日別アーカイブ:

ストリンギングとか、30年とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

「ストリングが切れました。張ってください」と14歳児。
IMG_2988
ポリにしたとはいえ、やっぱり切れる。

これから先、もっと消費するんだろうな。
家にストリングマシンがあって良かった。
どうか壊れませんように。

ちなみに、14歳児のリクエストはなかなか細かい。

「もう少しだけ飛んで、スピンが引っかかるようにお願いします」

言い方は敬語だけど、とんでもないこと言ってるぞ。
その前に打ち方考えろよ。

 

さて、帰省最後の夜。
30年ぶりの友人と、人生で初めて飲んだ。

アライくんとは小学校2年生からの仲。
ワタクシが転校してきた学校で同じクラスになり、
ボーリングが縁で家族ぐるみの付き合いに。

アライくんは小学校中学校とサッカー部。
ワタクシはバスケットボール部だった。

同じ高校に入り、二人ともサッカーもバスケもやめるつもりだった。
じゃあ、楽しそうなテニスでもと安直にテニス部に入部。
いや正確にはまだ部にもなっておらず「テニス愛好会」だった。

「愛好会だし楽しくて楽そう。女子もいそうだし」というのは完全な勘違い。
連日、素振りとランニング、そしてコート作りという
想像とは全然違うテニス部生活が幕を開けた。

それでもお互いテニスが性に合ったのか、
テニス漬けの生活で毎日が過ぎていった。

そしてもう少しのところでインターハイを逃し、
ワタクシたちの高校テニスは幕を閉じた。

大学はバラバラ。
最初の頃こそ帰省しては会ったものの、
ワタクシは関東の生活が楽しすぎでまったく帰省せず、
徐々に疎遠になっていった。

昨年か今年か、facebookでつながり、互いの生存を確認。
ようやく再開となったというわけ。

昔は(大っぴらに)酒を酌み交わすような年齢ではなかったので
こうして飲みに行くような付き合いは初めてなのだ。
IMG_2547

海鮮をつまみながらこれまでの人生を報告し合う。
自分のこと、家族のこと、仕事のこと・・・
IMG_2549

ほとんど料理も食べず30年の隙間を埋める。
IMG_2546

ヤツが言った。

「お前をfacebookで見つけてさ、今もテニスで食ってるって、
すげえなぁっていうか、うれしかったよ」

「色んな人に出会って、助けてもらって、
こうしてテニスに関わっていられるって、
ラッキーっていうか、感謝感謝って感じだよなぁ」

それぞれに道があって、それぞれに信じて、もがいて、
ヤツはそこに東日本大震災があって・・・
1日ずれて辞令が出た赴任地に着いていたら、
津波にのまれていただろうってことも聞いた。

まあまあ飲んでヤツが言った。

「もう一軒行こう」

「いいよ、まだ早いしね」

楽しい夜である。

カテゴリー: ストリンギング, テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。