

カテゴリー: テニス, バイク, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。