日別アーカイブ:

快勝とか、惜敗とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

設定間違えて更新されてなかった。
どれくらいの方が読んでくださってるか分からないけどごめんなさい。

中盤戦に入った全日本テニス選手権。
この日、Team RECメンバーはダブルスで登場。

まずは関口プロ。
14876640_1662387370758325_2947226686614419140_o
前日、雨で延期になった試合の続きである。

ファーストセットを落とし、セカンドセットも1-2で
ワンダウンという厳しい状況からの再開。
巻き返しに期待がかかる。

序盤から飛ばす、関口プロ、竹内プロ。
14543904_1662387680758294_5759048490428973285_o
昨日の試合は観ていないが、かなりのプッシュぶり。
しかし関口プロのフォアハンドは速いなぁ。

着実にポイントを重ねセカンドセットを奪取。
14570718_1662387447424984_2250428118480906362_o

そしてファイナルセットへ。
14633681_1662387500758312_169519550700416733_o
ショットのキレは衰えず、ファイナルも押せ押せで進む。

最後までしっかり締めて逆転勝利。
14853020_1662387760758286_174365754204662102_o

地力を見せた一戦だった。
14856116_1662387764091619_3076358292552633182_o
素晴らしい。

 

さて、次に登場は竹島駿朗プロ。
14570666_1662471890749873_3869555579105979188_o
これ以上はないというコンビネーションを誇る菊池玄吾プロとのペア。

ファーストセットは6-4で取り、
セカンドセットもマッチポイント手前まで追い詰める。
14712886_1662472184083177_786418666416682741_o

こりゃ、ストレートで決まりかなと思いきや、まさかの反撃。
14853214_1662472310749831_14759606199746904_o

タイブレークに突入し、なんと落としてしまう。
14853094_1662471967416532_314697353808088231_o

そしてファイナルセット。
14859899_1662472600749802_9037949675961088521_o

お互いにサービスダウンをするもブレークバックなど、
どちらに転んでもおかしくない展開。

そして大詰め。
サービスダウンを喫し勝負あり。
竹島・菊池、ベスト8で敗退である。

しかしここ最近は学生が強い。
早稲田、慶応の選手が次々とプロを破っている。
それはそれで活性化には良い傾向なのかもしれない。
頑張れ!学生。

というわけで、Team RECの全日本は関口プロのみとなった。
ぜひ優勝してほしい。

シングルス、次の相手は綿貫裕介選手。
同年代対決なのかな。
ぜひ頑張ってほしい。

カテゴリー: Team REC, 竹島駿朗プロ, 菊池玄吾プロ | 投稿者Tameblo 10:42 | コメントは受け付けていません。