公園とか、シングルス快勝とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ランニングコースの海沿いの公園で。
IMG_4083

なにやらゾンビの看板。
週末にゾンビハザードなるベントが行われるらしい。

ゾンビから3時間逃げ回る鬼ごっこ的なイベントらしい。
参加は大人3,900円。
鬼ごっこにねぇ・・・

我が家の近所には大きな公園が多いのだが、
最近はこういったイベントが増えた。
措定管理の影響なんだろうね。

ところで、指定管理ってちゃんとビジネスになってるのかな。
一時期、関わったこともあるけど、
どうも行政の一方的な都合でしか動いていないような気もする。
なかなか難しいね。

 

さて、全日本テニス選手権。
いよいよ関口周一プロのシングルスである。

この日も朝から有明へ。
少し肌寒い曇り空の中、試合開始を持つ。

関口プロ登場。
14633715_1661664257497303_1448341433994204224_o
第3シードなので1回戦はBye。
初回戦の相手は山崎純平選手である。

試合は壮絶なラリーで始まった。
14853258_1661664774163918_1480329820051393217_o

互いに譲らぬ強打の応酬。
14853258_1661664684163927_2723528186550579262_o

しかし主導権は終始、関口プロにあった。
14753388_1661664807497248_118637547818738797_o

前に前に積極的な攻撃を仕掛ける。
14612636_1661664947497234_8034948021392267569_o

ファーストセット6-2、そしてセカンドセットも6-2。
14559956_1661665220830540_8953874908941807007_o

緩むことなく、きっちり試合を締めた。
14608679_1661665244163871_2763038213598901825_o

久しぶりに関口プロのシングルスを見たが、
確実に進化しているように感じた。

鈴木貴男プロの影響もあるのだろうか、
これまで以上にプレーに幅が出た印象。
今大会、さらに進化した関口プロに期待したい。
DSC_1535

今日はシングルスは無し。
昨日、サスペンドになったダブルスのみ。

そして、Team RECとしては、竹島駿朗プロが
菊池玄吾プロとのダブルスで準々決勝に臨む。
頑張れよ〜!


カテゴリー: Team REC, ランニング, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ, 街歩き, 鈴木貴男プロ, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。