勝ちとか、負けとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

昨日の朝、ブログ更新の設定を間違えていたらしく、
記事がアップされていなかったらしい。

運営会社のHくんから、
「アップされてないようですが、何かありましたか?」
とメッセージが。
サイト運営会社から連絡が来るとは、ワタクシも出世したものだ。(苦笑)

ということで、全日本テニス選手権、
Team RECは関口周一プロのみが残った。

昨日はシングルス、ダブルス両方がオーダーされた。

まずはコロシアムでシングルス3R。
14608792_1662815457382183_1431560026693380591_o
対戦するは綿貫裕介選手。
同世代のファイターである。

試合はまず関口選手ペースで始まった。
14883705_1662815977382131_3864361977095644894_o

着実なプレーでポイントを重ねていく。
14884467_1662815657382163_1587111554803949441_o

ファーストセットは6-3。
これは案外すんなり行くかもと思いきや、
セカンドセットは綿貫選手ペース。
14882126_1662815540715508_9058829820575857346_o
綿貫選手の炎のような気合いのショットが突き刺さる。

一方、関口選手のショットはチグハグに。
14715592_1662816097382119_2568555998043070751_o
防戦の場面も増えた。

セカンドセットは6-2で綿貫選手。
まずい、このペースだとファイナルも一気に行かれてしまいそう。
しかも1ダウンで2-4でリードされた。

ここから関口プロがスイッチを切り替えた。
14612428_1662815610715501_5635692645085440884_o

丁寧に繋ぎ、機を見て攻撃に。
14882157_1662815590715503_7114797248820898743_o

互いに譲らず勝負の行方はタイブレークに。
14633673_1662816177382111_1141304132228713613_o
最後は関口プロが耐えに耐えて勝利。

いやぁ、しんどい試合だった。
関口プロも勝つために全力を尽くしたし、
綿貫プロの気迫も素晴らしかった。

試合後、綿貫プロが挨拶に来てくれた。
「攻め切れませんでした。RECキラーにはなれませんでした」
試合中とはうって変わった穏やかな表情だった。
ナイスファイトだった。

関口プロによれば、「とにかく勝つことにこだわった」とのこと。
本当によく踏ん張ったと思う。

そして次は江原プロと準々決勝だ。
同世代対決、ジュニア時代からのライバルとの戦いだ。
コロシアム第3試合にオーダーされたから、
天候によらず試合はあるだろう。
勝とうぜ!

 

さて、そんな壮絶なシングルスの後はダブルス準々決勝。
14890421_1662989057364823_547999971093179130_o

対戦相手は奥・長尾ペア。
14612365_1662989480698114_8903191204424488771_o
テッパンのコンビネーションを誇る二人である。

試合は終始劣勢。
なかなか相手のコンビネーションを崩せない。
14890598_1662989094031486_8776677563297487169_o

関口プロ、竹内プロも色々試すが、
最後まで相手を崩すことが出来ず、2-6 3-6で敗退。
ベスト4進出はならなかった。

やっぱり上手いね、奥プロ、長尾プロ。
ダブルスをよく知っているって感じだった。

ダブルス敗退は残念だが、後はシングルスで頑張ろう!


カテゴリー: Team REC, テニス, 関口周一プロ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。